« 2011年F1シリーズ・ポイント表(Rd.14/19) | トップページ | シンガポールGP ファステストラップ一覧 »

2011年9月26日 (月)

F1 第14戦シンガポールGP 決勝結果

セバスチャン・ベッテル (C)Redbull Racing
拡大します

F1 第14戦シンガポールGP -RIJ- (2011-09-25) Provisional Race-Results
2011 FIA F1 World Championship Rd.14 シンガポール市街地(SIN):5.073km

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit Best Lap-T
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 61 1:59:06.757 155.810 3 1:48.688
2 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 61 1.737 3 1:48.454
3 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 61 29.279 3 1:50.088
4 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 61 55.449 3 1:50.891
5 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 61 1:07.766 5 1:50.832
6 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 59 1:51.067 2 1:54.239
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 60 1L 3 1:54.383
8 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 60 1L 2 1:54.564
9 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 60 1L 4 1:52.550
10 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 60 1L 2 1:54.615
11 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 60 1L 3 1:53.198
12 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 60 1L 3 1:52.197
13 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 60 1L 2 1:55.235
14 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 59 2L 4 1:51.329
15 9 B.セナ BRA Renault PI 59 2L 4 1:53.774
16 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 59 2L 3 1:54.063
17 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 59 2L 3 1:54.204
18 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 59 2L 2 1:58.730
19 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 57 4L 3 1:59.064
20 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 57 4L 4 1:58.283
21 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 56 5L アクシデント 3 1:53.676
21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 47 14L ギアボックス 3 1:57.126
7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 28 33L アクシデント 2 1:53.096
24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 9 52L アクシデントダメージ 2:00.412

* シンガポールGP画像はこちら

|

« 2011年F1シリーズ・ポイント表(Rd.14/19) | トップページ | シンガポールGP ファステストラップ一覧 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52833314

この記事へのトラックバック一覧です: F1 第14戦シンガポールGP 決勝結果:

» 2011 F1 第14戦 シンガポールGP 決勝 感想 [ミーハー日記]
1st:S ベッテル 2nd: J バトン 3rd:M ウェバー それ以外はこち [続きを読む]

受信: 2011年9月26日 (月) 06時15分

» F1 2011 Rd14シンガポールGP決勝 [MotorSports]
F1 2011 Rd14シンガポールGP決勝 ぎりぎり2時間前にベッテルがゴールし優勝 2番手に最後の追い上げを見せたが届かなかったバトン これでベッテルは、あと1ポイント獲得でタイトル連覇が決まる そして次は鈴鹿 ベッテルに何も無ければ鈴鹿でのタイトルが決定する 久しぶりに鈴鹿でのタイトル決定を見れる人はうらやましい 3位はウェバー、4位アロンソだったが2人とも大きく離されてしまった 途中ミハエルとペレスの接触によるSCランが無ければもっと広がっていた可能性があったかもしれない… 5位に来たハミル... [続きを読む]

受信: 2011年9月26日 (月) 21時16分

« 2011年F1シリーズ・ポイント表(Rd.14/19) | トップページ | シンガポールGP ファステストラップ一覧 »