2016/12/27

ハミルトン、「米国ではF1認知の拡大が必要」

US-GP Scene (C)Lotus F1 Team
拡大します
今季は惜しくもタイトルを逸したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が、アメリカにおけるF1認知度の拡大に言及している。
これはハミルトンの母国イギリスの『タイムズ』誌に語ったもの。

その中でこの3回のF1チャンピオンは、「アメリカに行った時驚かされたんだ。
だってあそこでは誰もF1になんて関心を持ってない。
逆に『F1て、いったい何だい?』と聞かれる有り様だよ。
彼らは何か、みんな箱の中で暮らしているのかね。
例えばスーパーボウル(アメリカン・フットボール)なんかは凄い人気があるのだから、F1ももっとうまくやれる方法がある筈だよ。
でないとわざわざアメリカ大陸に渡ってF1やる意味がないもの」とF1人気拡大期待を示した。
それでもハースF1の参戦もありアメリカGP自体は成功とされているのだが。

| | トラックバック (0)

2016/10/12

フェラーリ勢、アメリカGPで挑戦的なタイヤ選択

USA-GP (C)Mercedes Motorsports
拡大します
路面が良く、最もハードな側のタイヤだった鈴鹿から、次戦のアメリカGP(US-GP)はよりソフトな「ミディアム」、「ソフト」、そして「スーパーソフト」の3種類がピレリ・モータースポーツから用意された。

その中で、メルセデスAMGの二人(ハミルトン&ロズベルグ)やレッドブル・レーシング(リカルド&フェルスタッペン)らがいずれもスーパーソフトタイヤを6セットの選択に抑えているのに対し、フェラーリの二人(ベッテル&ライコネン)はミディアムタイヤを1セットずつと極端に減らし、逆にスーパーソフトタイヤを全チームでも最大の7セットという意欲的な選択をしていることがわかった。

なおレッドブルとフェラーリがそれぞれのチームメイトでいずれも同じタイヤ選択なのに比べ、メルセデスAMGはハミルトンとロズベルグとでミディム&ソフトの数を違えていて、来週末二人で異なる戦略を採る可能性を示した。

アメリカGPは来週末(10月23日)に決勝レースが行われる。

| | トラックバック (0)

2016/03/13

アメリカGP(US-GP)、予定通りの開催を言明

Circuit of the Americas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
資金難から開催の危機が叫ばれていたのアメリカGP(US-GP)だが、主催者でもあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA:Circuit of the Americas)は、今年も予定通りF1グランプリが開催されることを言明した。

アメリカGPでは、これまで支援を続けて来た地元テキサス州が助成金の20%カットを通告。
これにより2016年のF1カレンダーでは暫定的な掲載に留まり、その開催が危惧されていたもの。

これについてCOTAのボビー・イプシュタイン会長は、「いろいろ問題は指摘されていたが、われわれは開催5年目となる今年も予定通りにF1カレンダーに名を連ねることとなった。
これまでの経験から多くのことを学んでいるので、それらを総合的に今後の開催に活かしたい」と、宣言。
具体的にはペンシルベニア州出身の人気カントリー・ミュージック歌手であるテイラー・スウィフトさん(26歳)のコンサートを結びつけるなど、エンターテイメント面を充実させる作戦で興行的な挽回を期す作戦とみられる。

これまで計4回の当地アメリカGPではハミルトンが3勝、ベッテルが1勝を記録している。

| | トラックバック (0)

2016/02/01

US-GP、エクレストン氏が開催にお墨付き

2015 USA-GP (C)Lotus F1 Team
拡大します
2012年、それまでのインディアナポリスから舞台を移しオースティンで行われているアメリカGP(US-GP)だが、地元テキサス州からの補助金が減額されることが決まり、2016年シーズンの開催が危ぶまれている。

報道では、地元自治体はこれまでよりグランプリへの助成金を20%カットすると通知したとされる。
加えて昨年のイベントでは折りからの暴風雨により観客収入が大幅にダウンしていて、主催者は窮地に追い込まれていたもの。

しかしこれについてF1開催に大きな影響力を持つFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表が「今年の開催に疑問を持っていない」と語ったことにより、関係者は一様に安堵の表情を浮かべているようだ。
ただ公式カレンダーでは同グランプリはまだ暫定扱いになっている。

| | トラックバック (0)

2016/01/26

ジーン・ハース代表、アメリカGP存続に太鼓判

2015 Scene (C)Redbull Racing
拡大します
他の多くのグランプリ同様、財政難が伝えられるテキサス州オースティンのアメリカGP(US-GP)だが、同じアメリカを本拠とするハースF1チームのジーン・ハース氏がその存続に太鼓判を押している。

「私の耳にもUS-GPが苦境に陥っていることは届いている。
とりわけ、去年のグランプリがあの豪雨に見舞われたことは大きなダメージになったものと推察している。
このスポーツでそうした懸念はいつも付きものだが、さりとて避けて通ることもできない。
しかし私にはあの素晴らしいサーキットが何も使われないで放置されるとは到底考えられないし、それはオースティン市も同様の筈だ。
客観的に考えれば、北米にもっとF1グランプリがあっていい。
カナダとメキシコにはあって、肝心のアメリカにないなんておかしいだろう。
だから私は必ずオースティンのUS-GPが存続すると確信しているね」

そのためにもハースF1チームの活躍が必須であるのはハース氏自身が最も理解していることだろう。

| | トラックバック (0)

2015/12/18

好評アメリカGP、しかし2016年の開催に暗雲も

2015 USA-GP (C)Lotus F1 Team
拡大します
2012年、アメリカGP(ユナイテッドステーツGP)は過去行われていたインディアナポリスからその舞台を移し、新たに建設されたオースティン(テキサス州)のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

以来、アメリカでの唯一のF1グランプリとして成功を収めてきたといえる。
ところが地元テキサス州からの補助金が減額されることが決まり、2016年シーズンの開催が危ぶまれているのが実情だ。

これについてメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「アメリカは自動車メーカーにとって重要な市場であり、それはわれわれだけでなくフェラーリやルノー、ホンダらも同様の思いだろうし、実際年々同国民のF1への関心も高まりつつある。。
せっかくこれまでとても評判良く行われてきたのに、些細な問題で開催が途絶えることになれば、F1全体にとって大きな損失になるだろう」と、憂慮している。

| | トラックバック (0)

2015/11/12

アメリカGP、テキサス州の助成金カットでピンチ

2015 Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
2012年の復活後、今年で4年連続で行われたF1アメリカGP(ユナイテッドステーツGP)だが、地元テキサス州からの助成金が20%カットされることがわかり、主催者は「来季開催のピンチ」と、窮状を訴えている。

地元紙が伝えるところでは、アメリカGPを開催するオースティン市にはテキサス州のイベント・ファンドを通じこれまで毎年2,500万ドル(約30億8,000万円)の助成金が補助されてきたが、これが1,950万ドル(約24億円)まで減額されるのだという。

関係者によればファンドの管理がテキサス州の管理者からグレッグ・アボット知事のオフィスに変更されたことも原因のようだ。

| | トラックバック (0)

2014/11/03

9位ゴールのベルニュ(トロ・ロッソ)、ペナルティで10位に降格

Jean-Eric.Vergne (C)Redbull Racing
拡大します
US-GPのレーススチュワード(競技委員)はまたトロ・ロッソのジャン・エリック・ベルニュにもレース後ペナルティを科した。

こちらはレース結果に5秒ストップ・ペナルティ加算というものだが、結果が接近していたため9位でゴールしたベルニュはロータス・チームのマルドナドと順位が入れ替わって10位ということになった。

これはレース終盤、ターン1でバトン(マクラーレン)にアタックしていたグロージャン(ロータス)のインを突いてオーバーテイクしようとした際に接触しコース外に押し出してしまったもの
ベルニュはセーフティカー導入時のスピードオーバーでも5秒ストップ・ペナルティの加算を受けている。

ベルニュのペナルティ・ポイントは2で、すでに受けているものと合わせ3ポイントになった。

| | トラックバック (1)

ペレス(F・インディア)、次戦グリッド7番降格のペナルティ

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
US-GPのレーススチュワード(競技委員)は、フォース・インディア・チームのセルジオ・ペレスに対し、次戦ブラジルGPで予選グリッド7番降格のペナルティを科すことを明らかにした。

これは、2日(日)行われたUS-GP決勝レースのオープニングラップでペレスがライコネン(フェラーリ)のインを突いて接触、さらにアウトにいたスーティル(ザウバー)と激突するアクシデントを起こし、レース後の審議対象とされていたもの。

これについてスチュワードは、「ペレスがスーティルに激突した行為は合理的な判断を逸脱したもの」と説明。
ペレスにはさらにペナルティ・ポイント2が宣言された。
このポイントは12か月間有効となる。

なおこのアクシデントにより予選10位からのスタートで今季初入賞を狙っていたスーティルの夢は絶たれている。

| | トラックバック (0)

ハミルトン(メルセデス)、US-GP勝利で今季10勝目記録

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2日(日)、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台にUS-GP決勝レースが行われた。

オープニングラップ終了直前にペレス(フォース・インディア)がインを突いてライコネン(フェラーリ)に接触、さらにアウトにいたスーティル(ザウバー)と激突するアクシデント。
今季初のポイント獲得が期待されていたザウバー・チームだったが、いきなりかつてのメンバーにこれを打ち砕かれた様相。
この件についてはレース後の審議対象とされた。
またこれによりいきなりセーフティカーが導入。

レースは5周目に再開。
なおこの際のスピードオーバーでグティエレス(ザウバー)とベルニュ(トロ・ロッソ)に5秒加算のペナルティが科せられた。
18周目にはヒュルケンバーグがパワーを失ってストップ、フォース・インディアは2台共早々に戦列を去ることとなった。
53周目、ベルニュ(トロ・ロッソ)がグロージャン(ロータス)をオーバーテイクした際に接触しており、こちらもレース後の審議対象とされた。

結局レースは24周目にロズベルグをオーバーテイクしたハミルトン(メルセデス)がそのまま逃げ切って優勝。
イタリアGPから自身初となる5戦連続優勝で今季10勝目、通算32勝目を記録した。

2位には約4秒の差でロズベルグ。
しかしハミルトンとのポイント差はこれで24点にまで拡大する結果となった。
3位はリカルド(レッドブル)で、これで2戦連続表彰台は同じ顔ぶれに。
4-5位にウィリアムズのマッサ&ボタス、6位アロンソ(フェラーリ)、7位ベッテル(レッドブル)、8位マグヌッセン(マクラーレン)、9位ベルニュ(トロ・ロッソ)、10位マルドナド(ロータス)でここまでが入賞。

以下、11位グロージャン(ロータス)、12位バトン(マクラーレン)、13位ライコネン(フェラーリ)、14位グティエレス(ザウバー)、15位クビアト(トロ・ロッソ)。
リタイヤはヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、ペレス(フォース・インディア)、そしてスーティル(ザウバー)の3台で、ザウバー・チーム悲願の今季初ポイント獲得は今回もならなかった。

なおこのレースではペナルティが複数あり、レースの正式結果はこれと一部異なることになる。

US-GP:決勝レースの結果はこちら
US-GPの画像はこちら


| | トラックバック (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP