2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2012/08/30

マルシアF1、ウィリアムズの「KERS」システム搭載へ

 Marussia F1 Logo (C)Marussia F1 Team
これまで開発に手が回らないとして「KERS」(運動エネルギー回収システム)の搭載が見送られてきたマルシアF1チームだが、ウィリアムズ・チームとの間で使用契約を結んだことがわかった。

これは同チームのパット・シモンズ/エクゼクティブ・エンジニアリング・ディレクターが明らかにしたもので、これにより来シーズンから同チームのマシンもやっと他チームと同じレベルになる訳で、KERS非搭載はHRTだけということになりそうだ。

ウィリアムズ・チームでは現在ルノー・エンジンと組み合わせたものを使っているが、昨年まではコスワース・エンジンだったのでマルシアF1と同じということになる。

| | トラックバック (1)

2012/06/20

ルマン優勝アウディにウィリアムズF1の技術

Audi R18 (C)Automobile Club de l'Ouest
拡大します
16-17日に掛けて行われた伝統のルマン24時間レースは、今年もアウディ勢が過酷な24時間の戦いを制したが、その優勝マシン『R18』にはウィリアムズ・チームの技術が採用されていることがわかった。

それによれば同車にはウィリアムズ・チームがF1マシンに使用しているフライホィール方式の「KERS」(運動エネルギー回収システム)技術が使われていて、そのためF1のエンジニアがアウディ・チームに赴いて完全な協力姿勢を取ったとのことだ。

ウィリアムズF1は今年のスペインGPでパストール・マルドナドが優勝を飾っていて、今回さらなる栄冠を獲得したことになる。

| | トラックバック (1)

2012/01/28

マルシアF1チーム、「KERSまで開発してられない」

 Marussia F1 Logo (C)Marussia F1 Team

2012年マシンの開発が遅れ、すでに最初のシーズン前テストへの不参加を表明しているマルシアF1チームだが、さらに「KERS」(運動エネルギー回収システム)の搭載も当面先送りされることがわかった。

これは同チームのパット・シモンズ/エクゼクティブ・エンジニアリング・ディレクターが明らかにしたもので、「もしKERSがなかった場合、ライバルよりも1周当たりのラップタイムがコンマ数秒は遅くなることだろう。
しかし現在のわれわれにはそのコンマ数秒のために巨額の開発資金や限られたチームのリソースを費やす訳にはいかないんだ。
いまさらにKERSにまで手を出していたら、マシンの開発自体に支障を来たしてしまうだろうからね」と、嘆いた。

かつてルノー・チームという巨大ワークスチームで腕を振るったシモンズ氏にとって、弱小チームの悲哀は無念であることだろう。

| | トラックバック (0)

2011/05/05

レッドブル・レーシング、「トルコGPではKERSを機能させる」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
今季ここまで3戦すべてでポール奪取、決勝レースでも1位-1位-2位とそのスピードをみせるレッドブル・レーシングだが、その一方で毎回「KERS」(運動エネルギー回収システム)の不調に悩まされている。
しかし今週末のトルコGPでは、これが改善されたと同チームのアドバイザーであるヘルムート・マルコ氏がドイツの『ビルト』紙で強調した。

「今回のインターバル中に、われわれはKERSの問題点を解明、改良を施した。
イスタンブールでこれをテスト、確認するのが今から楽しみだよ」

もしこれが事実であれば、ライバル、とりわけKERSに自信を持つマクラーレン・チームには脅威となりそうだ。

| | トラックバック (2)

2011/04/30

職人ハイドフェルド(ルノー)、「人工的な細工に違和感」

Nick Heidfeld (C)Lotus Renault GP
拡大します
今シーズン、F1は「KERS」(運動エネルギー回収システム)や可変リヤウィング(DRS:ドラッグ・リダクション・システム)らの導入により、オーバーテイク・シーンが増えたと評価されているが、その一方でここまで通算176戦というベテランのニック・ハイドフェルド(33歳:ドイツ)は、「人工的な装置でレースを面白くしようというのは好きじゃない」と、苦言を呈した。

「確かにこの装置を使えばオーバーテイクは容易になるので見ている分には面白いかも知れない。
でもドライバーの立場からすると、こういう人工的なものでオーバーテイクって、長いことレースをしてきた僕としては何か違和感がある。
こうした装置を有効に機能させるために余分な試行錯誤を強いられているというのは、本来のレースへの準備とは違う気がするんだよ。
それでも今はトルコで僕等のマシンがコンペティティブであるよう、一生懸命準備をしているんだけどね」

これまで最高位が2位のハイドフェルドにとって、もちろん今年の願いは優勝しかない。

| | トラックバック (1)

2011/04/13

王者レッドブル・レーシングの弱点はKERSの開発遅れか

Malaysia GP Image (C)Sauber Motorsport
拡大します
開幕からこれまでの2戦、圧倒的な勝利を続けているレッドブル・レーシングだが、いずれもポールTOウィンを飾ったベッテルに対し、チームメイトであるウェバーのほうは苦戦を強いられているようだ。

これについてウェバーは、「僕のマシンは「KERS」(運動エネルギー回収システム)がまったく使えなかった。
ウチのシステムにはまだ他のような信頼性がない」と、こぼしている。

2009年に導入されながらもいったん禁止となったKERSだが、マクラーレンやフェラーリが開発を継続したのに比べ、レッドブルやメルセデスGPらは開発を中止したため今シーズンその遅れが表れているとされる。

次戦中国GPの舞台である上海サーキットでもKERSの威力は大きいと見込まれていて、案外この辺りに王者レッドブルの弱点はあるかも知れない。

| | トラックバック (1)

2011/04/09

鬼に金棒? レッドブル勢も今回はKERS搭載へ

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦のオーストラリアGPではみごとなポールTOウィンを飾りながら、「KERS」(運動エネルギー回収システム)を搭載していなかったことが明らかになったレッドブル・レーシングだが、ここマレーシアGPではいよいよ王者もこのシステムを使用する方向だ。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表が示唆したもので、「実はオーストラリアでも金曜日にはわれわれもこれを試しているんだ。
だが土・日はリスクを避けるため、金曜日の晩に2台共に外させた。
しかしここセパンはサーキットの特性からいってメルボルンよりもKERSの効果があるのは確実な所。
最終決定は今夜のミーティングで行われることになるだろうが、システムはよく働いているよ」と、前向きの姿勢をみせている。

これについて他チームからは、「KERSなしでも一番速かったマシンが、これでさらに速くなる」と、警戒感をつのらせている。

| | トラックバック (2)

2011/03/29

レッドブル、「KERS」(運動エネルギー回収システム)搭載なし

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、再び搭載が許された「KERS」(運動エネルギー回収システム)は、ラップタイムの向上に大きな力があるとされるが、なんと今回レッドブル・レーシングのマシンは予選、決勝レースいずれのセッションにおいてもこれを搭載していなかったことがわかった。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表がレース後明らかにしたもので、それによれば『RB7』の開発にあたった天才デザイナー、エイドリアン・ニューイ氏と検討した結果、今回は同システムの導入を見送ったとのこと。

ライバルチームからは、少なくともレッドブルのマシンはレーススタート時にはこれを使っていたものとみていたが、なくてもこれだけのスピード差をみせつけたことで、あらためてその脅威が明らかとなった形だ。

| | トラックバック (1)

2011/03/15

チーム・ロータス、今季のKERS導入は非現実的

Team Lotus 『T128』(C)Team Lotus
拡大します
チーム・ロータス(前ロータス・レーシング)では、F1で再導入される「KERS」(運動エネルギー回収システム)について、同チームが今シーズンにこれを導入することはありそうもない、と悲観的な見通しを明らかにした。

これは同チームのマイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーがドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌で語ったもの。

それによれば、同チームでは今季エンジンをそれまでのコスワースからルノー・エンジンに変更、自力開発ができていないため、もし搭載するとすればロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)からの供給ということになるが、いくのところその目途は立っていないのだという。
また、同チームの2011年マシン『T128』は元々KERS搭載仕様に設計されていないため、もしシーズン途中で供給がなされたとしても現実的には対応が困難なのだということだ。

同氏は、「KERSがないと、とりわけレーススタート時に不利になるのは必須」との見解を示した。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介