2024/05/09

ザウバー・チーム、サインツ獲得有力も「急がない」

Sauber F1
Chigp_102_20240508111201昨季限りでアルファロメオとの契約を終了、2026年にはF1新規参戦を目論むアウディF1との関係をスタートさせることが決まっているザウバー・チームだが、でに正式発表したニコ・ヒュルケンバーグに並ぶもう一人のレースドライバーについては決定を急がないとした。

これは同チームのアレッサンドロ・アルンニ・ブラビ代表がメディアに語ったもの。
それによればいま巷で名前の上がっているカルロス・サインツ(現フェラーリ)と交渉中で有力候補であることは認めながらも、他にも複雑な条件が絡んでいて結着には時間が掛かるとしている。

ちなみにサインツの移籍先候補の一つであるレッドブル・レーシングではクリスチャン・ホーナー代表が「アウディF1が示す好条件には太刀打ちできない」と、お手上げの様子をみせている。

| | コメント (0)

2024/05/07

サインツ(フェラーリ)、ペナルティで5位に降格

Carlos Sainz
Miagp_203_20240507072201マイアミGPのレーススチュワード(審査委員)はフェラーリ・チームのカルロス・サインツに対し、決勝レース終盤に起きたピアストリ(マクラーレン)との接触事故について検証した結果、サインツの側に責任があったとしてレース後5秒のタイムペナルティを科したことを明らかにした。
ピアストリはフロントウィング交換を強いられるなどして後退、入賞を逸することとなった。

なおこのペナルティでサインツは4位から5位にダウン、一方5位だったペレス(レッドブル)は4位にアップとなった。

| | コメント (0)

2024/04/25

アウディF1、サインツに大型契約呈示か

Carlos Sainz
C_sainz_ferrari_cockpit_l2_20240424102601ハミルトン(現メルセデスAMG)の電撃移籍発表により今季限りでフェラーリ・チームのシートを失うことが確定したカルロス・サインツ(29歳:スペイン)だが、2026年からのF1新規参戦が予定されるアウディF1から大型契約を呈示されていると伝えられた。

それによれば契約の期間は2027年までの3年間という長期のもので、さらに詳細は明らかにされていないもののさらに魅力的なオブションが付帯しているとのことだ。

これに歩調を合わせるようにサインツはいま絶好調。
あるいは跳ね馬チームが悔しがるような驚きの展開が待っているかも知れない。

|

2024/04/09

サインツ(フェラーリ)、「複数チームと交渉中」

Carlos Sainz
Jpngp_203_20240409051001虫垂炎の緊急手術により欠場を余儀なくされたサウジアラビアGPを除き、ここまで全戦で表彰台を獲得しているカルロス・サインツ(フェラーリ)は、注目される来季のシートについて「複数チームと交渉中であることを明らかにした。

それによれば来季ハミルトン(現メルセデスAMG)の加入によりフェラーリ離脱が確実のこのスペイン人は、レッドブルを始めとしてメルセデスAMG、アストンマーティン等と交渉中であるとされる。
さらに2026年については新規参戦予定のアウディF1の名前も聞かれている。

サインツは「契約についてはマネージメント・チームに任せてある」とし、今シーズンは所属するフェラーリのために全力を尽くしているとした。

|

2024/03/27

存在感示したサインツ(フェラーリ)

Carlos Sainz
Ausgp_306_20240326142901連勝を続けていた王者フェルスタッペン(レッドブル)がいきなりリタイヤ。
しかし本命なき後のレースをみごとな1-2で制したのはかつての常勝チームであるメルセデスAMGではなく人気の跳ね馬チーム、それも2週間前にはサウジアラビアで入院・手術を受けていたばかりのサインツ(フェラーリ)だった。

レース後のインタビューでは「盲腸を手術で除去したので軽くなったから」とのジョークが飛んだが、「みんな手術すれば勝てる?」とのギュンター・シュタイナー氏(前ハース代表)
問いにサインツは「みんな速くなったら困る」と、絶妙に交わしてみせた。

それにしても2025年のサインツのシートを奪ったハミルトンがリタイヤ。
奪われたサインツが優勝とはレースの女神も皮肉なもの。

|

2024/03/22

サインツ(フェラーリ)、豪GPで復帰確実に

Carlos Sainz
C_sainz_ferrari_car_l虫垂炎の緊急手術によりサウジアラビアGPを途中欠場したカルロス・サインツ(29歳:スペイン)だが、今週行われる第3戦オーストラリアGPには予定通り出場することがわかった。

これは所属するフェラーリ・チームからアナウンスされたもの。
サウジアラビアGPでは同チームのリザーブドライバーでF2シリーズ参戦のため現地にいたオリバー・ベアマン(18歳:イギリス)が代役として緊急起用され、ぶっつけ本番にもかかわらずみごと7位入賞を果たし高く評価された。

ハミルトンの加入により2025年はフェラーリのレースシート喪失が確定しているサインツにとってベッドで寝ている余裕などないのも実状ではある。
なお念のためベアマンはF2レースもありオーストラリアにおいてもチームに帯同するとのことでサインツにプレッシャーを掛けている。

|

2024/03/15

サインツ(フェラーリ)、メルセデスAMG首脳と密談

Carlos Sainz
C_sainz_ferrari_win_l2025年シーズン、現メルセデスAMGチームのハミルトンが加入することでフェラーリ・チームのレースシートを失うことが確定しているカルロス・サインツ(29歳:スペイン)が、そのメルセデスのシートを獲得すべく交渉を開始したことが報じられた。

それによれば、自身は急性虫垂炎で欠場したサウジアラビアGPの会場で、父親で元WRC(世界ラリー選手権)チャンピオンのサインツ・シニアと共にメルセデスのモーターホームに入るところが目撃されたとのこと。

ただメルセデス側が後任候補としてリストアップしているのは一にフェルスタッペン(レッドブル)、二にアロンソ(アストンマーティン)、そして三にトト・ウォルフ代表の隠し球である17歳のイタリア人キミ・アントネッリであると報じられており、門戸は極めて狭いようだ。

|

2024/02/29

サインツ(フェラーリ)、「去就決定最優先」

Carlos Sainz
C_sainz_ferrari_cockpit_l22024年シーズンも跳ね馬チームでの戦いが始まるカルロス・サインツ(29歳:スペイン)だが、当人にとっては2025年の自身の去就のほうが優先事項であるようだ。

これはサインツの母国スペインの有力紙『マルカ』が報じたもの。
それよればサインツの計画はハミルトン(メルセデス)の2025年フェラーリ移籍のニュースにより大打撃。
2025年もフェラーリで走る予定が破綻してしまったからだ。
このままだと、2026年にワークス参戦予定のアウディF1への加入にも支障が出かねないと懸念している。
それをも占う新しいシーズンがまもなくスタートする。

|

2024/02/17

「正念場」のサインツ(フェラーリ)に注がれる熱視線

Ferrari Duo
Ferrari_2022duo_m通算7回のF1王者であるハミルトン(メルセデス)による2025年のフェラーリ・チーム電撃移籍のニュースは世界に衝撃を与えたが、それは同時にカルロス・サインツのフェラーリ・シート喪失を意味するものでもある。
そうしたことからこれまで以上に今シーズンのサインツのパフォーマンスに注目が集まることとなっている。

そのサインツはすでに2026年から新規参戦が決まっているアウディF1のレースドライバーに決まっているのだが、フェラーリでの戦績次第でそのポジションにも影響は必須とならざるを得ない状況。
強力なチームメイトであるルクレールとのバトルにこれまでより一層の注目が集まっている。

|

2024/01/29

フェラーリ、サインツとの契約交渉は難航模様

2021 Image
C_sainz_ferrari_cockpit_m早々にルクレールとの契約を延長した一方で、チームメイトであるカルロス・サインツとの交渉は遅れていてフェラーリ・チームとサインツの思惑は噛み合っていないと伝えられている。

同チームでは2027年末までとされるルクレールと契約を早くもさらに2年間延長、2029年までという長期のものとしているが、一方でシーズンオフの間にサインツとの交渉をまとめるという言葉とは裏腹にこちらの2025年以降については白紙のままだ。

同チームのフレデリック・バッサー代表はかねて「両ドライバーの扱いはまったくイコール」と強調するものの、明らかにルクレールを優遇している依怙贔屓を否定するが、イタリア・メディアの論調には厳しいものがあるようだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC