2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/12/20

カルロス・サインツ、「マクラーレンの復活には複数年」

>Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
トロ・ロッソからルノーを経て、来季マクラーレン・チームの復活に寄与すべく意気込みを顕わにするカルロス・サインツ(24歳:スペイン)だが、計画は複数年に渡ることを明らかにした。

「ルノー・チームでの1年間はとても有意義なものだった。
僕にとっていい経験になったよ。
マクラーレン・チームの復活に、僕がドライバーとしてどのくらい貢献できるかはわからないけれど、ファクトリーではみんなが同じ目標に向かって意識を高めていた。
僕は彼らとならきっとうまくやれると確信したね。
でも道のりは簡単なものじゃない。
だから2019年にいきなり結果を出すというのは早計だ。
おそらく最低2年、複数年を掛けて少しずつ、ただ着実に進んでいくんじゃないか。
アロンソが成し得なかった夢を、僕は引き継いでいくつもりなんだ」と、同じスペインの後輩は母国スペインの『EFE通信』に語った。

| | トラックバック (0)

2018/12/13

サインツ(マクラーレン)、来季マシン・コピー説を否定

>Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
先のアブダビ合同テストでいち早く来季チームであるマクラーレンのマシンをドライブしたカルロス・サインツ(24歳:スペイン)が、来季に向けての展望を語った。

「来シーズンの現実的な目標としてはルノーとのバトルになると思っている。
同じPU(パワーユニット)を使うチームどうしなんだしね。
ルノーより前に出られれば、自ずとトップ3に次ぐポジションになると思うから、(僕の)挑戦初年度としてはまずまずだろう。
ただ来年のマクラーレンのマシンがレッドブルのもののコピーになるという噂は違うな。
それは極めて安易な言い方で、正しい見方とは言えない。
そもそもF1はみんな開発とコピーの歴史なんだ。
優れたものがあればそれ参考にするというのは、この世界では当然のこと。
それは僕が経験してきた他のカテゴリーだって同じことだよ」

トロ・ロッソ、そしてルノーを経て、マクラーレンはサインツにとって3チーム目の挑戦ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/12/08

カルロス・サインツ(マクラーレン)、「覚えることがたくさん」

>Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
今季限りでルノー・チームを離脱したカルロス・サインツ(24歳:スペイン)だが、早くも最終戦終了直後の合同テストには新チームのマクラーレン・チームで『MCL33』を走らせた。

「今日はマクラーレンのドライバーとして、初めてガレージを出た訳だけど、長年の夢が叶ったような気分だったね」と語るサインツは、さらに次のようにその感激を表した。

「アブダビでルノーでの最終戦が終わったあと、僕はいろいろなことを覚えるのにタイヘンだったんだ。
マクラーレンのチームのこと、マシンのこと、そしてたくさんのスタッフの名前などね。
そのせいか彼らと仕事を始めた時から、まるでもう何年も一緒にいたようにリラックスしてうまく働くことができたよ。
マクラーレンはいまどん底だけど、これからは這い上がるだけ。
幾多の栄光の歴史を持つチームだし、すぐにまた輝くことができると確信しているね」

サインツのチームメイトは新人でマクラーレン・チーム子飼いのランド・ノリス(19歳:イギリス)ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/09/10

カルロス・サインツ(ルノー)、クビアトのF1復帰に期待

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
トロ・ロッソ・ホンダの来季シートについて、再び名前が挙げられているダニール・クビアト(24歳:ロシア)について、かつての同僚であるカルロス・サインツ(23歳:スペイン)がこれを歓迎するコメントを語っている。

「僕は以前から彼の才能を信じていたね。
なぜなら僕がこれまで競い合った中で最も優れたドライバーのひとりだと感じているからだよ。
彼がF1を去った時、どなん理由があったのかは知らないけれど、僕は彼がいつの日かまたF1に戻ってくると信じていたんだ。
だからこの話が現実なら、また同じ土俵で戦える訳だからとてもうれしく思っているよ」と、エール。

サインツとクビアトは下位カテゴリーでもライバルとして凌ぎを削った間。
そのサインツは現在のルノーから来季マクラーレンへの移籍が決まっている。

| | トラックバック (0)

2018/08/23

アロンソ(マクラーレン)、後任サインツに高い評価

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
今季限りでF1からの引退を決めたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(37歳:スペイン)は、来季、自身の後任に指名されたカルロス・サインツ(現ルノー)について高い評価をしていることを明かした。

「サインツがとても優れた能力あるドライバーであることは間違いない。
そしてマクラーレン・チームがドライバーに対して必要としているすべての資質を彼は備えているよ。
われわれのマシンについての問題点はここ数ヶ月でかなり洗い出されている。
彼ならきっとそれらの問題を解決し、戦闘力を復活されてくれるだろうと確信している」と、称賛した。

実は同郷の先輩であるアロンソに対し、サインツは以前「ドライバーとしては尊敬するが、彼とチームメイトになるのは難しい」と、その人間性について疑問を呈していた。
アロンソはこれに『大人の対応』をした様相だ。

| | トラックバック (0)

2018/08/18

来季加入のサインツ、「マクラーレンは憧れのチーム」

Renault Duo (C)Renault Sport F1
拡大します
アロンソF1引退の後を受け、マクラーレン・チームへの加入が決まった現ルノー・チームのカルロス・サインツ(23歳:スペイン)は、「マクラーレンは憧れのチーム」であることを明かした。

「僕の次のステージがマクラーレン・チームということになってワクワクしているよ。
なぜならマクラーレンは僕が子どもの頃から憧れのチームだったからね。
ここにはこれまで幾多のヒーローたちが歴史を作ってきたんだ。
もちろんアロンソもそうした一人だから、その後を継げるというのは光栄なことだ。
いまチームは苦しんでいるけれど、すでに復活に向けて長期的なプランが走り出していることを理解している。
そして僕がその一助になれることを確信しているよ」

サインツの来季チームメイトについてはまだ正式決定されていない。

| | トラックバック (0)

2018/08/17

マクラーレン、サインツ(現ルノー)との来季契約発表

Carlos Sainz (C)Redbull Racing
拡大します
16日(木)、アロンソの今季限りで離脱を発表したばかりのマクラーレン・チームは、その後任として現ルノー・チームのカルロス・サインツ(23歳:スペイン)と契約したことを正式発表した。
契約年数は明らかにされてないが、複数年であるとされる。

本来レッドブルのジュニア・ドライバーだったサインツは2015年にグループのトロ・ロッソからF1デビュー。
しかし当時のチームメイトだったフェルスタッペンのようにレッドブル昇格がならず、他チームへの移籍を志願。
レッドブルに籍を残したまま現在はルノー・チームにローン移籍されていた。
早くからマクラーレン・チーム加入の噂は囁かれたが、これまでアロンソとのコンビに難色を示していたとされる。
そのアロンソがいなくなることにより、今回急速に話がまとまったもの。

なおWRC(世界ラリー選手権)の元王者カルロス・サインツ・シニアは父親になる。

| | トラックバック (0)

2018/08/16

サインツ(ルノー)がマクラーレン有力候補に

Carlos Sainz Jr. (C)Redbull Racing
拡大します
フェルナンド・アロンソのF1引退表明を受け、その後任となるマクラーレン・チームのレースシートに注目が集まっている。

先に同チームの来季有力候補として名前が挙げられたカルロス・サインツ(現ルノー)は、当時「アロンソとチームメイトを組むことは人間関係の面で問題がある」として難色を示していたが、しかし今回そのアロンソ自身がチームを離脱したことにより、実現に向け大きな支障がなくなったと言えるだろう。

サインツが加入した場合のチームメイトについて、今季低迷が続くストッフェル・バンドーンが放出された場合には元々マクラーレン・チームのジュニア・ドライバーであるランド・ノリス(18歳:イギリス)の抜擢が実現するかも知れない。
同チームでは「二人とも若手ドライバーにはしない」としてきたが、サインツはトロ・ロッソ&ルノーですでに4シーズンを戦っている中堅だ。

| | トラックバック (0)

2018/08/10

レッドブル、「フェルスタッペンのサインツ拒否説」否定

STR Duo (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル・レーシングは、同チームのマックス・フェルスタッペンが現在ルノーのドライバーであるカルロス・サインツが復帰して来季のチームメイトになるのを拒否したとの報道についてこれを誤りだと主張した。

否定したのは同陣営でとりわけドライバー人事に影響力を持つレーシング・アドバイザーのヘルムート・マルコ博士で、次のように釈明している。

「フェルスタッペンがサインツを敬遠しているというのは誤った噂だ。
昔チームメイトだった時に多少確執はあったとしても、そんなのは過去の話。
二人とももう経験を積んだ大人だしね。
そもそもドライバーを決定するのはチームであってドライバー自身じゃないんだ。
可能性は広く門戸を拡げている」

二人はトロ・ロッソでチームメイトだった2015年から2016年に掛け、同士討ちを起こすなどしばしば鞘当てを演じた関係だった。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP