2009/12/30

2010年豪GP、タイトル・スポンサー獲得を模策

『ING』/Australia GP (C)Renault F1 UK
拡大します
これまで3年間に渡ってオランダの大手銀行『ING』をタイトル・スポンサーとして行ってきたオーストラリアGPだが、2010年についてはまだ後継のスポンサーが決まっていないままだ。

これについてティム・バンフォード氏の後任として2007年からAGPC(オーストラリアGP会社)のCEO(最高経営責任者)に就いているドリュー・ワード氏は、「現在なおオーストラリアGPはタイトル・スポンサーを募集中だが、最悪見つからなかったとしてもイベントの全体的コストに対する悪影響は生じない」と、強気なコメント。

ただ、もしもまたかつてのような大幅な赤字開催が続いた場合、再びカレンダーから消滅の危機も生じかねないとみられる。
なお『ING』の撤退は同じくタイトル・スポンサーとしていたルノー・チームにも深刻な影響をもたらせている。

| | トラックバック (2)

2009/09/26

ルノー・チーム、あわただしくロゴ変更

Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
シンガポールGP開幕直前に主要スポンサーの解約が相次いだルノー・チームでは、初日のフリー走行を前にあわただしくロゴ変更が行われた。

これによりリヤウィングに大きく描かれていた『ING』の文字が急きょ無難な『RENAULT』に差し替えられるなどしたが、チームスタッフのユニフォームのものや、レターヘッドなどは結局そのまま使われている。

また同チームのロマン・グロージャンはフリー走行前に体調不良を訴え、一時リザーブドライバーのルーカス・ディ・グラッシが待機する事態となったが、最終的に事なきを得ている。

| | トラックバック (1)

2009/09/25

『ING』ルノーとのスポンサー契約打ち切り通告

『ING』/Australia GP (C)Renault F1 UK
拡大します
ルノー・チームのタイトル・スポンサーとして大きな支援を行っていたオランダの大手銀行『ING』が、24日(木)突然の契約打ち切りを通達した。

それによれば、ルノー・チームとの契約の中に「FIA(国際自動車連盟)が定めるレギュレーションを遵守する」との項目があったということで、今回の(執行猶予付き)処分はこれに違反すると判断されたとみられる。

また、この数時間前には同じくルノー・チームのスポンサーを務めていた、テニスでも知られるスペインの保険会社『ムトゥア・マドリレーナ』が契約解除を伝えている。

| | トラックバック (10)

2009/02/21

『ING』、2009年トルコGPのタイトル・スポンサーに

ルノー・チームのタイトル・スポンサーとして、また開幕戦オーストラリアGPなど多くのグランプリで冠スポンサーを務める『ING』だが、すでに世界規模の金融危機の影響により今季限りでF1の支援から完全撤退することが確実となっている。
Belgium GP Scene (C)Ex.Super Aguri F1
拡大します
しかしその一方で、6月に予定される第7戦トルコGPにおいて、皮肉にも今年新たにイベントのタイトル・スポンサーとなることが明らかとなった。

同グランプリはこれまで連続して地元トルコの石油会社がタイトル・スポンサーを務めていて、その名称も『Petrol Ofisi Turkish Grand Prix』となっていたが、これにより今年のグランプリは『ING Turkish Grand Prix』になる見込みだ。

今年は上記オーストラリアGPの他にも、ベルギーやハンガリーGPなどで同じくタイトル・スポンサーとなる予定になっている。

| | トラックバック (1)

2009/02/17

ルノー、冠スポンサー『ING』撤退にも「影響なし」

タイトル・スポンサーである『ING』が今シーズン限りでF1支援から撤退することが明らかとなったルノー・チームだが、フラビオ・ブリアトーレ代表は「すべて織り込み済みでチームに影響はない」と、強気の姿勢をみせている。
Flavio Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
「もともと『ING』とは3年間という契約で、今年が最後になることはわかっていたんだ。
だから別にわれわれは驚いてもいないし、あわててもいないよ。
『ING』と共に活動したこの3年間、彼らはとても理解ある支援者で、われわれはとても充実した関係を続けることができたと自負しているよ。
(『ING』の撤退で)資金的に多少の影響はあるかも知れないが、幸いにことにいまFIAとわれわれはF1のコスト削減に向けて大きな改革の舵を切っているところ。
影響はないね。
これからはこれまでのように巨額の資金を投入したチームだけが成功を収めるということもなくなるから、われわれにとってもチャンスだと考えているんだ」

コスト対パフォーマンスという観点では、他のどのチームよりも優れた結果を残してきたとされるルノー・チーム。
それを誰よりも実践してリードしてきたのがこのフラビオ・ブリアトーレ代表であることは間違いない。

| | トラックバック (2)

『ING』、2009年限りでF1支援から撤退へ

現在ルノー・チームのタイトル・スポンサーとして、また開幕戦オーストラリアGPを初めとする多くのグランプリでも冠スポンサーを務めるオランダの大手金融グループ『ING』だが、どうやら今季限りでF1の支援から完全撤退することが確実となった。
『ING』/Renault R27(C)Renault F1 UK
拡大します
アメリカ・サブプライムローン問題に端を発した世界規模の金融危機の影響は『ING』の場合も例外ではなく、すでにオランダ政府から巨額資本の注入を受けることが発表された上に世界で7,000人規模にも及ぶ社員の削減を行うなど深刻な影響が表面化していて、今シーズンの支援も約40%を削減することが明らかにされたばかりだった。

それでも同社のスポークスマンは「今シーズン、ルノー・チームと共にチャンピオンシップ獲得することを最大の目標にしたい」と、最後の年の大輪の花に向かって意欲をみせている。

| | トラックバック (2)

2009/01/29

『ING』予算縮小でサーキットからも悲鳴

世界規模の金融危機から、F1への支援活動の縮小を表明したオランダの大手金融グループ『ING』だが、その影響を大きく受けるのはタイトル・スポンサーになっているルノー・チームばかりではないようだ。
『ING』/Renault R27(C)Renault F1 UK
拡大します
というのも、INGはとりわけヨーロッパ地域などのグランプリにおいて、サーキットから『ゲスト招待用チケット』を購入、資金面から支えてきたのだ。
その数はベルギーGPの場合、大量3千枚にも及ぶという。
これは金額的には億単位にもなるもので、もしこれがなくなるとサーキット側にとっては大きな打撃になりかねない。

ベルギーGPの主催者は、これについて「昨シーズン、INGは『オール・スポーツ・マネージメント』社を通してわれわれのチケットを3千枚も購入してくれている。
これは数量では全体の約5%。
しかし金額的にはさらに大きな割合になるもので、もしこれがなくなればその損失の影響は計り知れないほど大きい」と、頭を抱えた。

| | トラックバック (1)

2009/01/27

『ING』、やはりスポンサー活動縮小へ

現在ルノー・チームの主要スポンサーを務める他、多くのグランプリでも冠スポンサーになるなどF1で大きなスポンサー活動を行っているオランダの大手金融グループである『ING』だが、やはりこれらに掛かる経費を漸減させていくことがわかった。
『ING』/Australia GP (C)Renault F1 UK
拡大します
同社は不況の中、2009年も引き続きルノー・チームへの支援を決めた他、開幕戦オーストラリアGPについてもこれまで同様冠スポンサーを務めることを先に明らかにしていた。

しかしアメリカ・サブプライムローン問題に端を発した世界規模の金融危機は同社の業績にも大きな影響を及ぼしていて、すでにオランダ政府から巨額資本の注入を受けることが発表された上に世界で7,000人規模にも及ぶ社員の削減を行うなど深刻な影響が表面化していたもの。

| | トラックバック (3)

2008/12/22

ハミルトン&マクラーレン、F1人気調査で世界一に

マクラーレン・チームが明らかにしたところによれば、同チームと同チームのエースで今季史上最年少チャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)が、このほど行われた世界的に権威ある調査で共に世界一に輝いたということだ。
L.Hamilton & R.Dennis (C)McLaren Group
拡大します
調査はルノー・チームのタイトル・スポンサーで各地のグランプリでも積極的なスポンサー活動を繰り広げているオランダの金融グループである『ING』の支援で行われたもの。
調査は世界約7万人のF1ファンを対象に行われ、今年1年間で最も活躍した選手とチームが選ばれた。

ドライバー部門ではハミルトンが27%の票を獲得、2位はフェラーリのライコネンで17%、3位はルノーのアロンソで12%だった。
またチーム部門では上記マクラーレンが全体の29%を獲得、2位は今季コンストラクターズ・チャンピオンとなったフェラーリが28%で肉薄、3位はルノーの6%というものだった。

| | トラックバック (1)

2008/10/22

世界金融危機、F1チームにも多大な影響

アメリカ・サブプライムローン問題に端を発した世界規模の金融危機が、F1チームにも直接的な影響を及ぼし始めている。
『ING』/Renault R27(C)Renault F1 UK
拡大します
ルノー・チームのタイトル・スポンサーで、各地のグランプリでも積極的なスポンサー活動を繰り広げてきたオランダの金融グループである『ING』は、政府から巨額資本の注入を受けることが発表された。

またウィリアムズ・チームの主要スポンサーの一つであるRBS(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)もまたイギリス政府から救済措置を受けることがわかっている。

そしてスーパー・アグリなきあと、最も資金的に規模が小さいと目されるプライベート・チームであるフォース・インディアも、共同オーナーでこれまで最大の資金援助を行ってきたインドの大富豪であるヴィジャイ・マルヤ氏が、株価の暴落で自身の資産価値が激減したと言われている。
最悪の場合、チームの存続にも関わるということで、もはや今季のようなフェラーリ・エンジンの支払い継続は不可能というのが大方の見方だ。

| | トラックバック (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | HRT | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | アイルトン・セナ | アウディ | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アリ・バタネン | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | イギリスGP | イタリアGP | イプシロン・ユースカディ | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンズ | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルン・チャンドク | カンポス・メタF1 | カート | キミ・ライコネン | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | グッドウッド | ケビン・マグヌッセン | ケン・アンダーソン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | シャルル・ピック | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョーダン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スピードカー | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | ゾラン・ステファノヴィッチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デビッド・ワード | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナビル・ジェフリ | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハンガリーGP | ハンコック | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピットストップ | ピレリ | ファイルーズ・ファウジー | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランク・モンタニー | フランスGP | フランツ・トスト | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ヘンキ・ワルドシュミット | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・グランプリ | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーク・ウェバー | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メキシコGP | メルセデス | メルセデスGP | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨーロッパGP | ラルフ・シューマッハ | リザーブドライバー | リチャード・ブランソン | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ロータス・ルノーGP | ローマ | ローマGP | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴァージン・グループ | ヴァージン・レーシング | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 南アフリカ | 国本京佑 | 地中海GP | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新型車発表 | 日本GP | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 韓国GP