2017/08/12

アンドレッティ・オートスポーツエンジン変更なら不透明に

2017 Indy 500 Race (C)Indycar Media
拡大します
今シーズン、ホンダ・エンジンを搭載してインディカー・シリーズを戦ったアンドレッティ・オートスポーツだが、供給元をシボレーに変更する可能性が伝えられて話題を呼んでいる。

フェルナンド・アロンソが今年インディ500にスポット参戦できたのはマクラーレン・チーム&アンドレッティ・オートスポーツ双方共にホンダ・エンジンという関係があったことによるが、もし来季シボレー・エンジンに変更となれば、一部に噂されるマクラーレン・チーム、そしてアロンソのインディカー参戦という計画にも障害になる可能性がある。

また今年日本人として史上初となるインディ500制覇を遂げた元F1ドライバーの佐藤琢磨にとっても(間違いなくホンダ系ドライバーであることから)一転して所属チームを失うという窮地に陥りかねない。

| | トラックバック (0)

2017/08/11

マクラーレン・チーム、インディカー・シリーズ復帰の可能性も

McLaren Indy500 (C)McLaren Group
拡大します
今年のインディ500レースにフェルナンド・アロンソを擁して参戦したマクラーレン・チームが、近い将来本格的にインディカー・シリーズに参戦するかも知れない。

同チームではF1の不振を受け、アロンソがシンガポールGPを欠場して今季最終戦ソノマにスポット参戦するという噂が流れたが、これについて同チームは強く否定している。

ただその一方で、インディカー・シリーズでCEO(最高経営責任者)を務めるマーク・マイルス氏は、早ければ来シーズンにもマクラーレン・チームがこのフィールドに戻ってくる可能性を示唆。
今年のインディ500以降も同チームと密に連絡を取っていることを明らかにしている。

同チームはかつてカンナム・シリーズを席巻、インディ500レースを制した歴史を持つ。

| | トラックバック (0)

2017/08/09

アロンソ(マクラーレン)、GP欠場してインディカー最終戦参加の噂

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
今年がマクラーレン・チームで3年契約の最終年となるフェルナンド・アロンソだが、まだ来季の自身の計画について明確にしていない。
この夏休みの間にもマクラーレン・チームとの話し合いが進捗するとみられる一方、今年スポット参戦したインディカー・シリーズへの来季転身の噂も囁かれ続けている。

そうした中、浮上したのが、アロンソが第14戦のシンガポールGP(9月17日決勝)を欠場し、同日米国ソノマで行われるインディカー今季最終戦に参戦するというもの。
通常、F1レギュラードライバーがグランプリを欠場して他のシリーズに参戦するというのは考えられないことだが、アロンソは今シーズンモナコGPを欠場してインディ500レースに参戦したという『実績』がある。

ただこの噂について、同チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは、これを明確に否定した。

「実に馬鹿げた話だよ、狂ってる。
そんな噂が真実なら、何で私のところに要請がない?
そんなことあり得ない、それこそ『フェイク・ニュース』そのものだ。
来年についてはまだ決定していないが、彼の目標は3度目のタイトルを獲得すること。
そのためにこれまで努力してきたし、それを結実させるためにもわれわれと共に歩むというのは確実なところだ」と、断じた。

とはいえ、周辺ではアロンソの残留の可能性はまだ五分五分とみられている。

| | トラックバック (0)

2017/08/05

インディ500優勝の佐藤琢磨(ホンダ)に総理大臣顕彰

佐藤 琢磨
日本人ドライバーとして史上初となる『インディ500レース』優勝を果たした元F1ドライバー、佐藤琢磨選手(40歳)に4日(金)総理大臣である安倍晋三首相から『内閣総理大臣顕彰』が贈られた。

安倍首相は「モータースポーツにおける日本人の達成した業績としては最高位に当たる快挙で、その功績は誠に顕著だ」と讃え、佐藤琢磨選手に顕彰状を手渡した。

日本のレースドライバーに内閣総理大臣顕彰が贈られるのはこれが初で、昨年、囲碁で史上初めて七大タイトル独占を達成した井山裕太さん以来、個人としては33人目の栄誉となる。

| | トラックバック (0)

2017/07/29

政府、佐藤琢磨(ホンダ)に『内閣総理大臣顕彰』授与へ

佐藤 琢磨 (C)Indycar Media
拡大します
元ジョーダンやB.A.R・ホンダ・チームのF1ドライバーである佐藤琢磨に、大きな賞が授与されることになった。

これは同選手が先に日本人として初めて世界三大レースの一つである『インディ500レース』を制覇したことを讃えるため、『内閣総理大臣顕彰』を授与することが決まったもの。
28日(金)、政府の菅官房長官が明らかにした。
8月4日(金)に安倍総理自ら授与する予定。

菅官房長官は顕彰の理由について、「日頃のたゆみない精進により、インディ500で日本人初の優勝の偉業を成し遂げるなど、モータースポーツで数々の記録を打ち立て、極めて優れた業績を上げた」と閣議のあとの記者会見で述べた。

| | トラックバック (0)

2017/06/04

アンドレッティとマクラーレン、双方とも関係継続に前向き

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
今回のフェルナンド・アロンソによるインディ500レース参戦は、アンドレッティ・オートスポーツとマクラーレンとのパートナーシップにより実現したものだが、世界中で大きな話題を呼ぶなど得られた成果は大きかったようだ。
これを受け、双方ともにこの良好な関係の継続に前向き姿勢をみせている。

アンドレッティ・オートスポーツのマイケル・アンドレッティ代表は、「今回のパートナーシップは双方にメリットが得られる、ウィンウィンの成果が得られた。
将来的にまた一緒に仕事ができることを期待している」とコメント。
またマクラーレンのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターも、重要な市場であるアメリカで大きな商業的成功を収めた」と、歓迎している。

ただアロンソの来季去就はまだ明確でない。
なおマイケル・アンドレッティ氏自身、1993年シーズンに当時のマクラーレン・チームからF1参戦の経験を持つ。
最高3位は得たものの、当時のレギュレーションは新人に苛酷なもので、プロジェクトは失敗と評された。

| | トラックバック (0)

2017/06/03

ハミルトンのインディカー侮蔑発言が波紋

Tony Kanaan
今年のインディ500レースはフェルナンド・アロンソの挑戦でF1関係者の間でも注目を集めたが、そうした中、同じく現役のF1チャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)がインディカー・シリーズを侮蔑するような発言を行ったとして波紋を呼んでいる。

それによればハミルトンは「F1で成功できないドライバーが多くアメリカに渡るが、1年中そこで戦っているドライバーの中で、アロンソがいきなり予選5番手になるのだからそのレベルが知れてる」とコメントしたとのこと。

これに反応したのはブラジル出身で2004年のインディカー(当時IRL)・チャンピオンであるトニー・カナーン(42歳)で、この大ベテランは「そんなコメントをした男はアロンソと違って謙虚さに欠ける。
だいたい、去年2台のクルマでレースをして2位だった男が何を言っているんだか」と、反撃した。

カナーンは2013年のインディ500レース・ウィナーでもある。

| | トラックバック (0)

2017/06/02

エステバン・グティエレス、インディカーのシート射止める

Esteban Gutierrez (C)Sauber Motorsport
拡大します
元ザウバー・チーム等のF1ドライバーであるエステバン・グティエレス(25歳:メキシコ)が、インディカー・シリーズに中途参戦を果たすことがわかった。

これは、先に行われたインディ500レース公式予選セッションでターン2でコントロールを失いバリアに激しくクラッシュし本戦の欠場を余儀なくされたセバスチャン・ボーデの代役となるもの。
チームはボーデが所属した『デイル・コイン・レーシング』ということになる。

グティエレスにインディカー・レースの経験はないが、本人は「ダラーラのマシンはこれまでGP2シやGP3で経験しているので馴染みがある。
今からインディカーのコクピットに収まるのが楽しみ」と意欲をみせた。

2013年にザウバー・チームからF1デビューを果たしたグティエレスは2016年のハースF1を最後にシートを失っていた。
なおF1最高位は2013年日本GP(鈴鹿)の7位ということになる。

| | トラックバック (0)

2017/06/01

アロンソのインディ500『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に不満の声

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
初参戦したインディ500レースで予選5番手、決勝レースでも一時トップを周回するなど存在感を示したマクラーレン・ホンダ・アンドレッティのフェルナンド・アロンソだが、エンジントラブルにより結局リタイヤに終わり、最終順位は24位というものだった。

しかしレース後メディアの投票により今回の『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に選出され、このことが一部に波紋を呼んでいる。

同じく今年初参戦ながら、みごと3位でゴールしたエド・ジョーンズの所属チームであるデイル・コイン・レーシングのデイル・コイン代表は、「私が聞いた範囲ではどの放送局も今年のルーキー・オブ・ザ・イヤーはエド・ジョーンズたろうと言ってたよ。
メディアの連中がどういう判断をしたのか知らないが、フィニッシュもしていないドライバーが選ばれるのは納得できないな」と、不満の表情。

ちなみに『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』の判断基準は単に結果ではなく、(1)ドライバーのスキル、(2)スポーツマンシップ、(3)レース月間の行動、そして(4)レース結果となっていてこれらを総合的に勘案して選出される。

| | トラックバック (0)

2017/05/31

インディ500挑戦のアロンソ『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝く

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
F1モナコGPを蹴ってまで参戦したインディ500レースでは一時首位を走るなど好走したものの、結果はエンジントラブルによりリタイヤ。
しかし健闘したマクラーレン・ホンダ・アンドレッティのフェルナンド・アロンソに対し、メディアによる選出により第101回インディ500レースの『ルーキー・オブ・ザ・イヤー賞』が与えられた。

インディカー・シリーズ初挑戦のアロンソは、これにより賞金5千ドル(約55万円)を加え、総額30万5805ドル(約3,370万円)の賞金を手にした。
ただし今年のルーキードライバーで最上位だったのは3位でゴールしたエド・ジョーンズだった。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP