2019/12/22

新規開催狙うマイアミGP、最終結論間近か

Miami GP Image (C)Hard Rock Stadium
拡大します
2021年、アメリカ第2のグランプリ開催を窺うマイアミGPだが、その最終結論が間近になっているとのニュースが流れている。

これまでアメリカではワトキンスグレンやラスベガス、さらにロングビーチ、インディアナポリスなど幾多の開催地が繰り返されてきたが、現在はオースティンの1か所のみ。
世界一の自動車大国とあってリバティ・メディアも複数開催を望んでいるとされる。
しかし近年お決まりの反対運動はマイアミでも例外ではなくこれまで結論に時間が掛かっているもの。

伝えられるところによれば、当初の市街地特設コース案からアメリカン・フットボールの人気チーム『NFLマイアミ・ドルフィンズ』の本拠地として知られる『ハードロック・スタジアム』に場所を変更する新しい案で結着がつきそうとのこと。
詳細は明らかでないが、早ければ来年1月にもゴーサインが期待されている。

|

2019/11/07

ボッタスが2ストップ戦略で優勝、1ストッパーのハミルトンは6度目のドライバーズタイトル獲得 (ピレリ)

バルテリ・ボタス (C)Mercedes Motorsports(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2019 アメリカグランプリ 決勝

2019年11月3日、オースティン
メルセデスのバルテリ・ボッタスが2ストップ戦略でアメリカグランプリを制しました。また、1ストップ戦略を採ったチームメイトのルイス・ハミルトンは2位でフィニッシュし、自身6度目のドライバーズタイトルを獲得しました。例年同様、広範囲に渡る戦略がサーキット・オブ・ジ・アメリカズで展開され、レース終盤にはトップ3間で緊迫した戦略的な闘いが見られました。

キーポイント
• ポールポジションからスタートしたボッタスは、2回目のピットストップ後、ハミルトンを追うかたちとなりました。その後、ボッタスはフレッシュなタイヤのアドバンテージを活かし、レース終盤トップに立ちました。
• ハミルトンは、トップ10グリッドでミディアムタイヤを装着してスタートしたドライバー中の一人でした。ライバルたちよりも長いオープニングスティントを走行したハミルトンは、ハードへ交換する1ストップ戦略を採りました。この戦略には、完璧なタイヤマネジメントが必要でした。
• レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ボッタスと同様のミディアム – ハード – ミディアムと繋ぐ2ストップ戦略を採りましたが、ハミルトンを抜くことはできず、3位でフィニッシュしました。
• フェラーリのシャルル・ルクレールは、3種類のコンパウンドを使用した2ストップ戦略で4位フィニッシュしました。ルクレールは、ソフトタイヤを使用したファイナルスティントでファステストラップポイントを獲得しました。
• レッドブルのアレックス・アルボンが5位を獲得しました。接触によってオープニングラップでのピットストップを余儀なくされたアルボンは、ただ一人の3ストッパーとなりました。
• トップ6で5種類の異なる戦略が使用され、アメリカグランプリにおける戦略の多様性が強調されました。
• 昨日同様の温暖なコンディションがタイヤ動作に影響を及ぼし、硬めのコンパウンドが好まれる傾向となりました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C2: 鍵を握るレースタイヤとなり、アルボン以外の全ドライバーがハードを使用しました。1ストッパーで優勝を狙ったハミルトンは、ハードタイヤによるファイナルスティントで32周を走行しました。
• ミディアム C3: 4名を除く全ドライバーがミディアムを使用しました。また、トップ5グリッドのドライバーがミディアムでスタートしました。
• ソフト C4: ファステストラップを記録した4位のルクレールを含め、多くのドライバーが燃料の軽いファイナルスティントでソフトを使用しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「1ストッパーで優勝を狙ったハミルトンと、フレッシュなタイヤで後を追うドライバーたちとの緊迫した闘いがレース終盤に見られました。ハミルトンは優勝できませんでしたが、戦略の重要性を示す見応えある闘いでした。スリリングなレースを経て、6度目のドライバーズタイトルを獲
得したルイスを讃えたいと思います。また、ハミルトンと異なる戦略でレースを制したバルテリも
祝福します。気温が低かった金曜日よりも温暖なコンディションとなったことで、硬めのコンパウ
ンドを使用した1 ストップもしくは2 ストップの判断が難しくなったと思います。実際、表彰台中の
2 名が2 ストッパーでした。上位から下位まで、終始広範囲に渡る戦略が見られました。これは、
我々がまさに求めていたレースです」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ボッタスが2ストップ戦略で優勝、1ストッパーのハミルトンは6度目のドライバーズタイトル獲得 (ピレリ)"

|

2019/11/06

ペンスキーの買収でインディアナポリスF1復活も

2003 USA GP Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
アメリカのモーターレーシング界で大きな存在であるペンスキー・グループの一員であるペンスキー・エンターテインメントがインディアナポリス・モータースピードウェイを買収したことで、再び当地でのF1グランプリ復活の可能性が伝えられている。

1950年に現行のF1グランプリがスタートした時の開催地の一つである同スピードウェイはインディアナポリスGPとして1960年まで継続開催。
その後2000年に一部をロードコースとして変更アメリカGPとして復活、2008年に現在のオースティンに変更されるまで続いた。

同グループを率いるロジャー・ペンスキー氏は、世界最大のレースとされる現在のインディカー・シリーズの祭典『インディ500レース』だけでなく、F1や他のカテゴリーのレースの開催を検討することを認めているという。

|

アメリカGPの最速ピットストップもアルボン(レッドブル)

Image (C)RedBull Racing
拡大します
先日行われたアメリカGPにおけるピットストップの最短作業タイムは、メキシコGPに続いて再びレッドブル・レーシングが記録したことがわかった。

それによれば再びアレクサンダー・アルボンに対して行われた20周目のピットストップで、同チームは2.02秒(前回は1.93秒)を記録したとのこと。
ちなみにフェルスタッペン(レッドブル)に対して行われた2.18秒がこれに続いた。
なお通算での最速タイムはやはり同チームがドイツGPでフェルスタッペンに対して記録した1.88秒となっている。

|

2019/11/05

クビアト(トロ・ロッソ)、ペナルティに不満吐露

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アメリカGP決勝レースでペナルティを受け、日本GP以来となる入賞を取り消されたトロ・ロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、「不必要なペナルティ」と、処分に納得がいっていないことを強調した。

これはレース終盤、ペレス(レーシング・ポイント)らと手に汗を握るバトルを演じた結果、その後ペレスとの接触事故の責任を問われて5秒加算のペナルティを受けノーポイントの12位まで降格となったもの。

これについてクビアトは「タイヤの状態もあり、難しいレースだったけれど、それでもバトルは楽しいものだった。
楽しくないのはこのペナルティ。
同様のバトルで、他のケースではレーシング・インシデント(出来事)とされているのになぜ僕らのケースだけペナルティなのかわからない。
こうしたバトルはレースには必要なもので、これを処分していたらF1なんか成り立たない。
今回のペナルティはモーターレーシングには不必要なものだったね」と、断じた。

クビアトにはタイム・ペナルティだけでなくペナルティ・ポイント1点も科されている。

|

2019/11/04

ガスリー(トロ・ロッソ)もペレスに泣かされていた

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
今回のアメリカGPのスタートはいつになくグリッド降格のペナルティがなく、唯一の『出来事』はペレス(レーシング・ポイント)の重量測定無視によるピットレーンスタートだけだった。
しかし決勝レースではそのペレスにトロ・ロッソ勢がいずれも泣かされる結果となった。

レース終盤、13コーナーでペレスにインを締められたガスリーは右フロント・サスペンションを損傷、ホイント圏内を走っていたものの実質リタイヤとなりノーポイントに。

一方、10位でフィニッシュしたクビアト(トロ・ロッソ)は同じくペレスとレース終盤に15コーナーで接触、こちらはクビアトだけが責を問われてペナルティを受け降格、こちらもノーポイントとなった。

逆にレーシング・ポイントは今回ペレスが10位入賞したことでトロ・ロッソとのコンストラクターズ・ランキングを逆転させている。

|

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(11/03)

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
緊張感につつまれながら最後まで激しいレースが展開されたアメリカGPでは、Aston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが表彰台、そしてチームメートのアレクサンダー・アルボンがポイントを獲得し、Hondaパワーユニット勢にとって実りある一戦となりました。

フェルスタッペンはスタート直後に1コーナーでアウト側からセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)をオーバーテイクすることに成功し、その後トップを走行していたバルテッリ・ボッタス(メルセデス)に近づく速さで最初のスティントを走行しました。
13周目でピットインしハードタイヤに履き替え、1周後にピットインしたトップのボッタスとの距離をさらに縮めましたが、オーバーテイクは叶いませんでした。

対照的に、難しいスタートを切ることとなったのはアルボンでした。
1周目の1コーナーでシャルル・ルクレール(フェラーリ)とカルロス・サインツ(マクラーレン)の間に挟まれる形となったアルボンは、軽い接触によるマシンのダメージ修復のためすぐにピットストップを行わなければなりませんでした。

Red Bull Toro Rosso Hondaのピエール・ガスリーは2台のマクラーレンのマシンの間を割って7番手を走行していましたが、1回目のピットストップではサインツの後ろにポジションを落として、コース上に復帰することになりました。
一方、ハードタイヤでスタートしたダニール・クビアトは、ピットストップに時間を要したため、遅れを取ってしまいました。

最初の思わぬピットストップでミディアムタイヤに変更したアルボンは、22周目に再びピットインを行い同じコンパウンドのタイヤに履き替え再びコース上へ復帰。
数々のオーバーテイクを繰り広げ、10番手からスタートし最終ラップでは5番手まで順位を上げました。

フェルスタッペンは34周目に2度目のピットインを行いミディアムタイヤへ変更した後、ボッタスも1周遅れて同タイヤへ変更。
フェルスタッペンはその後前方のルイス・ハミルトン(メルセデス)への追撃を試みました。
2台の間は僅差でしたが、残り2周と迫った時ターン12でハミルトンをオーバーテイクしようとしたフェルスタッペンでしたがイエローフラッグに妨げられ、3位でチェッカーを受けました。

ガスリーは1ストップ戦略が功を奏しポイント獲得が見えていましたが、 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)との接触によりサスペンションにトラブルが発生したため終盤でリタイアを余儀なくされてしまいました。
クビアトは残り17周でソフトタイヤへ変更し、10番手でチェッカーを受けました。
しかし接触のペナルティーによりレース後5秒加算されたため、結果は12位となりました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(3位)

「僕たちにとってはポジティブな週末で、3位でフィニッシュできたことをうれしく思っています。
最後の数周でのイエローフラッグによって不利を被った部分があり、あればがなければ2位でフィニッシュできたと思っています。
レース後に、フロアの一部が大きくダメージを受けていたことに気づいたのですが、それがなければライバルに対してもっと戦えていたのではないかと思うと残念です。
いいスタートを決めてそのあとはボッタス選手についていこうとしましたが、彼らの方が全体的にペースがよかったようですし、マシンのダメージも考慮すると最終的に5秒差でフィニッシュできたことはいい結果でした。
2ストップ作戦は正しい選択で、これが最速だと思うので、これ以外のストラテジーは考えられなかったと思います。
ここのところ、いいかたちで前進ができていますし、またライバルとの争いに戻ることができたのではないでしょうか。
ここからも難しい戦いになりますが、あきらめることはありません。
ハミルトン選手の6度目の戴冠はとてもすばらしいと思います。
コンスタントに実力を出し続ける必要がありますし、この実績は彼の実力通りのものだと感じています」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(5位)

「今日は自身のベストを尽くすかたちで5位でフィニッシュし、僕にとって初めてのアメリカでの最終日を楽しむことができました。
スタートはよかっただけに1コーナーでの接触には少しフラストレーションを感じました。
もう一度確認する必要はありますが、両側を挟まれて明らかに行き場のない形だったので、難しい状況でした。
誰の責任でもないと思いますし、これもレースの一つですが、結果的には縁石に乗り上げてフロアとフロントウイングにダメージを負いました。
そこでピットインしなくてはならず、多くの時間を失ったためにいろいろな部分を妥協せざるを得なくてはなりませんでした。
そうでなければ、ルクレール選手と4位を争うことができたかもしれないと思っています。
普通のレースではなくなってしまいましたが、それでも最後尾から追い上げるかたちでオーバーテイクをいくつも決めることができたので楽しいレースでした。
フロアのダメージとセーフティカーが出なかったことを考えると、いい形でポジションのばん回ができたと思っています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(10位→12位)

「今日は難しいレースでした。ライバルたちと比べると、あまりいいペースとは言えなかったと思います。
通常のレース時よりもタイヤの摩耗が大きかったので、原因がなにかを追求しなくてはなりません。
しかし、問題がありながらも、最後は10番手でレースを終えられたことはポジティブに捉えています。
少し荒々しかったかもしれませんがフェアなバトルであった筈ですし、皆が観たいレースバトルであったと思います。
今シーズン同じようなバトルを見せた他の選手がペナルティーを受けていなかったので、今回のペナルティーは納得のいかない結果となりました。
モータースポーツにおいて必要なペナルティーではなかったのではと、とても残念でなりません」

【ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)】(リタイヤ)

「レースのほとんどをトップ10内で走行し、マクラーレンのマシンに劣らないペースで走れたので、いいレースができたと思います。
終盤でセルジオ・ペレス選手とターン13で接触したためフロントの右サスペンションに不具合が発生してしまい、リタイアを余儀なくされてしまいました。
バトル中にターン13でインを閉めたペレス選手のマシンが右フロントタイヤと接触しサスペンションが曲がってしまいました。
大きな問題ではないと思っていたのですが、ポイントを獲得できずにレースを終える原因となりました。
手応えを感じていたレースウイークでしたが、このようなかたちでレースが終わってしまったことが残念でなりません」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日のレースではAston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手が確実な走りを見せ、予選ポジションをキープするかたちで3位表彰台を獲得しました。
ラスト2周で出たイエローフラッグがなければ2位のポジションも見えていただけに、悔しい部分もありますが、週末を通して安定した速さを見せられていたと思います。
また、チームメートのアルボン選手もスタート時の残念な接触により最後尾まで順位を落としながらも5位まで順位をばん回する力強い走りを見せてくれました。
Red Bull Toro Rosso Hondaについてはガスリー選手が終始ポイント圏内を走行していたものの、惜しくも最後に2台ともポイントを逃すことになり残念に思っています。

今回のレースでシリーズチャンピオンを獲得したハミルトン選手にお祝いの言葉を贈ります」

提供:本田技研工業(株)

|

クビアト(トロ・ロッソ)、ペナルティで降格に

FIA
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、レース終盤15コーナーで起きたクビアト(トロ・ロッソ)とペレス(レーシング・ポイント)との接触事故について審議した結果、クビアトの側に非があったとして5秒のタイム・ペナルティを科したことを明らかにした。

裁定がレース後であったため、いったんは10位と発表されていたクビアトだがこれにより12位に降格、これでペレスが10位に繰り上がる結果になった。
またクビアトがノーポイントとなったため、コンストラクターズ・ランキングでもレーシング・ポイントに逆転されることとなった。

さらにクビアトには1点のペナルティ・ポイントも科せられた。
ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、クビアトはこれでトータル5ポイントということになった。

|

アメリカGPはボタスが優勝、ハミルトンの王座決定

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
3日(日)13時10分(日本時間:翌4時10分)から今季F1第19戦アメリカGPの決勝レースがテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台に行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温は21度、路面温度28度まで上昇、路面はドライコンディションで決勝レース中に雨が降る心配はないとされている。

なお今回のレースは2015年にF1デビューしたフェルスタッペンと、同じ年にF1に復帰したホンダにとって共に100戦目のメモリアル・グランプリとなる。
また今回の成績次第(自力で8位以上)でハミルトン(メルセデス)の通算6度目タイトルが決まる可能性があり、すでにウィナーズ・サークルとは別にチャンピオン用の『予約席』がペイントされてスタンバイされている。

オープニングラップでフェルスタッペン(レッドブル)が2番手にアップする一方、アルボン(レッドブル)のほうは行き場を無くしてサインツ(マクラーレン)と接触、ピットインを余儀なくされて大きく後退する羽目に。
8周目、7番手を走行していたベッテル(フェラーリ)が7コーナーで路面のせいかサスペンションを破損して戦列を去ることとなった。

2ストップ作戦のボタスに対し、ハミルトンは1ストップで首位になりメルセデスAMGチームが1-2体制に。
50周目を過ぎてからはこのチームメイトどうしで激しいバトルを続け、52周目にはついにポジションが逆転、さらには3位のフェルスタッペンが追い上げに掛かった。
55周目、マグヌッセン(ハース)がコースアウト、セクター2がイエローコーションに。
このためそのまま順位の変動はなく、フィニッシュ。

優勝はポールポジションからスタートしたボタス(メルセデス)で、日本GP以来の今季4勝目、自身通算7勝目を飾った。
2位はなんとか1ストップを活かしたハミルトン(メルセデス)で老練な作戦で5位からのアップをみせた。
ハミルトンはこれで6度目のドライバーズ・タイトルを決めた。
3位、わずかに届かなかったフェルスタッペン(レッドブル)。
4位ルクレール(フェラーリ)、5位アルボン(レッドブル)、6位リカルド(ルノー)、7位ノリス(マクラーレン)、8位サインツ(マクラーレン)、9位ヒュルケンバーグ(ルノー)、そして10位のクビアト(トロ・ロッソ)までが入賞。

以下、11位ピットレーンスタートのペレス(レーシング・ポイント)、12位ライコネン(アルファロメオ)、13位ストロール(レーシング・ポイント)、14位ジョビナッツィ(アルファロメオ)、15位グロージャン(ハース)、16位は最後にストップしたガスリー(トロ・ロッソ)、17位ラッセル(ウィリアムズ)、18位やはりストップのマグヌッセン(ハース)までが完走扱い。
リタイヤはクビサ(ウィリアムズ)とベッテル(フェラーリ)の2台になった。
F1次戦は再来週、南米に舞台を移してブラジルGPが11月17日(日)決勝で行われる。

アメリカGPの画像はこちら

|

2019/11/03

公式予選でタイム抹消はホンダ・パワー勢だけ

FIA
フリー走行初日にタイム抹消が相次いだ19コーナーでのコース外走行だが、心配された公式予選でこのケースに該当したのは皮肉にもホンダ・パワーの2台だけだった。

これは、予選Q2でクビアト(トロ・ロッソ)が、同じくQ3でアルボン(レッドブル)がコース外走行と判定されて当該タイムを取り消されたもの。
ちなみに予選に先駈けて行われたフリー走行3回目ではベッテル(フェラーリ)だけがタイム抹消の浮き目に遭っている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介