2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/02/24

アメリカ大陸の2グランプリに財政問題浮上

2018 Scene (C)Redbull Racing
拡大します
リバティ・メディアがF1開催地として力を入れるアメリカ大陸のグランプリだが、このうち少なくとも二つのイベントで財政問題が浮上していることがわかった。
伝えられているのはいずれも人気の高いアメリカとメキシコの2グランプリ。

アメリカGPについては法律で定められた期限内に書類の提出がなかっとして地元テキサス州からの助成金が得られない可能性があるというもの。
またメキシコGPのほうも、昨年暮れ新たに就いたアンドレス・ロペス大統領がこれまで4年間に渡って続けられてきた政府支援の打ち切りを表明したもの。
とりわけメキシコGPについてはこれが直接、危機にまで及ぶ可能性もある。

年々高騰する巨額の開催金を賄うには政府あるいは自治体からの援助に頼るグランプリは多く、問題は今回のこの二つのグランプリに留まらないと懸念されている。

| | トラックバック (0)

2018/10/23

フェラーリのキミ・ライコネン、トップ3 が異なる戦略を展開したスリリングなグランプリを制す (ピレリ)

キミ・ライコネン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2018 アメリカグランプリ決勝
・レッドブルのマックス・フェルスタッペン、卓越した戦略で18 番グリッドのスタートから2 位を獲得
・1 ストッパーが主流となった中、2 ストップ、3 ストップ戦略も見られた

2018 年10 月21 日、オースティン
フェラーリのキミ・ライコネンが、刺激に満ちたピレリ・アメリカグランプリを制しました。トップ3 が異なる戦略を展開し、フィニッシュ時の1 位から3 位までの差は3 秒以内でした。

ライコネンがウルトラソフト – ソフトと繋ぐ1 ストップ戦略を採った一方、ルイス・ハミルトンは上位勢で唯一の2 ストッパーでした。ポールポジションからスーパーソフトでスタートしたハミルトンは、バーチャルセーフティーカー導入周回中の11 周目にソフトタイヤへ交換しました。しかし、トップ奪還を目指してハードにプッシュした結果、残り20 周時点で再度ソフトへの交換を余儀なくされ、ドライバーズチャンピオンシップ獲得条件のポジションから脱落しました。

18 番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ライコネンやハミルトンと異なる戦略で2 位を獲得しました。ソフトタイヤでスタート後、22 周目にスーパーソフトへ交換し、オープニングスティントよりも長いファイナルスティントをスピードのあるタイヤで走行する戦略が功を奏しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「キミ・ライコネンの素晴らしい優勝を祝福します。タイヤ戦略が重要な役割を演じ、近年稀に見る接戦が展開されたグランプリでした。トップ4 が異なる戦略を採りました。

バーチャルセーフティーカー導入周回中、ステイアウトしたライコネンに対するアプローチとしてピットストップを行ったルイス・ハミルトンの戦略もレースに動きをもたらしました。この戦略によって、ハミルトンは上位勢でただ一人の2 ストッパーとなり、結果的に非常にエキサイティングなフィニッシュへと繋がりました。

金曜日のドライ走行が限定的となり、各チームはタイヤの摩耗とデグラデーションの全体像を把握できていませんでした。これが、エキサイティングで予測不可能な今日のレースの一因となったことは間違いありません。こうした困難な状況下、全3 種類のコンパウンドは力強く一貫性のある性能を示していま
した」

ピレリジャパン・プレスリリース

ピットストップ戦略:
キミ・ライコネンが、我々が予測した1 ストップ戦略で優勝しました。我々は、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を最速と予測しましたが、ライコネンは、ウルトラソフトでスタート後、20 周目にソフトへ交換しました。

続きを読む "フェラーリのキミ・ライコネン、トップ3 が異なる戦略を展開したスリリングなグランプリを制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

失格のマグヌッセン(ハース)、「まるでエコランみたい」

Kevin Magnussen (C)Haas F1 Team
拡大します
週末に行われたアメリカGP決勝レースで、9位入賞を果たしながらレース後の車検で「燃料使用量制限違反」があったとして失格処分を受けたハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、まるで「エコラン」みたいと吐き捨てた。

「残念ながら今日僕らがやったレースは『フォーミュラワン』じゃなく、『フォーミュラ・燃料セーブ』だったようだ。
2時間近くのレースで僕はなんと0.1kgも燃料を余計に使ってしまったんだとさ。
マシンも良かったしピット作業もうまくいったのに。
それでも規則だという以上、ちゃんとそこまで管理しないとね。
次はうまくやるよ」

チームにとってまさにホームグランプリとなるアメリカGPだったが、グロージャンは0周リタイヤのうえ、ペナルティ。
せっかく入賞したマグヌッセンも失格と散々なレースとなった。

| | トラックバック (0)

2018/10/22

オコン&マグヌッセンが規則違反で失格、ハートリー9位に

FIA
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、21日(日)に行われた決勝レースで、8位に入ったオコン(フォース・インディア)と9位のマグヌッセン(ハース)について、それぞれレギュレーション違反があったとして失格とした。

それによればオコンのマシンは燃料流量違反、またマグヌッセン(ハース)のほうも燃料使用量制限違反があったというもの。
これについて両チーム共に受け入れられないとしている。

なお両者の失格により、11位だったハートリー(トロ・ロッソ)は自己最高となる9位での入賞ということになる。

| | トラックバック (0)

グロージャン(ハース)に次戦グリッド降格のペナルティ

FIA
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、21日(日)に行われた決勝レースに起きた12コーナーでのグロージャン(ハース)とルクレール(ザウバー)とのアクシデントについて、グロージャンに非があったとして次戦メキシコGPで3グリッド降格、及びペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、グロージャンの場合これでトータル10点となった。

| | トラックバック (0)

アメリカGPはライコネン(フェラーリ)が5年ぶり優勝果たす

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
21日(日)13時10分(日本時間:翌3時10分)から今季F1第18戦アメリカGP(US-GP)の決勝レースがサーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台に行われた。
スタート前の天候は晴れ、気温は21度、路面温度は29度で路面はもちろんドライコンディションと報告されている。
ピレリは今回、ソフト(イエロー)、スーパーソフト(レッド)、そしてウルトラソフト(パープル)という柔らかめの3種類のタイヤを持ち込んでいる。

スタート直後の1コーナーで2番手スタートのライコネン(フェラーリ)がトップに立つ。
一方、5番手スタートの僚友ベッテル(フェラーリ)のほうはリカルド(レッドブル)と接触してスピン、15番手まで順位を落とす羽目に。
またルクレール(ザウバー)と接触したグロージャン(ハース)がリタイヤ、さらにこの影響でストロール(ウィリアムズ)と接触したアロンソ(マクラーレン)もリタイヤ、ストロールにはその後ドライブスルー・ペナルティーが通告された。
9周目、マシントラブルかリカルド(レッドブル)がコースサイドにストップ、バーチャル・セーフティカーに。
1周目にコース外走行をしたとしてサインツ(ルノー)に5秒ストップ・ペナルティのタイム・ペナルティ。
22周目、トップのライコネンがピットインし、猛攻を仕掛けていたハミルトンがついに首位に立つ。
しかしタイヤが限界になったハミルトンは2度目のピットストップを余儀なくされ、3位に順位を落とす羽目に。

レースは後続の猛攻を凌ぎきったキミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年開幕戦オーストラリアGP(ロータス・ルノー)以来となる5年ぶりの優勝を果たした。
なおこれは自身通算21回目の快挙。
2位は18番手という後方から追い上げたレッドブル・レーシングのフェルスタッペン。
3位にポールスタートのハミルトン(メルセデス)で最後はフェルスタッペンと壮絶なバトルを演じた。
4位にベッテル(フェラーリ)が入り、このレースでのハミルトンによるタイトル決定をなんとか阻んでみせた。
5位ボタス(メルセデス)、6位ヒュルケンバーグ(ルノー)、7位サインツ(ルノー)でルノー勢はコンストラクターズ・チャンピオンシップ争いで大きく前進を果たした。
8位はオコン(フォース・インディア)、9位マグヌッセン(ハース)、10位ペレス(フォース・インディア)までが入賞。
以下、11位ハートリー(トロ・ロッソ)、12位エリクソン(ザウバー)、13位バンドーン(マクラーレン)、14位ガスリー(トロ・ロッソ)、15位シロトキン(ウィリアムズ)、16位ストロール(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはルクレール(ザウバー)、リカルド(レッドブル)、グロージャン(ハース)、そしてアロンソ(マクラーレン)の4台だった。

F1次戦は連続開催で1週間後、第19戦メキシコGP(10月28日決勝)となる。

アメリカGP決勝レースの結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

アメリカGPスターティンググリッド

アメリカGPのレーススチュワード(競技委員)は、規定数以上のエンジン等交換をしたガスリー(トロ・ロッソ)、ハートリー(トロ・ロッソ)がグリッド最後尾に、赤旗無視のベッテル(フェラーリ)が3グリッド降格に、またフェルスタッペン(レッドブル)がギヤボックス交換で5グリッド降格になったことにより、以下のような修正スターティンググリッドを明らかにした。

1. ハミルトン(メルセデス)
2. ライコネン(フェラーリ) *
3. ボタス(メルセデス) *
4. リカルド(レッドブル) *
5. ベッテル(フェラーリ) *
6. オコン(フォース・インディア)
7. ヒュルケンバーグ(ルノー)
8. グロージャン(ハース)
9. ルクレール(ザウバー)
10. ペレス(フォース・インディア)
11. サインツ(ルノー)
12. マグヌッセン(ハース)
13. アロンソ(マクラーレン) *
14. シロトキン(ウィリアムズ) *
15. ストロール(ウィリアムズ) *
16. エリクソン(ザウバー) *
17. バンドーン(マクラーレン) *
18. フェルスタッペン(レッドブル) *
19. ガスリー(トロ・ロッソ) *
20. ハートリー(トロ・ロッソ) *

* 印は変更のあったドライバー

| | トラックバック (0)

2018/10/21

トロ・ロッソ・ホンダ、「米国ファンの前で良いレースみせる」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
予選Q2には進出したものの、いずれもエンジン等交換によりグリッド最後尾からのスタートとなるトロ・ロッソ・ホンダ勢だが、前向きな姿勢であるところを示した。

ジョディ・エジントン/副テクニカルディレクターは、「今日は今週末で初めてドライでの走行だったので、とりわけこのサーキットを初めて走るガスリーにとっては重要な一日になった。
チームは膨大な作業を完了すべく懸命に仕事を進め、2人のドライバーもそれぞれ違うコンパウンドのタイヤでさまざまな状況を試し、PUのセッティングも行った。
PU(パワーユニット)交換によるペナルティがあるので、予選の走り方もいつもとは異なったが、2人ともマシンパッケージについて理解を深めることができた。
両者ともにQ2へ進出したが、ペナルティで後方グリッドになるのは決まっていたので、Q2ではタイム計測を行わなかった。
PUのパフォーマンス向上も考慮すると、明日は良いレースができるチャンスは十分あるし、2台ともにポジションを上げていけると思っている」と、語った。

またホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターも、「今日のFP3では通常の土曜日と比較してロングランでの走行を長めに行い、決勝にフォーカスしてセットアップを進めた。
限られた時間の中でも良い形でセッティングを進められたし、Q1での結果はとてもポジティブなものだった。
明日は後方からのスタートになるが、できる限りプッシュして米国のファンの前で良いレースを見せられればと思っている」と、語っている。

| | トラックバック (0)

ハートリー(トロ・ロッソ)もエンジン交換で最後尾スタートに

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、20日(土)行われたフリー走行3回目セッションで、ブレンドン・ハートリー(トロ・ロッソ)のマシンが8基目のICE(エンジン)、8基目のTC(ターボチャージャー)、7基目のMGU-H(熱エネルギー回生システム)、7基目のMGU-K(運動エネルギー回生システム)を投入したことで規定によりグリッド降格のペナルティが科されることを明らかにした。

これによりガスリーは、21日(日)行われる決勝レースのグリッドは最後尾となる。
なおハートリーはこれを前にギヤボックス交換によるペナルティで5グリッド降格が決まっていた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介