2020/04/28

第10戦フランスGPも開催を断念

Paul Ricard Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現状で今シーズンの初戦に位置づけられていた第10戦のフランスGP(6月28日決勝:ポールリカール)だが、一向に収まらない新型コロナウイルスの影響で、やはり開催を断念することとなった。
延期ではなく中止とされたグランプリはこれでオーストラリアGP、モナコGPに次ぐ3例目ということになる。

なおこれにより新たな今季初戦はオーストリアGP(7月5日決勝)ということになった。
こちらは早期から予定通りの開催を念頭に準備が進められており、無観客レースになるとしてもフランスGPより開催の可能性は高いとみられている。

これまで中止ないし延期とされたイベントは以下の通り。

3月15日:オーストラリアGP(中止)
3月22日:バーレーンGP(延期)
4月03日:ベトナムGP(延期)
4月19日:中国GP(延期)
5月03日:オランダGP(延期)
5月10日:スペインGP(延期)
5月24日:モナコGP(中止)
6月07日:アゼルバイジャンGP(延期)
6月14日:カナダGP(延期)
6月28日:フランスGP(中止)

|

2020/04/14

暫定開幕戦フランスGPにも赤信号

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現在2020年シーズン暫定の開幕戦となっているフランスGP(6月28日決勝)に、懸念されていた事態が表面化したようだ。

これは、同国のマクロン大統領が13日(月)行った国民向けのテレビ演説の中で、新型コロナウイルスへの対策の一環として少なくとも7月中旬までの国内大規模イベントの取り止めを言明したからだ。

フランスGPについての直接の言及はなかったものの、ポールリカール関係者はこれで予定のスケジュールでの開催は困難になったとの受け止めをしているようだ。
フランスGPも中止ないし延期となれば、これで開幕戦から実に10戦連続に及ぶ異常事態ということになる。

|

ガスリー(アルファタウリ)、フランスGP開幕を心待ち

Pierre Gasly (C)Honda Racing
拡大します
これまで開幕戦オーストラリアGPから第8戦カナダGPまでの中止ないし延期が決まっていて、現在のカレンダーでは第9戦のフランスGPが目下の開幕戦とされている。
これについて同国出身のピエール・ガスリー(アルファタウリ)が強い期待感を示した。

「いま僕は新型コロナウイルスの影響を避けてドバイでトレーニングを積んでいるんだけれど、このニュースを聞いて奮い立ったね。
だって自分の母国グランプリが開幕戦だなんて、素晴らしいじゃないか。
これまでのリカルド(オーストラリア)の気持ちがよくわかるよ。
個人的にはなんとかそれまでにヨーロッパの感染事情が好転していることを願うばかり。
一日も早くその日が来るといいね、もう待ちきれないよ」と、ガスリー。

この昂ぶりはもう一人のフランス人ドライバーであるロマン・グロージャン(ハースF1)も同じ気持ちであることだろう。
ただフランスGPがカレンダー通り無事開催されるかどうかは危ういとみられている。

|

2020/02/01

エリック・ブイユ氏、「ポールリカールの強み」を強調

Paul Ricard Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1フランスGPのマネージング・ディレクターに任命された元マクラーレン等のエリック・ブイユ氏が、さっそく同GPの開催地であるポールリカールの強みを強調している。

「残念ながら昨年のフランスGPではレース中のオーバーテイクが少なく、一部から退屈だったとの指摘があった。
しかしわがポールリカールの強みはコースレイアウトの変更、組み合わせが柔軟にできることにある。
われわれはより良いコースレイアウト案をすでに用意してFIA(国際自動車連盟)に提出してある。
これが了承されれればレースはエキサイティングでより面白いものになること請け合いだ。
しかも変更には4日もあれば十分」と、力説した。

バーニー・エクレストン氏が経営権を稼得したポールリカールは2002年に大幅改修を受け、別名HTTT(ハイテクノロジー・テスト・トラック)と呼ばれ複数のレイアウトと全天候型のテストも可能な最新仕様がウリになっている。

|

2020/01/29

エリック・ブイユ氏、フランスGPのディレクターに

F.Alonso & E.Boullie (C)McLaren Group
拡大します
前マクラーレン・チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターがF1フランスGPのマネージング・ディレクターに正式就任することがわかった。

フランスの名門『DAMS』(ドゥリオ・アルヌー・モータースポーツ)を皮切りにモータースポーツの世界に入ったエリック・ブイユ氏は、かつてクラッシュ・ゲート事件で低迷したルノー・チーム(のち、ロータス・チーム)で新代表に抜擢された後、ロン・デニス/CEOのもとでマクラーレンF1チームの責任者までなったが、ホンダ、そしてルノーとのパートナーシップでの成績不振の責任を問われる形で解任、その後母国フランスGPの運営に携わっていた。

これまではフランスGPアンバサダーと中途半端なものだったが、今回の就任でイベント成功の鍵を握る重要な役目を担うことになる。

|

2019/06/26

ウィリアムズ、ピットストップでは全チーム最速!

Pitstop Scene (C)Williams F1
拡大します

今シーズン、新型車開発の遅れから、どのグランプリにおいてもグリッド最後尾が定位置になってしまったウィリアムズ・チームだが、ことピットストップ作業時間については全チームの中で最速であることがわかった。

今回のフランスGPの場合、最速の1.97秒の記録を叩き出したのはロバート・クビサ(ウィリアムズ)。
2秒を切ったのはクビサだけという快挙だった。
ちなみに2位がガスリー(レッドブル)で2.18秒、3位ハミルトン(メルセデス)で2.24秒、3位がベッテル(フェラーリ)の2.29秒、すべてが当然のようにトップ3チームによるものだった。

チームの戦績は不満が残るものだが、現場のクルーは頑張っていた。

|

グロージャン(ハース)、「ホームでリタイヤは無念」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
レッドブルのガスリーと共に、今回のフランスGPが『ホームグランプリ』の凱旋レースになったハースF1チームのロマン・グロージャンだったが、結果は全20台中、唯一のリタイヤと望まない残念なリザルトに終わった。

「もちろんもっと走りたかったよ。
誰にとっても一番大事なホームグランプリだもの、途中でクルマを止めなくてはならないというのはつらいことだ。
原因はまだわからないけれど、早めに止めたおかげで救われたコンポーネンツもあったから良かったんじゃないかな。
無理して走り続ければ被害は拡大しただろうからね」と、肩を落とすスイス生まれのフランス人。

チームメイト(マグヌッセン)が8戦すべで完走しているのに対し、グロージャンはトラブルが多く早くも半分の4戦でリタイヤ、昨シーズンの計5回に迫っている。

|

2019/06/25

降格処分のリカルド(ルノー)、「後悔するより最大限攻める」

Daniel Ricciardo (C)Renault Sport F1
拡大します
あまリスクを犯すことなくオーバーテイクを演じるダニエル・リカルド(ルノー)の玄人受けする華麗なテクニックには定評があるが、今回はどうやらレーススチュワード(審査委員)の不興を買ったようだ。

フランスGPのスチュワードは、決勝レース最終盤に起きたリカルドによる一連のコース外走行と復帰について、5秒のタイム・ペナルティ2回という判断を裁定、これによりリカルドは7位から入賞圏外の11位にまで降格するという困難な結果を突きつけられた。

レース直後にリカルドは自身のSNS(ソーシャルメディア)に「本気で攻めないで後退するより、最大限攻めたほうがいい。
結果的にこうなったことに何の悔いもない」と、強気なコメントを書き込んだという。
しかしさすがに炎上することを怖れたか、すぐに書き込みは削除されたとのことだ。

その後、このペナルティを伝えたF1公式ツイッターに、リカルドは「炎上するかも知れないね。
でも今は黙っておこう。みんなが楽しんでくれていることを願っているよ」とリツイートしている。

|

復調マクラーレン、しかしアロンソの復帰は完全否定

Race Scene (C)Honda Racing
拡大します
フランスGPでも変わらず目立ったのが王者メルセデスAMG勢の強さだったが、今回、後続グループで驚かせたのは明らかにマクラーレン・チームのスピードだった。

同チームにパワーユニットを供給するルノー・スポールでは、このフランスGPがホームグランプリということで力を入れていることは衆知のことだった。
しかし実際にはカスタマー・チームであるマクラーレンが本家ルノー・チームをも凌ぐスピードをみせたのだ。
予選ではルノーの8-13番手に対し、マクラーレンは5-6番手。
決勝レースでもサインツ(マクラーレン)はルノー勢を上廻る6位フィニッシュを遂げてみせた。

こうなると関心を呼ぶのがフェルナンド・アロンソのF1復帰ということになるが、元ポルシェ・チーム代表で、現在マクラーレンでマネージング・ディレクターを務めるアンドレアス・ザイドル氏は、「サインツ&ノリスという現在のドライバーは素晴らしい仕事をしている。
われわれは彼らに100%満足している。
したがってアロンソを呼び戻す予定など全くないね」と、明言した。

トヨタWECチームから離れ、インディカー・シリーズ・フル参戦も消えたアロンソはいまのところフリーだ。

|

2019/06/24

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(6/23)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今日もポール・リカール・サーキットは気温が上がり、暑い一日になりました。
フェルスタッペンはスタートですばらしい動きを見せ、3番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に迫ります。
4番手を走行中の20周目にこの日唯一のピットストップを行いましたが、フェラーリをアンダーカットするには至りませんでした。

背後にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が迫る中、ペースを守りきったフェルスタッペンは、接近を許さずにフィニッシュ。
4位入賞で今季の獲得ポイントを100まで伸ばしました。

チームメートのピエール・ガスリーは、9番グリッドからソフトタイヤでスタート。
タイヤに厳しいコンディションの中で奮闘を見せると、17周目にピットインしてハードタイヤに交換。
そのままフィニッシュまで走行しました。
ハードタイヤで走行した第2スティント目のペースが上がらず、後でピットインしたマシンに先行を許すなど、11位でフィニッシュとなりました。
(レース後の裁定により公式結果は10位)

Toro Rossoも、難しい戦いを強いられます。
11番グリッドのアレクサンダー・アルボンは、スタートで16番手までポジションダウン。
タイヤを労わって走行せざるを得ず、順位の回復が難しいままレースが進行します。
それでも、25周目のピットストップまでに多くのオーバーテイクを披露しました。

ダニール・クビアトは、アルボンと反対の戦略で、ハードタイヤでスタートして残り21周までピットストップを引っ張ります。
最後列からのスタートにもかかわらず、残り5周でアルボンをパスし、クビアトが14位、アルボンが15位でレースを終えました。

次戦は2週連戦となるオーストリアGP。
今回アップデートを投入したPUから得られたデータを分析し、Red Bullのホームレースへと挑みます。

※ガスリーは、レース後の他車のペナルティー裁定により10位へ繰り上がりました

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(4位)

「レースは一人旅が続きましたが、退屈することはなく、ルクレール選手がいつも視界に入っていたので、彼のラップタイムに合わせながらモチベーションを上げて走行できました。
レースではたとえバトルをするマシンがいないときでも、プッシュし続けなければなりません。
僕はいつでも自分がどれだけの速さで走れるのか知りたいので、限界までプッシュして走行しています。
第2スティントでいい感触だったのですが、残り6~7周でリアのグリップが無くなり、リアタイヤに頼ることができなくなってしまいました。
レース前半でルクレール選手についていこうとしたことにより、タイヤを少し使いすぎたのかもしれません。
しかし僕たちにとって相性のいいコースではなかったにもかかわらず、フェラーリの1台より前の4位でレースを終えることができ、満足のいく結果となりました。
目指しているのはいつも勝つことに変わりありません。
ただ、今日のレースでそれを叶えるのは難しかったのですが、マシンパッケージからできる限りの力を引き出して戦いました。
このレースウイークで少し前進はできましたが、勝つためにはすべての面でまだやるべきことがあります」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(11位→10位)

「地元フランスでの一戦でもあり、長く困難な一日になりました。
とても残念に思っています。
予選からグリップをつかむのに苦戦しましたが、それは決勝でも同じでした。
現時点で明確な答えは見つかっていませんが、なぜペースが不足していたのか理解するためにすべてを解析していく予定です。
コックピットの中からできることはすべて試しましたが、マシンがスライドしてしまい、思ったようにプッシュすることができませんでした。
このようなマシンの感覚は初めてだったので、チームと共に早急に解決策を見つけ出し、次戦のオーストリアGPまでにまとめ上げなくてはなりません。
Hondaは懸命にプッシュしてくれて進化を感じたので、その点はポジティブに捉えています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(14位)

「今日のレースはそんなに悪くなかったと思っています。
できる限りのことはしましたし、コース上でいくつかいいバトルも繰り広げることができました。
特にグロージャン選手とのバトルではアウト側から上手くオーバーテイクすることができたし、レース終盤のアレックス(アルボン)とのバトルはとても楽しかったです!
ペナルティーがなく、もう少し上位のグリッドからスタートしていたらどの位置で終われたかは分かりませんが、ポイント獲得圏内に食い込むのは少し難しかったかもしれません。
ここから、オーストリアGPへさらに強いチームとして戻ってこられるよう、チーム一丸となって取り組んでいきます」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(15位)

「残念なことに僕たちのこのレースウイークでの決勝は、1周目のターン2でコースアウトしたことにより、妥協せざるを得ない一戦となってしまいました。
アウト側がどれだけグリップするのか分かっていなかったため、ポジションをいくつか下げてしまうことになりました。
前方にいるマシンよりも速さはあったのですが、DRS圏内でマシンが連なり、隊列状態になっている集団を抜くのに苦戦してしまい、レース中のほとんどの時間を誰かの後ろで走っていました。
今日は少しペースが足りておらず、その原因の追究と改善をしていかなければなりません。
ダニー(クビアト)とのバトルはとても楽しかったのですが、ポイント圏外のポジション争いは、僕たちが本来望んでいた位置ではなかった筈です」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日はわれわれにとって苦しい戦いになりましたが、そんな中でもフェルスタッペン選手が力強い走りを見せ、予選で得た4位のポジションを守ってくれました。
残りの3台も完走は果たしたものの、ガスリー選手、アルボン選手、クビアト選手はポイント圏外と残念な結果に終わりました。
今回投入したスペック3のPUについては週末を通して問題なく機能していました。
しかし、今日の結果を受け一段と強力に開発を進める必要性を感じています。
来週末には次のオーストリアGPが控えています、今回のデータの見直しを行い、早急に準備を進めます」

提供:本田技研工業(株)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア サクヒールGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介