2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/11/27

アロンソ(マクラーレン)、「みんなの好意に感謝したい」

P.Gasly & F.Alonso (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
今回のアブダビGPがF1最後のレースとなったマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(37歳:スペイン)は、周囲がみせた好意に「感謝したい」とお礼の言葉を述べた。

「この週末はとても激しくて充実した楽しい数日間だった。
これまで過ごしたF1の日々をすべて受け止めるにはまだ時間が必要だけれど、今日の感激は忘れない。
とりわけ最後のインラップで共に円を描いてくれた(訳注:ドーナツターンのこと)ハミルトンとベッテルには感謝している。
とても感動的な時間だった。
キャリアの大部分を彼らと戦えたことを誇りに思うよ」

その上でアロンソは、「でもまだ僕はこれでレースを止めてしまう訳じゃないからね」と、念を押した。

| | トラックバック (0)

田辺豊治T/D(ホンダ)、「確実に前進もまだ課題多い」

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
新しくトロ・ロッソとコンビを組んだシーズン初年度も最終戦となるアブダビGPを終え、ホンダF1の現場責任者である田辺豊治/テクニカルディレクターは、次のように最後の戦いを振り返った。

「今日はガスリーが入賞圏内を走行していただけに、レース終盤にオイル漏れからくる白煙により、シーズン最終戦をリタイアで終えたことは非常に残念だ。
オイル漏れの原因についてはこれから確認を行いたい。
ハートレーについては粘り強くレースを続けたものの、スタート後のアクシデントが響き、ポイント獲得には至らなかった。
今シーズンはトロ・ロッソとのパートナーシップを通して、多くのことを学ぶことができた一年だった。
われわれのPU(パワーユニット)についてはパフォーマンス、信頼性ともに確実に前進している手応えがある反面、まだまだ向上すべき課題も多くあると感じている。
来季の2チーム供給に向け、オフシーズンにさらなる開発を推し進め、良い形で来るべきシーズンに臨みたい。
最後に2名のドライバー、トロ・ロッソ及びホンダ双方のファクトリーメンバー、トラックサイドメンバー全員の努力に、感謝の言葉を贈りたい。
また、常に応援をくれたファンの皆様にもお礼を言うと共に、来年はさらにいい一年にできればと思うので、引き続きのご声援をよろしくお願いします」

| | トラックバック (0)

2018/11/26

メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

2018 アブダビグランプリ決勝
・2ストッパーのバルテリ・ボッタス以外の全ドライバーが1ストップ戦略を採用
・各チームはアブダビに留まり、2日間テストに臨む:2019 年型タイヤを初めて試す
2018年11月25日、ヤス・マリーナ
ルイス・ハミルトンが、予測通りのウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で、2018シーズン最終戦をポール・トゥ・ウィンで制しました。この日、ピレリのタイヤサプライヤー契約が2023年まで延長されることが発表されました。
バーチャルセーフティーカー導入周回中の序盤にピットストップを行なったハミルトンは、スーパーソフトによる48 周の長いファイナルスティントを走行しました。
ともにフロントロウからのスタートを逃したフェラーリとレッドブルは、力強いレース運びによって、セバスチャン・ベッテルが2位を、マックス・フェルスタッペンが3位を獲得しました。トップ3チーム中、ただ一人ハイパーソフトでスタートしたフェルスタッペンは、セーフティーカーとバーチャルセーフティーカーの導入にも助けられ、17周のオープニングスティントを走行しました。
ハミルトンは、2018年ピレリ・ポールポジションアワードを受賞しました。ドライバーズパレードが行われる前、今シーズン11回のポールを獲得したハミルトンを讃えて、刻印が施された実物大のレースタイヤがハミルトンに授与されました。
ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「ほぼ全ドライバーが予測通りの1ストップ戦略を採りましたが、戦術的に興味深いレースが見られました。また、レースに影響は無かったものの、パラついた雨には皆驚いたことと思います。序盤にピットストップを行なったハミルトンがスーパーソフトによる長いファイナルスティント走行した一方、4 位を獲得したダニエル・リカルドは逆の戦略を採り、ウルトラソフトによる長いオープニングスティントと、スーパーソフトによる短めのファイナルスティントを走行しました。ハイパーソフトでスタートしたマックス・フェルスタッペンは、3つポジションをアップして3 位を獲得しました。我々は、これから気持ちを切り替え、来シーズンに向けての作業に集中します。火曜日と水曜日、ドライバーたちは初めて2019年型タイヤをテストします。ここでは、比較用に今シーズンのタイヤも使用できます。最後に、素晴らしいFormula 1のキャリアを残したフェルナンド・アロンソに敬意を表し、彼の今後の健闘を祈ります」

続きを読む "メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

アロンソ(マクラーレン)、コース外走行で3ペナルティ・ポイント

 FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソに対しペナルティ・ポイント計3点を科したことを明らかにした。
それによればアロンソは、25日の決勝レース中他車とのバトルの際に、8-9コーナーで度々ランオフエリアにはみ出て不当な利益を得たというもの。
認定された違反は18時47分、18時51分、18時52分の3回。

アロンソのペナルティ・ポイントは今回それぞれ1点ずつの3点で、計6点となった。
ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、アロンソはすでにF1引退を表明しているため実害はないことになる。
なおオコンには別途5秒ずつのタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

オコン(F・インディア)にコース外走行でペナルティ・ポイント

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、25日(日)行われた決勝レース中、フォース・インディア・チームのエステバン・オコンに対し、ペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。
それによればオコンは、決勝レース中バンドーン(マクラーレン)をオーバーテイクした際、17コーナーでランオフエリアにはみ出て不当な利益を得たというもの。

ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、オコンはこれで累計6点となった。
なおオコンにはレース中別途5秒のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

アブダビGPはハミルトン(メルセデス)が有終の美飾る

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
25日(日)15時10分(日本時間:22時10分)から今季F1最終戦アブダビGPの決勝レースがヤス・マリーナ・サーキットを舞台に行われた。
スタート前の天候は晴れ、気温は32度、路面温度は35度と高め、路面はドライコンディションと報告されている。
ピレリは今回、スーパーソフト(レッド)、ウルトラソフト(パーブル)、そしてハイパーソフト(ピンク)という最も柔らかい3種類のタイヤを持ち込んでいる。

オープニングラップの9コーナーでヒュルケンバーグ(ルノー)のマシンがグロージャン(ハース)と接触して転倒、セーフティカーが導入された。
この間にハートリー(トロ・ロッソ)がピットインしてフロントノーズを交換。
この事故は審議対象とされたがインシデント(出来事)とされた。
7周目、ライコネン(フェラーリ)がストレートで突然ストップ、フェラーリ最後のレースを不本意な形で終えることとなった。
なおライコネンのリタイヤは今季4度目。
バーチャル・セーフティカーとなり首位のハミルトン(メルセデス)がピットインしてタイヤ交換(ハイパーソフトからスーパーソフト)を行った。

24周目、中東のアブダビGPとしては珍しく雨粒が落ちてきたが、まだ路面が濡れるほどではない。
エリクソン(ザウバー)がパワーロスを訴えてピットイン、リタイヤとなった。
途中、俳優のウィル・スミスがテレビカメラを操作しているところが国際映像で流れた。
32周目、オコン(フォース・インディア)がバンドーン(マクラーレン)をランオフエリアにはみ出てオーバーテイク、その後5秒ストップ・ペナルティのタイム・ペナルティが通告された。
36周目にはボタス(メルセデス)もランオフエリアに出たにもかかわらずフェルスタッペン(レッドブル)の前に戻ってしまう。
38周目、両車は接触しながらのバトルを演じ、フェルスタッペンが前に。
48周目、入賞圏内の10位を走っていたガスリーが白煙を巻き上げてストップ、トロ・ロッソ最後のレースを終える。
予選に続いて決勝レースでもエンジントラブル再発か。
ポイント獲得を目指した11位走行のアロンソ(マクラーレン)がランオフエリアを走って5秒ストップ・ペナルティのタイム・ペナルティを受ける。

レースはポールからスタートしたハミルトンが今回も危なげなく55周を走りきって優勝。
前戦ブラジルに続いての勝利で今季11勝目、自身通算73回目を記録した。
2位はベッテル(フェラーリ)、3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位リカルド(レッドブル)、5位ボタス(メルセデス)、6位サインツ(ルノー)、7位ルクレール(ザウバー)、8位ペレス(フォース・インディア)、9位グロージャン(ハース)、10位マグヌッセン(ハース)までが入賞。
11位アロンソ(マクラーレン)、12位ハートリー(トロ・ロッソ)、13位ストロール(ウィリアムズ)、14位バンドーン(マクラーレン)、15位シロトキン(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはガスリー(トロ・ロッソ)、オコン(フォース・インディア)、エリクソン(ザウバー)、ライコネン(フェラーリ)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)の5台となった。
フィニッシュ後、ハミルトン、アロンソ、そしてベッテルのいずれも元F1チャンピオンが揃ってストレートでドーナツターンを披露、観客の歓声を浴びた。

2018年のF1はこれで終了。
次戦は2019年開幕戦のオーストラリアGP(3月17日決勝)ということになる。

アブダビGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

2018/11/25

グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(土)行われたフリー走行3回目セッションで起きたグロージャン(ハース)とガスリー(トロ・ロッソ)との接触事故についてセッション終了後の審議対象としていたが、スチュワードはビデオ映像とテレメトリー等を確認した結果、通常のインシデント(出来事)であるとしてペナルティ等を科さないことを明らかにした。

ただこのケースはスロー走行していたグロージャンがレーシングラインに留まっていて起きたもので、グロージャンはセッション終了後にトロ・ロッソのガレージに趣いて謝罪している。

| | トラックバック (0)

ライコネン(フェラーリ)も白線カットで戒告ペナルティ

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(土)行われたフリー走行3回目セッションでフェラーリ・チームのキミ・ライコネンがピット入り口の走行ラインを示す白線をカットしたとして戒告ペナルティを科したことを明らかにした。

それによればスチュワードはビデオ映像とテレメトリー等を確認した結果、ライコネンがピット入り口で突然進路を変更、ラインをカットしたことが確認されたという。

ライコネンへの戒告ペナルティは今シーズン、これが初めてということになる。

| | トラックバック (0)

2018/11/24

アブダビGP予選、ハミルトンPP メルセデスが最前列独占

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
24日(土)17時(日本時間:22時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に今季F1最終戦アブダビGPの公式予選が行われた。
全20台によるQ1、15台によるQ2に続き、10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
ピレリは今回、スーパーソフト(レッド)、ウルトラソフト(パーブル)、そしてハイパーソフト(ピンク)という最も柔らかい3種類のタイヤを持ち込んでいる。

1回目のアタックでハミルトン(メルセデス)が1'35.295のタイムでトップに。
2番手には0.057秒差でベッテル(フェラーリ)、史上最年少ポール獲得に最後のチャンスとなったフェルスタッペン(レッドブル)は6番手と苦しいタイム。

結局2018年最後のポールポジションは2度目のアタックで1'34.794とさらにタイムを短縮したルイス・ハミルトンが獲得。
前戦ブラジルGPに続くポールで今季11度目、自身通算83回目の快挙となった。

2番手も0.162秒差でチームメイトのボタスがつけ、メルセデスAMG勢のフロントロウ独占になった。
3番手はベッテル(フェラーリ)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手リカルド(レッドブル)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)とここまできれいにチーム順に並んだ。
7番手グロージャン(ハース)、8番手進境著しいルクレール(ザウバー)、9番手オコン(フォース・インディア)、そして10番手がヒュルケンバーグ(ルノー)というトップ10グリドになった。
明日の決勝レースは日曜日17時10分(日本時間:22時10分)から行われる。

アブダビGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介