2022/11/22

ペレス(レッドブル)、「敗因はタイヤ戦略の違い」

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
全22戦中21戦を終えた時点で、共に290ポイントとまったくの同点でランキング2位に並んでいたルクレール(フェラーリ)とペレス(レッドブル)の結着は、最終戦の順位で直接付けられる状況にあった。

結果はルクレールがフェルスタッペンに次ぐ2位でフィニッシュ、自己最高位を記録してフェラーリ4年目のシーズンを終えた。
これについてランキング2位を逃がしたペレスは、「敗因はタイヤ戦略にあった」とレースを振り返っている。

「タイヤ交換についてはこちらから動きを仕掛けた。
15周目にミディアムからハードへと替えたんだけどしかし向こうは動かなかった。
結局2ストップとなったわれわれに対し、彼らは1ストップのままゴールまで持ち込んでみせたんだ。
今日の状況では僕らが1ストップにしても勝てなかったと思うけどね」とさっぱりした表情をみせた。

|

2022/11/21

ワールドチャンピオンがアブダビグランプリを制す ルクレールがペレスを抑え、チャンピオンシップ2位を獲得 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
Mario Isola - Motorsport Director
モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「アブダビは、Formula 1シーズンのフィナーレを飾るにふさわしい舞台となりました。ヤス・マリーナでの最終順位は、タイヤ戦略によって決定づけられました。この点は、ピレリがいかに魅力的な今シーズンのチャンピオンシップに貢献したのかを物語っています。予測通り、今日のレースでは1ストップと2ストップが見られました。全般的にデグラデーションは金曜日より低く、より長いスティントが可能となりました。主役となったコンパウンドはハードで、大半のドライバーがハードタイヤでフィニッシュしました。火曜日、全チームが2023年型タイヤの初テストを行います。マシンは来年使用するものと同じではなく、セットアップも新スペックのタイヤに最適化されていませんが、ヤス・マリーナのコース特性に最適な最も軟らかい組み合わせの3種類のコンパウンドとC1コンパウンドについて、各チームから重要なフィードバックが得られると思います」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
• ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンが、2022年最終戦のアブダビグランプリを制しました。2位はフェラーリのシャルル・ルクレール、3位はレッドブルのセルジオ・ペレスでした。表彰台の3名は、いずれもP Zeroホワイト・ハードタイヤでフィニッシュしました。
• アブダビグランプリは、一部曇り空の下、昨日の予選とほぼ同様の路面温度31.4〜34.4℃のコンディションで行われました。
• 各チームが様々な戦略を選択しました。昨日までに収集したデータを基に、11名が2ストップ戦略を、8名がより保守的な1ストップ戦略を採りました。
• レッドブルはチーム内で戦略を分け、両ドライバーともに表彰台に上りました。フェルスタッペンは、20周目に P Zeroイエロー・ミディアムからハードタイヤへ交換しました。一方、ペレスは、15周目と33周目にピットストップを行い、ミディアム – ハード – ハードと繋いで走行しました。
• マクラーレンのランド・ノリスは、44周目にミディアムタイヤで1分28秒391のファステストラップを記録しました。ハードタイヤでの最長スティントは、P Zeroレッド・ソフトでスタートしたアルファタウリのピエール・ガスリーによる43周でした。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
多くのドライバーがミディアムでスタートしました。ソフトでスタートしたドライバーはガスリーのみで、アルファロメオのバルテリ・ボッタスとハースのケビン・マグヌッセンはハードでスタートしました。
シミュレーションによる1ストップと2ストップのレースタイムの差が小さいことを考慮し、チーム内で戦略を分けたチームが見られました。メルセデスでは、ジョージ・ラッセルが2ストップ(ミディアム – ハード – ミディアム)戦略を採った一方、ハミルトンはハードタイヤでのロングスティントによる1ストップ戦略を選択していましたが、フィニッシュ前にリタイヤしました。
フェラーリもチーム内で戦略を分けました。カルロス・サインツが2ストップ(ミディアム – ハード – ハード)戦略を採りましたが、ルクレールは1ストップ(ミディアム – ハード)戦略で走行しました。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/11/20

アブダビGPはフェルスタッペン(レッドブル)がポールTOウィン

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
11月20日(日)17時(日本時間:22時)から2022年F1最終戦アブダビGPの決勝レースがヤス・マリーナ・サーキットを舞台に全58周で行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温は29度、路面温度36度、路面はドライコンディションとなっている。

オープニングラップ、フェルスタッペン&ペレスのレッドブル勢はともに順位を死守、その後方にはフェラーリ勢、さらにメルセデスAMG勢が続くという図式がキープされた。
17周目、ピットレーンでラッセルがアンセーフリリースを問われ5秒のタイムペナルティを科せられる。
28周目、アロンソ(アルピーヌ)が水漏れのトラブルを訴えてピットイン、マシンを降りた。
39周目、5コーナーでシューマッハとマグヌッセンが接触してスピンするが、どちらも再走が可能だった。
終盤に掛けて、ランキングで同点2位のルクレールとペレスが熾烈な2位争いを繰り広げる。
56周目、ハミルトンがハイドロリック系のトラブルを訴えてスロー走行、ピットに向かった。

58周のレースをトップで走りきって最初にチェッカーフラッグを受けたのはポールポジションからスタートしたフェルスタッペン(レッドブル)。
メキシコGP以来の勝利で今季15勝目、自身通算35勝目を記録した。
2位争いを制したのはペレスを退けた1ストップ作戦のルクレール(フェラーリ)で、ランキング2位も確保した。
3位無念のペレス(レッドブル)、4位サインツ(フェラーリ)、5位ラッセル(メルセデス)、6位ノリス(マクラーレン)、8位ストロール(アストンマーティン)、9位リカルド(マクラーレン)、そして10位にこれが現役最後のレースとなったベッテル(アストンマーティン)が入った。
アルファタウリ勢は角田裕毅が11位、ガスリーも14位でポイント獲得はならなかった。

F1来季開幕戦は3月05日(日)、バーレーン・サーキットを舞台にバーレーンGPが予定されている。

アブダビGP決勝レースの結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

ホーナー代表(レッドブル)、「ペレスの手助けする」

Perez's Suporter (C)Redbull Racing
拡大します
いよいよ今季最終戦を控えたチャンピオン・チームのレッドブル・レーシングだが、その勢いを証明するように2018年のメキシコGP以来となるフロントロウ独占の快挙をみせた。

これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「このスタート位置だから、もちろん1-2勝利を目指すと宣言しよう。
しかし本音を言えば、ペレスにドライバーズ・ランキング2位獲得というご褒美をプレゼントしたいと思っている。
彼はそれだけの貢献をチームに尽くしているのだからね。
とにかく素晴らしいリザルトで今年最後のレースを締め括りたいんだ」と、語った。

あと1戦を残し、ペレスはライバルであるルクレール(フェラーリ)とまったく同じ290点で並んでいる。

|

ハミルトン(メルセデス)、ライブデータに救われる

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、19日(土)に行われたフリー走行3回目セッション中、赤旗中断になった際のハミルトン(メルセデス)のドライビングについて検証し、十分減速したことが認められたとし、ペナルティを科さないことを明らかにした。

これは赤旗中断直後、直前を走行していたマグヌッセン(ハース)のマシンがハミルトンによりオーバーテイクされたため、セッション終了後の審議対象とされたことによる。

スチュワードはGPSによる位置情報を始め、マーシャルのためのシステムデータ、マシンのテレメトリー、そしてチーム無線等を検証した結果、ハミルトンはコクピット内の赤旗の表示を確認した直後にスロットルを全閉していて違反の証拠は確認されなかったと結論づけた。

またマグヌッセンがオーバーテイクされた原因は、当時スロー走行していたマグヌッセンの速度が約162キロであったのに対し、アタックラップだったハミルトンの速度は約288キロだったため止むを得なかったとした。

|

アブダビGP予選はフェルスタッペン(レッドブル)がPP

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
11月19日(土)18時(日本時間:23時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に2022年F1第22戦アブダビGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
天候は曇り、Q3開始時の気温は28度、路面温度は33度、コースはドライコンディションとなっている。

熾烈なタイムアタックの結果、チャンピオン・フェルスタッペンが今年最後のポールポジション獲得。
ペレスも2番手でレッドブル勢の1-2となった。
以下サインツ(フェラーリ)、ハミルトン(メルセデス)、ラッセル(メルセデス)、ノリス(マクラーレン)、オコン(アルピーヌ)、これが最後になるのかベッテル(アストンマーティン)は9番手、10番手はこちらも最後になるのかリカルド(マクラーレン)が付けた。
フェルスタッペンのポールはメキシコGP以来で今季7回目、自身通算19回目となった。

アブダビGP決勝レースは20日(日)17時(日本時間:22時)から全58周で行われる。

アブダビGP公式予選の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

2022/11/19

予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)が脱落

引き続きアブダビGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

Q2トップはペレス(レッドブル)、続いてルクレール(フェラーリ)、サインツ(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、ハミルトン(メルセデス)、ノリス(マクラーレン)、ラッセル(メルセデス)、ベッテル(アストンマーティン)、オコン(アルピーヌ)、リカルド(マクラーレン)までがQ3進出。

ここでの敗退はアロンソ(アルピーヌ)、角田裕毅(アルファタウリ)、シューマッハ(ハース)、ストロール(アストンマーティン)、そして周冠宇(アルファロメオ)の5台となった。

|

アブダビGPフリー3回目、ペレス(レッドブル)が最速タイム

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
11月19日(土)14時30分(日本時間:19時30分)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に2022年F1第22戦アブダビGPのフリー走行3回目セッションが始められた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は30度、路面温度45度、コースはドライコンディションとなっている。

予選、そしてレース時とはコンディションが異なるため、コースインするマシンは少ない。
開始約30分、ガスリー(アルファタウリ)が右前のパーツが飛んだとしてスローダウン、セッションは赤旗中断となった。
その赤旗の間に5コーナーでハミルトンが他車をオーバーテイクたとしてレース後の審議対象とされた。

60分間のセッションを終えトップはペレス、これにフェルスタッペンが続いてレッドブル勢が最上位。
これにメルセデスAMGのハミルトン&ラッセルが続いた。
5番手ノリス(マクラーレン)、6番手ルクレール(フェラーリ)、7番手サインツ(フェラーリ)、8番手リカルド(マクラーレン)、9番手ベッテル(アストンマーティン)、10番手にアルボン(ウィリアムズ)が食い込むというトップ10。
アロンソ(アルピーヌ)は12番手、角田裕毅(アルファタウリ)13番手、ガスリー(アルファタウリ)は5番手に沈んだ。
この後、18時(日本時間:23時)から注目の公式予選が行われる予定となっている。

アブダビGPフリー走行3回目の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

2022/11/18

フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)が最速

Yas Marina Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
11月18日(金)17時(日本時間:22時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に2022年F1第22戦アブダビGPフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は30度、路面温度36度、コースはドライコンディションとなっている。

多くのチームが若手ドライバーを走らせたフリー走行1回目とは異なり、すべてのチームが本来のレースドライバーによる走行になった。
アタックラップに臨んだハミルトンがマグヌッセンのマシンとあわやのシーン。
タイヤの温度調整が狂ったか、フリー走行1回目にトップだったハミルトンのタイムは7番手に留まる。
一方、1回目マシンをローソンに譲ったフェルスタッペンはいきなり意地のトップタイムをマークしてみせた。

結局トップタイムはフェルスタッペン(レッドブル)の1'25.146。
これにラッセル(メルセデス)の1'25.487が続き、以下ルクレール(フェラーリ)、ハミルトン(メルセデス)、ペレス(レッドブル)、サインツ(フェラーリ)、オコン(アルピーヌ)、アロンソ(アルピーヌ)、リカルド(マクラーレン)、ボタス(アルファロメオ)までがトップ10。
アルファタウリ勢は角田が15番手、ガスリーは19番手に留まった。
明日土曜日は注目の公式予選が行われる予定となっている。

アブダビGPフリー走行2回目の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

アブダビGPフリー1回目、メルセデスAMG勢が1-2タイム

Yas Marina Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
11月18日(金)14時(日本時間:19時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に2022年F1第22戦アブダビGPフリー走行1回目セッションが始められた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は34度、路面温度47度、コースはドライコンディションとなっている。

ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC3、ミディアムのイエローにC4、そしてレッドのソフトにC5という最も柔らかい部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。
なおレッドブルではフェルスタッペンに代えてローソンが、フェラーリではサインツに代えてシュワルツマンが、アルピーヌではアロンソに代えてドゥーハンが、マクラーレンではノリスに代えてオワードが、アストンマーティンではストロールに代えてドラゴビッチが、ウィリアムズではラティフィに代えてサージェント、ハースではシューマッハに代えてフィティパルディ、そしてアルファロメオでは周冠宇に代えてクビサが出走となっている。

コースイン早々、マクラーレンのオワードがマシンの異常を訴えてスローダウン、ガレージに戻った。
開始約31分、ウィリアムズのサージェントがスピン、コースアウトしてイエローコーションに。
60分の走行を終え、トップはハミルトン&ラッセルのメルセデスAMG勢。
3番手ルクレール(フェラーリ)、4番手ペレス(レッドブル)、5番手ローソン(レッドブル)、6番手ベッテル(アストンマーティン)、7番手シュワルツマン(フェラーリ)、8番手リカルド(マクラーレン)、9番手ボタス(アルファロメオ)、10番手アルボン(ウィリアムズ)となった。
アルファタウリ勢はガスリー11番手、角田裕毅13番手となった。
このあと14日(金)17時(日本時間:22時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

アブダビGPフリー走行1回目の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC