2012/12/07

ユナイテッドステーツGP、2013年日程に泣き入れる

USA-GP Image (C)Redbull Racing
拡大します
一部の変更はあったものの2013年のF1カレンダーはほぼ確定しつつあるが、ここに来て11月17日(日)に予定されているユナイテッドステーツGP(テキサス州オースティン)が日程変更を希望していることがわかった。

それによれば前日の16日(土)、当地ではアメリカで人気のアメリカンフットボール(テキサス大学vsオクラホマ州立大学)が行われることが決まっていて、これには例年10万人規模の観客が来訪するのだという。
サーキット・オブ・ジ・アメリカズのボビー・イプシュタイン会長は、「観客の移動や宿泊設備のキャパシティを考えると、二つのイベントが同じ週末というのは何としても避けたい」と、希望している。
しかしシーズン終盤の日程は密集していて、同GPの希望が叶えられるかは期待薄のようだ。

| | トラックバック (0)

2012/11/20

ユナイテッドステーツGPでマラリアの脅威?

 Image
世界の先進国アメリカだが、今回のユナイテッドステーツGPの際になんと伝染病であるマラリアの感染が報じられ、関係者を驚かせている。

これはスイスの『ブリック』紙が報じたもので、それによればレッドブルのスタッフ数人、そしてイギリスの著名カメラマンであるキース・サットン氏をはじめとするメディア関係者数人も感染、地元オースティンの病院に入院しているというもの。

ただ感染したのはアメリカではなく10月に行われたインドGPの際で、その後潜伏期間を経て今回発病したとも伝えられている。

| | トラックバック (0)

2012/11/19

ロズベルグ(メルセデス)、「コースは最高だったけど……」

Keijo Rosberg/1985 USA-East GP (C)Williams F1
拡大します
メルセデスAMGとザウバー・チームとのコンストラクターズ・チャンピオンシップ争いはこのレースを含めたあと2戦になったが、今回はどちらのチームもノーポイントという低レベルのバトルになった。
これについてメルセデスAMGチームのシューマッハ&ロズベルグは、「難しい状況にある」と口を揃えた。

その原因について二人はいずれもタイヤの機能が発揮できなかったと説明しているが、奇しくもこれはザウバー勢の説明と同じもの。
それでもロズベルグは、「僕らの結果は残念なものだったけど、オースティンのコースは素晴らしいものだったし、アメリカの街や観客も最高だった。
この国にもF1がしっかりと根付くといいね」と、語っている。
ちなみに父親のケケ・ロズベルグ氏は1985年のアメリカ東GPで優勝している。

| | トラックバック (0)

小林可夢偉(ザウバー)、「タイヤの温度管理に問題あった」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
初開催のユナイテッドステーツGPを16番グリッドからスタート。
決勝レースでは二つ順位を上げ、14位でスタートしたもののチームメイトのペレス(11位)同様、ポイント獲得はならなかった。

「とにかくこの週末は最初から最後までタイヤの温度管理に問題あった。
全然タイヤが機能しない状態で、予選もレースも走り続けなければならなかったからね。
今日もグリップレベルは低いままで、ただレース終盤になってやっとグリップが改善されただけ。
これじゃあね。
次はもう今年最後のレースだから、最高の状態で締めくくりたいよ」

ジャンパオロ・ダラーラ/トラックエンジニアリング責任者は、「予選結果が思わしくなかったので、可夢偉には早いピットストップを行う作戦にトライしたが、タイヤの状態が思わしくなく残念ながらうまくいかなかった」と説明している。

| | トラックバック (0)

ベッテル(レッドブル)、「オーバーテイクは周回遅れのせい」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
インドGPでポールTOウィンを果たしたばかりのベッテル(レッドブル)は今回のユナイテッドステーツGPでもポールポジションからスタート、終始トップに君臨し続けた。
しかしながら41周目のバックストレートでついに後続のハミルトン(マクラーレン)にオーバーテイクされ、2位に甘んじることとなった。
これについてベッテルは「オーバーテイクは周回遅れのせい」と、憤懣やるかたない表情をみせている。

「外からみればずっとレースをコントロールしていたように見えたかも知れないけれど、実際には周回遅れのマシンに終始悩まされていたんだ。
実のところ、ハミルトンに抜かれたのだって、その前に(周回遅れの)カーティケヤン(HRT)に手こずってしまったからだよ。
そこをついてハミルトンは僕のすぐ背後に迫ってしまったんだ。
そうなったら、(DRSがあるから)もう僕になす術はないさ」

当時、ベッテルは苛立った環状をチームに無線で伝えた様子が国際映像でも伝えられている。

| | トラックバック (1)

初代オースティンの王者はルイス・ハミルトンに

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
初開催となったサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(テキサス州オースティン)でのユナイテッドステーツGPは、スタンドを埋める大観衆が見つめる中、予選2番手からスタートしたマクラーレンのルイス・ハミルトンがポールスタートのベッテルを交わしてみごと優勝を遂げた。
ハミルトンの優勝はイタリアGPに次ぎ今季4勝目、自身通算21勝目の快挙。

2位にベッテル(レッドブル)、3位アロンソ(フェラーリ)で、両者のポイントはこれまでの10ポイントから13ポイントへと拡大したが今回結着はつかず、タイトル争いは来週の最終戦ブラジルGPへと持ち越された。
ただ予選7位の奇数グリッドスタートを画策したフェラーリ・チームの作戦は功を奏したことになる。

4位マッサ(フェラーリ)、5位バトン(マクラーレン)、6位ライコネン(ロータス)、7位グロージャン(ロータス)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位マルドナド(ウィリアムズ)、そして10位がセナ(ウィリアムズ)となった。
以下、ペレス(ザウバー)、リカルド(トロ・ロッソ)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、小林可夢偉(ザウバー)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、シューマッハ(メルセデスAMG)、ペトロフ(ケータハム)、コバライネン(ケータハム)、グロック(マルシア)、ピック(マルシア)、デ・ラ・ロサ(HRT)、そしてカーティケヤンの順。

リタイヤとなったのはウェバー(レッドブル)、ベルニュ(トロ・ロッソ)の2台。
ウェバーはまたしてもオルタネーターとみられ、ベルニュのほうはコースアウトした際にサスペンションを損傷した模様だ。

ユナイテッドステーツGP:決勝レースの結果はこちら
ユナイテッドステーツGP画像はこちら

| | トラックバック (8)

マッサ(フェラーリ)、人身御供のギヤボックス交換

フェラーリ・チームはユナイテッドステーツGP決勝レースを前に、フェリッペ・マッサのマシンのギヤボックスを交換することを明らかにした。
規定により、マッサの6番手だったグリッドは5番降格のペナルティ。
一方、8番手だった僚友アロンソのグリッドは有利とされる奇数グリッドの7番手に繰り上がることからタイトル獲得のため「捨て身の作戦」を採ったと他チームからはみられている。

| | トラックバック (1)

2012/11/18

予選16位小林可夢偉(ザウバー)、「残念な予選結果」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
初日のフリー走行では好調な滑り出しをみせたザウバー勢の小林可夢偉だったが、肝心の予選では失速。
ついにチームメイトにも「負け越し」となる後れを取った16番手という予選結果になった。

「フリー走行ではそこそこ良かったので、もちろんもっといい順位の予選結果を期待していたよ。
とても残念だね。
タイヤのウォームアップはかなり良くなってきたんだけど、肝心なアタックの時にパフォーマンスをピークに持って来られなかった。
このグリッドポジションからのスタートでは、明日は多くを望めないだろうね」

これについてモニシャ・カルテンボーン代表も、「予選のタイムは午前のフリー走行の時より悪いのですから、この予選結果には納得がいきません。
明日のレースで結果を得るには、エンジニアたちの手腕に掛かることでしょう」と、話している。

| | トラックバック (0)

アロンソをブロックのシューマッハについてはお咎めなし

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ユナイテッドステーツGPのレーススチュワードはまた、予選Q2セッション中にアロンソ(フェラーリ)のアタックを妨害したとして審議の対象としたメルセデスAMGのミハエル・シューマッハについて、お咎めなしとした。

これについてアロンソは強く妨害をアピールしていたが、スチュワードはシューマッハのマシンのテレメトリーや国際映像のビデオ等を検証した結果、妨害した事実は確認できなかったとしている。

シューマッハはシンガポールGPの際に接触事故の責任を問われて予選グリッド10番降格のペナルティを科せられている。

| | トラックバック (0)

オースティン、初のポールシッターはベッテル(レッドブル)

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing

拡大します

オースティンで初開催となったアメリカGP(ユナイテッドステーツGP)初のポールポジションは、今週末絶好調であるところを見せつけたレッドブルのセバスチャン・ベッテルがそのままのスピードを維持して獲得してみせた。

ベッテルのポールポジションはインドGP以来で今季6回目、自身通算36回目の快挙ということになった。
2番手はベッテルに肉薄したもののわずかに及ばなかったハミルトン(マクラーレン)で、その差は0.109秒。
3番手ウェバー(レッドブル)、4番手グロージャン(ロータス)、5番手ライコネン(ロータス)、6番手シューマッハ(メルセデスAMG)、7番手マッサ(フェラーリ)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手アロンソ(フェラーリ)、そして10番手がマルドナド(ウィリアムズ)というトップ10になった。
ただしグロージャン(ロータス)はギヤボックス交換によりグリッド5番降格のペナルティが決まっている。

ユナイテッドステーツGP:公式予選の結果はこちら
ユナイテッドステーツGP画像はこちら

| | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP