2017/11/05

アメリカGP主催者、メキシコGPの日程変更要望

Mexico GP Scene (C)Williams F1
拡大します
2015年の復活開催以来、隣接するアメリカGP(US-GP)との連続開催が低地訳しているメキシコGPだが、テキサス州オースティンのアメリカGP主催者が、メキシコの日程変更を提案していることがわかった。

それによれば両グランプリは地理的に近すぎるため、イベントの盛り上がりにマイナスの影響が出ているというもの。
そのため現在10月になっているメキシコGPを6月に移してカナダGPとの連続に、またアメリカGPのほうは10月のままブラジルGPとの連続開催にしようというものだ。

ただこれについて一方の当事者であるメキシコGPの主催者は「6月のメキシコは雨期にあたるためレースには不向き」と、反対する姿勢を明らかに。
「メキシコとアメリカが連続することに問題があるならアメリカ側が日程を変更すべき」と、強気なところをみせている。

ちなみに今年もメキシコGPはチケットが完売と成功裡に行われた。

| | トラックバック (0)

2017/10/31

レッドブル首脳、「フェルスタッペンのコントロールに腐心」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
当初不利とみられた高所サーキットでのメキシコGPで、オープニングラップで首位に立つと終始そのポジションを譲ることなくみごと3勝目を飾ったレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(20歳:オランダ)だったが、その裏にはチーム首脳陣の苦労もあったようだ。

同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「ここはエンジンに厳しく、さらにルノー製パワーユニットの信頼性にも不安があったので、楽な気持ちで彼の走りを見てはいられなかった。
チームとしてはタイヤも労わって欲しかったし、エンジンに負担も掛けたくなかったんだ。
しかし彼は(ドライバーの本能として)後続とのギャップをさらに拡げようとするし、終盤にはレース中のファステストラップまで書き換えようとするからこっちはもうハラハラの連続だったよ。
無事にゴールできてほんとうに安心した」と、述懐。

実際、このレースではチームメイトのリカルドを始め、ルノーやトロ・ロッソなどルノー陣営でエンジントラブルによるリタイヤが相次いだ。

| | トラックバック (0)

2017/10/30

レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略でメキシコグランプリを制す (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 メキシコグランプリ決勝
・ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルの接触により、 両ドライバーともに 2 ストップ戦略の採用を余儀なくされた
・昨年より一段階軟らかい選択となった全 3 種類の P Zero コンパウンドが登場

2017年10月29日、メキシコシティ
レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、予測通りの 1 ストップ戦略でスリリングなメキシコグランプリを制しました。ドライバーズタイトル争いトップを走るメルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルとの間で序盤に発生した接触により、両ドライバーは 2 ストップ戦略の採用を余儀なくされました。両ドライバーは、オープニングラップ後にソフトタイヤへ交換しました。その後、レース中盤のバーチャル・セーフティーカー導入周回中、ハミルトンはスーパーソフトへ、ベッテルはウルトラソフトへ交換しました。ベッテルが 2 位以内でフィニッシュできなかったことで、ハミルトンの 4 度目(ピレリタイヤでは 3 度目)のドライバーズタイトル獲得が決定しました。
ハミルトンとベッテル以外では、ルノーのカルロス・サインツとフォース・インディアのセルジオ・ペレスも 2 ス
トップ戦略を使用しましたが、大半のドライバーは 1 ストッパーでした。第 2 スティントをソフトタイヤで走行したドライバー中の最上位は、フェラーリのキミ・ライコネンでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「オープニングラップでの接触とバーチャル・セーフティーカーの導入により、ハミルトンとベッテルは、予測された 1 ストップとは異なる戦略の採用を余儀なくされました。低いデグラデーションレート、薄い空気の下での最小限のダウンフォース、滑りやすい路面などの特徴があるメキシコにおいて、タイヤを適正な作動領域に保つことが不可欠となりました。フェルスタッペンは、完璧なタイヤマネージを行なって模範的な勝利を手にしました。全 3 種類のスリックコンパウンドが登場し、各チームが、この魅力的なグランプリの変化する状況に対応する多様な戦略を実行した中、タイヤに関する問題は発生しませんでした。素晴らしい成績を挙げ、その活躍にふさわしい 4 度目のドライバーズタイトルを獲得したルイス・ハミルトンを祝福したいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略でメキシコグランプリを制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

4度目戴冠のハミルトン(メルセデス)、「5のほうが好き」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
シーズンもあと2戦を残して念願だったタイトル獲得を果たしたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンは、次のようにその感激を語った。

「もちろんうれしいけれど、実のところまだ実感がないんだ。
周囲からの熱いエネルギーは感じるんだけれどね。
今年もいろいろなことが起きたけれど、結果的にはすべて良い方向に向かってくれたよ。
応援してくれた世界中の人々に心から感謝したい。
今日のレースでも予想外のことが起きたけれど、ヘルメットに『Still I Rise』と書いてあるように、どういう状況になっても僕は立ち上がるよ。
ただ、4よりも5のほうが数字としては好きかな」と、4度目タイトル獲得のハミルトン。

ただハミルトンが自ら選んだカーナンバーは『44』なのだが。

| | トラックバック (0)

グロージャン(ハース)にコース外走行でペナルティ・ポイント

FIA
メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(日)行われた決勝レース中、前車(アロンソ)をオーバーテイクした際にコース外を走行して利益を得たとして、ハースF1チームのロマン・グロージャンにペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、グロージャンの場合これでトータル4点となった。
なお同選手にはすでにレース中、5秒のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

メキシコGP、フェルスタッペン(レッドブル)が通算3度目優勝

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
29日(日)現地時間午後1時(日本時間:翌4時)から、ロドリゲス・サーキットを舞台に71ラップに渡るメキシコGP決勝レースが行われた。
レース開始時の天候は晴れ、気温22度、路面温度は42度、湿度は32%で路面はドライコンディション、レース終了まで雨の心配はないと報告されている。
残り2戦、ハミルトン(メルセデス)はベッテル(フェラーリ)に対し66ポイントのを付けているため、ここで5位以内でフィニッシュすればベッテルの順位に関係なくタイトルが決まることになる。

オープニングラップでハミルトンがベッテルと接触、右リヤタイヤをパンクさせてスローダウン、ベッテルもピットインしてタイヤをスーパーソフトにスイッチ。
フェルスタッペン(レッドブル)が首位に立った。
6周目、後方から追い上げていたリカルド(レッドブル)がピットイン、リタイヤの模様。
15周目、グロージャン(ハース)にコース外走行で5秒加算のペナルティが通知された。
26周目、ヒュルケンバーグ(ルノー)がエンジントラブル(ERS(エネルギー回生システム)か)でコースサイドにストップ。
32周目、ハートリー(トロ・ロッソ)もエンジントラブルで煙を上げてストップ、バーチャル・セーフティカーとなった。
相次ぐルノー・エンジンのトラブルで首位を走るフェルスタッペンも気掛かりだ。
57周目、エリクソン(ザウバー)もマシン後部から炎と白煙を上げながらピットイン。
62周目、サインツ(ルノー)がピットイン、マシントラブルの模様。

結局レースは71周を走りきったレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(20歳:オランダ)が優勝。
今季マレーシアGP以来の2勝目で自身通算3回目の快挙。
2位は19.678秒差でボタス(メルセデス)、3位ライコネン(フェラーリ)、4位猛追もここまでだったベッテル(フェラーリ)、5位オコン(フォース・インディア)、6位ストロール(ウィリアムズ)、7位地元の大声援を受けたペレス(フォース・インディア)、8位マグヌッセン(ハース)、9位最後尾から追い上げたハミルトン(メルセデス)、10位アロンソ(マクラーレン)までが入賞。

以下11位マッサ(ウィリアムズ)、12位バンドーン(マクラーレン)、13位ガスリー(トロ・ロッソ)、14位ウェーレイン(ザウバー)、15位グロージャン(ハース)でここまでが完走。
リタイヤはサインツ(ルノー)、エリクソン(ザウバー)、ハートリー(トロ・ロッソ)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、そしてリカルド(レッドブル)の5台。

なおハミルトンはこれで今季のシリーズ・チャンピオンを決めた。
ハミルトンのタイトルは4回目になるもので、これはミハエル・シューマッハの7回、ファン・マニュエル・ファンジオの5回に次ぎアラン・プロストとセバスチャン・ベッテルに並ぶもの、また英国人ドライバーとして最多の栄誉に輝いたことになる。

メキシコGP決勝レースの結果はこちら
メキシコGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

メキシコGP(再)修正スターティンググリッド

メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は、決勝レースのスターティンググリッドについてさらにリカルド(レッドブル)らにもペナルティがあり次のように修正したことを明らかにした。

1. ベッテル(フェラーリ)
2. フェルスタッペン(レッドブル)
3. ハミルトン(メルセデス)
4. ボタス(メルセデス)
5. ライコネン(フェラーリ)
6. オコン(フォース・インディア)
7. ヒュルケンバーグ(ルノー) *
8. サインツ(ルノー) *
9. ペレス(フォース・インディア) *
10. マッサ(ウィリアムズ) *
11. ストロール(ウィリアムズ) *
12. エリクソン(ザウバー) *
13. ウェーレイン(ザウバー) *
14. マグヌッセン(ハース) *
15. グロージャン(ハース) *
16. リカルド(レッドブル) *
17. ハートリー(トロ・ロッソ) *
18. アロンソ(マクラーレン) *
19. バンドーン(マクラーレン) *
20. ガスリー(トロ・ロッソ) *

* 印は変更のあったドライバー

・アロンソ(マクラーレン) 20グリッド降格
・バンドーン(マクラーレン) 35グリッド降格
・ガスリー(トロ・ロッソ) 20グリッド降格
・リカルド(レッドブル) 20グリッド降格
・ハートリー(トロ・ロッソ) 28グリッド降格

| | トラックバック (0)

2017/10/29

メキシコGP修正スターティンググリッド

メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は、決勝レースのスターティンググリッドについて次のように修正したことを明らかにした。

1. ベッテル(フェラーリ)
2. フェルスタッペン(レッドブル)
3. ハミルトン(メルセデス)
4. ボタス(メルセデス)
5. ライコネン(フェラーリ)
6. オコン(フォース・インディア)
7. リカルド(レッドブル)
8. ヒュルケンバーグ(ルノー)
9. サインツ(ルノー)
10. ペレス(フォース・インディア)
11. マッサ(ウィリアムズ)
12. ストロール(ウィリアムズ)
13. ハートリー(トロ・ロッソ) *
14. エリクソン(ザウバー) *
15. ウェーレイン(ザウバー) *
16. マグヌッセン(ハース) *
17. グロージャン(ハース) *
18. アロンソ(マクラーレン) *
19. バンドーン(マクラーレン) *
20. ガスリー(トロ・ロッソ) *

* 印は変更のあったドライバー

| | トラックバック (0)

P.ガスリー(トロ・ロッソ)にもグリッド降格ペナルティ

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は、トロ・ロッソのピエール・ガスリーに対し、今シーズン7基目となるMGU-H(熱エネルギー回生システム)の投入が行われたとして、規定により10グリッド降格ペナルティを通知した。

なおこの交換作業のためガスリーは公式予選に参加出来なかったが、別掲のように救済措置を受け、無事決勝レースへの出走が許可されている。

ただフリー走行1回目を控えドライバーに譲り、3回目のフリー走行ではコースインしてすぐにマシントラブル、予選も走っていないため、ガスリーがこのサーキットを走ったのはすべて合わせてもたった12ラップだけでいきなりレースに臨むことになる。

| | トラックバック (0)

R.グロージャン(ハース)、ピットレーン速度違反で罰金

FIA

メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は、ロマン・グロージャンが公式予選セッションにおいてピットレーン速度違反を犯したとしてハースF1チームに対し罰金1,000ユーロ(約13万円)を科したことを明らかにした。

それによりばグロージャンはQ1の中で、制限速度80キロのところ89.2キロで走行したというもの。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP