2024/04/13

来季の日本GPも4月開催に

Suzuka Circuit
Suzuka_circuit_l_202404130507012024年の日本GPはこれまでとは一転、史上初の春開催が実現したが、来季の日本GPも同じく4月に行われることが明らかにされた。

これは例年になく早期に発表されたFIA(国際自動車連盟)のカレンダーで判明したもの。
それによれば来季の日本GPは全24戦中の第3戦として、2025年4月6日(日)決勝レースという日程が組まれているとのことだ。

2025年F1暫定カレンダーはこちら

|

2024/04/09

「タイヤ戦略誤った」と、メルセデスAMG代表

Suzuka Circuit
Jpngp_003_20240408171601日本GP決勝レースで想定外の4-9位に留まったメルセデスAMGチームは、「タイヤ戦略を誤った」と、トト・ウォルフ代表が説明した。

「決勝レースでは最低限表彰台の一角に食い込む作戦でいたが、実質最初のスティントになった部分で期待したハードタイヤが機能しなかった。
結果的に1ストップでレースを戦わざるを得ず、想定したレース展開にはならなかった」

予定した休暇を返上して来日したチーム代表だったが、フェラーリどころかマクラーレンやアストンマーティンにも先行される無念の結果となった。

|

2024/04/08

「角田裕毅の1ポイント獲得は貴重」と、RB代表

Racing Bulls
Jpngp_305前戦に続き連続入賞でポイント獲得を果たした角田裕毅について、ビザ・キャッシュアップRBチームのローレン・メキーズ代表は次のように評価した。

「スタートでは混乱を避け慎重になって順位を落としたが、チームのピット戦略の妙もあってよく挽回してくれた。
今回のポイントはわずか1点に過ぎないが、シーズン全体を考えるととても貴重な1点になる筈だ。
特に今回のように上位5チームの10人すべてが感想したような場合には、ね。
実にクレバーで落ち着いたレースをしてくれた。
ユーキにとってはホームグランプリということもあり、さらに格別なものになったことだろう。
この勢いを次戦中国GPにも繋げたい」と、讃えた。

|

日本GP、序盤の事故はお咎めなしに

FIA
Fia_logo_m4_20240408050201FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(審査委員)は、7日(日)に行われた日本GP決勝レースのオープニングラップで起きたリカルド(RB)とアルボン(ウィリアムズ)がコースアウト・クラッシュしたアクシデントについて検証、通常のレーシング・インシデント(出来事)としていずれにもこの件で処分することはないと結論づけた。

このアクシデントのためレースはまだ1周もしない段階で赤旗となり、損傷したバリア修復のため30分近くの中断を止むなくされた。

|

2024/04/07

荒れた日本GP、フェルスタッペン(レッドブル)制す

Jpngp_2014月07日(日)14時(日本時間:同)から鈴鹿サーキットを舞台に2024年F1第4戦日本GPの決勝レースが全53周で行われた。
レーススタート時の天候は晴れ、気温は22度、路面温度40度、路面はドライコンディションとなっている。

オープニングラップの2コーナー先でリカルド(RB)とアルボン(ウィリアムズ)が接触して共にクラッシュ、ストップ。
マシン回収とバリア修復のため赤旗中断に。

30分ほどの中断を経てスタンディングスタートでレース再開
42周目、サージェント(ウィリアムズ)がS字でコースアウトしてイエローコーションとなったが自力で復帰。
45周目、サインツ(フェラーリ)がルクレールをオーバーテイクして3位に上がる。
結局トップでチェッカーフラッグを受けたのはフェルスタッペン(レッドブル)で得意のポールTOウィンで自身通算57勝目を記録した。
2位もチームメイトのペレスが入り、レッドブルの1-2フィニッシュ。
3位はレース終盤チームメイトを抜いたサインツ(フェラーリ)、表彰台を獲得して意地をみせた。

以下、ルクレール(フェラーリ)、ノリス(マクラーレン)、アロンソ(アストンマーティン)、ラッセル(メルセデス)、ピアストリ(マクラーレン)、ハミルトン(メルセデスAMG)、そして角田裕毅(RB)が10位で連続ポイント獲得を果たした。

リタイヤとなったのは周冠宇(ザウバー)、リカルド(RB)、そしてアルボン(ウィリアムズ)の3台となった。

日本GP決勝レースの結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

危険リリースでラッセル(メルセデス)に罰金

Oscar Piastri
Jpngp_104_20240407070901FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(審査委員)は、6日(土)行われた日本GP公式予選中に危険な行為があったとしてジョージ・ラッセル(メルセデス)に罰金5千ユーロ(約76万円)を科したことを明らかにした。

それによればラッセルはガレージからピット前の走行レーンに出る際に安全をよく確認せず、後方から接近していたピアストリ(マクラーレン)とあわやの危険なシーンを演じたというもの。

|

2024/04/06

角田裕毅(RB)、「決勝レースで返したい」

Yuki Tsunoda
Jpngp_1056日(土)行われたホームグランプリの日本GP公式予選でみごとQ3進出を果たしたビザ・キャッシュアップRBチームの角田裕毅は、次のように喜びを語った。

「予選は期待していたほど簡単なものではなかったけれど、チームとしては素晴らしい仕事ができたと思っている。
マシンからはそのポテンシャルを最大限に引き出す方法を学び続けているし、現場だけでなくファクトリーのみんなも僕らをサポートしてくれた。
そうでなければ、この結果は出せなかっただろうから、彼ら全員に感謝している。
何より母国のファンの応援が力になったよ」

そして「日曜日に結果で返したい」と、決勝レースへの意欲をみせた。

|

日本GP予選、フェルスタッペンが連続PP獲得

Max Verstappen
Jpngp_1014月06日(土)15時(日本時間:同)から鈴鹿サーキットを舞台に2024年F1第4戦日本GPの公式予選が行われた。
天候は曇りだが雨の心配はなし 、セッション開始時の気温は18度、路面温度28度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうちホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という最も堅い部類の3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では明日の決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
まず下位の5台がノックアウトとなる18分間のQ1が行われた。
フェルスタッペン(レッドブル)がいきなり昨年のポールタイムを上廻る28秒台。

レーシング・ブルズはリカルド11番手、角田裕毅12番手でQ2進出。
ここで脱落したのはストロール(アストンマーティン)、ガスリー(アルピーヌ)、マグヌッセン(ハース)、サージェント(ウィリアムズ)そして周冠宇(ザウバー)の5台となった。

続いて15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。
角田裕毅(RB)は10番手で突破、リカルド(RB)は惜しくも11番手。
ここで脱落はリカルド(RB)、ヒュルケンバーグ(ハース)、ボタス(ザウバー)、アルボン(ウィリアムズ)、オコン(アルピーヌ)の5台に。

最後の12分間によるQ3では残った10台により明日行われる決勝レースのトップ10グリッドが確定となる。
ルクレールを除いて各車2回のアタックの結果、フェルスタッペン(レッドブル)が今季開幕から4戦連続のポールポジション獲得、自身通算36回目の快挙となった。
2番手も僚友ペレスがけ、レッドブルのフロントロウ独占。
3番手ノリス(マクラーレン)、4番手サインツ(フェラーリ)、5番手アロンソ(アストンマーティン)、6番手ピアストリ(マクラーレン)、7番手ハミルトン(メルセデスAMG)、8番手ルクレール(フェラーリ)、9番手ラッセル(メルセデス)、10番手角田裕毅(RB)というトップ10グリッドとなった。

日本GP決勝レースは7日(日)14時(日本時間:同)から全53周で行われる。

日本GP公式予選の結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

フリー3回目、レッドブル勢が1-2タイム

Suzuka Circuit
Jpngp_003_202404061241014月06日(土)11時半(日本時間:同)から鈴鹿サーキットを舞台に2024年F1第4戦日本GPフリー走行3回目セッションが行われた。
天候は曇り 、セッション開始時の気温は17度、路面温度25度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という最も堅い部類の3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

真っ先にコースインしたのは本命フェルスタッペン(レッドブル)。
雨に見舞われた前日の遅れを取り戻すように各車積極的に周回を重ねていく。
ここでも最速はフェルスタッペン&ペレスのレッドブル勢、これにラッセル&ハミルトンのメルセデスAMG勢、アロンソ(アストンマーティン)、ノリス(マクラーレン)、サインツ(フェラーリ)、ピアストリ(マクラーレン)、角田裕毅(レーシング・ブルズ)、ルクレール(フェラーリ)の順。
リカルド(レーシング・ブルズ)は13番手。

この後15時から注目の公式予選が行われる予定となっている。

日本GPフリー走行3回目の結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

2024/04/05

日本GPフリー2回目、ウェットコンディションに

4月05日(金)15時(日本時間:同)から鈴鹿サーキットを舞台に2024年F1第4戦日本GPフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は小雨 、セッション開始時の気温は13度、路面温度17度、コースは残念ながらウェットコンディションとなってしまった。

スローながらもタイムを計測したのは5台のみだった。
明日は注目の公式予選が行われる。

日本GPフリー走行2回目の結果はこちら

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ アンドレッティ・グローバル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC