2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/02/06

アゼルバイジャンGP(バクー)、2023年まで契約延長

2018 Scene (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017年に初開催となったアゼルバイジャンGPの主催者は、5日(火)行われたバクーでの国内イベントでさらに3年間の開催契約の延長を明らかにした。
現在の契約が2020年までとなっていることから、これにより少なくとも2023年まで当地でのグランプリが継続されることが確定したことになる。

アゼルバイジャンGPの主催者は先に報道された『FOPA(F1プロモーター協会)』に所属、F1オーナーであるリバティ・メディアと団体交渉していることを認めたが、詳細は明らかにしなかったもののそれと今回の個別の契約とは内容に矛盾点はないとしている。

今回の契約更新で、2017年に現在のリバティ・メディアとなってからの契約更改がわかったものはベルギー、中国、ドイツ、日本、シンガポールに続き今回の6例目のアゼルバイジャンということになった。
またこれとは別に2020年ベトナムでの初開催が見込まれていて、限られた開催枠を巡り『契約競争』が加速されることは否めない。

| | トラックバック (0)

2018/05/01

レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』

Redbull Duo (C)RedBull Racing
拡大します
アゼルバイジャンGP決勝終盤、共に入賞圏内を走りながらなんと同士討ちという形でレースを終えたレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンだが、その日の朝、すでにチーム首脳はこの事態を予測していたということだ。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表が明らかにしたもの。
その中でこのイギリス人は、「今回のアクシデントの責任はどちらのドライバーにも等しくある。つまり同罪だ。
以前からこうした事態は予測されていたことなので、今回も決勝レースの朝、われわれは話し合ったんだ。
自由なバトルは許す、しかし万が一にも接触事故などということがあってはならず、必ずお互いのスペースを残すよう厳重に指示していた。
しかしそれでも懸念されたことが起きてしまったのだから、徹底して再発防止策を講じなければならない」と、断じた。

レッドブルは今回のWリタイヤで、獲得すべき22ポイントを一気に失った。

| | トラックバック (0)

メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します

2018アゼルバイジャングランプリ決勝

・チームメイトのバルテリ・ボッタスはデブリによるパンクに見舞われる
・風が強い冷涼なコンディションの下、
・大半のドライバーがラスト4周のスプリントをウルトラソフトで走行
・トップ 10 内で多様な戦略が展開された中、2 ストップが主流

2018年4月29日、バクー

予想された通り、セーフティーカーの登場がアゼルバイジャングランプリの結果に決定的な影響を及ぼしました。終盤のセーフティーカー導入は、上位勢の大半をウルトラソフトへの交換へと促し、スタートタイヤのスーパーソフトで首位を走行していたメルセデスのバルテリ・ボッタスにとっては、有利なピットストップの機   会となりました。リスタート後、ボッタスはデブリによるパンクに見舞われ、チームメイトのルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略で優勝しました。

スタート時、大半のドライバーがスーパーソフトを装着した中、全3種類のコンパウンドがスターティンググリッドで見られました。また、多くのドライバーが3種類のコンパウンドをレースで使用しました。2回のセーフティーカーがレースに影響を及ぼし、トップ 10 内で6種類の異なるタイヤ戦略が展開されました。このセー
フティーカーの導入によって、シーズン中で2番目に長いサーキット上でのタイヤの摩耗とデグラデーションが抑制されました。

ピレリカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント:「アゼルバイジャングランプリでは多様な戦略が展開されました。状況によって変化する戦略の中で、全3種類のコンパウンドが使用されたレースを興味深く見守りました。セーフティーカーによる中断がレース結果に大きな影響を及ぼしましたが、ボッタスは、スーパーソフトでの非常に長いオープニングスティントを見事にマネージしていました。また、優勝したハミルトンは、全3 種類のコンパウンドを使用してあらゆる局面をうまく活用しました。冷涼なコンディション、長いストレート、イエローフラッグやセーフティーカーによる中断などによる状況下、特にリスタート時のタイヤ温度のマネージは難しいものとなりました。ベストリザルトの6位を獲得した Formula2チャンピオンのシャルル・ルクレールを祝福したいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

12Truthometer:
ルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略で優勝しました。スーパーソフトでスタートしたハミルトンは、22 周目にソフトへ、そしてセーフティーカー導入周回中の 40 周目にウルトラソフトへ交換しました。トップ 3  が全く異なる戦略を採りました。

| | トラックバック (0)

マグヌッセン(ハース)にペナルティ・ポイント

FIA
アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(日)に行われた決勝レースで起きたマグヌッセン(ハース)とガスリー(トロ・ロッソ)との間で起きた接触事故について、マグヌッセンの側に非があるとしてペナルティ・ポイント2点を科した。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、マグヌッセンの場合これでトータル8点となった。
同選手にはすでにレース中、10秒のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2018/04/30

フェルスタッペンとリカルド共に戒告処分

FIA
アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(日)に行われた決勝レースで起きたフェルスタッペンとリカルドとのレッドブル勢どうしの間で起きた接触事故について、データの検討や関係者からのヒアリングを実施した結果、双方に不注意があったとしていずれにも戒告処分を科したことを明らかにした。

両者はこの事故で共に戦列を去っている。

| | トラックバック (0)

ペレス(フォース・インディア)にペナルティ・ポイント

FIA
アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(日)に行われた決勝レースでセーフティカー導入後の再スタートの際、定められたセーフティカー・ラインの手前でストロール(ウィリアムズ)のマシンをオーバーテイクしたとしてペナルティ・ポイント2点を科した。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、ペレスの場合これでトータル5点となった。
同選手にはすでにレース中、5秒のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

グロージャン(ハース)、「ブレーキ・バランス誤った」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
アゼルバイジャンGP決勝レース終盤、アクシデント処理のため2度目のセーフティカー・ラップが行われた際、なんとグロージャン(ハース)がウィービングをミスしウォールにクラッシュする単独事故を演じた。

これについてグロージャンは「スイッチ操作を誤った」と釈明している。
「あのときセーフティカーの先導でタイヤが冷えるのを防ぐため、他車と同様にウィービングをしていた。
ところが誤ってステアリングホイールに付いているブレーキ・バランスのスイッチに触れてしまい、リヤブレーキをロックさせてしまったんだ。
そのため突然マシンコントロールを失ってクラッシュしてしまった訳。
せっかく最後尾から追い上げていたのに、ほんとうに残念だよ」

予選ノータイムで最後尾スタートだったグロージャンだが、アクシデント当時6番手まで順位を上げていた。
なお、ガレージに戻ったグロージャンがバックヤードでクローブを叩きつけて悔しがったが、皮肉にも国際映像はそこまで追い掛けていた。

| | トラックバック (0)

初入賞ハートリー(トロ・ロッソ)、「これを勢いの契機に」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
大混乱の展開となったアゼルバイジャンGP決勝レースで、F1参戦8戦目でみごと初入賞を果たしたトロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)は次のように喜びを語った。

「僕自身には幸い何も特別なことは起きなかったけれど、周囲ではアクシデントが続出する実に波乱に富んだレースだったね。
残念ながら中団グループで戦うほどのペースはなくオーバーテイクもままならなかったけれど、レースはやっぱりきちんと走り続けることが重要だっていうこと。
まずはこの入賞という結果を素直に喜びたい。
初めてF1のチャンピオンシップ・ポイントを獲得したんだから、気分は最高さ。
今回のレースをきっかけに、この勢いが次のレースでも続けられるようにしたいね」

トロ・ロッソ・ホンダにとってこれが2回目の入賞ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/04/29

アゼルバイジャンGP、ハミルトン(メルセデス)が今季初勝利

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
29日(日)16時10分(日本時間:21時10分)から今季F1第4戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われた。
レース前の天候は晴れ、気温17度、路面温度26度、湿度は44%でドライコンディション、決勝レース中に雨が降る心配はないが、ここの特徴で風の強いのが要注意だ。
今回ピレリが持ち込んだタイヤはソフト、スーパーソフト、そしてウルトラソフトの3種となっている。

オープニングラップで複数の接触事故、いきなりセーフティカーの導入となった。
オコン(フォース・インディア)とシロトキン(ウィリアムズ)は現場でリタイヤ、ライコネン(フェラーリ)やアロンソ(マクラーレン)らはピットインの模様。

6周目にレース再開。
11周目、5番手まで順位を上げていたヒュルケンバーグ(ルノー)がスローダウン、3台目のリタイヤとなった。
また再スタートで大きくジャンプアップ、6位まで上がったガスリー(トロ・ロッソ)はその後マシントラブルかずるずると順位を下げ、最後尾までダウン。
エリクソン(ザウバー)に対し、オープニングラップでのマグヌッセン(ハース)との接触の責任を問われて10秒のタイム・ペナルティが通告された。
またペレス(フォース・インディア)に対し、セーフティカー解除前にオーバーテイクしたとしてこちらは5秒のタイム・ペナルティに。

40周目、それまでもチームメイト・バトルを演じていたレッドブル勢が4位争いの際中、ストレートで追突、共にリタイヤを余儀なくされた。
レースは再びセーフティカー導入で各車タイヤ交換に入る。
この時点でそれまでピットインを遅らせていたボタス(メルセデス)が首位、これにベッテルとハミルトンが続いている。
セーフティカー走行中にグロージャン(ハース)のマシンがウィービングをミスして単独クラッシュ。

再開はレースも終盤となった48周目。
首位を狙った2番手のベッテルが1コーナーでオーバーして順位を落とす。
さらにロックさせたタイヤのバイブレーションで後退。
49周目、トップのボタスがデブリを踏んだか右リヤタイヤをバーストさせてストップ。
首位はハミルトンに。

結局51周の荒れたレースをトップで駆け抜けたのは今季初勝利となるハミルトン(メルセデス)。
昨年のアメリカGP(US-GP)以来となる自身通算63回目の勝利を飾った。
2位ライコネン(フェラーリ)、3位ペレス(フォース・インディア)で今季初表彰台、4位踏み留まったベッテル(フェラーリ)、5位サインツ(ルノー)、6位ルクレール(ザウバー)、7位アロンソ(マクラーレン)、8位ストロール(ウィリアムズ)、9位バンドーン(マクラーレン)、10位ハートリー(トロ・ロッソ)でここまでが入賞。

以下、11位エリクソン(ザウバー)、12位ガスリー(トロ・ロッソ)、13位マグヌッセン(ハース)、14位実質リタイヤのボタス(メルセデス)までが完走。
リタイヤはグロージャン(ハース)、フェルスタッペン(レッドブル)、リカルド(レッドブル)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、オコン(フォース・インディア)、そしてシロトキン(ウィリアムズ)。

アゼルバイジャンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP