2019/03/07

F1王者ハミルトン(メルセデス)、2輪モトGP開幕戦に

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
2019年のF1は3月15日(金)に開幕戦オーストラリアGPを迎えるが、王者ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)はこれに先駈け前週に中東カタールで行われる2輪のモトGP開幕戦の現場に趣くことを明らかにした。

これまでもモトGP観戦や、自らグランプリ・マシンを操るなど2輪モトGPにも高い関心をみせてきたハミルトンは、今年さらにそうした機会を増やしたいと自ら語っている。
これは、単なるホビーのレベルに留まらず、自身のF1グランプリ活動にも役立てる目的が
あるのだという。

「モトGPのレーサーというのは異次元の人間だよ。
僕にはとてもあんな風にスロットルを明けることなんかできないからね」と、4輪チャンピオン。
すでに5回のタイトル獲得を果たしたハミルトンにとって、F1ではアドバイスを受ける存在はもうなくなっている。
(7回のチャンピオンであるミハエル・シューマッハは現在療養中)

| | トラックバック (0)

2017/05/18

F1、2輪モトGPとのカレンダー衝突回避で会談

MotoGP Image (C)Honda Racing
拡大します
スペインGPが行われた先週末、今年からF1でモータースポーツ担当取締役の要職を務めるロス・ブラウン氏が、2輪モトGPの幹部と会談、双方のレース・カレンダーがバッテイングすることの回避を目的に話し合ったことがわかった。

これまで両者はそれぞれ相手の分野に立ち入ることはなく、完全に別個のイベントとして行われてきたが、今年からF1の新オーナーとなったリバティ・メディアが繰り広げる改革の一環として検討材料に挙げられたもの。

双方ともグランプリの開催数が多いことから完全なカレンダーの分離は難しいとみられるが、こうしたことにも改革のメスを入れる、その姿勢には高い評価が与えられそうだ。

| | トラックバック (0)

2017/04/23

バレンティーノ・ロッシ、アロンソのインディ500参戦を支持

Valentino Rossi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
実に9回に渡るモトGPチャンピオンで2輪のスーパースターとされるバレンティーノ・ロッシ(38歳:イタリア)が、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の『インディ500レース』挑戦を支持している。

「F1でモナコGPは特別なものだから、これを欠場するというのは驚いたけれど、それだけマシンの状態が悪いんだろう。
でも、彼がインディ500にチャレンジするというのは素晴らしい挑戦だと思う。
僕も一度だけNASCARのマシンで走ったことがあるけれど、オーバルコースというのはサーキットとは全然違うもの。
彼にはぜひこの挑戦を活かして欲しいね」

ロッシはフェラーリ・チームやミハエル・シューマッハとも関係が深く、自身も異カテゴリーへに積極的に挑戦、F1マシンでのテスト機会も豊富だ。

| | トラックバック (0)

2012/05/27

シューマッハ、キャリア69回目、ピレリで初のポール

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2012年5月26日、モナコ

メルセデスのミハエル・シューマッハが、モナコでは2000年以来のポールタイムを記録しました。彼は、1994年に、ここモナコで自身初のポールポジションを獲得しています。シューマッハは、ピレリのP Zeroレッド・スーパーソフトタイヤを使用して、1分14秒301を記録しました。迅速なウォームアップ時間とユニークなコンパウンド特性により、スーパーソフトは、ピレリのFormula One用タイヤレンジで最速のタイヤであり、モナコには最適です。

しかし、シューマッハは、前戦(スペイングランプリ)でのグリッド降格ペナルティーによって6番グリッドからスタートし、一方、レッドブルのマーク・ウェバーがポールポジションからのスタートとなります。モナコでは、最近の8レース中、ポールシッターが7回勝利しているため、ウェバーにとっては、2012年シーズン6人目の優勝者になる大きなチャンスです。

ケータハム、マルシャ、HRT以外のチームは、P Zeroイエロー・ソフトコンパウンドでQ1を開始しました。Q1開始から約5分後、ザウバーのセルジオ・ペレスのクラッシュにより、赤旗中断となりました。ペレスは、この時点で予選から脱落しています。フォース・インディアのポール・ディ・レスタが、P Zeroイエロー・ソフトよりもラップあたり約0.7秒速い、P Zeroレッド・スーパーソフトへ交換した最初のドライバーでした。彼のチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが、Q1の最速タイムを記録しました。

Q2では、全ドライバーがP Zeroレッド・スーパーソフトタイヤでタイムを更新し、フェラーリのフェリペ・マッサが最速タイムを記録しました。Q3では、セバスチャン・ベッテルを除く全ドライバーがスーパーソフトを使用しました。ベッテルは、ソフトタイヤで走行しましたが、タイム計測を行わなかったため、明日の決勝では、タイヤを自由に選択して10番グリッドからスタートできます。メルセデスは、Q3で最後にコースインし、終了間際にシューマッハがポールタイムを記録しました。

木曜日のフリー走行2回目が雨の影響を受けたため、各チームにとって、午前中の最終フリー走行のみが、スーパーソフトタイヤで十分な走行を行う機会となりました。ここでは、メルセデスのニコ・ロズベルグが1分15秒159の最速タイムを記録していました。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "シューマッハ、キャリア69回目、ピレリで初のポール"

| | トラックバック (0)

2011/03/16

2輪(WGP)の『日本GP』、10月に延期へ

World GP Image (C)Honda Racing
拡大します
日本で起きた未曾有の震災・津波災害についてはF1関係者の間でも大きな話題になっているが、同じく日本で開催される2輪のWGP(ワールド・グランプリ)である『日本GP』(4月24日決勝:ツィンリンクもてぎ)の開催が10月に延期されることがFIM(国際モーターサイクル連盟)から正式に発表された。

開催地であるツィンリンクもてぎの施設自体に損傷はないということだが、同所のある栃木県も大きな被害を受けていて、これに鑑みすでに3月いっぱいの全営業を中止していることも伝えられている。

なおF1の日本GPのほうは10月9日に、こちらは三重県の鈴鹿サーキットで開催されることになっている。

| | トラックバック (1)

2010/05/21

メルセデスGPの『Fダクト』は自動式

McLaren F-Duct (C)McLaren Group
拡大します
目下チャンピオンシップをリードするレッドブル・レーシングを除けば、各チームでいわゆるFダクト・システムの導入がF1のトレンドになっているが、メルセデスGPのそれは自動式になるようだ。

すでに稼働中のマクラーレンやフェラーリらのものでは、車載カメラにより走行中ドライバーが自ら手で塞いでいるシーンが印象的。
しかし独『アウト・ビルト・モータースポルト』誌によれば、メルセデスGPが開発しているのは自動でコントロールを行う方式であるという。

いくらストレートとはいえ、ドライバーの手を患わせないほうがシステムとして優れているのは明確で、同チームはスリー・ポインテッド・スター(メルセデスのシンボル)の威信に掛けて完成を急いでいる。

| | トラックバック (1)

2010/04/26

シューマッハの新シャシーはロングホイールベース

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
開幕からチームメイトに比べ不振が続くメルセデスGPのミハエル・シューマッハ(41歳:ドイツ)について、チーム首脳はヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなる次戦スペインGPから新しいシャシーを投入することを明らかにしていたが、このほどそれがロングホイールベー化されたものであることがわかった。

シューマッハはかねてフロント部のグリップ不足を訴えていて、これはその解消策であるという。

これによりどの程度ロズベルグに肉薄できるか、あるいは実績通りに凌駕できるのか、注目される。

| | トラックバック (3)

2010/01/24

ヤマハ監督、「われわれのライバルはフェラーリ」

Valentino Rossi (C)Yamaha Racing
拡大します
今週、再び行われたフェラーリF1でのテストを終えた2輪モトGP王者のバレンティーノ・ロッシ(30歳:イタリア)について、現在の所属チームであるフィアット・ヤマハ・モトGPチームのダビデ・ブリビオ監督は「われわれのライバルは2輪チームよりもフェラーリ」とのユニークな見解を示した。

同監督は伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に対し、「今回のF1テスト体験で、再びロッシの気持ちが4輪に移ってしまうのではないかと心配しているんだ。
それでなくても彼は以前からF1に並々ならぬ関心を示していたのだからね。
これまでは、もし彼がわれわれのチームを離れたならおそらくドゥカティに移ると言われてきたが、私は今むしろフェラーリがわれわれのライバルだと思っているんだよ」と、語っている。

ブリビオ監督が以前からリップサービスに長けていることを別にしても、もし1チーム3台体制が許されたならロッシがフェラーリの有力候補であるのは間違いないことのようだ。

| | トラックバック (2)

2009/12/29

ロッシ、ルマン参戦オファーに「シーズン中は無理」

Valentino Rossi (C)Yamaha Racing
拡大します
2輪モトGPのチャンピオン、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は2010年のルマン24時間レースへの参戦を求められたものの、「シーズン中はスケジュール的に無理」としてこれを断っていたことがわかった。

これはイタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙が報じたもので、それによればオファーを出したのは日本にも馴染みの深い元F1ドライバー、ジャン・アレジ。
マシンはフェラーリ『F430』とのことだ。

ロッシはスポーツカー・レース自体には関心があるものの、ルマン24時間レースのある来年6月にはWGP3戦が予定されていて、日程の調整がつかないとしている。

| | トラックバック (1)

2009/06/10

FOTA、新シリーズ立ち上げに備えMotoGP権者に打診

Moto GP Image (C)Honda Racing
拡大します
F1チームの集まりであるFOTAは、2010年のF1についてFIA(国際自動車連盟)との協議が決裂した場合、新シリーズの立ち上げに備えモトGPの商業権を保有するドルナ・スポーツに協力を打診していることがわかった。

これは同社の本拠スペインの『AS』紙が報じたもので、その内容からFOTAがFIAとの話し合いの行く手にまったく楽観していないことが窺われる。

2輪のモトGPはF1に並ぶに世界的人気のモータースポーツ・シリーズ。
注目される2010年のF1エントリーの発表は6月12日(金)に行われる予定になっているが、いまのところFOTAで足並みを揃えているのは現在の参戦チームのうちウィリアムズとフォース・インディアを除く8チームになるとみられている。

| | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介