2016/08/02

「今日は8位が我々の狙える最上位のポジションでした」 (ホンダ)

F1160730001h(C)Honda Motor Co Ltd.

ドイツGP 決勝
ホッケンハイムリンク、7月31日(日)

McLaren-Hondaは、F1の夏休みを前に行われたドイツGPにおいて、8位という励みになる結果を出しました。チームがレースで入賞したのは、今季7度目のことです。

ジェンソン・バトンもフェルナンド・アロンソも、ほぼトップ10圏内で落ち着いたレースを常に展開。ただ、レース終盤でバトンがチャンスを生かし、残り2周の時点で9番手から8番手にポジションを上げたのに対し、アロンソはチェッカーフラッグを受ける際に10番手から12番手へと ポジションを下げる結果となりました。

今日のパフォーマンスは、チーム全員が週末を通して努力したおかげです。フリー走行では難しいセッションを2日間強いられたものの、今日はマシンのパッケージがうまくまとまり、McLaren-Hondaのスピードが改善していることを裏付ける形となりました。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "「今日は8位が我々の狙える最上位のポジションでした」 (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

リカルド、ドイツGPで初『ドライバー・オブ・ザ・デー』に

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド(27歳:オーストラリア)が、今回行われたドイツGPの『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選出された。
この賞は今シーズンから始まったもので、決勝レース翌日にF1公式サイトで世界中のファンによって「今回のグランプリで最も輝いたドライバー」として選出されるもの。

今季ここまで3回表彰台のリカルド。
チャンピオンシップでもメルセデスAMGチームの二人に続く堂々の2位にランクするオーストラリア人ドライバーだが、意外なことにこの賞に輝くのはこれが初めて。
ちなみにチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのほうはすでに4回も受賞している。

| | トラックバック (0)

2 番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン、 P Zero スーパーソフトとソフトタイヤを使用して優勝 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2016 ドイツグランプリ 決勝
予測通り、多彩な戦略が展開され、3 ストップ戦略が主流に

2016 年 7 月 31 日、ホッケンハイム
予測通り、ドイツグランプリでは多彩な戦略が展開されました。3 ストップ戦略が主流となった中、多くのチーム がチーム内での戦略を分けていました。

メルセデスもその中のひとつで、優勝したルイス・ハミルトンがスーパーソフトとソフトを交互に使用したのに対し、 ポールシッターのニコ・ロズベルグは、序盤に 2 セットのスーパーソフトを、終盤に 2 セットのソフトタイヤを使用 しました。ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンがともに表彰台を獲得したレッドブルも、チーム内で異 なる戦略を実行しましたが、両ドライバーともスーパーソフトで最終スティントを走行し、そのスピードを活かしました。

終盤にわずかながら雨の可能性があったものの、前日同様、レースを通して路面温度が 38℃付近のコンディ ションでした。各チームは、最後まで独自の戦略を用い、上位から下位までトラック上でのバトルを多数展開し ました。

ホッケンハイムサーキットは、2014 年の Formula 1 開催以降、大幅な改修が行われておらず、バンピーな古い アスファルトがタイヤへ大きな負荷を与えていました。その結果、数多くのドライバーたちが、ペースを維持する ために 2 ストップから 3 ストップへの戦略変更を余儀なくされました。2 ストッパー中の最上位ドライバーは、9 位に入賞したウィリアムズのヴァルテッリ・ボッタスでした。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "2 番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン、 P Zero スーパーソフトとソフトタイヤを使用して優勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2016/08/01

ハイテク最高峰F1でストップウォッチ・トラブル

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
レース中のバトルで他車の走行を阻害したとしてペナルティを受け、結果本人曰わく「2位の座を失った」とされるニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)だが、その後チームのミスによるタイムロスがあったことが露呈した。

これは、レース中に5秒ストップ・ペナルティのピットストップを行なった際、計測を行ったストップウォッチが作動していなかったというもの。
その結果、ロズベルグのマシンは何の作業もできないまま無為に約8秒を経過、もたらすもののない空白の時間を強いられたという。

メルセデスAMG陣営のトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「ハイテクの塊であるF1だが、こんな前時代的な道具を使えばこういうこともある」と、述懐した。

| | トラックバック (0)

ロズベルグ(メルセデス)、さらにペナルティ・ポイントも

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ドイツGPのレーススチュワード(競技委員)はメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグに対し、決勝レース中にポジションを争っていたフェルスタッペン(レッドブル)の進路を妨害したとして5秒ストップ・ペナルティストップの処分を下したが、さらに押し出しコースオフを強いたとしてペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できないが、ロズベルグはこれでトータル4点ということになった。

| | トラックバック (0)

優勝ハミルトン(メルセデス)、「最高の一日になった」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今季6勝目、それもオーストリアGPから4連続の勝利となったドイツGP決勝レースを終え、メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンは「最高の一日になった」と、その喜びを表した。

「素晴らしい、まさに最高の一日になにったよ。
実際にスタートするまではこんなにうまくいくとは予想できなかった。
なにしろこれまでスタートでは何回も失敗を重ねてきたからね。
でも今日は完全にうまくいって、1コーナーからもうレースをリードすることができた。
マシンのバラセンスは良かったし、タイヤもうまく機能したのでその後は後続とのギャップを図りながら余裕でコントロールすることができたよ。
観客の歓声も素晴らしかったし、関わったすべてのひとに感謝したい」

ハミルトンの喜びを何よりも支えているのがチャンピオンシップ・ポイントだろう。
実際、ドイツGPの結果、チームメイトとのポイント差はさらに拡大、そのポジションを確固たるものとした。

| | トラックバック (0)

ロズベルグ(メルセデス)、ペナルティに納得いかず

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
31日(日)行われたドイツGP決勝レースで、フェルスタッペン(レッドブル)とのバトルの際にライバルをコース外に押し出したとして5秒ストップのペナルティを受けたメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグだが、レース後その裁定に納得していないことを強調した。

「今日はほんとうにタフな一日だった。
大事なホームグランプリが完全に間違った方向に行ってしまったのが悲しいよ。
スタートでは想定外のホィールスピンでせっかくのポールポジションをパアにしてしまったし、終盤フェルスタッペンとのバトルではスチュワードの誤った裁定でペナルティを受けた。
あれがなければ2位でフィニッシュすることだって不可能じゃなかった筈。
すべてが食い違ってしまったんだよ、今日は」

ただスタートの出遅れはホイールスピンによるものではなく何らかの理由でスロットルが一瞬戻されたとみられるし、ペナルティ・ストップの際には5秒どころか「勝手に10秒以上も無駄にストップしていた」として、この言い分に首を傾げる向きもあるようだ。

| | トラックバック (0)

2016/07/31

ドイツGPは4連勝でハミルトン(メルセデス)が制す

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
31日(日)午後、ホッケンハイムリンクを舞台にF1第12戦ドイツGPの決勝レースが行われた。
決勝レーススタート前の天候は曇り、湿度50%で気温は23度、路面温度は38度で雲は厚いがドライコンディションと報告されている。

レースはスタートでポールのロズベルグ(メルセデス)が出遅れ、ハミルトンがリーダーに。
ロズベルグはその後フェルスタッペン(レッドブル)とのバトルでライバルを押し出したとして5秒のペナルティ・ストップを言い渡された。
67周のレースもあと6周というところでナスル(ザウバー)がマシントラブルでストップ。
さらに一部で雨粒が落ちてきたがコンディション悪化には至らず。

最初にチェッカーフラッグを受けたのはハミルトン(メルセデス)で、これでオーストリアGPから4連勝となる今季6勝目、自身通算49勝目、ランキング首位を確固たるものとした。
2-3位にレッドブル・レーシングのリカルド&フェルスタッペンで今季初ポイントとなるW表彰台を獲得。
4位にロズベルグ、5位ベッテル(フェラーリ)、6位ライコネン(フェラーリ)、7位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8位バトン(マクラーレン)、9位ボタス(ウィリアムズ)、10位がペレス(フォース・インディア)だった。

以下、11位グティエレス(ハース)、マクラーレンのアロンソは最後に後退して12位、ポイント獲得はならず。
13位グロージャン(ハース)、14位サインツ(トロ・ロッソ)、15位クビアト(トロ・ロッソ)、16位マグヌッセン(ルノー)、17位ウェーレイン(マノー)、18位エリクソン(ザウバー)、19位パーマー(ルノー)、20位ハリアント(マノー)。
リタイヤはナスル(ザウバー)とマッサ(ウィリアムズ)の2台だった。

ドイツGPのレース結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

| | トラックバック (1)

ドイツGPスターティンググリッド

ドイツGPのレーススチュワード(競技委員)はヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、サインツ(トロ・ロッソ)、グロージャン(ハース)らがそれぞれペナルティによりグリッド降格処分になったことから次のように日曜日のスターティンググリッドを修正した。

1. ロズベルグ(メルセデス)
2. ハミルトン(メルセデス)
3. リカルド(レッドブル)
4. フェルスタッペン(レッドブル)
5. ライコネン(フェラーリ)
6. ベッテル(フェラーリ)
7. ボタス(ウィリアムズ) *
8. ヒュルケンバーグ(フォース・インディア) *
9. ペレス(フォース・インディア)
10. マッサ(ウィリアムズ)
11. グティエレス(ハース)
12. バトン(マクラーレン)
13. アロンソ(マクラーレン) *
14. パーマー(ルノー) *
15. サインツ(トロ・ロッソ) *
16. マグヌッセン(ルノー) *
17. ウェーレイン(マノー) *
18. クビアト(トロ・ロッソ) *
19. ハリアント(マノー) *
20. グロージャン(ハース) *
21. ナスル(ザウバー)
22. エリクソン(ザウバー)

* 印は変更のあったドライバー

| | トラックバック (0)

ヒュルケンバーグ(F・インディア)1グリッド降格ペナルティ

ドイツGPのレーススチュワード(競技委員)は、30日(土)行われた公式予選セッション中、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンバーグが、電子記録上はピレリに返却された筈のタイヤを予選で使用したとして同選手に予選グリッド1番降格のペナルティを科したことを明らかにした。

これにより30日(土)行われた公式予選で7番グリッドを得たサインツは、日曜日の決勝レースでは8番に降格することになる。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ダ・コスタ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | シャルル・ピック | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・ファンドーネ | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | チャールズ・レクラーク | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ヘンキ・ワルドシュミット | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ローレンス・ストロール | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP