2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/08/12

リバティ・メディアはドイツGP継続に前向き姿勢

Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
メルセデスAMGチームがチャンピオンシップを圧倒し、ドイツ人のセバスチャン・ベッテルがタイトル争いを演じていることを考えると不思議なことだが、ドイツGPの開催が危ぶまれている。
2008年からはホッケンハイムとニュルブルクリンクとの交互開催で行われたものの、2015年からは事実上ホッケンハイムの隔年開催に陥っていて、2019年はいまのところ開催の目途が立っていない。

これを受け、F1オーナーであるリバティ・メディアではホッケンハイムでの連続開催に向け関係各所と調整に入っていることを明らかにした。
同グループのチェイス・キャリー/CEOは、「言うまでもなくドイツはF1にとって最も重要な国の一つ。
ここでF1が行われなくなることはわれわれにとって考えられないことだ」と地元ドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』でその姿勢を明らかにした。

| | トラックバック (0)

2018/07/24

14番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン、ソフト – ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で雨に見舞われたレースを制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

2018 ドイツグランプリ決勝
・雨の影響により、全3種類のスリックタイヤとインターミディエイト、フルウェットを使用した広範囲に渡る戦略が展開された
・レッドブルのマックス・フェルスタッペン、3ストップ戦略で4位を獲得

2018年7月22日、ホッケンハイム
天候がドイツグランプリの鍵を握りました。レース終盤の雨により、戦略を予測することが事実上困難な状況になりました。雨が強くなった中においても、メルセデスのルイス・ハミルトンはスリックタイヤで走行を続け、ソフト – ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝しました。
終盤のセーフティーカー導入もレースに影響を及ぼしました。各チームは、グリップレベルの改善状況を手探りしながら緊迫のフィナーレへ臨みました。ハミルトンは、トップ6ドライバー中で唯一の1ストッパーとなりました。数名のドライバーが、スリックタイヤとインターミディエイトタイヤ間での交換を行い、フルウェットタイヤを使用したドライバーも見られました。しかし、セーフティーカー導入周回終了後、上位勢のドライバーたちは、トラックが徐々に乾いていくラスト10周をウルトラソフトで走行しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「天候状態が、極めて劇的で予測不可能なレースを演出しました。各チームは、常に変化する状況への対策を検討しなければなりませんでした。また、1つのセクターのみが雨の影響を受け、残り2つのセクターはドライのままでした。この点が大きな課題となりましたが、最終スティントで多くの使用が見られたウルトラソフトは、この混在したコンディション下で性能を発揮しました。トップ10ドライバーによって6種類の戦略が展開されたことが、厳しいコンディション下での適切な戦略を見出す難しさを示しています。その中で注目すべきは、雨が降ったにもかかわらず、トップ10中でインターミディエイトを使用したドライバーが3名のみであったことです」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "14番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン、ソフト – ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で雨に見舞われたレースを制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

ライコネン(フェラーリ)、不明瞭なチームオーダーに不満

Race Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ドイツGP決勝レース終盤、タイヤ交換のタイミングからベッテルよりも先行していたキミ・ライコネン(フェラーリ)だが、チームからの無線指示により2番手だったベッテルを前に出したとみられている。

ライコネンによれば、フェラーリには明確なチームオーダー(表向きには禁止されている)規定がなく、今回のジョック・クレア/チーフ・エンジニアリング・ディレクターによる不明瞭な指示に少々機嫌を損ねてしまったようだ。
また当時、終盤の路面コンディション次第ではライコネン自身にも優勝のチャンスがあったことから様相をさらに複雑にしている。

ただ結果的にはその後トップに出たベッテルが濡れた路面に足を取られてクラッシュ。
ライコネンも3位に留まり、チームにとってドイツGPはまったく想定外のレース結果になってしまった。

| | トラックバック (0)

2018/07/23

トロ・ロッソ・ホンダ、5戦ぶり入賞も「課題は多い」

>Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
22日(日)行われたドイツGPでは2台共完走、ハートリーがモナコGP以来5戦ぶりとなる入賞を果たしたトロ・ロッソ・ホンダだが、ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「課題は多い」と反省、笑顔をみせることはなかった。

「予測が難しい雨により波乱となったレースの中で、2台のマシンが完走できたことはよかったと思っている。
また、ハートレーは16番手からのスタートだったが、最後に粘りを見せて確実にポイントを獲得してくれたことは素晴らしい。
しかしここ数戦を見ると、われわれのパッケージにはまだ課題が多いと思わざるを得ない。来週のハンガリーGPに向け早急に状況の分析を行い、パフォーマンス改善に努めたい」と、語った。

またトロ・ロッソのフランツ・トスト代表は、「両ドライバー共にスタートは良く、レース中もそれぞれの状況に合わせたパフォーマンスを見せてくれたと思っている。
ただ後方グリッドからレースをスタートすることは、決して簡単なことではない。
ハートリーにとってはポイント獲得の一戦となり、とても喜ばしい結果になった。
ガスリーのほうはタイヤ戦略がうまくいかず、迷惑を掛けた。
今回天候は味方せず、作戦成功とはならなかったが、時には挑戦することも必要。
良かった面は自信に繋げ、次戦のブダペストでさらに強いチームのパフォーマンスを見せられるよう準備したい」と、語った。

| | トラックバック (0)

ハミルトン(メルセデス)の走路問題は戒告処分のみに

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ドイツGP決勝レース中、いったん進入したピットレーン入口の通路をカットする動きで本コースに戻った際、ボラードの内側を走るなどしたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンについて、ドイツGPのレーススチュワードは『戒告処分』に留めたことを明らかにした。

当時レースは混乱していて、チームの判断が二転したことが原因とされる。
もしタイム・ペナルティなど具体的な処分が下された場合、ハミルトン(メルセデス)の勝利が取り消される可能性もあった。

| | トラックバック (0)

サインツ(ルノー)にペナルティ・ポイント

FIA
ドイツGPのレーススチュワード(競技委員)は22日(日)行われた決勝レース中、ルノー・チームのカルロス・サインツが、セーフティカー導入中にエリクソン(ザウバー)をオーバーテイクしたとしてペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
サインツはすでに過去の処分が消滅していたので通算2点ということになった。
累積で12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、次のレースに出場できないことになる。
なおサインツにはすでに10秒のタイムペナルティも科せられている。

| | トラックバック (0)

2018/07/22

ドイツGPは14番手スタートのハミルトン(メルセデス)が劇的勝利

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
22日(日)15時10分(日本時間:22時10分)から今季F1第11戦ドイツGPの決勝レースが行われた。
今回ピレリが持ち込んだタイヤはミディアム、ソフト、そして一段飛ばしてウルトラソフトという中国GP以来となる変則的な3種類のタイヤ。
スタート前の気温は26度、路面温度43度、湿度は52%で路面はドライコンディション、天候は曇り、雲が厚く雨の心配が60%ほどと報告されている。

29周目、後方から追い上げていたリカルド(レッドブル)がコースサイドにストップ、戦列を去った。
44周目、ついに一部で雨が降り出し、フェルスタッペン(レッドブル)らが真っ先にインターミディエイトに交換するが結局再交換する羽目に。
52周目、首位を走っていたベッテル(フェラーリ)が雨に足を取られてなんとコースオフ、クラッシュしてストップ、セッションはセーフティカーに。
53周目、2位のハミルトン(メルセデス)がピットレーン入口のボラードをカットする。
54周目、シロトキン(ウィリアムズ)が白煙を上げてストップ。
なんとトップはハミルトン(メルセデス)。
残り10周でレース再開。
いつたん2位のボタス(メルセデス)がハミルトンを抜きかけたが、チームから指示があったか不自然にギャップが拡大、逆に3位のライコネン(フェラーリ)が近づ組む始末に。
セーフティカー中にオーバーテイクしたとしてサインツ(ルノー)に10秒のタイムペナルティが通告された。

優勝は14番グリッドからスタートのハミルトン(メルセデス)が劇的勝利。
2位も僚友ボタスで誰も予想しなかったホーム・メルセデスAMGチームの1-2勝利となった。
ハミルトンの優勝はフランスGP以来で今季4勝目、自身通算66回目の栄冠となった。

3位ライコネン(フェラーリ)、4位フェルスタッペン(レッドブル)、5位ヒュルケンバーグ(ルノー)、6位グロージャン(ハース)、7位ペレス(フォース・インディア)、8位オコン(フォース・インディア)、9位エリクソン(ザウバー)、10位ハートリー(トロ・ロッソ)でここまでがポイント獲得。

以下、11位マグヌッセン(ハース)、12位サインツ(ルノー)、13位バンドーン(マクラーレン)、14位ガスリー(トロ・ロッソ)、15位ルクレール(ザウバー)、17位実質ストップしたアロンソ(マクラーレン)。
リタイヤはストロール(ウィリアムズ)、ベッテル(フェラーリ)、シロトキン(ウィリアムズ)、リカルド(レッドブル)の4台となった。
F1次戦は第12戦ハンガリーGP(7月29日決勝)となる。

ドイツGP決勝レースの結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

ガスリー(トロ・ロッソ)、パワーユニット交換

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
予選で17番手だったトロ・ロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、決勝レース前にパワーユニットを交換。
既定によりグリッド最後尾(20番手)となった。
これによりリカルド(レッドブル)は20番手から19番手となる。

| | トラックバック (0)

共にQ1敗退のトロ・ロッソ・ホンダ、「状況を立て直す必要」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
21日(土)行われたドイツGP公式予選で、ガスリー17位、ハートリーも18位と共に早々とQ1で敗退の浮き目に遭ったトロ・ロッソ・ホンダでは、「状況を立て直す必要がある」と、陣営を引き締めた。

ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「今日の午前のプラクティスセッションはウェットコンディションになり、予選に向けての準備としてはあまりいい形ではなかった。
ただ、それはどのチームにとっても同じだし、言い訳にはならないこと。
予選結果は非常に残念なもので、この状況を立て直すためにチームとともに早急に分析を行い、パッケージの改善に向けて全員で懸命に努力する必要がある」と、引き締めた。

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・エンジニアも、「残念なことにフリー走行中に雨が降ってしまい、予定していたドライでのセッティングを試すことができなかった。
ドライバーは良いフィーリングで予選に臨んだが、結果としては今日はチームとしてペースをつかむのが難しい1日となってしまった。
ただ昨日のロングランを試したときの感触は良く、チームもタイヤマネージメントもいつもレースの時の方が良いため、明日の決勝レースに対してはポジティブに捉えている。
後方からのスタートとなるためレースではオーバーテイクが必要となり、困難なレースが予想されるが、レースではあらゆることが起こり得る。
明日は良い結果でレースを終えることができるよう、持ち込んだすべての戦略を振り返り、備えたいと思っている」と、語った。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介