2018/08/28

ボタス(メルセデス)に5秒のタイム・ペナルティ

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ベルギーGP決勝レースではペナルティによりほぼ最後尾からスタートしながらも4位まで追い上げてフィニッシュしたメルセデスAMGチームのバルテリ・ボタスに対し5秒のタイム・ペナルティが科せられた。

これはオープニングラップで起きた複数のアクシデントで、シロトキン(ウィリアムズ)との接触についてボタスに非があると判定されたもの。

ただボタスは5位のペレスとの間に7秒のリードを持ってゴールしているため、このタイム・ペナルティによる順位の変動はない。

| | トラックバック (0)

2番グリッドからスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2018 ベルギーグランプリ決勝
・1ストッパーが主流となった中、異なる戦略的アプローチも見られた
・スタート直後の1コーナーでの事故によるセーフティーカー導入が、
・オープニングスティントをより長いものに

2018年8月26日、スパ・フランコルシャン
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略でスパを制しました。表彰台を獲得したドライバーを含む上位勢の多くが同じ戦略を採った中、後方のグリッドからスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、2ストップ戦略で4位を獲得しました。ボッタスは、ソフトタイヤでファステストラップを記録しました。このタイムは、ウルトラソフトで記録された昨年のファステストラップを更新するものでした。ボッタスの後ろには2台のフォース・インディアが続きました。新生フォース・インディアにとっては、大きな励みとなる結果となりました。

ルノーのカルロス・サインツ、マクラーレンのストッフェル・バンドーン、フェラーリのキミ・ライコネンのみがミディアムタイヤを使用しました。バンドーンとライコネンは、1コーナーでの事故を受けて導入されたセーフティーカー導入周回中にミディアムへ交換しました。昨日の雨の後、ドライコンディションが継続し、レース中の気温は19℃前後でした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「タイヤは、スパの非常に厳しい要求に良く耐えていました。序盤のセーフティーカー導入によってオープニングスティントが長くなり、大半のドライバーが余裕を持って1ストップ戦略を実行できました。バルテリ・ボッタスは、スーパーソフトでの長い第2スティントを含む2ストップ戦略を採り、後方グリッドのスタートから4位を獲得しました。これから、来週開催される我々のホームレースの地、モンツァへ向かいます。モンツァでも今回と同じタイヤ選択となります」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "2番グリッドからスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

ペナルティのヒュルケンバーグ(ルノー)、「判断ミスだった」

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ベルギーGPオープニングラップで起きた多重アクシデントについて、その原因を作ったとしてレーススチュワード(審査委員)から処分を受けたルノー・チームのニコ・ヒュルケンバーグは、次のように説明している。

「僕の判断ミスだ。
ラ・ソースでブレーキを踏んだ時、フロントホイールがロックして滑ってしまったんだ。
それにこのクルマはエアロダイナミックスにとても敏感でそのせいもある。
特に目の前に他のクルマが集まっていると多くのグリップと荷重が失われる。
自分ばかりでなく、チーム、そして、他のドライバーまでアクシデントに巻き込んでしまったことにフラストレーションを感じているよ。
でも来週のモンツァに向け、気持ちを切り換えて臨みたい」と、反省の弁。

ヒュルケンバーグには次戦イタリアGPでの10グリッド降格のペナルティと、別途ペナルティ・ポイント3点も科せられた。

| | トラックバック (0)

オレンジに染まった観客席にフェルスタッペン(レッドブル)応える

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はオランダ人だが、ほど近い今回のベルギーGPには母国からの熱心な観客がスタンドを埋めた。

雨による混乱で予選結果は7位に留まったものの日曜日の決勝レースではフォース・インディアやハース勢を次々とかわしてスタンドを沸かせ、最終的には今年のオーストリアGP以来となる表彰台をゲットしてみせた。

本人は「今までここスパフランコルシャンではついてないことが多かったけれど、やっと表彰台に上がれてすごくうれしい」と、手離しで喜んだ。
また「表彰台に上がるのはいつだって気分のいいものだけど、今日はオランダからたくさんのファンが来てくれたので余計にうれしかった。
最終ラップにはオレンジに染まる観客席を眺めて楽しんだよ」と、笑顔をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/08/27

ルノー、ハースの追い上げで「お尻に火」

Haas Duo (C)Haas F1 Team
拡大します
いわゆる3強を除いた中団グループでは安定してトップを走ってきたルノー・チームだが、今回のベルギーGPではサインツが11位でノーポイント、ヒュルケンバーグに至っては0周リタイヤを喫したばかりか多重アクシデントの原因を作ったとしてペナルティを科される始末だった。
一方、ランキングでルノーに次ぐポジションにあるハースF1チームは今回グロージャンが7位、マグヌッセン(ハース)も8位とW入賞でルノーを追い上げてみせた。

この展開にルノー陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは、PU(パワーユニット)の信頼性にも不安が生じたようで顔色が冴えない。

今回のレースで両者のポイント差は16点からわずか6点へと急速に縮まっている。

| | トラックバック (0)

ガスリー(トロ・ロッソ)、「ポイント獲得できてうれしい」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
トロ・ロッソ・ホンダのマシン特性から不利とみられていたスパフランコルシャンでのベルギーGPで、前戦ハンガリーGPに続く入賞を果たしたピエール・ガスリーは次のようにその喜びを語った。

「こうしてポイントが獲得できてほんとうにうれしい。
ここスパのようなサーキットでは僕たちにとって難しい週末になると覚悟していただけに、2ポイント獲得という結果で終われるのは非常にポジティブに感じている。
今日は淡々としたレースだったけれど、最終的に9位でフィニッシュできたことに満足している。
ホンダが素晴らしい仕事をしてくれたし、マシンには週末を通して終始良い感触があってマシンのパッケージを最大限に活かすことができたと思う。
来週のモンツァも、データ上は僕たちのマシンが苦戦を強いられそうなトラックだが、なんと言ってもチームのホームレースだし、少しでも上のリザルトを獲得できるよう、全力を尽くしたい」

| | トラックバック (0)

事故責任問われたヒュルケンバーグ(ルノー)にペナルティ

FIA
ベルギーGPのレーススチュワード(競技委員)は26日(日)行われた決勝レース中に起きた多重事故について、ルノー・チームのニコ・ヒュルケンバーグに責任があったとして、次戦イタリアGPで予選10グリッド降格のペナルティを科したことを明らかにした。

更にヒュルケンバーグには別途ペナルティ・ポイント3点も科せられた。
ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
ヒュルケンバーグはこれまで2点あるため通算4点ということになった。
累積で12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、次のレースに出場できないことになる。

| | トラックバック (0)

アロンソ(マクラーレン)、ヒュルケンバーグのミスを非難

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
ベルギーGP決勝レースのオープニングラップで起きた多重事故について、一連の事故を誘発したのはニコ・ヒュルケンバーグ(ルノー)であるとして、「被害」を受けたアロンソ(マクラーレン)がその判断ミスを非難した。

それによればPU(パワーユニット)交換で19番手という後方からのスタートとなったヒュルケンバーグは、順位を挽回しようとして極端にブレーキングを遅らせたとみられる。
名物コーナーであるラ・ソースでヒュルケンバーグに激しく追突されたアロンソのマシンは大破して宙を舞い、ルクレール(ザウバー)ら複数のマシンを道連れにしてランオフエリアでやっとストップしたもの。

「どうしたらあんなタイミングまでブレーキを遅らせると判断したのか、まったく考えられないよ。
あんなスピードでコーナーを抜けられる筈がないんだから」と、憤懣やるかたない様子のアロンソ。
アロンソに残されたF1レースは17年間であと8戦だけになった。

| | トラックバック (0)

2018/08/26

ベルギーGPはベッテル(フェラーリ)が逆転勝利飾る

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
26日(日)15時10分(日本時間:22時10分)から夏休み明け第1戦ベルギーGPの決勝レースが難コース・スパフランコルシャンを舞台に行われた。
スタート前の気温は17度、路面温度は30度でドライコンディション。
今回ピレリが持ち込んだタイヤはミディアム、ソフト、そしてスーパーソフトの3種類のタイヤ。

オープニングラップでアロンソ(マクラーレン)がルクレール(ザウバー)に追突され宙を舞う大クラッシュ、
またリカルド(レッドブル)とライコネン(フェラーリ)もマシンを損傷、トップはベッテル(フェラーリ)となったがセーフティカーに。
ルクレール(ザウバー)とアロンソ(マクラーレン)、ヒュルケンバーグ(ルノー)が早くもリタイヤとなっている。
5周目にレース再開。
ライコネン(フェラーリ)は結局マシンを降りたが、フェルスタッペン(レッドブル)がフォース・インディア勢をオーバーテイクして3位に上がり歓声を浴びる。

44周のレースで最初にチェッカーフラッグを受けたのはベッテル(フェラーリ)。
イギリスGP以来となる今季5勝目で自身通算52勝目の快挙となった。
2位はハミルトン(メルセデス)で、大きくチャンピオンシップをリードしていることから2位キープに収まった。
3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位ボタス(メルセデス)、5位ペレス(フォース・インディア)、6位オコン(フォース・インディア)で売却騒動を吹き飛ばす新チームの活躍。
7位グロージャン(ハース)、8位マグヌッセン(ハース)、9位ガスリー(トロ・ロッソ)、10位エリクソン(ザウバー)までが入賞。

以下11位サインツ(ルノー)、12位シロトキン(ウィリアムズ)、13位ストロール(ウィリアムズ)、14位ハートリー(トロ・ロッソ)、15位バンドーン(マクラーレン)までが完走。
地元で期待されたバンドーンは順位がついた全セッションで最下位という悲運だった。
リタイヤはリカルド(レッドブル)、ライコネン(フェラーリ)、ルクレール(ザウバー)、アロンソ(マクラーレン)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)の5台だった。

F1次戦は連続開催となる来週で、第14戦イタリアGP(9月2日決勝)となる。

ベルギーGP決勝レースの結果はこちら
ベルギーGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

ガスリー(トロ・ロッソ)、「いいスタート切ってプッシュ」

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
25日(土)行われたベルギーGP予選ではQ3進出こそ逃がしたものの、それぞれ11-12番手と好ポジションを得たトロ・ロッソ・ホンダのガスリー&ハートリーは決勝レースに向けて意気込みをみせている。

ガスリーは、「今日の予選11番手というのはいい結果。
スパは僕たちのマシンが得意とするサーキットではないけれど、事前の想定よりも良い結果を出せた。
とても満足しているし、今日は間違いなくマシンの力を出し切れたと思っている。
僕たちのマシンはいつもタイヤの磨耗が少ない傾向にあるので、明日に向けて前向きな要素だし、決勝レースではいいスタート切ってプッシュしたい」と、語った。

またハートリーのほうも、「フリー走行を終えて、今日はチャレンジングな予選になると思っていた。
Q3に進出するにはかなりギャップがあると事前に考えていたが、最終的にはそこに近いところで予選を終えることができたので満足している。
明日はポイント獲得も狙えるいいレースができると期待している」と、語った。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介