2019/09/22

シンガポールGPはベッテル(フェラーリ)が今季初優勝

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
22日(日)20時10分(日本時間:21時10分)から今季F1第15戦シンガポールGPの決勝レースがナイトレースでマリーナ・ベイ特設コースを舞台に行われた。
スタート前の天候は曇り、気温は30度、路面温度37度、路面はドライコンディションと報告されている。
なお既報のように予選失格のダニエル・リカルド(ルノー)がグリッド最後尾からのスタートとなっている。

スタートは大きな順位変動なし。
間もなくサインツ(マクラーレン)が他車(ヒュルケンバーグか)と接触があったかパンクで緊急ピットイン。
最初のピットストップでベッテルがルクレールより前に出る。
タイヤ交換を遅らせて順位を上げていたリカルド(ルノー)がウォールにヒットさせパンク。
その後36周目、ラッセル(ウィリアムズ)がグロージャン(ハース)と接触、ウォールにヒットしてストップ、イエローコーション、さらにセーフティカー導入となった。
この時点で首位はベッテル、さらにルクレール、フェルスタッペン、ハミルトン、ボタス、アルボン、ノリス、マグヌッセンの順。
42周目に再開されたが今度はペレス(レーシング・ポイント)がマシントラブルでストップ、再びセーフティカーに。
50周目、クビアト(トロ・ロッソ)とライコネン(アルファロメオ)が接触、ライコネンはストップ、またもセーフティカーに。

61周のレースを制したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。
ベッテルの勝利は昨年のベルギーGP以来22戦目、自身通算53回目の美酒となった。
2位にルクレール(フェラーリ)でフェラーリの1-2フィニッシュは2017年のハンガリーGP以来。
ただピットストップの間にレースリーダーの座からら落ちたルクレール(フェラーリ)の心中は穏やかでない様子だ。
3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位ハミルトン(メルセデス)、5位ボタス(メルセデス)、6位アルボン(レッドブル)、7位ノリス(マクラーレン)、8位ガスリー(トロ・ロッソ)、9位ヒュルケンバーグ(ルノー)、10位ジョビナッツィ(アルファロメオ)までが入賞。
以下、11位グロージャン(ハース)、12位サインツ(マクラーレン)、13位ストロール(レーシング・ポイント)、14位リカルド(ルノー)、15位クビアト(トロ・ロッソ)、16位クビサ(ウィリアムズ)、17位マグヌッセン(ハース)までが完走。

リタイヤはライコネン(アルファロメオ)、ペレス(レーシング・ポイント)、ラッセル(ウィリアムズ)の3台。
なおファステストラップは10位以下でフィニッシュしたマグヌッセンが記録したということで、レギュレーションによりファステストラップ・ポイントは今回該当なしとなった。
F1次戦は1週間のインターバルで9月29日(日)、第16戦のロシアGPということになる。

シンガポールGPの画像はこちら

|

シンガポールGPスターティンググリッド(修正版)

Start Signal (C)Mercedes Motorsports
拡大します

シンガポールGPのレーススチュワード(競技委員)は、次のようにスターティンググリッドの修正を発表した。
それによればMGU-K(運動エネルギー回生システム)の出力違反で予選失格となったダニエル・リカルド(ルノー)が予選8位からグリッド最後尾に。
また規定グランプリ数に満たずにギヤボックス交換を行ったセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)が予選11位からグリッド5番降格のペナルティとなっている。

1. ルクレール(フェラーリ)
2. ハミルトン(メルセデス)
3. ベッテル(フェラーリ)
4. フェルスタッペン(レッドブル)
5. ボタス(メルセデス)
6. アルボン(レッドブル)
7. サインツ(マクラーレン)
8. ヒュルケンバーグ(ルノー) *
9. ノリス(マクラーレン) *
10. ジョビナッツィ(アルファロメオ) *
11. ガスリー(トロ・ロッソ) *
12. ライコネン(アルファロメオ) *
13. マグヌッセン(ハース) *
14. クビアト(トロ・ロッソ) *
15. ペレス(レーシング・ポイント) *
16. ストロール(レーシング・ポイント) *
17. グロージャン(ハース) *
18. ラッセル(ウィリアムズ) *
19. クビサ(ウィリアムズ) *
20. リカルド(ルノー) *

* 印は変更のあったドライバー

|

ホンダ系チーム、公式予選コメント(9/21)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
シンガポールのマリーナベイ・ストリート・サーキットで行われた予選で、Aston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが4番手、アレクサンダー・アルボンは6番手となりました。

Red Bull Toro Rosso Hondaは、ピエール・ガスリーがQ2へ進出して13番手。スタートタイヤを選択できるマシンの中で上位につけました。

ダニール・クビアトは、FP3でマシンにオイル漏れが起き、パワーユニット交換を実施。
過去に使用したPUを使用するため、ペナルティーを受けることはありませんが、これによってFP3での走行時間を失ったクビアトは、Q1でわずか0.015秒差の16番手となり、Q2進出を果たせませんでした。

クビアト以外の3台は順当にQ2へ進出。
ここではガスリーがトップ10に迫るタイムをマークするも、0.119秒差の13番手でノックアウトとなります。
しかし、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)がギアボックス交換のペナルティーを受けて降格するため、明日の決勝は12番グリッドからスタートします。

Red Bull Racingの2台はQ3へ進み、1回目のアタックではフェルスタッペンがバルテリ・ボッタス(メルセデス)を上回り、4番手タイムをマーク。
アルボンは初走行となるシンガポールでマシンバランスにやや苦しみましたが、挽回を見せて6番手につけました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選4位)

「ここに来るまでは、2列目よりも前のグリッドを狙えると思っていましたが、昨日走り始めてすぐの段階で、メルセデスとフェラーリが非常に速いことが分かりました。
僕たちも含め、どのチームも今日はさらに速くなることは分かっていましたが、ライバルの伸びの方が僕たちよりも明らかに大きく、僕たちにはポールポジションに挑戦できるほどの速さがありませんでした。
マシンのバランスは問題ないのですが、十分にグリップを得られなかったので、その点を分析する必要があります。
フェラーリが今日ポールを獲得するとは考えていませんでしたが、彼らは非常にいい仕事をしたと思います。
そして、僕たちもそれに追いつくためにさらにハードに作業しなければなりません。
ここにはフロントローを賭けて戦うつもりで来ましたし、自分たちと相性がいいと思っていた場所での4番グリッドは残念です。
ただ、自分たちのベストは尽くしましたし、少なくとも1台のメルセデスよりは前のポジションをとることができました。
レースではどんなことも起こり得ますので、明日は全力で戦うしかないと思っています」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(予選6位)

「Q1ではマシンがしっくりいかない感じがして、バランスに苦戦していました。
最後のアタックに向けていくつか変更を施したことで、マシンのパフォーマンスが向上して感触がよくなり、自信を取り戻しました。
これも学習の一環です。
僕は、このコースでマシンを速くするためにどうすべきかをどんどん学んでいます。
明日は戦略が重要になりますし、タイヤもそれほど持つようには見えません。
コースはとてもテクニカルですから、長く厳しいレースになると思います。
もちろん、もっと上のグリッドを獲得したかったですし、課題もありますが、今日はそれほど悪くない結果だと感じています。
よかった面にフォーカスしつつ、レース前には水風呂に入って6番手からの戦いに備えます」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(予選16位)

「予選については満足していません。
最後のアタックは失敗で、チェッカーを受けた瞬間にQ2へのチャンスはないだろうと思いました。
不運にもかなりのトラフィックの中へ出てタイムをロスしてしまい、さらにセクター1でエンジンスイッチの操作もあったため、それも影響してしまいました。
シンガポールのような一周ごとに状況が変化するサーキットで、FP3を走れなかったのはかなり痛かったです。
Q1でコースへ出たときにはうまくリズムに乗れず、マシンの間隔もあまりよくありませんでした。
明日はタフなレースになると思いますし、さまざまな波乱もあるでしょう。
それは僕らにプラスに働くかもしれないので、ポイント獲得のチャンスはあると思います」

【ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)】(予選13位)

「予選前から、トップ10入りを目指す中団の戦いはタイトになることは分かっていました。
Q1では9番手タイムをマークできましたが、Q2ではわずか0.1秒届かず、非常に惜しかったです。
僅差で目標達成を逃してしまうのは悔しいのですが、僕らはベストを尽くしたと思います。
明日は12番グリッドからスタートできるので、戦略的なオプションを確認し、どのスタートタイヤの選択でアドバンテージを得られるようにしていく必要があります。
明日は61周の長いレースで波乱も起きるでしょうから、できる限りプッシュしますし、クリーンなレースをして最後まで戦い続けることで、チームにポイントをもたらすことができればと思っています」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日の予選はフェルスタッペン選手がいつも通りの力強い走りを見せ、2列目スタートとなる4番グリッドを獲得しました。
また、アルボン選手は6番手と、初走行となるこの難しいサーキットで確実なパフォーマンスを見せてくれました。
クビアト選手については、FP3走行中にPUとシャシーのジョイント部の問題により、オイル漏れが発生しました。
予選までの時間を考慮し、PU交換を行うことに決定しました。
明日はコーナーの多いストリートコースでの戦いになりますので、あらゆる事態を想定し、万全の準備を進めます」

提供:本田技研工業(株)

|

リカルド(ルノー)、決勝レース出走は認められる

FIA
マシンのレギュレーション違反により、予選失格となったルノー・チームのダニエル・リカルドについて、同チームから決勝レース出走の嘆願があり、検討した結果これを許可したことを明らかにした。

それによればリカルドは、これまでのこのイベントのフリー走行セッションにおいて、十分納得のいくタイムをマークしていたことが認められたというもの。
なお、ノータイムなのでグリッドは最後尾となる。

|

リカルド(ルノー)、予選結果から除外(失格)に

FIA
シンガポールGPのレーススチュワード(審査委員)は、21日(土)行われた公式予選で、ルノー・チームのダニエル・リカルドのマシンにレギュレーション違反があったとして予選結果から除外したことを明らかにした。

それによればリカルドのマシンのMGU-K(運動エネルギー回生システム)に規定以上の出力が認められたというもの。
これによりリカルドがマークした予選タイムはすべて抹消、予選結果から除外されることとなった。

|

2019/09/21

シンガポールGP予選、ルクレール(フェラーリ)が3戦連続PP

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
21(土)21時(日本時間:22時)からマリーナ・ベイ特設コースを舞台に2019年F1第15戦シンガポールGPの公式予選セッションが行われた。
全20台によるQ1、15台によるQ2に続き、10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

最初のアタックでベッテルがベストタイムを揃え、1'36.437のベストタイムを記録。
続いてルクレール、フェルスタッペン、ハミルトン、ボタス、アルボン、サインツ、ノリス、リカルド、ヒュルケンバーグの順。

2度のアタックの結果、ポールはフェラーリのシャルル・ルクレール。
実にベルギー、イタリアに続く3戦連続となるポールポジション獲得、前2戦はいずれもポールTOウィンを決めている。
自身通算では5回目の快挙となった。
2番手はベッテルをかわしてフロントロウに食い込んだハミルトン(メルセデス)。
そのベッテル(フェラーリ)は2度目のアタックでタイムが伸ばせず途中で断念、3番手に留まった。
4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手アルボン(レッドブル)でこれは自己最高位、7番手サインツ(マクラーレン)、8番手リカルド(ルノー)、9番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、10番手ノリス(マクラーレン)というトップ10グリッドとなった。
明日の決勝レースは日曜日20時10分(日本時間:21時10分)から全61周で行われる。

シンガポールGP公式予選の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

予選Q2、ここではフェラーリ勢が1-2タイム

引き続きシンガポールGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

最初のアタックではルクレール、ハミルトン、フェルスタッペン、ボタス、ベッテルの順。
ライコネン(アルファロメオ)が珍しくウォールに左側面をヒットさせ、ホイールを損傷させている。

通算でもトップタイムを記録したのはルクレール(フェラーリ)で1'36.650。
2番手にベッテル(フェラーリ)が0.070秒差。
3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ノリス(マクラーレン)、7番手アルボン(レッドブル)、8番手サインツ(マクラーレン)、9番手リカルド(ルノー)、10番手ヒュルケンバーグ(ルノー)まで゛かQ3進出を決めた。

ここでの敗退はペレス(レーシング・ポイント)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ガスリー(トロ・ロッソ)、ライコネン(アルファロメオ)、そしてマグヌッセン(ハース)の5台となった。

|

予選Q1、メルセデスAMGチームが1-2タイム

21日(土)21時(日本時間:22時)からマリーナ・ベイ特設コースを舞台に2019年F1第15戦シンガポールGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の天候は曇り、気温は30度、路面温度35度、コースはドライコンディションとなっている。

最初のアタックではルクレール(フェラーリ)が1'38.014でトップに。
ベストタイムはボタス(メルセデス)で1'37.713。
2番手ハミルトン(メルセデス)、3番手ルクレール(フェラーリ)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ノリス(マクラーレン)、7番手サインツ(マクラーレン)、8番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、9番手ガスリー(トロ・ロッソ)、10番手アルボン(レッドブル)。

ここでの敗退はクビアト(トロ・ロッソ)、ストロール(レーシング・ポイント)、グロージャン(ハース)、ラッセル(ウィリアムズ)、そしてクビサ(ウィリアムズ)の5台となった。

|

フリー3回目、ルクレール(フェラーリ)がトップタイム

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
21日(土)18時(日本時間:19時)からマリーナ・ベイ特設コースを舞台に2019年F1第15戦シンガポールGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、セッション開始時の気温は32度、路面温度は40度、ドライコンディションと報告されている。

20分過ぎ、クビアト(トロ・ロッソ)が白煙を出しながらピットイン。
クビアトは前回もオイル漏れで同様のトラブルに見舞われている。
セッションも半ばに達した頃、クイックラップ中だった市街地コース得意のペレス(レーシング・ポイント)が右側面をガードレールにヒット、損傷させた。
コースにデブリ(破片)を撒いたため、セッションは一時赤旗中断になった。

ここでトップタイムを記録したのはルクレール(フェラーリ)で1'38.192。
これに0.207秒差の2番手にハミルトン(メルセデス)、3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手ボタス(メルセデス)、5番手アルボン(レッドブル)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手サインツ(マクラーレン)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、10番手がリカルド(ルノー)となった。
ガスリー(トロ・ロッソ)は12番手だったが、クビアト(トロ・ロッソ)のほうはノータイム、予選を前に気掛かりだ。
この後21時(日本時間:22時)から注目の公式予選が行われる。

シンガポールGPフリー走行3回目の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

ホンダ系チーム、フリー走行コメント(9/20)

Honda F1 Staff (C)Honda Racing
拡大します
シンガポールGPの初日は、マックス・フェルスタッペンがFP1でトップタイム、FP2で2番手タイムを記録。
Hondaパワーユニットを搭載するAston Martin Red Bull RacingとRed Bull Toro Rosso Hondaは力強いスタートを切りました。

FP1では、フェルスタッペンの首位に加え、このサーキットで初の走行となるアレクサンダー・アルボンも5番手とRed Bull Racingの2台が上位につけます。
Toro Rossoも、ダニール・クビアトが9番手、ピエール・ガスリーはクビアトと0.072秒差の10番手となり、両チームともに好スタートを切りました。

照明が照らされる中行われたFP2でも、Honda PU勢は好調を維持。
フェルスタッペンは予選シミュレーションの走行を行い、ルイス・ハミルトン(メルセデス)から0.184秒差の2番手でセッションを終えました。
アルボンはFP2のセッション中、ターン10でバリアに衝突し、フロントウイングを破損しましたが、ウイングの交換後には再度5番手のタイムを記録しました。

一方、Toro RossoはガスリーがFP2で10番手、そこから0.076秒差の11番手にクビアトが続く結果となりました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(1-2番手)

「いい初日になりました。
競争力もありましたし、マシンの状態はFP1、FP2ともに非常にいい状態でした。
予選のシミュレーションをしていたところ、最終セクターでトラフィックに引っかかってしまい、ハードタイヤと比べてコンマ2秒だけのタイムアップにとどまってしまいました。
もっとタイムアップを目指せたと思います。
ロングランでもショートランでも力強い走りができていると思いますが、ルイス(ハミルトン)もかなり速そうです。
コースは非常にバンピーで、攻略するのは簡単ではありません。
しかし、競争力のあるマシンで走れることは本当に楽しいです。
ここから改善できるものはいろいろありますが、今のところマシンの出来は95%くらいのところにあるので、予選やレースに向けてポジティブに感じています」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(5-5番手)

「いい滑り出しとは言えません。
特にロングランで、タイヤに問題を抱えていました。
しかし、僕は僕自身のパフォーマンスとマシンに慣れることにフォーカスしていて、マシンのフィーリングはいいです。
コースの攻略が簡単ではないので、僕にとって最も重要なのは、リズムをつかむことだと思います。
今日は残念なことにコースオフも喫してしまいました。
FP2ではプッシュしているときに、ロックアップしてしまい、バリアに当たって、フロントウイングを失ってしまうという状況でした。
少しだけ自信が揺らぐ部分がありましたが、その後のラップタイムとしては問題がなかったのはよかったと思います。
このサーキットでの走行は初めてですが、シミュレーションでの状況とよく似ていると感じています。
コースは非常にテクニカルで、コーナーも多いので一つのミスが命取りになります。
限界を攻めながらも、スムーズなドライビングが求められます。
それに、僕自身のみでなく、タイヤやブレーキへの熱対策も必要になります。
明日は2列目を目指して予選に挑みたいと思います」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(9-11番手)

「順調な初日になりましたし、セッションを通じてテストプログラムをやりきることができました。
明日に向けて、マシンバランスを改善するために、いろいろと仕事に取り組まなくてはなりません。
今日の結果には満足していますし、明日に向けてマシンをよりよくするためにも、明日はさらに学ぶことが出てくると感じています。
タイムはまだまだ上げられると思いますし、そのために最善を尽くそうと思います」

【ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)】(10-10番手)

「いい初日を送ることができました。
セッションではいくつかのテストを行いましたが、マシンを改善するために、今夜いくつか対策を打つ必要があります。
両セッションともにトップ10に入ることができ、幸先のよいスタートとなりました。
ペースも悪くないと思います。
予選は非常にタイトな戦いになると思うので、明日上位に進出するために、今日のデータをしっかりと分析することが重要になると思います。
マシンの感触がいいですし、自信を持って臨むことができています」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日のシンガポールGP初日は、FP1で4台がトップ10に入り、気温が下がり決勝や予選に近いコンディションになったFP2でも、両チームともに競争力のある走りをみせることができました。
明日以降に向けていいスタートを切ることができましたので、予選でも今日のようなパフォーマンスを発揮できればと考えています」

提供:本田技研工業(株)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介