2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/01/22

ベッテル(フェラーリ)、「ミックと組むのは特別」

2012 ROC Scene (C)Race of Champions
拡大します
今年メキシコで行われた『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』に、ドイツ・チームとしてミック・シューマッハ(19歳:ドイツ)と組んだセバスチャン・ベッテル(31歳:ドイツ)は、「特別な感慨がある」と、その感想を述べた。

「僕が初めてROCに出た時、シューマッハ(ミハエル)を見掛けたんだ。
その時彼はもうスーパースターだったからね。
それがいま僕は彼の息子と一緒に出ている。」
これはもう感慨を覚えざるを得ないよね。
僕も歳を取ったもんだ……」

ベッテルとミハエル・シューマッハとは2007年から2012年に掛け、同じドイツ・チームとしてネーションズカップを制している。

| | トラックバック (0)

2018/12/19

カナダGP主催者、「F1人気拡大でカナダGPは安泰」

Gilles Villeneuve Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
近年、伝統のグランプリといえども消滅の危機にさらされているのが常だが、カナダGPの主催者は自身のグランプリの開催に不安はないと強調した。
これは地元モントリオールに本拠を置く『ジャーナル・ド・モントリオール』紙に語ったもの。

「われわれの契約(現在のオーナーである)リバティ・メディアと結んだものだ。
それは2029年までという長期的視野に則ったもので、内容にも完全に同意したもの。
ヨーロッパのイベントは揺らいでいるようだが、われわれのイベントにはいささかの不安もない」

カナダはランス・ストロールの登場でF1人気が高まっているうえに、リバティ・メディアはアメリカ大陸でのF1グランプリ開催拡大を図っていて、そうしたことからもカナダGPは安泰とみられている。

| | トラックバック (0)

2018/06/13

「父親不在」だったカナダGPのフェルスタッペン(レッドブル)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
そのアグレッシブなドライビング・スタイルから、物議を醸すことの多かったレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだが、今回のカナダGPではフリー走行から終始好調な周回を重ね、日曜日の決勝レースではみごと3位入賞、スペインGP以来となる表彰台をゲットしてみせた。

しかし今回いつもグランプリに帯同してきた、父親でやはり元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペン氏の姿はみられなかった。

これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、その背景を次のように説明した。
「このカナダGPは、彼が自分だけで乗り切った初めてのレースになった。
そういう意味ではこれまでにないレースだったと言える。
ただそれがどのような効果を及ぼしたかは不明だがね、彼にとっては成長の一助になったんじゃないかな」

| | トラックバック (0)

2018/06/12

早期終了で観客乱入怖れた優勝のベッテル(フェラーリ)

Race Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
10日(日)行われたカナダGP決勝レースでは、チェッカーフラッグを任されたゲストの女性が誤って終了より早く振ってしまい、思わぬ「短縮レース」になった。

これについて優勝したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はレース後、次のように語っている。
「もちろん僕は無線で確認していたのでチェッカーが早過ぎたことはわかったよ。
あとでトラブルにならないよう、集中してきっちり70周を走りきることに専念したんだ。
ただ心配だったのは、あのチェッカーを見てレースが終わらないうちに観客がコースに入らないか、ということ。
万一事故でも起きたなら、レースどころじゃなくなるからね」と、ベッテル。

事実、ティフォシの聖地モンツァ(イタリアGP)などでは優勝したマシンがまだ戻らないうちに観客の乱入がしばしば見られている。
もしもこれがレーシングスピードであったなら……。

| | トラックバック (0)

2018/06/11

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略でカナダグランプリをポールトゥーウィンで制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2018 カナダグランプリ決勝
・序盤のセーフティーカー導入もあり、低い摩耗とデグラデーションレートの中、ほぼ全ドライバーが1ストップ戦略を選択
・温暖なドライコンディションの下、全3種類のコンパウンドが使用された

2018年6月10日、モントリオール
表彰台に上った3チームが軸の異なる2つの戦略を展開するなど、カナダグランプリでは多彩な戦略が見られました。優勝したフェラーリのセバスチャン・ベッテルと2位を獲得したメルセデスのバルテリ・ボッタスは、ともにウルトラソフトでスタートし、ほぼ同じタイミングでスーパーソフトへ交換しました。

3位と4位を獲得したレッドブルの両ドライバーは、ベッテルとは異なる戦略を採り、ハイパーソフトで短い第一スティントの後、スーパーソフトへ交換してフィニッシュまで走行しました。ライバルたちとの闘いの中で、ピットストップのタイミングも重要な要素となり、数多くのドライバーが戦略的な接戦の中で「アンダーカット」を試みました。予選でのトラブルによって最後方グリッドからスタートしたハースのロマン・グロージャンは、ウルトラソフトによる長い第一スティントを走行後、スーパーソフトへ交換して、ポイント圏内までもう一歩の12位でフィニッシュしました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「昨日の予選で戦略は決定付けられ、序盤のセーフティーカー導入も相まって、摩耗とデグラデーションレートが低いここカナダでの1ストッパーが確実となりました。レースを通して全3種類のコンパウンドが広範囲に渡って使用され、多彩な戦略が展開されました。数多くのドライバーの中でも、とりわけレッドブルのダニエル・リカルドとハースのロマン・グロージャンは、戦略を活用したポジションアップに成功しました。我々にとっての新しい開催地であるフランスのポール・リカールに向かうにあたって、チャンピオンシップは新たな局面に入り、ますます興味深くなってきました」

(ピレリジャパン・プレスリリース)

続きを読む "フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略でカナダグランプリをポールトゥーウィンで制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

ハートリー(トロ・ロッソ)、「手応え感じていたのに……」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
いろいろ周辺に喧しい雑音がありながら、カナダGP予選では12番手と今季バーレーンGPに次ぐ好グリッドを得てスタートしたトロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリーだったが、オープニングラップで他車と絡んで大クラッシュ、1周もせずにリタイヤに追い込まれるという不本意な結果となった。

「このレースウイークはホンダの新しいPU(パワーユニット)に良い手応えを感じていた分、とても残念な週末になってしまった。
今日のレースではポイント圏内を狙える筈だったからね。
スタートは周囲のマシンと共にまずまずの良いスタートが切れたけれど、4コーナーでアウトからストロール(ウィリアムズ)のマシンをオーバーテイクしようとしたところ、彼がマシンのコントロールを失ってしまい2台でクラッシュしてしまった。
せっかく良いレースができると思っていただけに、この結果となったことはとても残念でならない。
この週末の自分のパフォーマンスには満足していたし、カナダGPをこのようなかたちで終えてしまったことは悔しいよ」

なおピットガレージへの帰還が遅れたのは、念のためメディカルセンターで検査を受けたためだったと説明、次戦に向け身体に全く問題ないことを強調した。

| | トラックバック (0)

カナダGPはミスで『短縮レース』に

Start Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
10日(日)行われたカナダGPは本来70周の予定だったが、チェッカーフラッグを任されたゲストの女性が誤って69周目に振ってしまい、規定により1周前の68周終了時点のリザルトが正式なものとなった。
同女性は「係の人から振るように言われたから」と、悪びれた様子はなし。

今回幸い上位にこの間の順位の変動はなく、大きな騒動にはならない見込みだが、70周目にリカルド(レッドブル)がマークしたレース中のファステストラップは取り消され、僚友のフェルスタッペン(レッドブル)の記録が正式なものとなった。

| | トラックバック (0)

カナダGPはベッテル(フェラーリ)がポールTOウィン飾る

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
10日(日)14時(日本時間:23時)から今季F1第7戦カナダGPの決勝レースが行われた。
レース前の気温23度、路面温度43度、湿度は20%で天候は晴れ、路面はドライコンディションと報告されている。
今回ピレリが持ち込んだタイヤは前戦モナコGPと同じくスーパーソフト、ウルトラソフト、そして最も柔らかいハイパーソフトという3種となっている。
Q3に進出した上位10台はいずれもハイパーソフトでのスタートになる。

スタートは無事だったもののオープニングラップで地元のストロール(ウィリアムズ)に寄せられ行き場をなくしたハートリー(トロ・ロッソ)がストロールを巻き込んでクラッシュ。
両者はリタイヤとなり、レースはいきなりセーフティカー導入となった。
5周目にレース再開、今度はシケインでペレス(フォース・インディア)がサインツ(ルノー)に弾き出されるが奇跡的に無事復帰。
42周目、アロンソ(マクラーレン)がエクゾースト系のトラブルを訴えてスローダウン。
300戦目の記念となるレースを無念のリタイヤで終えた。
50周目、ピットインしようとしたグロージャン(ハース)とオコン(フォース・インディア)がブレーキングで交錯し危うくアクシデントに。

結局ポールからスタートしたベッテル(フェラーリ)が終始レースを支配したままトップでチェッカーフラッグ(1周早い?)を受け、みごとなポールTOウィンを飾り、バーレーンGP以来の今季3勝目、自身通算50勝目を飾った。
なおベッテルはここカナダで2勝)だが、2013年の時(ルノー)もポールTOウィンだった。
またライバルのハミルトンが5位に留まったため、チャンピオンシップ争いでも再び首位に返り咲いた。

2位は7.376秒差でボタス(メルセデス)、3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位リカルド(レッドブル)、5位ハミルトン(メルセデス)、6位ライコネン(フェラーリ)、7位ヒュルケンバーグ(ルノー)、8位サインツ(ルノー)、9位オコン(フォース・インディア)、10位ルクレール(ザウバー)でここまでが入賞。
ガスリー(トロ・ロッソ)は11位でポイント獲得ならず、12位グロージャン(ハース)、13位マグヌッセン(ハース)、14位ペレス(フォース・インディア)、15位エリクソン(ザウバー)、16位バンドーン(マクラーレン)、17位シロトキン(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはアロンソ(マクラーレン)、ストロール(ウィリアムズ)、そしてハートリー(トロ・ロッソ)の3台だった。

カナダGP決勝レースの結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

ガスリー(トロ・ロッソ)、エンジン交換でグリッド降格

FIA

トロ・ロッソ・ホンダはいったん旧スペックに戻したピエール・ガスリーのPU(パワーユニット)を再度新仕様のものに交換。
これにより16番手だったスターティンググリッドは10番降格(実際にはノータイムのグロージャンの前の19番手)となった。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介