2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2012/12/08

政府支援見込めず、トルコGP復活開催に暗雲

Turkish GP Image (C)Ex.Brawn GP
拡大します
2013年のF1カレンダーが一部変更されるなど、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏主導のもとトルコGPが復活開催の方向に向いて動いていることが伝えられたが、期待されたトルコ政府は支援を否定、行く先に暗雲が立ちこめているようだ。

これはトルコ政府のスアト・クルチ青少年スポーツ担当大臣が明らかにしたもので、政府はF1グランプリ開催についていかなる経済支援を行うつもりがないことを明言したという。
同氏は「これはあくまでも民間レベルの問題で、支援は民間企業から受けるべき」と突き放したという。
憶測では、2013年にトルコGPが開催された場合は7月21日(日)が有力とみられている。

| | トラックバック (0)

2012/12/06

エクレストン氏、トルコGPの復活交渉を認める

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
5日(水)行われたWMSC(世界モータースポーツ評議会)でF1の来季日程が一部変更されたことで、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)がトルコGPの復活開催を狙っているのではないtかとの憶測が流れたが、これについてバーニー・エクレストン氏は否定しなかった。

これはイタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙が報じたもので、それによればエクレストン氏自身がイスタンブールに赴き、現地の担当者と会談に臨む予定であるという。

2005年に初開催されたトルコGPは、しかし2011年で開催が途切れている。
また来季開催予定だったニュージャージーGPが消滅することで19戦になるが、同氏はトルコGPを復活させることにより再び元の全20戦にしたい意向とみられる。

| | トラックバック (1)

2012/08/18

トルコGP、「問題は資金だけ」とエクレストン氏

2011 Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2005年、新設のイスタンブール・サーキットで初開催。
以来2011年まで連続開催されながら、今年の開催が見送られたトルコGPだが、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、「問題は資金だけ」と、復帰に大きな支障がないことをトルコの『ヒュリエト・デイリー・ニュース』で明らかにした。

「トルコで再びグランプリを行うのに大きな支障がある訳じゃない。
われわれはむしろ再びイスタンブールに行くことを歓迎しているよ。
問題は、彼らが開催に必要な資金について政府保証が得られるかどうかにあるのだ」と、エクレストン氏。

必要な資金について具体的な金額は明らかにしなかったが、他の多くのグランプリと同様にトルコ政府もFOMが示す巨額契約金に頭を抱えているのが実情だ。

| | トラックバック (1)

2011/08/10

トルコGP、2012年の継続開催熱望

2006 Turkey GP (C)Super Aguri F1
拡大します
一応2012年のF1カレンダーでは5月開催とされながら、まだ正式承認がなく暫定扱いのトルコGPでは、なんとか継続開催の実現に向けて当地イスタンブールの商工界をあげて動いているようだ。

ただここでもFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)が示す開催費用の工面には苦慮していて、政府スポーツ省の支援が必須とみられている。

肝心のバーニー・エクレストン氏は現在のところトルコGPを外した年間全20戦での戦いを示唆しているようだ。

| | トラックバック (1)

2011/05/10

トルコGP、契約再交渉も継続開催への展望なく

2011 Turkey GP (C)Sauber Motorsports
拡大します
数多くのオーバーテイクシーンがあり、好評のうちに終了した2011年トルコGPだが、来季以降の開催については依然として展望が見えない状況だ。

地元トルコの『ザーマン』紙によれば、この週末トルコ・モータースポーツ統括団体スポーツ責任者であるユナス・アクグル氏がFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏と再び契約更新について協議の場を持ったものの、結論は持ち越したとのことだ。

2005年に初めて開催したトルコGPは今年で契約が終了。
しかしエクレストン氏からはグランプリ開催料を現行の1300万ドルから一気に倍の2600万ドル(約21億円)への値上げが突きつけられていて交渉は決裂。
その後値下げの噂も流れているが、いまのところ続報はなく、開催は今季限りになるとの見方が強まっている。

| | トラックバック (1)

ディ・レスタのストップはホイールの緩み

Paul Di Resta (C)Force India F1
拡大します
今シーズン、新人ながらチームメイトで先輩のスーティルを上廻る活躍をみせているフォース・インディアのポール・ディ・レスタ(25歳:イギリス)だが、トルコGPでは45周目に行われた4度目のピットストップ直後、突然マシンを止めてリタイヤした。

これについてチームではレース後、「ピットストップの際に交換したホイールに問題があり、マシンを止めさせた」と説明した。
関係者によれば、ホイールナットがきちんと締め付けられていなかったということで、人為的ミスであった可能性も指摘されている。

今季開幕から3戦続けて完走(うち2回は入賞)してきたディ・レスタにとって、リタイヤは初ということになる。

| | トラックバック (0)

2011/05/09

ベッテル、トルコの週末をピレリと共に勝利で飾る

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2011年5月8日、イスタンブール

金曜日にクラッシュを演じフリー走行2回目を失ったにもかかわらず、セバスチャン・ベッテルは4回ストップ作戦でポールトゥウィンを飾り、今シーズン3勝目を挙げました。

スタートから最後までリードを守ったベッテルただ一人が、前回の中国GP同様にレースを特徴的なものにしたオーバーテイクの数々とは無関係でした。彼の僚友マーク・ウェ−バーは、残り10周でフェラーリのフェルナンド・アロンソをオーバーテイクして2位の座を奪い返しました。309.396kmのレースを終えて、トップ3台はわずか10.075秒しか離れていませんでした。

トップ5台はみな、今年初めてとなる4回ストップ作戦を選択したドライバーでした。3回ストップ作戦を選んだマクラーレンのジェンソン・バトンは、銀色ロゴのハード・タイヤでチームメイトよりも7周多く走らざるを得ず、レース終盤に2つ順位を落として6位でレースを終えました。しかしヴァージンのジェローム・ダンブロシオは2回ストップ作戦で走り切り、ザウバーの小林可夢偉は3回ストップ作戦で最後尾スタート(予選での技術トラブルによる)から10位フィニッシュで入賞を果たしています。

イスタンブールパークの路面は粗く、気温18度、路面温度30度という比較的暖かいコンディションの下で、ターン8がタイヤに非常に厳しいこともあり、今シーズンの中ではタイヤ摩耗としては最も厳しいサーキットのひとつになりました。このような厳しい状況にかもかかわらず、タイヤはしっかりと耐え抜いてくれました。

レッドブルの2台は予選Q3で1回のみのアタックに収めたため、決勝には最大限のソフト・タイヤを残していました。3位スタートのメルセデスGPのニコ・ロズベルグも同様でした。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ベッテル、トルコの週末をピレリと共に勝利で飾る"

| | トラックバック (1)

ごぼう抜き入賞の小林可夢偉(ザウバー)、「楽しかった」

小林可夢偉/マスコット (C)Sauber Motorsport
拡大します
最後列からのスタートながら、実に14台を抜いて10位入賞を果たしたザウバーの小林可夢偉は、「楽しかった」とレースを振り返った。

「マシンの調子は最高だったし、チームの戦略もピット作業もすべてうまくいった。
みんなに感謝しているよ。
オーバーテイクが割りと容易にできて、とても楽しかった。
実はレース前にザウバー(代表)に「今日はポイントを獲る」って約束していたんだ。
わずか1ポイントだったけど、実現できてうれしい。
ブエミ(トロ・ロッソ)を抜いた時にスローパンクチャーに見舞われてしまったんだけど、あれがなければもっと上に行けた筈。
レースの最後はロングランになってしまいタイヤを労るのに神経を使ったけど、うまくいって良かった」

ペーター・ザウバー代表も「一番後ろからスタートしてポイントを獲得するなんて素晴らしいことだよ。
ただ残念ながら、今日のレースではどちらのドライバーもその戦いに十分な報酬を得たとは言えないな。
もっと上に行っても良かったと私は思っているよ」と、語っている。

| | トラックバック (0)

2011/05/08

トルコGPはベッテル(レッドブル)優勝、小林可夢偉10位

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
完全ドライで行われたトルコGP決勝レースは、ポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテルが圧巻の走りでポールTOウィン。
これで今季4戦して3勝、自身通算13勝目を記録した。

2位もチームメイトのウェバーが入りレッドブルは1-2フィニッシュを遂げた。
3位アロンソ(フェラーリ)、4位ハミルトン(マクラーレン)、5位ロズベルグ(メルセデスGP)、6位バトン(マクラーレン)、7位ハイドフェルド(ルノー)、8位ペトロフ(ルノー)、9位ブエミ(トロ・ロッソ)、そして10位に小林可夢偉(ザウバー)が入った。

公式予選ノータイムでグリッド最後尾からのスタートだった小林可夢偉(ザウバー)は実に14人抜きの10位フィニッシュ。
リタイヤしたのがわずか2台だけで、22台が走り切ったことを考えるとみごとなレースだったのは間違いない。

以下、11位マッサ(フェラーリ)、12位シューマッハ(メルセデスGP)、13位スーティル(フォース・インディア)、14位ペレス(ザウバー)、15位バリチェッロ(ウィリアムズ)、16位アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、17位マルドナド(ウィリアムズ)、18位トゥルーリ(ロータス)、19位コバライネン(ロータス)、20位ダンブロジオ(ヴァージン)、21位カーティケヤン(ヒスパニア)、そして22位がリウッツィ(ヒスパニア)でここまでが完走。
リタイヤしたのはディ・レスタ(フォース・インディア)とグロック(ヴァージン)の2台だった。

トルコGP決勝レースの結果はこちら
トルコGP画像はこちら

| | トラックバック (10)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介