2018/07/31

メルセデスのルイス・ハミルトン、路面温度が50℃を超えるコンディションの下、ウルトラソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

2018 ハンガリーグランプリ決勝
・4番グリッドからスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、
・ソフト – ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で2位を獲得
・火曜日と水曜日、今年2回目のインシーズンテストを開催予定:トロ・ロッソがタイヤテストに参加

2018年7月29日、ブダペスト
メルセデスのルイス・ハミルトンが、ウルトラソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を採り、ポールトゥウィンでハンガリーグランプリを制しました。
4番グリッドからスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ソフト – ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で2位を獲得しました。ベッテルと同様の戦略を採ったレッドブルのダニエル・リカルドは、12番グリッドのスタートから4位入賞を果たしました。また、2ストップ戦略を採ったフェラーリのキミ・ライコネンは、3位を獲得しました。
スタート直後には路面温度が60℃を超える、極めて高温のコンディション下でレースが行われました。

ハースを除く全チームがハンガリーに留まり、火曜日と水曜日に行われる今年2回目のインシーズンテストに臨みます。トロ・ロッソの1台が、ピレリの2019年型プロトタイプタイヤをテストする予定です。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「昨日の予選がウェットコンディション下で行われたため、各チームはスタート時に装着するタイヤを自由に選択可能となり、戦略が多岐に分かれることに繋がりました。特に、ベッテルとリカルドは、ライバルたちとは異なる戦略でグリッドポジションをアップすることに成功しました。昨日の雨の後、路面が初期状態にリセットされ、金曜日のフリー走行で各チームが取得したデータは、レース戦略を構築するにあたって信頼性の高いものとなりました。結果的に、全体を通して、複数の異なる戦略が見られました。各チームは、これまでにない程の高い路面温度の下で優れた耐久性を示した全3種類のコンパウンドを活用することができました」

続きを読む "メルセデスのルイス・ハミルトン、路面温度が50℃を超えるコンディションの下、ウルトラソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2018/07/30

田辺豊治T/D(ホンダ)、「この勢いを維持して後半へ」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
夏休みを前に前半最終戦で6位入賞を遂げたトロ・ロッソ・ホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターは、「この勢いを維持して後半に向かいたい」と、コメントした。

「今回のハンガリーGPではマシンの仕上がりもよく、ガスリーが6位入賞を果たしてくれた。
一方でハートレーのほうは11位となり、惜しくもダブル入賞を逃してしまったことは残念だった。
全体としては昨日の難しい予選も含め、チームの全員がいい仕事をしたと思う。
シーズン前半戦は難しいレースが続いたが、サマーブレイク前の節目のレースをいい形で終えられたことは良かった。
この勢いを維持しながら後半戦に向かいたい」

またトロ・ロッソのフランツ・トスト代表も、「このレースウイークでは、チームは最初から最高のパフォーマンスを見せてくれた。
ここ最近のレースではポイントを挙げることができていなかったので、6ポイントはチームにとってとても大きな結果となった。
ガスリーは常にトップ10の中で走ってくれたので、Q3進出とさらにはレースでのポイント獲得も期待できると確信していたよ。
作戦を立ててくれたエンジニアのみんなと、とても素早いピット作業を行ってくれたメカニック達に感謝している。
これで夏休みに入るが、シーズン後半戦でさらにプッシュしていくべくベルギーGPに向けて十分に充電したいと思っている」と、喜んだ。

| | トラックバック (0)

6位入賞ガスリー(トロ・ロッソ)、「ポイント獲得最高」

Pierre Gasly (C)Redbull Racing
拡大します
雨で混乱の展開になった公式予選とは異なり、完全ドライのがち勝負になったハンガリーGP決勝レースで、トロ・ロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは最後まで戦闘力を失うことなく6位入賞を果たしてみせた。

レース後ガスリーは次のように語っている。
「今日のレースで6位を獲得できたなんて、ほんと最高の気分。
チームにとってはすでに昨日の予選もすばらしい結果だったけれど、今日のほうが断然にいい!
マシンの調子は最高によく、チームが用意してくれた作戦も最適だった。
今日のコンディションは決して簡単じゃなかったけれど、全力を尽くし、結果うまくまとめられたレースだったと思う。
ここ数戦チームとして苦労していただけに、今日はうれしい結果を出すことができた。
中団で争っていると、つかむべきチャンスが巡ってくるレースが必ずやって来る。
今日のレースではいいスタートを切ることができ、サインツ(ルノー)をオーバーテイクし、その後は他のマシンを気にすることなくタイヤを労わりながら走った。
一番重要だったのは70周と限られた周回を最大のパフォーマンスでミスなく走ることだった。
結果クリーンなレースをすることができ、8ポイント獲得という結果をチームに持ち帰ることができた最高のレースウイークとなった」

| | トラックバック (0)

接触事故のボタス(メルセデス)にタイム・ペナルティ

FIA
ハンガリーGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(日)行われた決勝レース終盤に起きたボタス(メルセデス)とリカルド(レッドブル)の接触事故についてレース後の審議対象としていたが、調査の結果ボタスの側に責任があるとして同選手に10秒のタイムペナルティとペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ただこのタイム・ペナルティが今回の決勝レース結果に影響を及ぼすことはなく、順位に変動はない。
またドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティ・ポイントは12か月有効。
累積で12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、ボタスはこれが初ということになる。

| | トラックバック (0)

ハンガリーGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
29日(日)15時10分(日本時間:22時10分)から今季F1第12戦ハンガリーGPの決勝レースがハンガロリンクを舞台に行われた。
今回ピレリが持ち込んだタイヤはミディアム、ソフト、そして一段飛ばしてウルトラソフトという前戦のドイツ同様の変則的3種類のタイヤ。
ただ昨日の予選がウェットだったのでスタートタイヤは全選手、自由に選択できる。
スタート前の気温は32度、路面温度57度、湿度は39%で路面はドライコンディション、天候は晴れでチェッカーフラッグまで雨の心配はないと報告されている。
スタート前のオープニングセレモニーでは先に急逝した故セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)へ黙祷が捧げられた。

オープニングラップでフォース・インディア勢に挟まれたルクレール(ザウバー)がリカルド(レッドブル)と接触、予選で沈んだリカルドはさらに後退を余儀なくされた。
6ラップ目、5位を走っていたフェルスタッペン(レッドブル)がパワーロスを訴えてスローダウン、レースはバーチャル・セーフティカーとなった。
51周目、ひさびさポイント圏内を走っていたバンドーン(マクラーレン)が駆動系のトラブルを訴えてストップ。
こちらもバーチャル・セーフティカーに。
65周目、3位のベッテルがボタスを抜いて2位に上がるがこの際ボタスはフロントウィングにダメージを負って後退、さらにリカルド(レッドブル)とも接触、こちらはレース後の審議対象となった。

70周のレースはハミルトン(メルセデス)が逃げ切ってポールTOウィン。
前戦ドイツGPに続く連勝で、今季5勝目、自身通算67勝目、ここハンガロリンクでは最多の6勝目を記録した。
2位ベッテル(フェラーリ)、3位ライコネン(フェラーリ)、4位最終周に順位を上げたリカルド(レッドブル)、5位手負いのボタス(メルセデス)、6位ガスリー(トロ・ロッソ)、7位マグヌッセン(ハース)、8位アロンソ(マクラーレン)、9位サインツ(ルノー)、10位グロージャン(ハース)までが入賞。
11位ハートリー(トロ・ロッソ)、12位ヒュルケンバーグ(ルノー)、13位オコン(フォース・インディア)、14位ペレス(フォース・インディア)、15位エリクソン(ザウバー)、16位シロトキン(ウィリアムズ)、17位ストロール(ウィリアムズ)まで完走。
リタイヤはバンドーン(マクラーレン)、フェルスタッペン(レッドブル)、ルクレール(ザウバー)の3台。
F1次戦は夏休みの後、第13戦ベルギーGP(8月26日決勝)となる。

ハンガリーGP決勝レースの結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

2018/07/29

田辺豊治T/D(ホンダ)、「臨機応変な対応できた」

J.Button/Hungary (C)Honda Racing
拡大します
雨で混乱した中、首尾よく2台共トップ10グリッドに送り出したトロ・ロッソ・ホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターは、「適切なエネルギーマネジメントを維持することができた」と、エンジン・サプライヤー側からの見解を明らかにした。

「今週のハンガリーGPでは、昨日からのいい流れを引き継ぐ形で、降雨により波乱となった予選を勝ち抜き、6番グリッドと8番グリッド獲得という素晴らしい予選結果を得た。
チームとドライバーが素晴らしい仕事をしてくれたし、PU(パワーユニット)としても断続的な雨により変わり続けるコンディションの中、臨機応変に対応し、適切なエネルギーマネジメントを維持することができた。
オーバーテイクが難しいこのサーキットだが、ドライだった午前のフリー走行でのペースも悪くなかったので、明日どのようなレースができるかとても楽しみにしている」と、田辺氏。
ここハンガロリンクとホンダとの相性は良く、過去6勝を記録した験の良いところ。

| | トラックバック (0)

初Q3進出のハートリー(トロ・ロッソ)、「うれしい」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
昨シーズン終盤でのF1デビュー以来、初となる予選シングルグリッド(8位)獲得に成功したトロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)は、「とてもうれしい」と、素直にその喜びを表した。

「コンディションの変化が著しく、状況に対応するのが難しい予選だったが、今日は初めてQ3まで進出できてとてもうれしい。
Q3の終盤にいくつか小さなミスをしてしまい、わずかな差でガスリーには届かなかったけれど、8番グリッド獲得は上出来。
チームの用意してくれた素晴らしい作戦と適切な指示のおかげで、予選を通してとても気持ち良く走ることができた。
今週は金曜日から常に10番手前後のポジションをキープしていたので、今日の予選で両マシンともそれ以上の結果を出せたことは大きな前進だと思う。
このサーキットはオーバーテイクがとても難しいコースなので、明日はスタートとオープニングラップをミスなく走る必要がある。
決勝ではポイント獲得を目指してがんばりたい」と意欲をみせた。

ハートリーのこれまで予選最上位はバーレーンGPでの11位というもの
一時はシート喪失の噂もあったハートリーにとって、この予選好成績を決勝レースでも活かしたいところだ。

| | トラックバック (0)

フェルスタッペン(レッドブル)の進路妨害はお咎めなしに

FIA
ハンガリーGPのレーススチュワード(審査委員)は、28日(土)に行われた公式予選セッション中、フェルスタッペン(レッドブル)がグロージャン(ハース)のアタックを妨害したのでは、と調査した結果、故意によるものではないとしてペナルティ等は科さないことを明らかにした。

これは11コーナーから13コーナーに掛けて起きたものだが、当時フェルスタッペンはガスリー(トロ・ロッソ)に追い付いてしまったためアタックを中止、そこにグロージャンが差し掛かったものとした。
トラックの非常に短い区間で起き、視界も優れなかったことから止むを得ないと判断した模様。

| | トラックバック (0)

2018/07/28

雨で混乱のハンガリーGP予選もメルセデスAMG勢が制す

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
28日(土)、ハンガロリンクを舞台にハンガリーGPの公式予選が行われた。
Q1の段階から雨に見舞われ、Q2ではリカルド(レッドブル)やアロンソ(マクラーレン)らが脱落するというハプニング。
Q3になっても雨は収まらず、ウェットタイヤでの予選アタックとなった。

激しいタイム争いの結果、最後に笑ったのはやはりハミルトン(メルセデス)だった。
1'35.658をマークしたハミルトンは2番手の僚友ボタスに0.260秒の差を付けてみせた。
ハミルトンのポールポジションはイギリスGP以来で今季5回目、自身通算では77回目の快挙となった。
オーバーテイクが難しいとされるハンガロリンクでメルセデスAMG勢のフロントロウ独占という最高の予選結果となった。

3-4位にフェラーリのライコネン&ベッテル、5位サインツ(ルノー)、6位ガスリー(トロ・ロッソ)はバーレーンGP以来となるもの。
7位フェルスタッペン(レッドブル)、8位ハートリー(トロ・ロッソ)、9位マグヌッセン(ハース)、10位グロージャン(ハース)となった。
予選6-8位はトロ・ロッソ・ホンダにとってパートナーシップを組んで最高位のグリッドとなる。
ハンガリーGP決勝レースは29日(日)の現地時間15時10分(日本時間:22時10分)から行われる。

ハンガリーGP公式予選の結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

雨の予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢そろって突破

引き続きハンガリーGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。
路面はインターミディエイトかウルトラソフトか相変わらず判断が難しい状況。
その後降雨でコンディションは悪化の一方。
ウェットタイヤでも取り返しがつかない状況となった。

トップは再びベッテル(フェラーリ)で1'28.636。
2番手サインツ(ルノー)、3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手ガスリー(トロ・ロッソ)、6番手ボタス(メルセデス)、7番手ハートリー(トロ・ロッソ)、8番手ライコネン(フェラーリ)、9番手マグヌッセン(ハース)、10番手グロージャン(ハース)でここまでがQ3進出。
ハートリー(トロ・ロッソ)は初のQ3進出となった。

ここで敗退となったのはアロンソ(マクラーレン)、リカルド(レッドブル)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、エリクソン(ザウバー)、ストロール(ウィリアムズ)の5台となった。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP