2017/04/19

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 戦略が鍵となったバーレーングランプリを 2 ストップで制す (ピレリ)

セバスチャン・ベッテル (C)Pirelli Motorsport
拡大します

2017 バーレーングランプリ決勝
・ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが 2 ストップを採用
・デグラデーションが限定的な中、 ソフトとスーパーソフトを用いた数種類の 2 ストップ戦略が展開された

2017 年 4 月 16 日、サヒール
グリッド 2 列目からスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2 ストップ戦略でバーレーングランプ リを制しました。ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが 2 ストップを採用しました。また、 同じザウバーのマーカス・エリクソンのみが、ソフトタイヤでスタートを切りました。夜間の温かいコンディショ ンの下、両コンパウンドのデグラデーションは限定的なものとなり、ドライバーたちは全てのスティントにおい てハードにプッシュすることができました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「序盤のセーフティーカーが影響を及ぼした決勝は、 戦略が鍵となりました。2 ストップが主流のレースでしたが、スーパーソフトとソフトの使用順に関していくつ かのバリエーションが見られました。前日よりも涼しくなったコンディションによって、スーパーソフトのデグラ デーションレベルは低くなり、ソフトは良好な一貫性を示していました」

続きを読む "フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 戦略が鍵となったバーレーングランプリを 2 ストップで制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/04/18

バーニー・エクレストン氏、「誰も私のアドバイス求めない」

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
バーレーンGPの会場に昨年までF1のボスとして君臨した前FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表のバーニー・エクレストン氏の姿が思い掛けずみられた。
意外なことに今年グランプリの現場に同氏が姿を見せたのはこれが初めてということになる。

取り囲んだ記者に現在の職務について問われると、この実力者は次のように答えた。
「一応、私は名誉会長ということらしいよ。
しかし(リバティ・メディアは)誰も私の所に来ないし、何かを聞かれたこともない。
だから実際に私は何をしたらいいのかわからないんだ」

実務についてはかわしたものの、今年のF1人気について感想を聞かれると、「フェラーリが好調というのがいいんじゃないか。
ハミルトン(メルセデス)とベッテル(フェラーリ)がタイトル争いをするというのは今のF1において理想的なシチュエーションだよ。
これなら再びF1人気は隆盛になるのではないか」と、説明。

一線を引いたとされるエクレストン氏、しかし依然としてインテルラゴス・サーキット(ブラジルGPの開催地)買収など周辺にはきな臭いニュースが絶えないが、同氏は「関知していない」と、噂を煙に巻いた。

| | トラックバック (0)

2017/04/17

サインツ(トロ・ロッソ)に次戦3グリッド降格処分

FIA
バーレーンGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、スクーデリア・トロ・ロッソのカルロス・サインツに対し、次戦ロシアGPでの予選グリッド3番降格とペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

これは決勝レース中にランス・ストロール(ウィリアムズ)との間で起きたアクシデントについて、その責任を問われたもの。

サインツのペナルティ・ポイントはこれによりトータル7点。
ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され、出場停止となる。

| | トラックバック (0)

ハミルトン(メルセデス)にペナルティ・ポイント

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
バーレーンGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、メルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンに対し、ペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

これはハミルトンが決勝レース中ピットストップの際、意図してスローダウンし後続のマシンを抑えたためで、すでにレース中に5秒のタイムペナルティが科せられているものに加えたもの。
データによればハミルトンは制限速度が80キロのところ57キロまで減速して走行していたとのことだ。

ハミルトンへのペナルティ・ポイントはこれが初。
ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され、出場停止となる。

| | トラックバック (0)

バーレーンGPはベッテル(フェラーリ)が優勝飾る

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
16日(日)午後、2017年F1第3戦バーレーンGP決勝レースが行われた。
スタート前の天候は晴れ、気温25度、路面温度31度で引き続き雨の心配はないと報告されている。
スタートを前にバンドーン(マクラーレン)が今週再三繰り返されたMGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルということでピットガレージを出られないでいる。

スタートでハミルトン(メルセデス)が一つ順位を落とし3番手に。
トロ・ロッソはサインツが順位を大きく上げたのに対しクビアトが大幅ダウン。
9周目、マグヌッセン(ハース)がストップ、コースきイエローコーションとなった。
12周目、タイヤ交換を終えてコースに復帰したばかりのフェルスタッペン(レッドブル)がブレーキトラブルでクラッシュ。
さらにストロール(ウィリアムズ)がサインツ(トロ・ロッソ)との接触事故でストップ、セーフティカー導入、あわただしくピット作業が行われた。
この件はレース・コントロール後の審議対象に。
なおピットストップの際、ハミルトン(メルセデス)がチームメイトとの連続ストップのため意識してスローダウン、後続を抑えたとし結局5秒のタイム・ペナルティを科せられた。
52周目、エリクソン(ザウバー)がギヤボックス・トラブルを訴えてストップ。
あと2周というところで12位辺りを走っていたアロンソ(マクラーレン)がエンジントラブルでピットガレージに戻りまたしてもリタイヤ。

57周のレースを制したのはベッテル(フェラーリ)で今季3戦目にして2勝、再びランキング単独首位に立った。
自身通算44勝目、バーレーンGPでは3勝目、またフェラーリがここバーレーンで勝ったのは2010年(アロンソ)以来、実に7年目ということになる。

2位にハミルトン(メルセデス)、1位との差は6.660秒で、5秒のペナルティがなかったとしても届かなかったことになる。
3位ボタス(メルセデス)、4位ライコネン(フェラーリ)でここまでは開幕戦とまったく同じ顔ぶれ。
以下、5位リカルド(レッドブル)、6位マッサ(ウィリアムズ)、7位ペレス(フォース・インディア)、8位グロージャン(ハース)、9位ヒュルケンバーグ(ルノー)、10位オコン(フォース・インディア)までが入賞。
11位ウェーレイン(ザウバー)、12位クビアト(トロ・ロッソ)、13位パーマー(ルノー)、実質リタイヤの14位アロンソ(マクラーレン)までが完走。
リタイヤはエリクソン(ザウバー)、サインツ(トロ・ロッソ)、ストロール(ウィリアムズ)、フェルスタッペン(レッドブル)、マグヌッセン(ハース)、バンドーン(マクラーレン)の6台だった。

バーレーンGP決勝レースの結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

| | トラックバック (1)

2017/04/16

再びマクラーレン・ホンダを襲ったMGU-Hトラブル

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
せっかく予選Q2進出に成功しながら、マクラーレン・ホンダ・チームのフェルナンド・アロンソはマシントラブルのためアタックを中止、結局このセッションはノータイムで15番グリッドに留まった。

ホンダはトラブルはMGU-H(熱エネルギー回生システム)にあったと説明したが、前日のフリー走行でもチームメイトのストッフェル・バンドーンが同じ原因でマシンを止めていた。

これについて長谷川祐介氏(ホンダ)は、「両者のトラブルが同じものかどうか分析している。
明日アロンソを送り出すため、いまチーム一丸となって全力で作業を進めている。
厳しい状況ではあるが、明日良いレースを見せられるよう最大限の努力をしている」としている。

| | トラックバック (0)

バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
15日(土)午後、バーレーンGPの公式予選がドライコンディションのもと行われた。
陽はとっぷりと暮れたが、Q1開始時とほとんど気温も路面温度も変わらない。

15分間の熾烈なタイム争いの結果、ついにメルセデスAMGチームのバルテリ・ボタスが自身キャリア初となるポールポジションを獲得した。
F181戦目、メルセデスAMGチームに移籍してからわずか3戦目にしてハミルトンを打ち破ってみせた。

2番手はそのハミルトン(メルセデス)で0.023秒の差、昨年のアメリカGPから続けて来た連続ポール記録は6戦で途絶える結果となった。
なお同チームのフロントロウ独占は今季これが初になる。
(これまではいずれも1-3位)
3番手ベッテル(フェラーリ)で、やはりここでもQ3になるとメルセデス勢からは引き離された。
4番手リカルド(レッドブル)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手グロージャン(ハース)、10番手がパーマー(ルノー)となった。
ルノー勢がトップ10に2台入るのはこれが復帰後初ということになる。

明日18時(日本時間:24時)バーレーンGP決勝レースがスタートする。

バーレーンGP公式予選の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる

バーレーンGPは予選Q2がスタート。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

トップタイムはハミルトン(メルセデス)でついに1分30秒を切る1'29.535をマーク。
しかしチームメイトのボタス(メルセデス)が0.020秒差で迫った。
3番手のベッテル(フェラーリ)とは0.061秒差。
4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手リカルド(レッドブル)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手グロージャン(ハース)、10番手パーマー(ルノー)までがQ3進出。

ここで脱落となったのはクビアト(トロ・ロッソ)、ストロール(ウィリアムズ)、ウェーレイン(ザウバー)、オコン(フォース・インディア)、そしてアロンソ(マクラーレン)の5台。
アロンソはマシントラブルか、一度コースには出たものの結局ノータイムでセッションを終えている。
このあとQ3でいよいよトップ10のグリッドが決まる。

| | トラックバック (0)

予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落

15日(土)午後、いよいよバーレーンGPの公式予選Q1がスタートした。
セッション直前の天候は晴れ、気温30度、路面温度31度、湿度32%、コースはドライコンディションと報告されている。
ここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。

トップタイムはハミルトン(メルセデス)の1'30.814。
2番手フェルスタッペン(レッドブル)、3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手パーマー(ルノー)、9番手クビアト(トロ・ロッソ)、10番手リカルド(レッドブル)。
アロンソ(マクラーレン)は辛くも15番手でQ2進出。。

ここで脱落となったのはエンジントラブルを訴えてストップしたサインツ(トロ・ロッソ)、バンドーン(マクラーレン)、ペレス(フォース・インディア)、エリクソン(ザウバー)、マグヌッセン(ハース)の5台。

| | トラックバック (0)

2017/04/15

バーレーンGPフリー3回目はフェルスタッペン(レッドブル)最速

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
15日(土)、公式予選を前にバーレーンGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温34度、路面温度39度、コースはドライコンディションと報告されている。

初日にトラブルで思うように走れなかったサインツ(トロ・ロッソ)が精力的に周回を重ねている。
終盤、グロージャン(ハース)が5コーナーでスピンしてウォールにヒット、4分ほど赤旗中断となった。

60分間のセッションを終え、1'32.194のトップタイムを記録したのはレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。
フェルスタッペンがセッション1位になったのは今季初ということになる。

0.110秒差の2番手にハミルトン(メルセデス)、3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手ボタス(メルセデス)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手リカルド(レッドブル)、8番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、9番手サインツ(トロ・ロッソ)、10番手クビアト(トロ・ロッソ)の順。
マクラーレン・ホンダはアロンソ12番手、バンドーン15番手だった。

このあと18時(日本時間:24時)から注目の公式予選が行われる。

バーレーンGPフリー走行3回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP