2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/03/10

『GP2』、今季から『F2』に名称変更

GP2 Scene (C)GP2 Media Service
拡大します
FIA(国際自動車連盟)はF1に次ぐ下位カテゴリーとされてきた『GP2』を、今シーズンから正式に『F2』へと名称変更することを明らかにした。
これはジュネーブで開かれたWMSC(世界モータースポーツ評議会)で正式に認められたもの。

GP2は2005年からF1に次ぐカテゴリーとして行われてきたが、それまではその名の通りF2がその任を担っていた。
これまでのチャンピオンとして初代のニコ・ロズベルグやルイス・ハミルトン、ニコ・ヒュルケンバーグ、ロマン・グロージャンら多くのF1ドライバーを輩出してきた。

これによりシングル・シーター・フォーミュラは、F1を頂点としてF2、F3、F4、そしてカートというピラミッドが名実共に形成されることとなった。

| | トラックバック (0)

2017/02/14

F1候補生・松下信治、今季もARTAからGP2参戦へ

松下 信治 (C)McLaren Group
拡大します

昨季、唯一の日本人ドライバーとしてGP2シリーズに参戦した松下信治(23歳)が、今年も同じ体制で参戦を続けることがわかった。

マクラーレン・ホンダ・チームのテストドライバーを務めながらGP2に参戦した昨季の松下はシリーズ・ランキング11位(優勝1回:モナコ)。

同じくランキング3位となったチームメイトのセルゲイ・シロトキン(20歳:ロシア)がルノー・チームから実際にグランプリ金曜日フリー走行に出走したのと比べると出遅れ感は否めないが、現在『F1に最も近い日本人』と目される松下には期待大だ。

| | トラックバック (0)

2016/05/30

松下信治、モナコのGP2レースで初優勝

松下 信治 (C)McLaren Group
拡大します
今週末行われたF1モナコGPではアロンソ&バトンのマクラーレン・ホンダ勢が今季最上位となるW入賞を果たしたが、これに先駈けて行われたサポートレースのGP2でもうれしいニュースがあった。

それは今季マクラーレン・ホンダでテスト&開発ドライバーを務める日本期待の若手・松下信治が、第2レースでみごと初優勝を遂げたことだ。
ポールポジションからスタートした松下信治はその好位置をよくキープし、途中バーチャル・セーフティカーの導入等あったものの30ラップを走り切りトップでチェッカーフラッグを受けたもの。

これについて松下は、「もちろん優勝というのはうれしいものだけど、それがこのモナコというのは最高。
次のバクーは誰もが初めてのコースだけど、この勢いを維持して戦いたい」と、喜びを表した。

モナコGP2レースの結果はこちら

| | トラックバック (0)

2016/02/06

ルノー・チーム首脳、バンドーン起用に未練

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
2015年シーズン、F1傘下のGP2シリーズで『ARTグランプリ』に所属、みごとシリーズ・チャンピオンに輝いたストッフェル・バンドーン(23歳:ベルギー)だが、いまのところ今季の去就は明確にされていない。
そのバンドーンについて、昨季までそのARTグランプリを率い、今季はルノー・チームのレーシング・マネージャーに就いたフレデリック・バッサー氏が次のように言及した。

「私はできればルノー・チームのドライバーにバンドーンを起用したかった。
しかし彼にはマクラーレン・チームとの契約があり、ウチに引っ張ってくる訳にはいかなかったんだ」と、未練。

そのバンドーンはマクラーレン・チームのリザーブドライバーを務めると共にホンダ系チームから日本のスーパー・フォーミュラへの参戦も噂に上がっている。
ちなみに2014年のGP2チャンピオンがジョリオン・パーマーでバンドーンの起用が決まれば新旧GP2チャンピオンどうしのチームメイトということになった。

| | トラックバック (0)

2016/01/11

J.パーマー、GP2王者バンドーンにエールも

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、不定期にフリー走行セッションに参加したあと2016年はロータス・チームからルノー・チームへの体制変更された中でレースドライバーとしてF1参戦が決まったジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)が、いまのところシートを得られないでいるストッフェル・バンドーン(23歳:ベルギー)にエールを送っている。

「2014年にGP2シリーズへの参戦が決まった時、自分の目標であるF1へのステップアップには圧勝が必要だと思ったんだ。
ただ、そこそこの成績でチャンピオンになった程度では、今の世の中F1ドライバーには上がれないからね。
僕は狙った通りタイトル奪還と評価されるべき戦績を残したけれど、それでも2015年にF1に上がることは叶わなかった。
同様のことが2015年のGP2チャンピオンであるバンドーンにも言えるようだね。
彼は昨年僕以上の圧倒的な記録でチャンピオンになったし、マクラーレン・チームという強力な後ろ盾も持っていたけれどけれど、結局今年F1には上がれていない。
それがいまの現実なんだ。
正直、もっと新陳代謝が起きて欲しいと思うんだけれど、ね」

| | トラックバック (0)

2014/02/09

伊沢拓也(ホンダ)、「大きな責任あるチャレンジ」

伊沢 拓也 (C)Honda Racing
拡大します
今シーズン、F1登竜門とされるGP2シリーズに『ARTグランプリ』からの参戦が決まった伊沢拓也(29歳)が、ホンダの2014年モータースポーツ活動計画発表会でF1参戦への意欲をみせた。

「今年は僕自身にとっても、またホンダにとっても大きな挑戦の年になると思う。
僕はその使命を受け止め、これまで日本で学んだことを活かし、ライバルと戦ってこのプロジェクトを成功に導きたい」

言うまでもなく今回のGP2参戦は2015年からF1でパートナーを組むホンダとマクラーレンの連携によるもの。
今年6月には30歳になる伊沢拓也、F1を見据えるには決して若い年令ではないが、その両肩に掛かる期待は極めて大きい。

| | トラックバック (0)

2013/01/27

ピレリタイヤ、2013年のGP2王者にF1テスト提供へ

GP2 Scene (C)GP2 Media Service
拡大します
F1だけでなく、その登竜門とされるGP2シリーズにも公式タイヤを供給するピレリタイヤでは、2013年のGP2チャンピオンにF1テストの機会をプレゼントすることを明らかにした。

これについて、GP2シリーズの運営責任者であるブルーノ・ミシェル氏は「GP2に参戦するすべての若者はみなF1へのステップアップを考えているので、この企画はわれわれにとってほんとうに素晴らしいものだ。
これを経て、GP2出身のF1チャンピオンが生まれることを期待している」と、歓迎するコメントを語っている。

| | トラックバック (0)

2012/02/28

ヴァン・デル・ガルデ、ケータハムからGP2シリーズ参戦

Giedo van der Garde (C)Ex.Super Aguri F1
拡大します
今季ケータハムF1のリザーブドライバーに指名されているオランダのギド・ヴァン・デル・ガルデ(26歳)が、同時に傘下のケータハム・レーシングから今シーズンのGP2シリーズに参戦することが決まった。

これまですでに同シリーズに参戦経験を持つヴァン・デル・ガルデは、「GP2はほとんどF1とレースを共にしていて得るものは大きいしスケジュール的にも不都合がない。
万全の体制で出るからにはタイトル獲得を目指したい」と、意欲をみせた。

ちなみに同選手はかつてスーパー・アグリF1との間で契約上のトラブルで揉めたことがある。
なおチームメイトはロドルフォ・ゴンザレス(24歳:ベネズエラ)になる。

| | トラックバック (0)

2011/08/10

グロージャン(ルノー)、シンガポールGPにもフリーに登場か

Romain Grosjean (C)Renault F1 UK
拡大します
ロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)エリック・ブイユ代表の言葉から、ここに来て急速にF1復帰の可能性が高まりつつあるロマン・グロージャン(25歳:フランス)だが、その具体的第一歩としてフリー走行セッションへの起用がまず具体化してきた。

それによれば現在グロージャンが参戦しているGP2シリーズが9月11日(日)のモンツァ戦で終了するため、その翌々週に予定されるF1第14戦シンガポールGPで実現する見通しだ。
おそらくはセナの場合と同様、ハイドフェルドのシートになるだろう。

なお、グロージャンは今季のGP2シリーズで、2位のこれまたルノー・チーム等でF1テスト経験を持つベテランのギド・ヴァン・デル・ガルデ(49ポイント)に大差を付けてシリーズ・ランキング首位を走っている。(74ポイント)

| | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介