2022/10/03

レース後審議もペレス(レッドブル)の勝利確定

FIA
シンガポールGPのレーススチュワード(審査委員)は、レース後の審議対象とされた勝利者セルジオ・ペレス(レッドブル)についての調査を行った結果、二つの違反に対し、戒告と5秒のタイム・ペナルティとしたことを明らかにした。
この結果、2位のルクレール(フェラーリ)に7.595秒の差を付けていたためペレスの優勝が確定した。

違反はいずれもセーフティカー先導時に10車身以上の間隔キープが規定されているにも関わらず異常に接近したというものでそれぞれ異なるセーフティカー先導時に計2回同じ違反を繰り返したという。
スチュワードは、最初のケースでは雨のコンディションから警告のみ、2度目は5秒のタイム・ペナルティに科す事由があるとした。

どちらの面子も立てた『F1版大岡裁き』と言えそうだ。

|

ハミルトン(メルセデス)、禁止ヒアス装着で罰金

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
シンガポールGPのレーススチュワード(審査委員)は、ルイス・ハミルトンが禁止されているアクセサリーを許可なく装着して参加していたとしてメルセデスAMGチームに2万5千ユーロ(約355万円)の罰金を科したことを明らかにした。

ジュエリー等の禁止規定は今シーズン当初から伝えられていたが、ハミルトンからはその仕組み上完全にはすぐに取り外せないとして抵抗が続けられていた。
しかし今回、チームから提出された申告書にはナシとされていたにも関わらず実際には装着してドライブしたことが発覚したもの。

ただしスチュワードの処分はハミルトン本人に対してではなく、申請書に不正確な記入があったとしてチームに対して科せられた。

|

2022/10/02

FIA、昨年度の各チーム会計監査報告を公開へ

FIA
F1は昨年度からコストキャップ(予算上限)を掛けることで合意しているが、これに対するFIA(国際自動車連盟)の監査報告を10月5日に公開することが明らかになった。

これについては一部のチームが予算額をオーバーしているのでは、とかねて疑心暗鬼が広まっていた。
伝えられるところではレッドブル・レーシングやアストンマーティンらの名前が挙げられていたという。
ただこの監査報告は最終的なもので、内容について異議は受け付けられないとのことだ。

|

2022/09/28

2023年のF1では全6戦でスプリントレース予選

Image (C)Redbull Racing
拡大します
先に史上最多となる全24戦からなる2023年シーズンのF1カレンダーを発表したFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)は、さらにこのうち6戦で『スプリントレース予選』方式を導入することを明らかにした。

これは、金曜日に予選を行い、その結果をグリッドとして土曜日に100kmの短距離レースであるスプリントレースを行い、その順位で日曜日の決勝レースのスターティンググリッドを決定するというもの。
2021年にはトップ3のみにポイントが与えられたが、今年はトップ8のドライバーがそれぞれポイントを獲得できるように変更されている。
チーム側からはクラッシュのリスクや作業が増加するとの声はあるが、イベントとしてはエキサイティングになると概ね好評価だ。
なおいずれのレースに導入するかはまだ決まっていない。

|

2022/09/27

連戦続く2023年F1カレンダーにチームから不満の声

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
先にFIA(国際自動車連盟)から発表された2023年シーズンのF1カレンダーについて今回のものは暫定となってないことから形式的にはすでに最終のものと受け止められている。
しかし一部のチームはFIAから確認がないまま発表されたとして、不満の声が聞かれている。

その最大のものとしてこれまでのF1で例のない年間全24戦というグランプリの多さが槍玉に挙げられているようだ。
これを実現させるため、FIAは2週連続開催を7回、さらに3週連続開催も2回というハードスケジュールを組み込んでいるが、とりわけ10月から11月に掛けての第20戦アメリカGP、第21戦メキシコGP、さらに第22戦ブラジルGPの3週連続開催について最終合意がなく受け入れられないと態度を硬化させている。

|

2022/09/25

FIA、コルトン・ハータのスーパーライセンス特例認めず

Colton Herta (C)McLaren Racing
拡大します
かねて話題になっていたコルトン・ハータ(22歳:アメリカ)のスーパーライセンス発給について、FIA(国際自動車連盟)は特例を認めないことを正式に発表した。
インディカー・シリーズ参戦のハータはF1の規定で40ポイントが必要なところ、まだ36ポントに留まっていたが、特例措置を認めるようレッドブルが嘆願していたもの。

これを受けレッドブルはハータのF1デビューを断念、次の候補として現ウィリアムズのニック・デ・フリース(27歳:オランダ)の起用を検討していると伝えられる。
デ・フリースはすでにメルセデス等のマシンでフリー走行出走の経験があるうえ、先のイタリアGPでは病気欠場のアレクサンダー・アルボンの代役としてみごと初レース初入賞と活躍をみせ高い評価を得ている。

|

2022/09/24

譲歩迫られたモナコGPの新たな3年契約

Monaco Marshal (C)Ex.Sahara Force India F1
拡大します
一時は新たな開催契約が破談になったとも伝えられたF1伝統のモナコGPが3年契約で合意したことが判明、他のサーキット関係者からは驚きの声が聞かれた。
その裏には、いくつかの点で大きな譲歩があったようだ。

例えばサーキット場内の看板について、F1はロレックスと独占契約を結んでいるが、モナコGPの主催者であるACM(オートモビル・クラブ・ド・モナコ)はライバルのタグホイヤーとスポンサー契約を交わしている。

またこれまで最も低いとされてきた開催権料は約2倍に引き上げられたとのこと。
さらにこれまで許された地元テレビ局(テレ・モンテカルロ)による独自放映は断念に追い込まれたと伝えられている。
なおモナコ独自の木曜日からスタートする独自日程もすでに通常スケジュールに変更を余儀なくされている。

F1のステファーノ・ドメニカリ/CEOによればモナコGPにはさらなる施設改修が求められているとのことだ。

|

2022/09/17

FIA、CEO(最高経営責任者)職にロビン氏指名

FIA
FIA(国際自動車連盟)はその組織内に、経営部門の責任者としてCEO(最高経営責任者)職を設けることを示していたが、今回ナタリー・ロビン氏をのそポジションに指名した。
FIAの組織改革は、昨年末新会長に選出されたモハメド・ビン・スライエム氏が公約としていたもので、これまで人選が進められていた。

アメリカとスペインの両国籍を持つロビン氏はダイムラー・クライスラーや日産をそれぞれ歴任、現在はスイスのボルボでCEOを務めていたが、今回FIA史上初の役職に就いた人間として名前が残ることになる。

|

2022/09/05

角田裕毅(アルファタウリ)、次戦10降格ペナルティ

FIA
オランダGPのレーススチュワード(審査委員)は、日曜日に行われた決勝レース中アルファタウリの角田裕毅が不適切なドライビングを行ったとして次戦イタリアGPでグリッド10番降格のペナルティを科すことを明らかにした。

それによれば角田は、走行中に異常な振動や異音を感じ、無線でこれを報告すると共にコースサイドにマシンを止めた。
しかし直前に行ったタイヤ交換での作業が原因と判断したチームはピットに戻るよう指示、再びタイヤ交換したもののトラブルが解決していなかったため、角田は再度マシンを止めリタイヤした。

トラブルの原因は結局デフだったことが確認されたが、そのお粗末な判断でバーチャル・セーフティカー導入の原因を作ったことや、すでにシートベルトを外した状況で走行したことなどでスチュワードは戒告ペナルティに相当と判断した。

その結果、角田は直近1年間で通算5回目の戒告になることから規定により次戦イタリアGPで不名誉なグリッド10番降格のペナルティが確定したものだ。

|

2022/08/27

ベルギーGPのスチュワードにエンリケ・ベルノルディ氏

Enrique Bernoldi (C)Ex.Arrows F1
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるベルギーGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、元アロウズのF1ドライバーであるエンリケ・ベルノルディ氏(42歳:ブラジル)を指名した。

ベルノルディ氏がスチュワードを務めるのは今年のフランスGP以来になるもので、これが自身通算7度目ということになる。

同氏は2001-2002年に掛けて当時のアロウズからF1参戦、最高位は8位(2001年ドイツGP)。
なお、2001年のチームメイトはマックス・フェルスタッペン(現レッドブル)の父であるヨス・フェルスタッペンだった。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介