2021/03/03

佐藤万璃音、今季もF2シリーズ挑戦が決定

佐藤 万璃音 (C)Honda Racing
拡大します
角田裕毅に続く日本期待の若手ドライバーである佐藤万璃音(まりの:21歳)が、今シーズンもF1直下のカテゴリーである『FIA・F2選手権』に参戦することが決まった。
所属チームは昨季に続きイタリアの『トライデント・モータースポーツ』になる。

佐藤は2019年ユーロ・フォーミュラ・オープン選手権でシリーズ・チャンピオンに輝いたが、昨年参加したF2ではマシンの戦闘力不足もありわずか1ポイント、ランキング22位に留まった。
しかしアルファタウリ・ホンダでテストに起用されるなど将来を嘱望される存在、F2での活躍でスーパーライセンス獲得が期待される。
今年のF2は3月28日からバーレーン・サーキットのサクヒール戦で開幕する。

|

2021/01/31

ニッサニー(ウィリアムズ)、F2でスーパーライセンス獲得へ

Roy Nissany (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームの2021年の公式テストドライバーであるロイ・ニッサニー(26歳:イスラエル)が、悲願の1ステップアップのためチームを変更してF2シリーズに臨むことがわかった。

すでに昨季バーレーンGPでは金曜日のフリー走行1回目セッションに出走するなど経験を積んでいるニッサニーだが、肝心のF1スーパーライセンス獲得の目途はまだ立っていない。
このためチームを名門の『DAMS』に変更、ランキング上位獲得を目指すとしている。
一般的には無名のニッサニーだが、カナダの資産家シルヴァン・アダムス氏が熱心に支援を行っていると報じられている。

なおチームメイトはフェラーリ・チームのFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)出身者であるマーカス・アームストロングになる。

|

2020/12/08

F1昇格について角田裕毅、「まだ何も言えない」

角田 裕毅 (C)Scuderia Alfatauri
拡大します
激戦だった2020年のF2シリーズを終え、最終的にシリーズ・ランキング3位を獲得、晴れてF1ステップアップに必要なスーパーライセンスの発給資格を手にしたF2の角田裕毅(20歳)だが、「F1についてはまだ何も言えない」と口を閉ざしたままだ。
それでも角田は「仮定の話」としなからも、「もしF1に上がれたなら、日本のファンが集う鈴鹿での日本GPが楽しみ」と、意欲をみせた。

F1昇格の場合、アルファタウリ・ホンダのグヒアトのシートになるとみられるが、まだチームからアナウンスはない。
そのクビアトは今回のサクヒールGPで今季7回目となる入賞を果たすなどシートの維持に「抵抗」をみせている。

なお角田が所属したカーリン・モータースポーツは、かつて佐藤琢磨も在籍、これまでベッテルやリカルド、それにマグヌッセンなど多くのF1ドライバーを輩出した名門だ。

|

2020/12/07

角田裕毅(F2)最終戦2位、ランキング3位で終える

角田 裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
今季F2シリーズに参戦の角田裕毅(20歳)は、6日(日)行われた最終戦(第12戦)サクヒールの第2レースを2位でフィニッシュ、2020年のシリーズ・ランキングを3位で終えた。

第1レースで今季3勝目となるポールTOウィンを決めた角田はリバースグリッド方式の規定により第2レースは8番グリッドからスタート。
F2最後のレースを2位でフィニッシュしたが、シリーズ2位のアイロットにはわずか1ポイント及ばず、ランキング3位のままとなった。
しかしランキング5位以内という自身のスーパーライセンス獲得の条件は確実にクリアしたことになる。

伝えられるところでは、来季アルファタウリ・ホンダのレースドライバー有力候補として名前が挙げられている。

サクヒール戦第2レースのレース結果はこちら

角田裕毅のコメント:「スタートはよかったのですが、1コーナーから4コーナーにかけてポジションが悪く、ポジションを落としてしまいました。
レース1での経験でペースのよさとタイヤマネージメントには自信があったので、序盤は抑えてタイヤを温存し、後半にペースを上げるつもりでした。
それがうまくいって、最後は2位にまで上がれたのでよかったです。
アップダウンの激しいシーズンでしたが、ミスをしたことで成長できたところもありました。
最後にいい形のレースができて、結果としてランキング3位となり、目標であるスーパーライセンスの条件をクリアできたことはとてもうれしいですし、これまでサポートしてくれたチームや関係者の皆さんには、とても感謝しています。
そして、応援してくださったファンの皆さんにも感謝しています。
本当にありがとうございました」

|

2020/12/06

角田裕毅(F2)、ポールTOウィンでF1に大きく前進

角田 裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
今季『FIA・F2選手権』に参戦中の角田裕毅(20歳)が、5日(土)行われたサクヒール戦第1レースでみごとポールTOウィンの勝利を飾った。

今季3勝目を挙げた角田は、ポールポジションの4ポイントと合わせて29ポイントを獲得。186ポイントでランキング3位に再浮上し、6位との差が37ポイントとなったため、これでランキング5位以上が確定し、目標だったF1スーパライセンス取得の条件を達成することとなった。

サクヒール戦第1レースのレース結果はこちら

角田裕毅のコメント:「スタートはやや微妙な感じでしたが、ポジションを守って1コーナーまでは行けました。
インを空けてしまってポジションを奪われましたが、先週のこと(接触してパンク)もあるので、あまり無理をしないようにしたのと、ペースには自信があり、自分のタイヤマネージメントを信じてレースを進めました。
タイヤ交換後、前の2台のペースは速く、あれではタイヤは持たないだろうと思ったので、こちらはタイヤを温存して離されないように走行しました。
終盤、思った通り前のペースが落ちてきたので2台を抜き、最後は引き離すペースがありました。
スタートでインを空けてしまったのはミスですが、それ以降は攻めとタイヤマネージメントのメリハリをつけてレースができ、優勝することができて満足です。
目標としていたスーパーライセンスを得られるランキングを決められてうれしいのですが、まだあと1レースあるので、今は最後のレースに向けてこれまで通りの準備をして臨むことに集中します」

|

2020/12/05

角田裕毅(F2)、ポール獲得で4ポイントを追加

角田 裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
今季『FIA・F2選手権』に参戦中の角田裕毅(20歳)が、4日(金)行われたサクヒール戦第1レースの予選でポールポジションを獲得、これにより4ポイントを追加してランキング5位から4位にアップしたことがわかった。

角田は来季アルファタウリ・ホンダからのF1ステップアップのため、なんとしても現在参戦のF2をランキング5位以内で終え、スーパーライセンス獲得するのが必須となっている。
角田は「フリー走行は、これまで同様いいペースで走ることができました。
予選ではトラックコンディションが難しくなりそうだったので、そのあたりを意識していいラップで走れ、トップが取れてよかったです。
レースシミュレーションもできて、予選と決勝に向けていい準備ができたと思います。
予選では、トラフィックポジションが難しいので、いろいろ対策を考えましたが、完ぺきなプランはなかったので、最善を尽くすことで臨みました。
1セット目のアタックは、タイミングを遅くしてコースインし、それが上手くいって予想よりいいコンディションでアタックができました。
そのおかげでトップタイムをマークしました。
いいタイミングでコースに出してくれたチームに感謝しています。
2セット目は赤旗が重なり、タイムアップはできませんでしたが、それはほかも同じで、最終的にポールポジションが取れてうれしかったし、よかったです。
レースに向けてまだ作戦は決めていませんが、先週からペースはいいですし、自信はあるので、しっかり準備するとともに、先週のレースの反省を活かしていい結果を出したいと思います」と、語った。

サクヒール戦の予選結果はこちら

|

2020/11/24

角田裕毅、「来季F1昇格駄目なら帰国」

角田 裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
来シーズン、アルファタウリ・ホンダからのF1デビューが噂されている角田裕毅(20歳)は、もしも実現できなければ日本に帰国する意思をみせた。

角田が来季のF1ステップアップに必要なスーパーライセンスを獲得するには、今参戦しているF2シリーズで最終的にシリーズ・ランキング5位以内に入ることが必要とされる。
現在あと2戦4ラウンドを残してランキング3位に位置しているが、ライバルたちとの点差は非常に僅差で、わずか1戦で順位は大きく変化する状況。
角田は5位以内の順位に自信をみせているものの、もし届かずにスーパーライセンス獲得が叶わなかった場合、さらに1年F2に参戦する計画はないとしている。

あと3週間後には重大な岐路に立っている角田裕毅の運命が決まることになる。

|

2020/11/09

F1サポートのF2&F3レース、来季共に改編へ

F2 Image (C)Honda Racing
拡大します
F1グランプリのサポートレースとして定着しているF2&F3レースが、来季は共に負担軽減のため、大きく改編される見込みだ。
これはこれらチャンピオンシップを統括するFIA(国際自動車連盟)が明らかにしたもの。

それによればレース総数の大枠は変えないものの、開催場所を減らす一方で同じサーキットでのラウンド数を増やし、移動などエントラントの負担を軽減しようとするもの。
また同じ日程での重複開催を止め、F2とF3では異なるグランプリでのサポートにして両シリーズに同時参戦しているチームの負担を和らげる計画。

これにより、来季のF2はこれまでの12ラウンド24レースから来季は8ラウンド24レースに。
F3も今季の9ラウンド18レースから7ラウンド21レースとする方針という。
具体的な日程は今後調整のうえ、正式発表される。

|

2020/09/23

松下信治、F2チームから離脱

松下信治&角田裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
角田裕毅と共にF1ステップアップを目指してF2シリーズに参戦していた松下信治(26歳)だが、今週末のソチ戦を前に、所属するMPモータースポーツから離脱、今季のF2参戦を打ち切ったことを明らかにした。
事実上の撤退、F1断念とみられる。

昨季まではホンダのフルサポートを受けてF2に挑戦していたがスーパーライセンス獲得が叶わず、他カテゴリーへの転向を打診され、今季は独自に資金を手当てして同チームから参戦していたもの。
バルセロナ戦では優勝したものの、現在ランキング12位に留まり、今季のスーパーライセンス獲得は絶望となっていた。

なおMPモータースポーツの後任のシートには元F1ドライバーのジャン・アレジ氏の子息で、現在同ランキング17位ジュリアーノ・アレジ(21歳:フランス)が移籍することが決まっている。

|

2020/09/16

F2角田裕毅のスーパーライセンスにまだ望み

角田 裕毅 (C)Honda Racing
拡大します
シリーズ・ランキング6位に後退したF2シリーズの角田裕毅だが、再三変更された今年の最新F2スケジュールではまだあと3戦(6レース)が掲載されたため、巻き返しのチャンスは十分残されていることとなった。

予定されているのはソチ・サーキットの1戦とバーレーン国際サーキットでの2戦の計3戦。
それぞれロシアGPとバーレーンGP、サクヒールGPのサポートレースとして計画されているもの。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介