2019/07/21

グロージャン(ハース)に厳しい風当たり

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
今シーズン、思わぬ不振を託つハースF1チームだが、トラブルはすべてがマシンやチームのものとは言えず、ドライバーに対しても風当たりが強くなっているようだ。
特にイギリスGPのオープニングラップで起きた同士討ちにはチーム首脳部もお冠。
ただ批難の声は、とりわけリタイヤが多いロマン・グロージャンの不甲斐ない戦いぶりに多く寄せられているという。

そうした中、チーム代表のギュンター・シュタイナー氏がグロージャン解雇の許可をオーナーに求めたという噂が駆け巡って騒動となった。
しかしチームのスポークスマンは「シーズン末までドライバー変更の予定はまったくない」と、噂を完全否定。
それでも折悪しくタイトル・スポンサーである『リッチ・エナジー』の去就が揉めたこともあり、外部からもハースF1チームの混迷ぶりに拍車が掛けられている。

|

2019/07/18

株式売却&社名も変更の『リッチ・エナジー』

Haas 『VF-19』 (C)Haas F1 Team
拡大します
混乱が続くハースF1チームのタイトル・スポンサーである『リッチ・エナジー』だが、オーナーでトップを務めていたCEO(最高経営責任者)のウィリアム・ストーリー氏が株式を手放して経営から手を引いたことが確認された。

タイトル・スポンサーから突然の離脱はストーリー氏が表明したもので、一方その後の残留宣言は新経営陣によるものとわかった。
なおこれにより社名も『リッチ・エナジー』から『ライトニングボルト』(Lightning Volt)へと変更されたとのこと。
ただハースF1チームへのスポンサー名は引き続きリッチ・エナジーで行われる見通しだ。

|

2019/07/17

ハースF1チーム、再び起きた同士討ちに呆れ顔

Haas Duo (C)Haas F1 Team
拡大します
ほぼ平穏に過ぎたイギリスGPのオープニングラップで唯一特筆すべきは、ウェリントン・ストレート手前の5コーナの出口で起きた接触事故だった。
これはレーシング・インシデント(出来事)として処理されペナルティを受けることはなかったが、その当事者はロマン・グロージャン&ケビン・マグヌッセンといういずれもハースF1チームという皮肉なものだった。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は次のように断じて二人のドライバーを非難した。

「チームメイト同士でポジションを争って衝突するなんて余りに馬鹿げた行為だ。
そんなことをしているのはウチのチームだけじゃないか。
こんなことでドライバーに説教をしなければならないななんて、まったく情けないよ」と、呆れ顔。

関係者によれば、今回同チームは異なるセットアップでレースに臨み、それを比較する目的だったがマシンの損傷はひどく、いずれも完走することすら叶わなかったという。
度重なるチーム内の「不祥事」に、オーナーであるジーン・ハース氏の忍耐も限界が近づいていると危惧されている。

|

去就が二転三転の『リッチ・エナジー』

Haas 『VF-19』 (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームのタイトル・スポンサーである『リッチ・エナジー』は、イギリスGPを前に突然契約解消を表明して驚かせたが、その後一転これが取り消されたということでさらに混乱に拍車を掛けている。

これは同チームのギュンター・シュタイナー代表が明らかにしたもので、それによれば契約解消はリッチ・エナジーのF1担当者が個人的に先走ったもので、同社の経営陣はこれを否定しているとのこと。

解約の理由も明確でなかったことから、同チームの関係者は「まるでミステリー。それでも解約されるよりはいい」と、胸をなで下ろしているとのことだ。
いまのところ同チームのマシン『VF-19』からリッチ・エナジーのロゴは外されていない。

|

2019/07/11

ハースF1チーム、タイトル・スポンサー失う

Haas 『VF-19』 (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームのタイトル・スポンサーを務めていたイギリスの新興エネルギー・ドリンク会社『リッチ・エナジー』が、この契約を解消したことを明らかにした。
同社は今シーズンから複数年契約を結んでいたが、同チームの成績不振により、契約を解除したとしている。

同社は同じエネルギー・ドリンク会社ということでレッドブル・レーシングを相手に、これに勝つことを目標としていたものの、実意の戦績は期待を大きく裏切るものだったと解約の理由を説明している。

同チームの成績が振るわないのは事実だが、しかしこれは表向きの釈明で、実際にはロゴ使用の裁判で敗訴したりなど経営状況が悪化したため、との見方が強そうだ。
いずれにせよ、ハースF1チームにとっては打撃となるのは間違いないところ。

|

2019/07/09

今度はグロージャン(ハース)にシート喪失の危機

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
2019年シーズンも10戦目を迎えるこの時期、いくつかのチームでは早くもレースドライバーのシート交代の噂が伝えられている。
それはこれまでガスリー(レッドブル)であったりクビサ(ウィリアムズ)であったりしたが、今回名前が挙げられたのはハースF1チームのロマン・グロージャンだ。

まだ優勝こそないものの、ロータス時代には表彰台の常連でもあったグロージャンだが、今シーズンは明らかにチームメイトであるマグヌッセンのほうが優勢。
それはとりわけ予選において顕著で、目下グロージャンの2勝7敗という始末。
またすべてがドライバーの責任ではないが、グロージャンはこれまでリタイヤ4回。
これに対してマグヌッセンは9戦のすべてで完走を誇っている。

すでに2020年の契約更新はないとされるばかりか、今シーズンも最後まで走れるかグロージャンには不安の声が聞かれている。

|

2019/07/05

ハースF1チームのスポンサー、ロゴ使用で敗訴

Haas 『VF-19』 (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームの主要スポンサーである『リッチ・エナジー』だが、そのロゴが使えなくなることが確定した。
これはイギリスの自転車メーカーが提訴していた裁判に、高等裁判所が判決を下したもの。

それによればリッチ・エナジーが使用していた雄鹿をイメージしたロゴマークが、同社のものと酷似しているとして訴えられていたもの。
一審に続きリッチ・エナジー側が敗訴したことでこの判決が確定した。
なおハースF1チームはカナダGP時点からすでにロゴを外しているという。

|

2019/07/01

マグヌッセン(ハース)にペナルティ・ポイント科される

FIA
オーストリアGPのレーススチュワード(審査委員)は、30日(日)行われた決勝レースのスタート時、ハースF1チームのケビン・マグヌッセンがシグナルが変わる前にグリッド位置がずれたままスタートした件についてペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、マグヌッセンの場合これでトータル3点となった。
なお、マグヌッセンにはレース中すでにドライブスルー・ペナルティーが科せられている。

|

2019/06/30

マグヌッセン(ハース)、ギヤボックス交換でペナルティ

FIA
オーストリアGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(土)行われた公式予選セッションで、ハースF1チームのケビン・マグヌッセンに対し、制限数以上のギヤボックス交換が行われたため、規定により5グリッド降格のペナルティを科したことを明らかにした。
ハミルトンは予選5位だったのでこれにより日曜日の決勝レースでは10番グリッドということになる。

今年のレギュレーションでは、ギヤボックスは6戦連続で使用しなければならないことになっている。

|

2019/06/26

グロージャン(ハース)、「ホームでリタイヤは無念」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
レッドブルのガスリーと共に、今回のフランスGPが『ホームグランプリ』の凱旋レースになったハースF1チームのロマン・グロージャンだったが、結果は全20台中、唯一のリタイヤと望まない残念なリザルトに終わった。

「もちろんもっと走りたかったよ。
誰にとっても一番大事なホームグランプリだもの、途中でクルマを止めなくてはならないというのはつらいことだ。
原因はまだわからないけれど、早めに止めたおかげで救われたコンポーネンツもあったから良かったんじゃないかな。
無理して走り続ければ被害は拡大しただろうからね」と、肩を落とすスイス生まれのフランス人。

チームメイト(マグヌッセン)が8戦すべで完走しているのに対し、グロージャンはトラブルが多く早くも半分の4戦でリタイヤ、昨シーズンの計5回に迫っている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介