2024/04/10

ハース&レーシング・ブルズに身売り騒動

Haas F1
Haas_saugp_l_20240410064401トップ5チーム以外の中団グループの中で健闘良く鎬を削っているハースF1とレーシング・ブルズ2チームだが、いずれにもチーム売却の噂が出ているということだ。

それによればチーム創立以来、尻すぼみに低迷が続くハースF1では創立者であるチームオーナーのジーン・ハース氏がすでにF1への関心を失いつつあると伝えられる。
また今季からレーシング・ブルズへと名称変更した旧アルファタウリではチームの母体であるレッドブル・グループのお家騒動の波を受け運営が安定していないと報じられた。

いずれのチームも戦闘力には上昇の兆しをみせているだけに運営の行方に対し関心が集まっている。

|

2024/04/05

ハース、『メルカリ』とスポンサー契約

Mercari
Mercari_l今週末の日本GPを前に、ハースF1チームは『メルカリ』とスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

メルカリは日本でも人気のオンライン・フリマアプリ・サービスだが、今回契約を結んだのはアメリカの『メルカリUS』で、日本GP以外にもマイアミやオースティンそしてラスベガスの各グランプリで同チームのマシンにロコが掲出される予定という。

アメリカに本拠を置くハースF1だが、今季から小松礼雄/前チーフ・エンジニアがチーム代表を務めて実績を挙げていることから日本でも急速に人気を集めている。

|

2024/03/20

ヒュルケンバーグ(ハース)、「常識にとらわれず」

Nico Hulkenberg
Haas_saugp_l先に行われたサウジアラビアGP決勝レースで、ハースF1チームはタイムペナルティを受けたマグヌッセンが徹底して後続を抑える間にヒュルケンバーグを逃がすという奇策を展開、みごと今季初となるポイント獲得を果たしてみせた。

ハースはこれにより2018年以来となるコンストラクターズ・ランキング6位に躍進したが、他チームからはこの作戦をフェアでないと非難する声が上がっている。
これについて当のヒュルケンバーグは次のように反論した。

「現在のようにタイムが接近していたら、何か常識にとらわれないような作戦を考えなければ入賞なんて覚束ないよ。
必要なのは非常識な戦略なんだ」と、誇示。

確かに現在のF1パワーバランスでは、上位の5強チームが完走すれば中団グループのマシンは入賞に届かないことになる。

|

2024/03/12

小松礼雄代表(ハース)、非難の声にも動ぜず

Battle Image
Saugp_205_20240312070601サウジアラビアGP決勝レースで、みごとなチーム戦略により今シーズン初のポイント獲得を果たしたハースF1チームの小松礼雄代表は、「チームが一丸となって獲得した成果」と自讃している。

レース終盤、ハースはポイント獲得が見込まれたヒュルケンバーグを逃がす一方でマグヌッセンには徹底して後続をブロックさせるチーム作戦で戦い戦略を成功させたもの。
一番の被害者はそのせいで順位を上げられなかった角田裕毅(ビザRB)という日本のファンには皮肉な結果となった。

角田本人は「オーバーテイク出来なかった自分が悪い」と自戒しているが、またしてもノーポイントに終わったレーシング・ブルズ・チームはハースの作戦を「ルール違反すれすれ」と強く非難している。
もっもハースのほうは「素晴らしいチームワークの成果」と動じる姿勢をみせていない。

|

2024/02/12

ステークF1さらにハースF1がシェイクダウン

Stake F1
Stake_c44_m_20240212082601この週末、ステークF1そしてハースF1と2024年シーズンを戦う新型車のシェイクダウン・テストが相次いだ。

フェラーリ製パワーユニットを搭載したステークF1(旧ザウバー・チーム)はスペインのバルセロナ・サーキットを舞台に新型車『C44』を行った。
ステアリングを握ったのは共に今季もレースドライバーを務めるバルテリ・ボタス&周冠宇の二人。

また新たにチームの指揮を日本の小松礼雄代表が執ることとなったハースF1はイギリスのシルバーストーン・サーキットでこちらもフェラーリ製パワーユニット搭載の新型車『VF-24』のシェイクダウン走行を行った。
先の発表会では新カラーリングのみでマシンは2023年のものということでその進化ぶりに注目が集まっている。

なおテストは共にレギュレーションで規定のプロモーション用タイヤを装着しての限定されたものとなっている。

|

2024/02/05

ハースF1、『VF-24』のカラーリング発表

『Haas VF-24』
Haas_2024color_m2チーム設立以来となる代表者を更迭するなど根底からの戦闘力復活を目指すハースF1チームが、2024年シーズンを戦う『VF-24』の新カラーリングをお披露目した。

お披露目されたマシンはエンジンカバーのデザインなど技術援助を受けるフェラーリ・チームのものが示唆される特色があるが、残念ながら今回披露されたものは走行可能な実車そのものではないようだ。
完全な2024年新型車は2月21日(水)のシーズン前テストまでに完成されることになっている。

|

2024/01/27

ハースF1の新型車は2月2日(金)に発表

2023 Image
Haas_2024color_mハースF1チームは自身のSNSで、2024年シーズンを戦う新型車『VF-24』(仮称)を来たる2月2日(金)に発表することを明らかにした。
場所は公表されてないがオンラインになるとみられる。

いまのところこれは全チームで最も早い日程になるが、旧マシンに2024年のカラーリングを施した暫定のものという見方が有力だ。
ドライバーは引き続きマグヌッセン&ヒュルケンバーグになるが、既報のように今季から日本人エンジニアの小松礼雄氏がチームの指揮を執ることが決まっていてこちらの意味でも注目される。

【2024年新型車発表予定】

日時 チーム マシン名 場所
2月02日(金) ハースF1 『VF-24』 オンライン
2月05日(月) ウィリアムズ 『FW46』 ニューヨーク
2月05日(月) ステーク 『C44』 オンライン
2月07日(水) アルピーヌF1 『A524』 オンライン
2月12日(月) アストンマーティン 『AMR24』 シルバーストーン
2月13日(火) フェラーリ 『SF-24』 マラネロ本社
2月14日(水) マクラーレン 『MCL38』 オンライン
2月15日(木) レッドブル 『RB20』 オンライン
*マシン・場所等は非公式です。

|

2024/01/12

小松礼雄(ハースF1)、新代表就任も前途多難

A.Komatsu & R.Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
ハースF1チームはギュンター・シュタイナー代表を事実上更迭した後、小松礼雄氏を新しいチーム代表に抜擢したが、同じ日本人として喜んでばかりもいられないようだ。

今回相次いで同チームを離脱したのはシュタイナー代表ばかりでなく、技術部門の責任者であるシモーネ・レスタ/テクニカル・ディレクターもその一人。
同氏はフェラーリに長く在籍し跳ね馬の首脳陣とも関係の深い立場にある人物。
そのレスタ氏がハースF1との袂を分かったとなると、近年フェラーリのジュニア・チームとも揶揄されるハースF1にとって事態は深刻に思える。

こうしたことを考えると、小松礼雄新代表の前途は、残念ながら決して容易な途ではないと言わざるを得ないところだ。

|

2024/01/11

小松礼雄氏(ハースF1)、チーム代表に

A.Komatsu & G.Steiner (C)Haas F1 Team 拡大します ハースF1チームは、これまでチーム代表を務めてきたギュンター・シュタイナー氏の勇退を発表した。
後任には日本人エンジニアとして実績に定評がある生え抜きの小松礼雄氏(47歳:こまつあやお)が指名された。

 

2003年、B.A.R・チームでF1キャリアをスタートさせた小松氏はその後ルノー、ロータスへと移籍、2016年から新規参戦のハースF1チームに加入、創生期から現場の中心人物として活動を支えてきた。
エンジニアリング部門の出身でチーム代表に就くというのは日本人では希有な例となる。

 

|

2023/11/01

マグヌッセン(ハース)、「何かが壊れた」

Kevin Magnussen (C)Haas F1 Team
拡大します
メキシコGP決勝レース中盤、9コーナーで突然マシンのコントロールを失い激しくバリアにクラッシュして戦いを終えることとなったハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、次のように当時の様子を語っている。

「突然マシンの後部で何かが壊れたんだ。
おそらく左のサスペンションが崩壊したんだと思う。
起きた場所も悪く、もうコントロールどころか何もコクピットで為す術などなかったよ。
それまでは順調に周回を重ねていただけに残念だ。
今週はブラジルと、連続開催なので一刻も早く原因を究明して対策してもらわなくては」

ハースF1のマシンは専門コンストラクターとして実績あるダラーラ社が製作しているとさいる。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC