2019/05/16

バルセロナ合同テスト2日目タイム(5/15)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap Tyre
1 N.マゼピン RUS Mercedes 1'15.775 128 C5
2 A.アルボン THI Toro Rosso Honda 1'17.079 109 C4
3 A.フーコ ITA Ferrari 1'17.284 120 C4
4 C.ルクレール MON Ferrari 1'17.349 127 Pi
5 K.ライコネン FIN Alfaromeo Ferrari 1'17.393 110 C5
6 J.エイトケン GBR Renault 1'17.621 75 C4
7 K.マグヌッセン DEN Haas Ferrari 1'18.101 75 C3
8 N.イエロリー GBR Racing Point Mercedes 1'18.212 83 C5
9 N.ラティフィ CAN Williams Mercedes 1'18.573 88 C5
10 D.ティクトゥム GBR Redbull Honda 1'19.458 79 C3
11 O.ターベイ GBR McLaren Renault 1'20.712 52 C3
12 L.ストロール CAN Racing Point Mrercedes 1'20.745 119 Pi
13 S.カマラ BRA McLaren Renault 1'21.565 19 C2

   * 2019 PP-Time:1'15.406 V.ボタス/Mercedes (5/11)
   * 2019 TestTime : 1'15.511 V.ボタス/Mercedes (5/14)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

|

単純に比較できないテストのタイム

Pirelli 2019 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
グランプリウィークの公式予選等とは異なり、各チーム、各ドライバーによってその目的や内容が異なるのがテスト、一概にそのベストタイムだけを比べても真実は見えないこともある。

14日(火)に行われたバルセロナ合同テスト初日の場合、トップはボタス(メルセデス)で2番手になったルクレール(フェラーリ)とは、実に1.422秒もの大差を付けた。
しかしベストタイムを記録した時の装着タイヤをみると、ボタスは『C5』と呼ばれる最も柔らかいもので、一方ルクレールのタイヤは『C2』の中間タイヤ、当然ボタスのほうが一発のタイムは速い筈だ。

加えてテストはピレリのタイヤ開発が主要目的ということもあって、今回の担当チームであるフェラーリとレーシング・ポイントは2台のマシンが走行。
それぞれ担当のベッテル(フェラーリ)とペレス(レーシング・ポイント)はその開発タイヤでの走行に限られていた。

|

2019/05/15

苦いF1デビューとなったカラム・アイロット(アルファロメオ)

Callum Ilott (C)Alfaromeo Racing
14日(火)、まだスペインGPの熱気が醒めやらぬ中で始められたバルセロナ合同テスト初日。
テストということもあってここにはフレッシュな若手ドライバーの顔も多くみられた。
それはレーシング・ポイントのイエロリーであったりウィリアムズのラティフィであったり、そしてアルファロメオはカーリン所属でマカオGPで表彰台に上がったカラム・アイロット(20歳:イギリス)だった。

F3では鈴鹿サーキットの経験もあるアイロットは、当然のごとくこのチャンスに張り切ったが、しかしわずか40周をしたところで3コーナーでコースアウト・クラッシュ、マシンを大破させるアクシデントでこの日を終える羽目となった。
スペインGPで不振だったアルファロメオ・レーシングにさらに追い討ちを掛ける結果になり、アイロットは恐縮しきりだった。

|

バルセロナ合同テスト1日目タイム(5/14)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 V.ボタス FIN Mercedes 1'15.511 131
2 C.ルクレール MON Ferrari 1'16.933 131
3 D.クビアト RUS Toro Rosso Honda 1'17.679 121
4 N.ヒュルケンバーグ GER Renault 1'18.051 68
5 P.ガスリー FRA Redbull Honda 1'18.140 118
6 C.サインツ ESP McLaren Renault 1'18.263 64
7 P.フィティパルディ BRA Haas Ferrari 1'18.326 98
8 N.イエロリー GBR Racing Point Mercedes 1'18.361 111
9 S.ベッテル GER Ferrari 1'18.425 132
10 L.ノリス GBR McLaren Renault 1'18.567 44
11 S.ペレス MEX Racing Point Mrercedes 1'19.719 118
12 C.アイロット GBR Alfaromeo Ferrari 1'19.819 31
13 N.ラティフィ CAN Williams Mercedes 1'20.670 133

   * 2019 PP-Time:1'15.406 V.ボタス/Mercedes (5/11)
   * 2019 TestTime : 1'16.221 S.ベッテル/Ferrari (3/01)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

|

2019/04/04

ミック・シューマッハ、「想像以上の出来」と自讃

Mick Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今回のバーレーン合同テストで、初日はフェラーリ、2日目はアルファロメオ・レーシングと2チームのマシンをフルにドライブするという厚待遇を得たミック・シューマッハ(20歳:ドイツ)は、それに応えるように「想像以上の出来だった」と、初めての経験を自讃した。

新人にありがちのクラッシュなどもなく2日間でトータル126周を走り込んだシューマッハは、タイム的にも初日2番手、2日目6番手とレギュラードライバーに引けを取らないものだった。

「タイムがここまで上位にいくとは考えていなかった。
F1初心者なのに安心して走れたのは両方のチームのスタッフのおかげ。
その多さにも驚いたけれど、彼らのプロフェッショナルな動きにも感銘を受けた。
マシンもコンディションも違うので両方を比べるのは難しいけど、いずれも楽しかったよ」と、偉大なチャンピオンの2世。

それでもF1はここまでで、気分はもう自身の次のレースであるバクーF2(アゼルバイジャン)に切り換えたことを強調した。

|

ホンダ系チーム、合同テスト2日目コメント(4/03)

Daniil Kvyat (C)Honda Racing
拡大します
Red Bull Toro Rosso Hondaは昨日と同様にレギュラードライバーの2人がテストを担当。アレクサンダー・アルボンがチームのためのテストを、ダニール・クビアトがピレリのタイヤテストを行い、アルボンが全ドライバー中で最多となる143周、クビアトも111周を走行しました。

Aston Martin Red Bull Racingのステアリングを握ったのはRed Bull Racingのジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥム。
昨年、一昨年と、F3の最高峰マカオグランプリを連覇し、今年は全日本スーパーフォーミュラ選手権に、かつてピエール・ガスリーが所属したTEAM MUGENから参戦予定のドライバーです。
ティクトゥムは自身初のドライブとなるF1マシンでのセッションを順調に消化し、アルボンに次いで全体で2番目となる135周を走行しました。

チームはここから休む間もなく、来週末のレースの準備を開始します。次戦の中国グランプリは、F1として記念すべき1000回目のグランプリとなります。

【ダニエル・ティクトゥム(レッドブル)】(9番手)

「現行のF1マシンに初めて乗ることができ、今日はたくさんのことを学んだ一日となりました。
一番大きなことは、F1マシンを操作する手順を学んだことだと思います。
たくさんのステアリングスイッチがあり、使用するセッティングも多く、タイムアタックのラップですら操作手順がジュニアフォーミュラとは大きく異なりました。
最初はするべきことが多くたいへんでしたが、すぐに慣れることができました。
また、ガレージにこんなにもたくさんの人がいるのも驚きました。
ドライバーにはただ自分自身のためだけではなく、エンジニアそしてチーム全員のためという大きな責任があるということを、改めて思い出させてくれました。
今日のテストの中で一番重要なミッションでもありますが、多くの有意義なデータを得られた一日になったと思います。
何周かロングランも試し、その中でタイヤの機能の仕方に関して理解を深めるいい機会になりました。
全体としては今日のテストはうまくいったと思います」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(7番手)

「昨日の初日は降雨の影響で数時間ロスしてしまいましたが、今日は充実したテストを行うことができました。
いくつか追加で空力テストを行い、タイヤの挙動への理解をさらに深めることができました。
テスト中に興味深いことを発見ましたし、その中にはこれからのためにプラスになることもありました。
今後は、このバーレーンで学んだ結果を活かしてシーズンを進めていける筈です。
今日はすべてが順調に進み、マイレージも稼ぐことができ、マシンにさらに慣れることができた気がします。
とてもタイトなテストプログラムではありましたが、テスト2日目の今日を最多周回数で終えることができたので満足しています」

【本橋正充(副テクニカルディレクター)】

「テスト2日目の今日は、途中の雨に悩まされた昨日とは異なり、ドライコンディションで走行できた一日となりました。
Honda製PUを搭載したマシンは、昨日に続き3台が走行し、プログラムの遅れを取り戻すために、各車ともより多くの周回をこなすことにフォーカスして臨みました。
日中は気温が高めで、ドライバーにとっては楽な状況ではありませんでしたが、3台そろって100周超を走行できたことはよかったと考えています。

PUとしては、昨日実施できなかったセッティング最適化のためのプログラムを行い、遅れをばん回することができました。全体としてはいいテストになったと感じています。

ここからまたすぐに来週の中国GPを迎えますので、今回得られたデータをきちんと反映した上で準備を進めたいと思います」

提供:本田技研工業(株)

|

アロンソ(マクラーレン)、今年のマシンを高評価

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
4月2日(火)行われたバーレーン合同テストで、ピレリのタイヤテストという制限はありながらも、初めてマクラーレンの2019年仕様車『MCL34』を本格ドライブしたフェルナンド・アロンソは、「すべての面でマシンは進歩している」と、そのポテンシャルを評価した。

「クルマがあらゆる面でステップアップしているのは間違いない。
ストレートはドラッグが低下しているし、コーナーではグリップが増している。
そしてエンジンも進化していると思うし、とにかく全部良くなっているよ。
もちろんまだトップ3と互角に戦うには不十分だけど、これから正しい方向に進んでいけば大いに期待できる筈さ」と、高評価。

今回、セットアップなどは許されないタイヤテストだが、それでもアロンソは確かな手応えを感じ取ったようだ。

|

バーレーン合同テスト2日目タイム(4/03)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 G.ラッセル GBR Mercedes 1'29.029 101
2 S.ペレス MEX Racing Point Mrercedes 1'29.095 61
3 S.ベッテル GER Ferrari 1'29.319 103
4 C.サインツ ESP McLaren Renault * 1'29.765 81
5 D.クビアト RUS Toro Rosso Honda * 1'29.911 111
6 Mi.シューマッハ GER Alfaromeo Ferrari 1'29.998 72
7 A.アルボン THI Toro Rosso Honda 1'30.037 143
8 L.ストロール CAN Racing Point Mrercedes 1'30.049 35
9 D.ティクトゥム GBR Redbull Honda 1'30.856 135
10 R.グロージャン FRA Haas Ferrari 1'30.903 87
11 F.アロンソ ESP McLaren Renault * 1'31.006 69
12 P.フィティパルディ BRA Haas Ferrari 1'31.209 48
13 L.ノリス GBR McLaren Renault 1'31.303 72
14 J.エイトケン GBR Renault 1'31.502 103
15 N.ラティフィ CAN Williams Mercedes 1'32.198 100

   * 2019 PP-Time 1'27.866 C.ルクレール/Ferrari (3/30)
   * 2019 Test-Time 1'29.379 M.フェルスタッペン/Redbull Honda (4/02)
   * マシン名の * 印はピレリタイヤ・テスト
    (訳注:ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

|

2019/04/03

ホンダ系チーム、合同テスト1日目コメント(4/02)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今日からバーレーン・インターナショナルサーキットでの2日間にわたるインシーズンテストが開始します。

これまで中東では何度もレースが行われてきましたが、その中でもウェットコンディションはほとんど見られませんでした。
しかし今日のテスト初日はその珍しい雨にたたられることになりました。

降雨は想定外であったため、各チームはレインタイヤやインターミディエイトタイヤをピレリに対して事前のリクエストを入れておらず、ハーフウェットの状態でも走行ができない状況が続きました。
その結果、全てのチームが貴重な走行時間を4時間以上も失うことになりました。

今日のテスト初日は、Honda製PUを搭載するマシンとしては、3台が走行を行いました。

Red Bull Toro Rosso Hondaは通常のテストに加え、2020年に向けたピレリのタイヤテストに協力するため2台が走行。
アレックス・アルボンはチームのテストを担当し71周を走行。
タイヤテストを担当したダニール・クビアトは45周を周回しました。

一方で通常のテストのみで1台のみの走行となったAston Martin Red Bull Racingは、マックス・フェルスタッペンが62周を走り、テストながらも全15人のドライバー中でのトップタイムを記録しています。

明日はRed Bull Toro Rosso Hondaについては引き続き本日と同じ2人、Aston Martin Red Bull RacingについてはRed Bullのジュニアドライバーで、今年日本のスーパーフォーミュラにフル参戦するダニエル・ティクトゥムが走行を担当します。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(1番手)

「降雨のためウェットコンディションではありましたが、総合的にはいいテストが行えた一日となりました。
多くの周回をこなし、レースウィークでのパフォーマンスについてさらに理解を深めることができました。
学びが多く、ポジティブな一日になったと思います。
レースウィークの週末はあっという間に過ぎていきますし、マシンについて理解を深められる機会はあまり多くないので、今日のような一日はとても貴重です。
レースウィーク中に「なぜリアグリップうまく作用しなかったか」を知ることができたので、これから改善していけるはずです。
今日は本当にたくさんの収穫があったテスト初日となりました」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(5番手)

「今日のインシーズンテスト初日はまずまずうまく行ったと感じています。
唯一、途中雨でセッションがストップしたことは残念ですが、それ以外はおおむね順調な一日でした。
今日はできる限りの周回数を稼ぎ、今後のパフォーマンス向上につながるであろうエアロテストのいくつかも完了させることができました。

(雨により)予定していたすべてのプログラムを完了することができたわけではないので、それを取り返すために明日は忙しい一日になりそうですが、それでも順調だと思います。
タイヤに関する理解も進んでおり、どうすればベストパフォーマンスを出せるかがわかるようになってきていますし、雨に邪魔された割にはいい一日だったと感じています」

【本橋正充(副テクニカルディレクター)】

「今日から今シーズン初めてのインシーズンテストが始まります。
こまで開幕戦とバーレーンGPの2戦を走り、すでに多くのデータを蓄積してきましたが、ベンチでは得られないデータもあり、われわれのPUに関する理解を進められていると思います。
今回のテストでは、2レースの中で気付いたこと、発見したことを改めて確認し、今後のレースに向けたセットアップの最適化に取り組んでいきます。
具体的には、PUを制御する上でのパラメータ(設定値)について、通常のレース週末よりも変化幅を大きくして走行し、挙動や特性を確認していくプログラムなどを進めていきます。

初日の今日はバーレーンではきわめて珍しい雨に悩まされ、多くの走行時間を失ってしまいました。
その点では残念な一日だったと感じています。
明日、もう1日走行機会がありますので、明日は出来るだけ多くのプログラムを重ね、実りあるテストにできればと考えています」

提供:本田技研工業(株)

|

期待の新人ミック・シューマッハ、大物ぶり発揮

Mick Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今回のバーレーン合同テストで最も注目を集めているのがF2ドライバーのミック・シューマッハ(20歳:ドイツ)だろう。
言うまでもなく、7回のタイトルに輝いた稀代のチャンピオン、ミハエル・シューマッハ氏の子息だ。

初日の2日(火)、フェラーリのマシンに乗りこんだシューマッハは初体験にもかかわらずいきなり優勝経験もあるレッドブルのマックス・フェルスタッペンに次ぐ2番手タイムを記録、その大物ぶりをみせた。

マシンを降りてメディアに囲まれたシューマッハは、「レーシングドライバーなら誰もが夢に見るフェラーリのF1マシンだもの興奮するよ。
僕の場合、フェラーリは父との関係もあるからなおさらだ。
でもコクピットに収まったらすぐに落ち着いたね、普通にリラックスできたよ。
F1マシンはすべてが想像以上にハイレベルなものだった。
コーナーも、ブレーキも、パワーも……。
マシンだけでなく、F1という最高レベルのスタッフと仕事をするというのも素晴らしかった。
明日はもっとF1を楽しもうと思っている」と、その印象を語った。

合同テスト2日目の3日(水)は、アルファロメオ・レーシングのマシンに乗り換えてテストを継続する予定になっている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介