2020/08/15

ペレス(レーシング・ポイント)、「最高の気分」

Sergio Perez (C)Racing Point
拡大します
新型コロナウイルスの影響により、7月の第3戦ハンガリーGP以来の参戦となったレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは、久しぶりのF1マシンの感触に笑みを隠せない様子だった。

「今日は久しぶりにコクピットに戻ってみて、ほんと気分は最高だよ。
隔離されていた間、レースに出たくてうずうずしていたからね。
イギリス、アニバーサリーGPと丸々2回分のレースを休んだから、感覚を取り戻すのに苦労するかと思ったけれど、そうでもなかったな。
すぐにリズムを取り戻せて満足しているよ。
気温が高くてフィジカル面では厳しい1日だったけど、有望なペースを示すことができたから明日の予選が今から楽しみだよ。
予選では良いポジションを獲得して、日曜日にはポイントをたくさん手にしたいね」

欠場を余儀なくされる前の3戦ではすべてポイント獲得を果たしているペレスだ。

|

S.バンドーン、晴れてメルセデス陣営のリザーブドライバーに

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
元F1ドライバーであるストッフェル・バンドーン(28歳:ベルギー)が、あらためてメルセデスAMG陣営のリザーブドライバーに復帰したことが確認された。

2016年のスポット参戦を含め、足掛け3シーズンに渡ってマクラーレン・チームからF1に参戦(最高位7位)、その後はルマン24時間レースを含むWEC(世界耐久選手権:SMPレーシング)や、メルセデスAMGチームからフォーミュラEに参戦するなどしていたが、同シリーズのスケジュールが先月で終了したことを受けたもの。

なお同じメルセデス製パワーユニットを使用するマクラーレンやレーシング・ポイントともリザーブドライバーを共有する協定が結ばれているが、バンドーンは残念ながらイギリス&アニバーサリー両GPではフォーミュラEのカレンダーとバッテイングしてペレス(レーシング・ポイント)の代役参戦には至らなかった。

|

2020/08/14

スペインGPフリー2回目、フェルスタッペン3番手

Barcelona Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
8月14日(金)15時(日本時間:22時)から引き続きバルセロナ・サーキットを舞台に2020年F1第6戦スペインGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は30度、路面温度48度まで上昇、コースはドライコンディションとなっている。
シーズン前テストはもちろんのこと、例年スペインGPの開催は5月であることから高い温度には各チームとも閉口した様子だが、明日の公式予選、そして日曜日の決勝レースも高温が予想されるため各車精力的に周回を重ねた。
しかしトップ争いは相変わらずメルセデスAMG勢の二人によって繰り返された。
セッション後半は各チーム共に決勝レースでのロングランを見据えた走行となった。

結局トップはハミルトン(メルセデス)でただ一人1分16秒台に入れる1'16.883を記録した。
2番手ボタス(メルセデス)で0.287秒差。
3番手にフェルスタッペン(レッドブル)、以下リカルド(ルノー)、グロージャン(ハース)、ルクレール(フェラーリ)、サインツ(マクラーレン)、ペレス(レーシング・ポイント)、オコン(ルノー)、ガスリー(アルファタウリ)、ストロール(レーシング・ポイント)、ベッテル(フェラーリ)、アルボン(レッドブル)、ノリス(マクラーレン)、クビアト(アルファタウリ)、マグヌッセン(ハース)、ライコネン(アルファロメオ)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ラティフィ(ウィリアムズ)、そしてラッセル(ウィリアムズ)となった。

スペインGPフリー走行2回目の結果はこちら
スペインGPの画像はこちら

|

スペインGPフリー1回目、メルセデスAMG勢が最速タイム

Barcelona Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
8月14日(金)11時(日本時間:18時)からバルセロナ・サーキットを舞台に2020年F1第6戦スペインGPのフリー走行1回目セッションが無観客で始められた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は28度、路面温度36度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という最も堅い部類に位置する3種類のタイヤを選択・持ち込んでいる。
なお既報のようにレーシング・ポイントではセルジオ・ペレスが第3戦以来の現場復帰を果たしている。
またウィリアムズ・チームではロイ・ニッサニーがラッセルに替わってこのセッションを担当、手持ち無沙汰(?)のラッセルはピット前でロリポップマンを務めて周囲を沸かせていた。

ここでもメルセデスAMG勢が速く、ボタス(メルセデス)が1'16.785、ハミルトン(メルセデス)が1'16.824のタイムで続いた。
3番手は前戦優勝のフェルスタッペン(レッドブル)だが、こちらはベストタイム1'17.724と差を付けられた。
以下、ルクレール&ベッテルのフェラーリ勢、グロージャン(ハース)、ペレス(レーシング・ポイント)、アルボン(レッドブル)、マグヌッセン(ハース)、ストロール(レーシング・ポイント)、サインツ(マクラーレン)、オコン(ルノー)、ノリス(マクラーレン)、ガスリー(アルファタウリ)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ライコネン(アルファロメオ)、クビアト(アルファタウリ)、リカルド(ルノー)、ラティフィ(ウィリアムズ)、そしてニッサニー(ウィリアムズ)の順となった。
このあと15時(日本時間:20時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

スペインGPフリー走行1回目の結果はこちら
スペインGPの画像はこちら

|

F1予選モード、ベルギーGPから禁止へ

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1は、俗に『パーティモード』と呼ばれる予選だけの特別モードについて、次戦ベルギーGP(8月30日決勝から禁止する方針を示唆した。

これは通常のPU(パワーユニット)のモード(設定)を、公式予選のセッション時だけ最大パワー仕様に変更してラップタイムを早めるというもの。
燃費や耐久性もあり、決勝レース時には通常に戻して走ることになる。

メルセデスAMGチームは、以前からこれを使って予選を優位に戦っていたとされている。
このため禁止ということになれば、メルセデス製パワーユニットを使用するメルセデスAMGチームや今シーズンパフォーマンスを上げているレーシング・ポイントらに大きな影響が出るものとみられる。

|

バルセロナの週末、概ね雨の心配なし

Barcelona Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します

今週バルセロナ・サーキットで行われる2020年F1第6戦スペインGPの舞台地であるカタロニア地方の天候について、地元気象台はフリー走行の金曜日、公式予選が行われる土曜日、については問題なし、決勝レースが行われる日曜日には一時雲が厚くなるものの雨の心配はぼぼなしとしている。

期 日 種 目 気 候 気 温 降水確率
8月14日(金) フリー走行 曇りのち晴れ 22- 28度 6%
8月15日(土) 公式予選 晴れ 22- 29度 10%
8月16日(日) 決勝レース 晴れ時々曇り 22- 28度 30%

|

スペインGPのスチュワードにエマニュエル・ピロ氏

Emanuele Pirro (C)Audi Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われる第6戦スペインGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、元ベネトン等のF1ドライバー、エマニュエル・ピロ氏(58歳:イタリア)を指名したことがわかった。
同氏のスチュワード就任は今年のシュタイヤーマルクGP(レッドブルリンク)、イギリスGP(シルバーストーン)に続く今季3回目、自身通算34回目となり引き続き全体の最多記録更新となった。

ピロ氏はスポーツカーレースで活躍、5回のルマン24時間レース優勝を記録したレジェンド。
F1では1989年オーストラリアGPの5位(ベネトン・フォード)が最高位。
昨年のカナダGPではベッテル(フェラーリ)の勝利をフイにするペナルティ裁定を下したことで一躍渦中の人となった経緯がある。

|

ペレス(レーシング・ポイント)、スペインGP出場へ

Sergio Perez (C)Racing Point
拡大します
新型コロナウイルスの陽性反応で欠場が続いていたセルジオ・ペレス(29歳:メキシコ)だが、所属するレーシング・ポイントは最新の検査で陰性になったことを確認、これにより今週末のスペインGPには予定通り出場するということだ。

ペレスはイギリスGP前の感染検査で陽性反応がでたため、イギリスGPと70周年アニバーサリーGPの2戦を欠場、両戦共にニコ・ヒュルケンバーグ(32歳:ドイツ)が代役出場し、アニバーサリーGPでは7位入賞を飾っていた。

|

アロンソ、「今年がインディ500制覇ラストチャンス」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
新型コロナウイルスの影響により、今年のインディ500レースは8月23日(日)に延期、これに伴い今週末から恒例の予選セッションが始められる。
かねての夢である『世界三大レース』制覇を目指し、前F1ドライバーのフェルナンド・アロンソは今年もマクラーレン・グループの協力を得て万全の体制により優勝を狙っている。
しかし本人はこれについて「インディ500挑戦は今年が最後のチャンスになるだろう」と、引き締めている。

というのもアロンソはすでに2021年より古巣であるルノー・チームからのF1復帰が決まっていて、インディカー・シリーズとまったく関わりのないルノー・チームに在籍しながらのインディ500挑戦はこれまでと異なり困難とみられているからだ。
ルノーとの契約が明ける2023年にはフリーの身になるが、バックアップなしにインディ500制覇が見込めるだけの体制を再び築くというのは事実上不可能となりそうだ。

|

2020/08/13

フェラーリ元会長、ベッテルの処遇に不満みせる

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリの元会長が、今シーズンの同チームの不振についてベッテルを擁護する姿勢をみせている。

声を挙げたのは2014年まで会長としてフィアット/フェラーリ・グループ陣営を率いていたルカ・モンテツェモロ氏。
ミハエル・シューマッハを擁し跳ね馬チームの黄金時代を経験、ベッテルを獲得した時のグループ会長でもある。

「チームが思うような戦果を挙げていないこともあり、様々な声が外部から浴びせ掛けられているが、こういう時こそチームは両ドライバーを中心として一丸になって戦わなければならない。
しかし私が見る限り、そういう状況にはなっていないようだ。
フェラーリ・チームにはベッテルが必要だし、彼の貢献は絶対に欠かせないものだ。
だから今は全員で彼を支えるべき時期なんだ」

そう語るモンテツェモロ氏はまた、あまりに早くベッテル放出という来季体制を発表したチームのやり口にも批判を向けた。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介