2022/11/26

アストンマーティンらのフロントウィング禁止へ

Aston Martin 『AMR22』 (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
今シーズン途中から使われたアストンマーティンとメルセデスAMGらのフロントウィングについて、FIA(国際自動車連盟)は来季は禁止する意向であることがわかった。

2022年のF1は、それまでの前後ウィングによるダウンフォースを得るエアロダイナミックスから、フロアパネルによるグランドエフェクト・カーの概念に大きく変更された。
これにより各チームとも新たなコンセプトによるマシンを開発したが、アストンマーティンとメルセデスAMGらがシーズン後半から採用したフロントウィングは今シーズンのレギュレーションでは違法ではないものの、コンセプトが意図としなかった方向であるとして来季に向けてはこれを排除すべくレギュレーションで明確にしたという。

|

フェルスタッペン(レッドブル)、来季も『カーナンバー1』で

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
2022年のF1チャンピオンであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、来シーズンも引き続き『カーナンバー1』を付けて戦う意向を明らかにした。

現在のナンバー登録制になっても『カーナンバー1』は歴史的にF1チャンピオンの栄誉ある称号。
しかし、前王者のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)はこれまで自身の登録ナンバーである『44』の方を選択していた。
一方、2021年に初タイトルを獲得したフェルスタッペンは今季自身の『33』ではなく『1』をつけて参戦していた。

|

ハースF1、ベテラン・ヒュルケンバーグの走りに納得

Nico Hulkenberg (C)Haas F1 Team
拡大します
来季、ハースF1チームのレースドライバーとしてF1復帰が決まっているニコ・ヒュルケンバーグ(35歳:ドイツ)は、これに先駈けアブダビ合同テストに参加したが、ベテランらしい走りにチームも納得しているようだ。

自身の登録ナンバーである27番をつけた『VF-22』を駆ったヒュルケンバーグはこの日トータル110周を走破、同チームの小松礼雄エンジニアリング・ディレクターは次のように語っている。

「さすがにヒュルケンバーグはベテランらしく的確なフィードバックをチームに持たせてくれた。
午前中にPU(パワーユニット)関連のトラブルに見舞われたのが残念だけれど、ドライブミスもなく十分素晴らしいテストになった。
来年彼と一緒に仕事をするのがますます楽しみになった」

ちなみにカーナンバー27はフェラーリのジル・ビルニューブが付けていた番号として知られている。

|

2022/11/25

「今年の不振は来季飛躍のため」と、ウォルフ代表(メルセデス)

T.Wolff & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨季、メルセデスAMGは2014年以来席巻してきたF1君主の座を失ったのみならず、今季はラッセルのわずか1勝に留まるなど苦戦に喘ぎ、ランキングもフェラーリの後塵を拝する3位まで転落した。
しかしこれについて同チームを率いるトト・ウォルフ代表は次のように語り、チームに気合いを入れてみせた。

「このかつてわれわれが経験したことのないような困難は、膠着した組織をもう一度リフレッシュさせるための雌伏の1年間だったと言える。
かつては当然のことのようだった勝利というものの価値を再度認識し、感謝する気持ちを取り戻させた。
来シーズンはこの暗黒の場所に留まることなく、再び陽が当たるような戦いをしなくてはならない」

そしてハミルトンも酷評した今季マシン『W13』について、ファクトリーのエントランスに展示し、訪れる誰もがこの不名誉な1年を思い出すようにすべきと自虐的な『提案』をした。

|

スプリントレース予選方式、見直しの可能性も

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1が昨季から試験導入した『スプリントレース予選方式』について、相変わらず賛否両論があり、とりわけドライバーからはリスクを犯しにくいとして疑問の声があることを受け、ステファーノ・ドメニカリ/CEOは見直しの可能性も示唆した。

それによればスプリントレース予選ではフルのポイントが与えられないうえに肝心の日曜日の決勝レースを前にマシンを損傷させるリスクがあり、全力で戦うことがためらわれているというもの。

これを受け検討されているのは、スプリントレースを予選としてでなく、独立したレースにするという案。
ただこれについても異論があり、F1肝煎りだった改革案は中途半端な存在になっている。

|

フェラーリ代表、「去就は自分では決められない」

Mattia Binotto (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2022年のすべての日程を終えたF1だが、人事の面ではまだ動きがあるかも知れない。

シーズン開幕戦をいきなり1-2勝利で制したフェラーリ・チームだが、当初の勢いは次第に収まっていき、結局ランキング1位のレッドブル・レーシングからは大きく後れを取る結果となった。

そうすると外野から穏当でない動きが始まるのがこのチームの常。
責任者であるマッティア・ビノット代表を更迭しようとする勢力が顔を現しつつあるが、同代表は「残念ながら、自分の去就は自分では決められない」と、嘆く。

なお後任候補としてすでに現在アルファロメオの代表であるフレデリック・バッサー氏の名前が挙げられているという。

|

2022/11/24

リカルド、来季レッドブル第3ドライバーに

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングは、今季限りでマクラーレン・レーシングからの離脱が決まったダニエル・リカルドについて、英国メディアが伝えていた通り2023年シーズンの第3ドライバーとして契約したことを正式発表した。

リカルドは2014年から2018年まで同チームに在籍、フェルスタッペンが成長するまではグループのエース格として通算7回の勝利を重ねた。
2023年は第3ドライバーとして実車テストやシミュレーター開発を行うと共にプロモーション活動も行うとしている。

|

レッドブル&アルファタウリのドライバーら、日本へ

Honda Sakura Factory (C)Honda Racing
拡大します
2022年最終戦アブダビGPも終え、引き続き当地で行われた合同テストも終了したレッドブル・レーシング&アルファタウリの4人のドライバー(レッドブル・レーシングのフェルスタッペン&ペレス、アルファタウリのガスリー&角田裕毅)は揃って日本へと飛来、ホンダの本社や栃木県さくらの開発拠点等を表敬訪問することがわかった。

一行はさらにもてぎ(モビリティリゾートもてぎ)で行われるホンダ・レーシングの『サンクスデー2022』にも参加し、ファンとの交流が図られる予定という。

|

2022/11/23

アブダビ合同テストタイム(11/22)

No. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 C.サインツ ESP Ferrari 1'25.245 65
2 C.ルクレール MON Ferrari 1'25.383 56
3 R.シュワルツマン ISR Ferrari 1'25.400 116
4 P.ガスリー FRA Alpine Renault 1'25.689 130
5 M.フェルスタッペン HOL Redbull PT 1'25.845 76
6 A.アルボン THA Williams Mercedes 1'25.959 118
7 L.サージェント USA Williams Mercedes 1'26.063 82
8 N.デ・フリース HOL Alphatauri Redbull PT 1'26.111 151
9 L.ストロール CAN Aston Martin Merrcedes 1'26.263 70
10 L.ローソン NZL Redbull PT 1'26.281 111
11 J.ドゥーハン AUS Alpine Renault 1'26.297 111
12 F.アロンソ ESP Aston Martin Mercedes 1'26.312 97
13 S.ペレス MEX Redbull PT 1'26.333 88
14 O.ピアストリ AUS McLaren Mercedes 1'26.340 123
15 F.ドラゴビッチ BRA Aston Martin Mercedes 1'26.595 106
16 V.ボタス FIN Alfaromeo Ferrari 1'26.709 129
17 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'26.750 67
18 L.ノリス GBR McLaren Mercedes 1'26.890 115
19 N.ヒュルケンバーグ GER Haas Ferrari 1'27.000 110
20 角田 裕毅 JPN Alphatauri Redbull PT 1'27.123 135
21 P.フィティパルディ BRA Haas Ferrari 1'27.172 99
22 F.ベスティ DEN Mercedes 1'27.216 124
23 G.ラッセル GBR Mercedes 1'27.240 73
24 T.プルシェール FRA Alfaromeo Ferrari 1'27.591 106

   * 2022 PP-Time:1'29.824 M.フェルスタッペン(Redbull PT)
   * 2021 Test-Time:1'23.194 N.デ・フリース(Mercedes)
    (コースが変更されています)
    (ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

|

ハミルトン、「メルセデス『W13』に別れ告げるとき」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨シーズンの雪辱が期待されたルイス・ハミルトンだったが、頼みの『W13』はこれに応えるものではなかったようだ。
F1マシンにとっては今週のアブダビ合同テストがシーズンの締め括りになるが、ハミルトンは「テストが終わればもうこのクルマをドライブしなくて良くなる」と、皮肉を効かせたコメントを口にした。

『W13』はブラジルでこそ今季初勝利を記録したが、それも僚友ラッセルのことで、自身は2007年のデビュー以来、初めて年間無勝利という不名誉な記録を作ってしまう有り様となった。

戦闘力を欠いただけでなく、おそらく全20チーム中、最も激しいポーポシング(波動的な縦揺れ)に悩まされたのもこのマシン。
とりわけハミルトンはこの対策に振り回され続けた1年だったようだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC