2019/02/21

ウィリアムズ首脳、「テスト遅れは恥ずべき事態」

George Russell (C)ROKiT Williams Racing
拡大します
各チームの2019年新型車が出そろったシーズン前最初のバルセロナ合同テストだが、最初の2日間は欠場、3日目も午後になってやっと初走行となったウィリアムズ・チームでは、クレア・ウィリアムズ副代表が「公式テスト遅れは恥ずべき事態」と、現在の状況を詫びた。

これまでの2日間も同チームのピットガレージ前には新カラーリングのマシンが置かれていたが、これは昨年仕様の旧型マシン。
ほんとうの新型車は3日目の朝、サーキットにトランスポーターで届けられ、さっそくクルーが走行の準備に取り掛かった。

『FW42』のコクピットには待ちかねた新人のジョージ・ラッセル(20歳:イギリス)が搭乗、慎重に各部のチェックを行いながらこの日23ラップを周回した。
タイムは1分25秒台というもので、もちろんこの日のベストであるクビアト(トロ・ロッソ)の1分17秒台とは比ぶべくもないが、残されたテスト期間の5日間で他チームの全8日分のスケジュールを挽回しなくてはならないこととなった。

| | トラックバック (0)

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト3日目コメント(2/20)

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
本日のテスト3日目は、初日のドライバー陣容と同じく、Red Bull Toro Rosso Hondaはダニール・クビアト選手、Aston Martin Red Bull Racingはマックス・フェルスタッペン選手が走行を担当しました。

昨日に続き今日も2チーム合計で246周(クビアト選手:137周/フェルスタッペン選手:109周)を走行し、充実した一日となりました。
テスト内容も昨日のものを継続する形で、機能確認や各ドライバーのスタイルに合わせた最適化を行っています。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】

「今日はとてもポジティブな一日でした。
テストで100周以上走行できれば、いい日と言えるでしょう。
Hondaとのコミュニケーションは良好で、それぞれのチームメンバーも自分がやるべきことを分かっていますし、集中しながらいい仕事ができています。
何よりも、今日は多くの周回を走行できて、さまざまなセッティングを試すことができました。
レギュレーションの変更があったので、自分たちが今どこを目指し、何の作業に取り掛かっているのかを正確に理解することが重要です。
現時点で自分たちの実力を測ることは難しいですし、メルボルンでようやくわかるものと思っています。
それでも、マシンからは良い感触を得ています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】

「初日にあまり走行できなかった分を今日は挽回できたと思います。
できるだけ周回を重ねてプログラムを消化することが重要と考えていたので、予定していたよりも多く走行できて充実した一日になりました。
ガレージで働く仲間たちも自分たちの仕事に満足していると思います。
ハイレベルな走行を続け、周回を重ねて自信を付けていきたいです。
マシンからは良い手応えを感じていて、走行を重ねるごとにフィーリングが良くなっていると感じます。
できるだけ周回を重ねるのが重要なので、できれば200周したいぐらいでした。
体は悲鳴を上げてしまうと思いますが(笑)。
いいタイムは出せましたが、それに満足することなく努力を続けることが重要です。
正しい方向に向かって、するべきことをします。
まだシーズン前テストですが、いいスタートが切れていると思います」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「双方のチームともにPU(パワーユニット)については今日も機能確認などを継続し、両チーム合計で246周を走行でき、順調な一日となりました。

初日に担当したドライバーの組み合わせでしたが、それぞれのドライバーの特性に合わせたPUの最適化を進めることできましたし、有益なデータを多く蓄積することができたと思います。

今晩改めて、3日間で収集したデータを分析し、明日もトラブルフリーでテスト1を終えられればと考えています」

提供:本田技研工業(株)

| | トラックバック (0)

ついにホンダパワーが合同テスト最速タイムを記録

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
3日目を迎えた2月20日(水)のバルセロナ合同テスト、ついにホンダパワーのマシンがタイミングモニターの一番上に表示された。

今シーズン、トロ・ロッソに復帰したダニール・クビアト(24歳:ロシア)が記録したこの日のベストタイム1'17.704は、これまで連日最速だったフェラーリ勢のものを上回り、この3日間を通じてもベストとなるもの。
周回数も137ラップの多きを数えた。
一方、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは5番手タイムだった。

2番手はアルファロメオのライコネンで、この日最多の138ラップを周回した。
続いてルノーのリカルド、昨日起きたマシントラブルの懸念を一蹴した。
連日トップタイムだったフェラーリはベッテルが4番手に。
レースドライバー以外では唯一参加のピエトロ・フィッティパルディ(ハースF1)はグロージャンに続く8番手。
前日まで上位だったマクラーレンはタイムに執着せずサインツが9番手に。

この日も両レースドライバーを走らせた王者メルセデスAMGは、この日もタイムは考えずに予定のテスト作業を淡々と消化していた。
なおマシン開発が遅れ前日まで不参加だったウィリアムズはやっとこの日から走行開始。
新人のジョージ・ラッセルが事実上のシェイクダウン・テストを行った。

| | トラックバック (0)

F1、2021年からの統一ギヤボックスに向け入札受付開始

Gear Image (C)Honda Racing
拡大します
F1は2021年シーズン、大幅なレギュレーション変更を行うのに合わせ全チームで統一された『共通ギヤボックス』を導入するとしていて、このほどその入札の受付を開始したと伝えられた。

F1では現在エンジンのECU(エンジン・コントロール・ユニット)を全チーム統一のものとし、具体的にはマクラーレン・グループが製作したものがFIA(国際自動車連盟)を通じて各チームに供給されているが、ギヤボックスについてもこれを踏襲する方針。

しかし現代のギヤボックスはそれ自体が走行性能をも左右する高度な機軸であるだけでなく、そのケーシングはサスペンション等にまで影響を及ぼす各車ごとのコンポーネントとなっているため、実際に導入されるのはギヤボックスの内部構造だけになる。

レーシングカーのギヤボックスといえば、以前はヒューランド(イギリス)やZF(ドイツ)など専門メーカーが製作したものを購入するのが一般的手法だった。

| | トラックバック (0)

バルセロナ合同テスト3日目タイム(2/20)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 D.クビアト RUS Toro Rosso Honda 1'17.704 137
2 K.ライコネン FIN Alfaromeo Ferrari 1'17.762 138
3 D.リカルド AUS Renault 1'18.164 80
4 S.ベッテル GER Ferrari 1'18.350 134
5 M.フェルスタッペン HOL Redbull Honda 1'18.787 109
6 N.ヒュルケンバーグ GER Renault 1'18.800 63
7 R.グロージャン FRA Haas Ferrari 1'19.060 69
8 P.フィティパルディ BRA Haas Ferrari 1'19.249 48
9 C.サインツ ESP McLaren Renault 1'19.354 90
10 S.ペレス MEX Racing Point Mrercedes 1'20.102 67
11 V.ボタス FIN Mercedes 1'20.693 88
12 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'20.818 94
13 G.ラッセル GBR Williams Mercedes 1'25.625 23

   * 2018 PP-Time:1'16.173 L.ハミルトン/Mercedes (5/12)
   * 2018 TestTime : 1'16.904 V.ボタス/Mercedes (5/16)
   * 2019 TestTime : 1'18.161 S.ベッテル/Ferrari (2/18)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

| | トラックバック (0)

2019/02/20

リヤウィング部品脱落のダニエル・リカルド(ルノー)

新型車の導入時には付きもののこととはいえ、バルセロナ合同テスト2日目でもあわやという場面があり、関係者をひやりとさせた。

これは、今季ルノー・チームに移籍したダニエル・リカルドが『R.S.19』をドライブしていた午前のセッションで起きたもの。
高速走行中、マシン後部のリヤウィング上端部分が突然剥離、ルノーの象徴であるイエローが鮮やかに宙を舞った。
原因はウィングに取り付けられたDRS(ドラッグ・リダクション・システム)装置のトラブルという。

突然の出来事にリカルドは、「ブレーキを踏んだ瞬間に異変を感じた。
まるでDRSを解放したまま高速でコーナーに飛び込んだよう気分だったよ」と、述懐。
幸いウォールにヒットすることなくマシンは制御されたが、当時後方にはアルボン(トロ・ロッソ)が走行していて、一歩間違えばかなり危険なシーンではあった。

| | トラックバック (0)

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト2日目コメント(2/19)

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
今日のテスト2日目は、Red Bull Toro Rosso Hondaがアレクサンダー・アルボン選手、Aston Martin Red Bull Racingはピエール・ガスリー選手が走行を担当しました。

2人とも各チームでの初走行となり、特にアルボン選手についてはF1マシンでの初のセッションとなりました。
そのアルボン選手は、走行開始直後に温まりきっていないタイヤの影響でスピンを喫しほろ苦い公式セッションデビューとなったものの、その後は順調に走行を重ね、最終的には本日走行したドライバーの中で2番目に多い132周を走りきりました。
Red Bullのガスリー選手も順調にプログラムを消化していきましたが、セッション終了まで約1時間半を切ったところでコースアウトを喫し、マシン後方からバリアにヒット。
残念ながらその時点で走行終了となりました。

明日は再び、Toro Rossoはダニール・クビアト選手、Red Bullはマックス・フェルスタッペン選手という昨日走行を担当した2人がステアリングを握ります。

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】

「今日はいい一日でした。
ウインターブレイクが明けてまたコースへ戻ってこられてうれしかったです。
マシンの感触はよく、快適に走ることができて、90周以上を消化しました。
午後には、プッシュした走行中にターン10でコースアウトを喫しましたが、これは加速をしながら5速へシフトアップした際にリア(のグリップ)を失ってしまったことによるものです。
これによってラスト1時間の走行ができず、もったいないことをしてしまいました。
それを除けば、多くのことをテストできて、情報収集 がはかどり、いいポテンシャルがあることが分かりました。
もちろん、残り6日間のテストでやるべきことは多くありますが、僕にとっては最高の初日となりました」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】

「今日は人生で最高の一日と言っても過言ではありません。
本当にいい一日でした。
最初は、自分に『午前中はスピンしてはいけない』と自分に言い聞かせてスタートしたのですが、懸念したとおりになってしまいました。
路面温度が低く、スロー走行するとタイヤが冷えてしまうのでスピードを落とすことも出来ませんし、挙動が予測しづらく、まるで氷の上を走っているようでした。
リズムをつかめてからはスムーズに走行できるようになり、問題も全く起きませんでした。
その後スピンを喫したことはあったものの、マシンの限界を探っている中で起こったものです。
水曜日にフィルミングデーで数周走行したので、F1マシン初走行というわけではありませんし、シミュレーターでの経験も多いので、マシンがどのように動くかは頭に入っていました。
しかし、このマシンでの高速走行の経験はすごく新鮮で、いい刺激を受けて大いに楽しむことができました。
マシンを降りても笑顔のままでいますが、明日までずっとこの気持ちが続くのではないかと思います」

提供:本田技研工業(株)

| | トラックバック (0)

合同テスト2日目、フェラーリが連日の最速タイム

Ferrari 『SF90』(C)Ferrari
拡大します
2月19日(火)、バルセロナ合同テストは2日目を迎え、多くのチームでさらなるタイム短縮が図られた。

中でも好調なのが王座奪還を狙うフェラーリ・チームで、この日は新人のシャルル・ルクレール(21歳:モナコ)が1'18.247のベストタイム。
これは初日のベッテルのものにはわずかに及ばないものではあるが、公式の場での跳ね馬初ドライブとしては上々、非凡な才能があるところを証明してみせた。

2番手はこちらも躍進が義務付けられたマクラーレンで起用された期待の新人ランド・ノリス(19歳:イギリス)。
伝統のオレンジがこれまでのところ好調な滑り出しをみせている。

トロ・ロッソ・ホンダの新人アレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)も初走行ながら健闘。
コースアウトして赤旗中断を招くシーンもみられたが、132ラップという周回を重ねて多くのデータを採った。
一方7番手タイムを記録したレッドブル・ホンダのピエール・ガスリー(22歳:フランス)は終盤、同じくコースアウトしてこちらはウォールにクラッシュ、この日2度目となる赤旗中断を招いた。

王者メルセデスAMG勢はこの日もタイムより内容という姿勢で淡々としプログラムを消化していた。
なお渦中のウィリアムズ・チームはこの日もマシンが間に合わずテスト不参加。
伝統のチーム内で穏やかでない空気が現実味を増した。

| | トラックバック (0)

パディ・ロウ、テストに間に合わず進退問題にも

Williams Mercedes 『FW42』(C)ROKiT Williams Racing
拡大します
予定通り18日(月)からスタートしたシーズン前テストだが、新型車開発の遅れから唯一参加できなかったのがウィリアムズ・チームだ。

同チームの新型車『FW42』は、11日(月)一応のお披露目は行われたものの、実質的にはカラーリングのみの旧型車だったとのこと。
その後シェイクダウン・テストもキャンセルする有り様だった。
同チームのクレア・ウィリアムズ副代表によれば火曜日のテスト2日目も間に合わない可能性が高いとのこと。

このため同チーム・マシン開発の責任者であるパディ・ロウ/テクニカル・エグゼクティブディレクターの責任を問う声が挙がっているという。
もしも新型車のパフォーマンスが期待したほどのものでなかった場合には、ロウ氏の進退問題にもなりかねないとの見方が広まりつつある。

| | トラックバック (0)

バルセロナ合同テスト2日目タイム(2/19)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 C.ルクレール MON Ferrari 1'18.247 154
2 L.ノリス GBR McLaren Renault 1'18.553 80
3 K.マグヌッセン DEN Haas Ferrari 1'19.206 59
4 A.アルボン THI Toro Rosso Honda 1'19.301 132
5 A.ジョビナッツィ ITA Alfaromeo Ferrari 1'19.312 101
6 V.ボタス FIN Mercedes 1'19.535 89
7 P.ガスリー FRA Redbull Honda 1'19.814 92
8 N.ヒュルケンバーグ GER Renault 1'19.837 92
9 D.リカルド AUS Renault 1'19.886 28
10 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'19.928 74
11 L.ストロール CAN Racing Point Mrercedes 1'20.433 79
12 P.フィティパルディ BRA Haas Ferrari 1'21.849 13

   * 2018 PP-Time:1'16.173 L.ハミルトン/Mercedes (5/12)
   * 2018 TestTime : 1'16.904 V.ボタス/Mercedes (5/16)
   * 2019 TestTime : 1'18.161 S.ベッテル/Ferrari (2/18)
   * ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧