2019/08/17

メルセデス首脳、「ラッセルには経験積ませたい」

George Russell (C)Mercedes Motorsport
拡大します
レッドブル・レーシングによるアレクサンダー・アルボンの抜擢はF1界に話題を呼んでいるが、同様に傘下の若手育成ドライバーとしてジョージ・ラッセル(20歳:イギリス)を擁するメルセデスでは、次のように方針を異にした。

これはメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが語ったもの。
「われわれに置いて考えた場合、ラッセルを現在のウィリアムズ・チームからメルセデスAMGチームに迎え入れるということになる。
これは当人にとっては想像を超えるプレッシャーになることだろう。
そこで期待の若い芽を摘んでしまってはならない。
だからわれわれは育成を長い眼で考えて、じっくりと運ぶつもりだ。
彼にはもっと経験を積んでもらうことになるだろう」

レッドブル&トロ・ロッソと事情が異なるのはウィリアムズはあくまでも独立した別のチームということだ。

|

カルン・チャンドク氏、アルボン(レッドブル)の成功に期待

Karun Chandhok (C)Ex.Hispania Racing F1 Team
拡大します
突然発表されたアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)のレッドブル・レーシング昇格は、「時期尚早」として多くの関係者で首を傾げる向きが多いが、そんな中、元HRT(ヒスパニア・レーシング)のレースドライバーであるカルン・チャンドク氏(35歳:インド)がこれを前向きに評価して注目を集めている。

それによれば同氏は、「まだF1経験がわずか半年のドライバーがいきなりレッドブル・レーシングのようなトップチームで走るのはかなり困難なことだ。
彼はまだレッドブルのマシンで1周たりとも走ったことがないんだからね。
しかもチームメイトはその才能が評価されているフェルスタッペンで、それと互角に戦うことが要求されているんだ。
これは多くのドライバーにとってかなり難しい注文だよ。
ただアルボンには隠れた才能があると信じている。
今年初めてF1マシンをドライブしたにもかかわらず、中国ではフリー走行でクラッシュしながらもレースでしっかり順位を上げたし、ドイツでは6位入賞という見事なレースをし
てみせた」

同じ東アジア出身であり、現在イギリスの『スカイ・スポーツ』でF1コメンテーターを務めるチャンドクの言葉には説得力がありそうだ。

|

抜擢のアルボン(レッドブル)、「プレッシャーは考えない」

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
F1デビューわずか半年でトップチームの一つであるレッドブル・レーシングに抜擢されたアレクサンダー・アルボン(23歳:タイ)について、周囲からはそのプレッシャーについて心配の声が高まっている。

なにせアルボンが初めてF1マシンをドライブしたのは今年になってからのこと。
それが、すでに5年の経験とを持ち、ハミルトン(メルセデス)と並んでその才能が評価されるフェルスタッペンのチームメイトになるのだ。

これについてアルボン本人は次のように語っている。
「僕だってミスを犯すことがあるのはわかっているよ。
それは誰だって同じだろう。
でもこれまでトスト(フランツ・トスト/トロ・ロッソ・チーム代表)は僕を叱るのではなくいつも適切なアドバイスを与えてくれたので、プレッシャーにならずに済んだ。
一方レッドブル・レーシングは一流のチームだけれど、ドライバーに厳しいことも知っている。
しかもフェルスタッペンはトップドライバーの一人だもの。
でも僕はそういうことを考えないようにしているよ」

|

2019/08/16

ボタス(メルセデス)、WRC(世界ラリー選手権)転向も

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します
来季のレースシートがまだ確定していないバルテリ・ボタス(メルセデス)、万一有力チームのシートが確保できなかった場合に備え、WRC(世界ラリー選手権)転向も視野に入れているのではないかとの噂が広がっている。

というのも、先のトヨタWRCチームによるヤリスWRカーによるテストに続き、今度はM-スポーツ・フォード・WRTでフォード・フィエスタWRカーのテストを極秘裏に行ったことが明らかになったからだ。
(同車では今年1月に母国で行われた『アークティック・ラリー』に参戦している)
相次ぐボタスによるWRカーのテストに、パドックでは「F1とWRCと両方のカテゴリーに可能性を確保しているのでは」との見方がされているものだ。

今季で契約が終了するボタスの後任に、メルセデスAMGチームはエステバン・オコンの起用を考えているとの見方が強まっている。

|

キミ・ライコネン・ジュニア、カート・デビュー果たす

Robin Raikkonen

フィンランド出身の元F1チャンピオンであるキミ・ライコネンの子息ロビン君(4歳)が、カート・デビューを果たしたことがわかった。
これは、父親のライコネンか゜自身のインスタグラムにその画像を投稿したもの。
父親は「アイスマン」(ICENAN)の愛称で親しまれているが、記事には(ACEMAN)のキャプションが添えられている。

なおライコネンも8歳の時にカート・デビューをしていて、10代の時には数々のタイトル獲得を果たしている。

|

「後半戦では巻き返す」と、リカルド(ルノー)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
昨シーズンはコンストラクターズ・ランキング4位と、ワークスチームとしての面目を保ったルノー・チームだったが、今季は前半を終え6位と苦戦している。
厳しいメディアからは、マシンの戦闘力不足だけでなくルノー製パワーユニットの信頼性の欠如やパワー不足、さらにはチームの士気にまで厳しい言及がされる始末。

これについて今季レッドブル・レーシングから移籍をしたダニエル・リカルド(30歳:オーストラリア)は次のように語っている。

「確かに今シーズン、ここまではうまく廻っていない。
でもここで夏休みで一息つけるのは願ってもないことだ。
忙しいとき、とりわけ2週連続開催何ていう時は、ルーティンワークに追われて新たな開発なんてほとんどできないのが実際なんだ。
でもわずかな期間だけど、夏休みで気分を変えることができるからね。
これまでの戦いを振り返ることができるし、後半戦に向けて戦略を練り直すこともできるというものさ。
僕らも後半戦ではきっと巻き返すからね」

とはいえ昨年の同じ時期111ポイント(5位)だった成績は今22ポイント(11位)。
これを取り戻すのは容易ではない。

|

2019/08/15

ストロール(レーシング・ポイント)の課題は予選の速さ

Lance Stroll (C)Racing Point F1
拡大します
不調のウィリアムズ・チームで苦しい2シーズンを過ごした後、体制を一新したレーシング・ポイントに移籍したランス・ストロール(20歳:カナダ)は、ここまでベテランのセルジオ・ペレスを上廻る成績を残している。
ただ予選に限ってみると、まだQ2に進出できたのはドイツの1回だけ。
(ただしこの時はみごと4位入賞を果たしている)
予選結果ではチームメイトに置いて行かれているのが実状だ。

これについて同チームでは「予選でのパフォーマンス改善が必要」と、次のように指摘している。
「堅実で実績のあるペレスと比較することは良い基準になると思うが、ストロールは決して見劣りしていない。
それどころか凌ぐケースもあるほどだ。
ただ予選一発のスピードではまだチームメイトに追い付いていない。
もうシーズンも半ばに達したのだから、マシンの特性を早く掴んで欲しい。
彼の課題はそれに尽きる」

カナダの大富豪を父に持つストロールだが、財力だけではここまで来れないのは確かだ。

|

アルファロメオ・レーシング、米国人ドライバーをテストへ

Juan Manuel Correa (C)Alfaromeo Racing
アルファロメオ・レーシングは、今季F2ドライバーであるアメリカのファン・マニュエル・コレア(19歳)をプライベートテストに起用することを明らかにした。

昨年までGP3を戦ったコレアは今季F2にザウバーのジュニアチームである『チャロウズ』から参戦、目下ランキング12位に位置すると共に同F1チームの開発ドライバーに指名されていた。

テストはフランスのポールリカール・サーキットで、規定により旧型のザウバー『C32』が使われる予定。
これがF1初体験となるコレアは「すべての間隔を研ぎ澄ましてF1を体験したい」と、すでにワクワクして興奮が抑えられない様子だ。

|

シュタイナー代表(ハースF1)、「フェルスタッペンに感謝」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、かねてF1におけるバトルの必要性を主張してきているが、ここのところの4レース(オーストリア、イギリス、ドイツ、ハンガリーの各GP)はいずれもエキサイティングで見所のあるものだったと評価した。

「F1には素晴らしいショーが必要だといつも言っているが、最近の4レースは十分それに値するものだと言える。
こういうレースをこれからも続けたいとみんなが思っているよ。
F1は年間21レース、すべてがこういうものでなくてはね」

この4レースの勝者はハミルトン(メルセデス)2勝とフェルスタッペンの2勝。
シュタイナー代表はとりわけフェルスタッペンの活躍についてこれを高く評価した。
「彼はまさにファンが見たいものをコース上で見せてくれるんだ。
われわれは彼に感謝しなければ……」と、そのアグレッシブなドライビングを讃えている。

|

2019/08/14

「出戻りガスリー」、トロ・ロッソは全力で支援

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル・レーシングへの抜擢からわずか半年、突然元のトロ・ロッソへの「降格」が通告されたピエール・ガスリー(23歳:フランス)だが、古巣であるトロ・ロッソからは暖かい歓迎を受けているようだ。

ガスリー本人への通告はチームが正式発表するわずか数時間前だったというが、ガスリーのパーソナル・マネージャーは「トロ・ロッソとは今も良好な関係にるあので復帰は大歓迎」と、むしろ前向き姿勢。

他チームからは「まだF1経験1年半のガスリーとしては十分健闘していると思うが、レッドブルのドライバー人事は冷酷なものだからね」と、同情の向きも。
しかしプレッシャーの掛からないトロ・ロッソのほうが自然なパフォーマンスを発揮できると、歓迎する声も聞かれる。
またチームもすでに「旧知のガスリー復帰は大歓迎」としている。

その逆に新人アレクサンダー・アルボンがレッドブル・レーシングへのスピード昇格でつぶされないか、懸念する関係者も多い。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介