2023/12/08

ブリヂストン、フォーミュラEへの供給決定

Formula-E Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
イギリスの一部メディアが伝えたように、先に行われた入札の結果、現在供給している韓国のハンコックに代わって日本のブリヂストンがフォーミュラEへのタイヤ供給単独サプライヤー資格を獲得したことがFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)から正式発表された。

これによりブリヂストンは来たる2026-2027シーズンから2029-2030年シーズンまでの4年間、フォーミュラEタイヤの単独サプライヤーを務めることになる。

|

2023/12/07

ブリヂストン、フォーミュラEにタイヤ供給か

Formula-E Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
日本のブリヂストンタイヤが、次シーズンからFIA(国際自動車連盟)肝煎りのカテゴリーである『フォーミュラE』にタイヤを独占供給することになりそうだ。

これはイギリスの一部メディアが伝えたもので、先に行われた入札の結果、現在供給している韓国のハンコックに代わって供給資格を獲得したとのこと。
間もなく正式発表される見通しという。
なおフォーミュラEのタイヤは溝付きのもので、軽い雨でも使用できる全天候型となっている。

1997年から2010年までF1にタイヤを供給してきたブリヂストンは、F1復帰に向けても入札に参加したが、こちらはイタリアのピレリが獲得している。

|

2023/09/28

デ・フリース(元アルファタウリ)、フォーミュラE復帰へ

Nyck de Vries (C)Scuderia Alphatauri 拡大します 2020/2021年フォーミュラEチャンピオンの勲章と共に今季スクーデリア・アルファタウリから本格F1デビューを果たしながら、わずか10戦で放出となったニック・デ・フリース(28歳:オランダ)が、再びフォーミュラEに復帰することが明らかとなった。

 

2022年、デ・フリースは体調不良となったアレックス・アルボンの代役としてウィリアムズ・レーシングからF1スポット参戦、9位という好成績を収めポイントを獲得したことが評価されていた。
なお復帰するフォーミュラEでは『マヒンドラ』に所属することが決まっている。

 

 

|

2023/04/25

フォーミュラEドイツ戦で観客乱入事件

Image (C)Formula E
拡大します
4月23日(日)、ドイツのテンペルホーフ空港跡地で行なわれたフォーミュラEのベルリン戦で、コースに観客が乱入するという事件があったことが伝えられた。

それによれば第8戦のスタート直前、ドイツの環境団体の活動家が抗議のため隊列の前に侵入するという事件が発生したというもの。
幸い大きな事故にはならなかったが、すぐさま取り押さえられた活動家は地元警察に引き渡されたのことだ。

スタートは遅れたもののレースは予定通り行われたとのことで、ニック・キャシディの優勝が報告されている。

|

2023/04/13

ダニール・クビアト、フォーミュラEに活路求める

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
元レッドブル等のレースドライバーだったダニール・クビアト(29歳:ロシア)が、いま世界的趨勢である電気自動車『フォーミュラE』のテストを受けることがわかった。

それよれば4月22-23日の第7-8戦のベルリン・ラウンド参戦を目途に『NIO 333』チームによるテストの機会を得たということだ。
同チームによれば、問題がなければ残りのシーズンすべてに参加させる予定という。

2014年に当時のトロ・ロッソからF1デビューを果たしたクビアトは、その後スピードを買われてレッドブル・レーシングに抜擢されるなどしたが、2017年のアメリカGPを最後にシートを失い、さらに母国ロシアによるウクライナ侵攻もあって他のロシア人ドライバー同様に不遇を託っていた。

|

2022/12/30

デ・フリースの活躍がフォーミュラEの評価に影響

Mercedes Formula_E (C)Mercedes Motorsport
拡大します
2023年、角田裕毅のチームメイトとしてアルファタウリでレースドライバーを務めることになったニック・デ・フリース(27歳:オランダ)について、かつて同選手のフォーミュラE時代にメルセデス・フォーミュラEチームを率いたイアン・ジェームス代表が、デ・フリースの活躍に期待を掛けている。

デ・フリースは2019年にF2シリーズでタイトルを獲得した後、フォーミュラEに転身、こちらでもみごとシリーズ・チャンピオンに輝いた。
同代表は「デ・フリースがF1でも成功すると確信している。
というか、彼がF1でどこまでやれるのかが、そのままフォーミュラEのレベルを評価する基準になるからだ。
彼の活躍せ注目して観ているよ」と、語った。

FIA(国際自動車連盟)肝煎りの電気自動車レースであるフォーミュラEは、残念ながらこれまでモータースポーツの中で異端児扱いされてきたのが事実だ。

|

2022/12/05

フォーミュラE、新時代に向けロゴ一新

Formula E (C)Formula E
モーターレーシングに新しい時代を築きつつある『フォーミュラE』が新ブランディングの導入と共にロゴマークを一新した。

それによれば新しいシステムの基本となるのは「ブランドとスポーツの中心にある興奮とエネルギーを表すトルクループ」にあるということだ。

フォーミュラEシリーズのの2022/23カレンダーは、新たにハイデラバード(インド)やケープタウン(南アフリカ)、サンパウロ(ブラジル)らを加え、来年の1月14日から7月30日まで開催される。

|

2022/10/05

2024年、東京での『フォーミュラE』開催が決定

Formula E (C)Formula E
拡大します
電気自動車のレースである『フォーミュラE』は、2024年に東京で日本戦を開催することを発表した。
詳細はまだ不明だが、すべて市街地特設コースで行われるため江東区にある東京ビックサイト周辺を想定しているとされる。

環境問題に熱心な小池百合子東京都知事からは、「ZEV(ゼロエミッション)の意義を広く理解し、この精神の普及拡大に向けた一助になれば」と、開催を歓迎するコメントが伝えられている。

|

2022/08/16

ダ・コスタ、フォーミュラEポルシェ・チームへ

Antonio Felix da Costa (C)Redbull Racing
拡大します
2019-20年のフォーミュラEチャンピオンであるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(30歳:ポルトガル)が、所属していた『DSテチーター』絡む離脱、シーズン9となる来季はポルシェ・チームに移籍、パスカル・ウェーレインとパートナーを組むことがわかった。

かつてはフォース・インディア・チームやレッドブル・レーシングでテストドライバーを務めるなどF1への道を探っていたダ・コスタだったが、夢が潰えるとWEC(世界耐久選手権)やフォーミュラEなどで活躍、成果を挙げていた。

|

2022/05/15

マクラーレン、メルセデスを継承してフォーミュラE参戦

Mercedes Formula-E (C)Mercedes Motorsport
拡大します
マクラーレン・レーシングは、メルセデスのフォーミュラEチーム『メルセデスEQフォーミュラE』を継承し、2022/2023年シーズンからFIA(国際自動車連盟)のフォーミュラE世界選手権に新規参戦することを正式発表した。
ドライバーなど具体的なチーム体制については今後発表するとのこと。

マクラーレンはこの参戦について、レーシングチームとしての持続可能性の旅を加速し、新しく、より多様なグローバルオーディエンスに到達するという目標を反映したものとしいる。
なおこれによりマクラーレンはF1、インディカー・シリーズ、エクストリームE、eスポーツに加えての参戦となる。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ アンドレッティ・グローバル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC