2017/04/21

フェラーリ・テスト、災いはマシンでなくピットガレージに

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームはバーレーン合同テスト2日目にエースのセバスチャン・ベッテルを参加させたが、トラブルのため走行時間が失われる事態に見舞われた。
しかしトラブルはマシンにだけでなく、ピットガレージでも起きていたことが判明、パドックで恰好の話題になっている。

今季ザウバー・チームからの参戦もあったアントニオ・ジョビナッツィから『SF70H』のステアリングを引き継いだアロンソは、午前の走行で小さな電気系のトラブルが見つかりガレージに戻されたとされる。
トラブルはパーツを交換して再びコースに戻る予定だったが、その際になんとフェラーリ・チームだけピットガレージが停電。
現代のF1ではピットガレージにテレメトリー等を始めとする重要設備が集中していて、当然のことながら停電になるとそれらの機能が失われてしまう。

その後電気設備は修復されたものの、ライバルであるメルセデスAMGチームのボタスがこの日トータル143周を周回したのに対しベッテルのほうは半分以下の64周に留まった。

| | トラックバック (0)

2017/04/20

マクラーレン・ホンダ、合同テスト最終日は順調

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、ここまでマシントラブルが続いたマクラーレン・ホンダ・チームだが、19日(水)のバーレーン合同テスト最終日は順調な周回をみせた。

この日『MCL32』のステアリングを握ったのはレースドライバーのストッフェル・バンドーンで、一日を通じて順調に周回を重ねてセットアップを進めトータル81周を周回、ベストタイムも全12台中の4番手とこれまでにない好位置につけた。

ホンダR&Dチーフエンジニアの中村聡氏は、この日のテストについて次のように語っている。
「昨日のテスト初日はMGU-H(熱エネルギー回生システム)関連の問題によりあまり周回を重ねられなかったが、今日はスケジュール通りにテストプログラムを消化できた。
MGU-Hの問題については懸命に分析を行い、今回のテストで一連の問題に対し暫定的な対策を施し、今日の走行で対策の方向性をある程度確認できた。
今日はそれ以外にもドライバビリティや振動の問題に進歩が見られた。
今回得られた貴重なデータを元にこれからも改善を続け、できるだけ早くライバルに追い付けるよう努力を続けたい」

| | トラックバック (0)

バーレーン合同テスト2日目タイム(最終:4/19)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 V.ボタス FIN Mercedes 1'31.280 143
2 S.ベッテル GER Ferrari 1'31.574 64
3 C.サインツ ESP Toro Rosso Renault 1'31.884 68
4 S.バンドーン BEL McLaren Honda 1'32.108 81
5 K.マグヌッセン DEN Haas Ferrari 1'32.120 88
6 E.オコン FRA Force India Mercedes 1'32.142 60
7 D.クビアト RUS Toro Rosso Renault 1'32.213 61
8 G.パフェット GBR Williams Mercedes 1'32.253 126
9 S.シロトキン RUS Renault 1'32.287 90
10 P.ガスリー FRA Redbull TAG Heuer 1'32.568 65
11 P.ウェーレイン GER Sauber Ferrari 1'34.462 91
12 S.ペレス MEX Force India Mercedes 1'35.015 70

   * 2017 PP-Time 1'28.769 V.ボタス/Mercedes (4/15)
   * 2017 Test-Time 1'31.358 L.ハミルトン/Mercedes (4/18)
    (訳注:ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2017/04/19

バーレーン合同テスト1日目タイム(4/18)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'31.358 97
2 A.ジョビナッツィ ITA Ferrari 1'31.984 93
3 D.リカルド AUS Redbull TAG Heuer 1'32.349 45
4 R.グロージャン FRA Haas Ferrari 1'32.452 87
5 F.マッサ BRA Williams Mercedes 1'32.509 56
6 N.ヒュルケンバーグ GER Renault 1'33.624 74
7 L.ストロール CAN Williams Mercedes 1'33.729 35
8 S.ジェラエル INA Toro Rosso Renault 1'33.885 78
9 S.ベッテル GER Ferrari 1'33.894 89
10 A.セリス MEX Force India Mercedes 1'33.939 71
11 M.エリクソン SWE Sauber Ferrari 1'34.550 106
12 O.ターベイ GBR McLaren Honda 1'35.011 17

   * 2014 Test-Time 1'34.136 L.ハミルトン/Mercedes (4/09)
   * 2017 PP-Time 1'28.769 V.ボタス/Mercedes (4/15)
    (訳注:ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2016/10/13

バーレーン、シーズン中テストの代替案浮上

Tyre Work (C)Redbull Racing
拡大します
恒例のシーズン前テストは、コスト増の懸念から2017年もスペイン国内だけに留められたが、暖かい中東でのテストを希望するピレリタイヤはなおもその方針を捨てていないようだ。

中東遠征反対の急先鋒であるレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、「たった数日のテストのためバーレーンまで行くにはコストが掛かりすぎる。
メルセデスやフェラーリのように潤沢な資金があるチームなら別だがね」と、突き放す。
これにはウィリアムズやザウバーらのプライベートチームも同調している。

そこでピレリは、シーズン前テストとは別に、第3戦として行われるバーレーンGPの直後に居残ってテストする機会を設けようというもの。
こうした前例はこれまでもあり、実現の可能性はあるようだ。

| | トラックバック (0)

2016/10/04

来季シーズン前テスト、メルセデスとレッドブルの意向対立

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017年のシーズン前テストについてはすでにスペインのバルセロナ・サーキットがその舞台として発表されているが、当初はその候補として中東のバーレーン・サーキットも挙げられていた。
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表によると、その背景にはメルセデスAMGやフェラーリらのビッグチームと規模の小さいプライベートチームとの間で熾烈な「抗争」があったということだ。

それによればバーレーンを推していたメルセデスAMGは、その見込みがなくなると今度は「最初のテストはバルセロナで行うとしても2回目のテストについてはそれぞれのチームが両社のどちらか選択できるよう」働き掛けていたという。
これについてホーナー代表は、「テストのために中東まで遠征して行うというのは各チームの財政を考えると現実的でない。
ましてや両方でやるなどというのはビッグチームの傲慢に過ぎない」と、非難した。

その背景にはメルセデスもフェラーリも(高級)自動車メーカーであり、共に中東の市場を重視しているということもあったようだ。

| | トラックバック (0)

2016/08/13

ピレリ首脳、バーレーンをシーズン前テストに希望

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1タイヤは2017年シーズンからワイドタイヤ化するということで、シーズン中にも複数のテスト、さらに来季開幕前にも定例のシーズン前テストが行われる予定だが、これについてピレリ・モータースポーツのポール・ヘンベリー/ディレクターがタイヤ製造者の立場から提言を行っている。

「今年はスペインのバルセロナ・サーキットを舞台にシーズン前テストが行われたが、この時期のヨーロッパはまだ寒く、シーズン中のグランプリとは気温が違いすぎてほんとうのタイヤテストにはならない。
だからわれわれは以前行われていたようにバーレーン・サーキットでテストを行うことを希望している。
中東であれば十分に暖かく、タイヤのための適切なテストが行えるからだ。
チームにとってはわざわざお金と時間を掛けて遠隔の地で……という言い分もあるだろうが、ぜひ検討してもらいたい」と、ヘンベリー氏。

バーレーンでは2014年までシーズン前テストが行われていたが、この時も遠征コストを理由に参加を辞退したチームが複数あった。

| | トラックバック (0)

2014/04/12

ピレリ、2014年型マシンを使用した1回目のインシーズンテストを完了

2014 バーレーン・インシーズンテスト 4月8~9日

(C)Pirelli Motorsport

拡大します
・ケータハム、メルセデス、ウィリアムズが、 ピレリとともに2015年に向けたタイヤテストを実施
・ハミルトンが、新型プロトタイプタイヤで最速タイムを記録

2014年4月9日、サヒール

ピレリは、2014年型マシンを使用した1回目のインシーズンテストを完了しました。このタイヤテストは、最新世代のFormula Oneマシンに適したタイヤ開発を行うピレリをサポートする目的で新たに導入されました。

2日間のテストにおいて、合計8種類の新型タイヤ構造と6種類の新型コンパウンドがテストされました。火曜日にケータハムが、水曜日にメルセデスとウィリアムズがテストを行いました。同時にテストされるのは、ひとつの要素のみでした。したがって、新型コンパウンドがテストされる場合、タイヤ構造は現行のものが使用されました。(逆もまた然りです。)各チームは、比較のために、現行のタイヤでのベースライン走行を行い、プロトタイプでの走行を行いました。

250セットのプロトタイプタイヤがバーレーンに持ち込まれました。サイドウォールにカラーが施されていないプロトタイプタイヤは、2015年に向けて設計されているものです。気温および路面温度がグランプリ週末よりも高くなった2日間のテストを通して、ピレリはプロトタイプタイヤを使用して、合計110周、距離にして595kmの走行を完了しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ピレリ、2014年型マシンを使用した1回目のインシーズンテストを完了 "

| | トラックバック (0)

2014/04/10

テスト最終日もメルセデスがスピード信頼性で圧倒

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
シーズン中のテストとしては今季初となったバーレーン合同テストは、9日(水)その日程を終えた。
最終日もそのスピードを見せつけたのはメルセデスAMGで、ルイス・ハミルトンが記録した1'34.136は先日行われたバーレーンGP予選のポールタイムには及ばないものだったが、この日2番手となったベルニュ(トロ・ロッソ)のものを1.421秒も上廻る圧巻。
さらにこの日最多の118ラップ、前日と合わせ239ラップを周回する高い信頼性をも見せつけた。

現在のF1勢力図で2番手を自負するマクラーレン・チームは、しかし予定された新人のテストドライバー、ストッフェル・バンドーンを起用を取りやめてマグヌッセンを走らせたにもかかわらず、フロント・サスペンションが破損するというトップチームらしからぬ原因で赤旗中断の原因を作った。

フェラーリは別掲のようにシャシー損傷でテスト打ち切り。
エリクソン(ケータハム)はERS(エネルギー回生システム)のトラブルでストップ。
不調続きのロータスもまたパワーユニットが原因でテストを早期終了した。

| | トラックバック (0)

バーレーン合同テスト2日目タイム(最終:4/09)

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'34.136 118
2 J.ベルニュ FRA Toro Rosso Renault 1'35.557 63
3 K.マグヌッセン DEN McLaren Mercedes 1'36.203 26
4 S.ペレス MEX Force India Mercedes 1'36.586 62
5 D.リカルド AUS Redbull Renault 1'37.310 65
6 J.ビアンキ FRA Marussia Ferrari 1'37.316 93
7 G-V.デル・ガルデ HOL Caterham Renault 1'37.623 77
8 F.アロンソ ESP Ferrari 1'37.912 12
9 M.エリクソン SWE Caterham Renault 1'39.263 66
10 F.ナスル BRA Williams Mercedes 1'39.879 87
11 R.グロージャン FRA Lotus Renault 1'43.732 16

   * 2009 Test-Time 1'32.102 K.ライコネン/Ferrari (2/17)
   * 2014 Test-Time 1'33.278 L.ハミルトン/Mercedes (3/02)
    (訳注:ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP