2019/02/07

ヴィジャイ・マルヤ元代表に『年貢の納め時』迫る

S.Perez & V.Mallya (C)Sahara Force India F1
拡大します
以前より、インド当局から経済事件の重要な被疑者として捜査の手が及んでいながら、イギリス国内に居住しているためこれまで身柄確保を免れていたヴィジャイ・マルヤ氏(63歳:インド)だが、いよいよ『年貢の納め時』が迫ったようだ。
同氏はフォース・インディア・チームの設立者でかつてはチーム代表も務めた富豪。

これは母国インドの『インディア・トゥデー』紙らが報じたもので、それによれば数年来同氏の身柄引き渡しを求められていたイギリス政府が、今回やっとこれに応じることを決めたのではないかというもの。
インド・イギリス両国の間に犯罪人引き渡し条約は結ばれていないが、事実であれば高度な政治判断が下されたものとみられる。

F1はイギリスでは重要な文化、しかし同氏がこれまで関与してきたフォース・インディアが今回正式にレーシング・ポイントに移行することがあり、こうしたことが判断に影響したことも考えられる。

| | トラックバック (0)

2018/07/29

フォース・インディア、ついに破産手続開始

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
かねて財政難が伝えられていたフォース・インディア・チームだが、ハンガリーGPを前についに破産手続が始まったことを認めた。
同チームのスポークスマンによれば、英国ロンドンの裁判所が管財人を務めるとのこと。

フォース・インディアはその名の通り、インドでキングフィッシャー航空等を経営したヴィジャイ・マルヤ氏が2007年に当時のスパイカーF1チームを買収してスタートしたもの。
しかしオーナーに詐欺容疑で逮捕状(インド国内)が出されるなど混乱。
資金不足をインドの複合企業であるサハラ・インディア・パリワールに求めるなどしてチーム名も変更した。

最終的にはリバティ・メディアからの支援も行われたとされるが、ついに最悪の状況が来たようだ。
今後の参戦が可能かどうかはまだ明らかにされていない。

| | トラックバック (0)

2018/06/01

ヴィジャイ・マルヤ氏(F・インディア)、代表職専念へ

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
フォース・インディア・チームの創設者でチーム代表でもあるヴィジャイ・マルヤ氏(62歳:インド)はこれまで兼任してきたマネージング・ディレクターの職務から外れることがわかった。

マネージング・ディレクターの後任にはマルヤ氏の子息であるシッダールタ氏(31歳)が就くが、引き続きチーム代表のポジションはマルヤ氏が継続するとのこと。
チームの株式はマルヤ氏が42.5%を所有、同じく42.5%をタイトル・スポンサーでもあるインドの大手会社『サハラ』が所有ということで、初代オーナー一族の影響力は変わらないようだ。

マルヤ氏はインド当局から脱税容疑で逮捕状が出ており、当人はイギリスから出国することができないでいる。

| | トラックバック (0)

2017/07/23

フォース・インディアのチーム名変更、難航か

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
今シーズン中にもチーム名を変更かとみられたフォース・インディアだが、ここに来て急速にその勢いを失っているようだ。

元々はエディ・ジョーダン氏が率いたジョーダン・チームをルーツに、その後MF1レーシング、スパイカーF1に変更、2008年からはインドの実業家であるヴィジャイ・マルヤ氏がオーナーとなりフォース・インディアとしたもの。
その後2011年に株式の半数近くをやはりインドの複合企業であるサハラ・グループに売却し、現在のサハラ・フォース・インディアの名称になっている。

しかし同チームはインド色か強すぎたとして名称変更を主張。
伝えられるところでは新しいチーム名は『フォース・レーシング』が有力ということで、すでに関連商標等の登録も済ませたと報じられたが、その一方でマルヤ氏は突然「急いでチーム名を変更する必要はない」と、トーンダウンをみせた。

当然のことながら、名称変更の裏にはチームの財政問題が絡んでいるとみられ、あるいはそうした交渉が難航しているのかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017/06/15

フォース・インディア、チーム名変更の可能性示す

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
プライベートチームながら今季もコンストラクターズ・ランキング4位と健闘するフォース・インディアはその名の通りインドを母体とするチームだが、より国際色を豊かにするためチーム名の変更を検討していることがわかった。

これは同チームのオーナーであるヴィジャイ・マルヤ氏が『Motorsport-Total.com』に示したもの。
その中でこのインドの富豪は次のようにその背景を明らかにした。

「われわれは控え目な活動資金で懸命に活動しているが、その中でもインドのスポンサーはさして多くはない。
そこで今後より国際色を豊かにしてもっと裾野を広げたいと考えている。
その時、現在のフォース・インディアという名称は必ずしもふさわしいものだとは思えない。
もちろん名称変更は重要な事項で、今後株主らともよく話をして進めていかなければならないが」

元々ジョーダン・チームとしてスタートしたこのチームはその後ミッドランドF1、スパイカーF1を経て2008年から現在のフォース・インディア体制となっている。

| | トラックバック (0)

2017/06/14

フォース・インディア代表、「チームオーダーは求めない」

Force India Duo (C)Sahara Force India F1
拡大します
カナダGPで起きたとされるフォース・インディア・ドライバー間の遺恨について、同チームのヴィジャイ・マルヤ代表はあらためてチームオーダーがないことを強調した。

「われわれのチームにはドライバー間の序列はない。
いつでも自由なバトルが許されている。
したがって今回のレースでいえばペレスが順位を譲らなかったのも正しいし、オコンが攻め立てたのも正しいことだ。
それは当時の無線を聞いても明らかなことだ。
われわれは今後も『決定的な』チームオーダーを求めたりはしないだろう」

とは言うものの、国際中継で紹介された当時の無線交信はとても穏やかとは言えないもの。
周囲では今後チーム内に遺恨が残るのは確実とみられている。
ちなみにチームオーダーは公式には禁止されているので、どのチームでもこれを公然と認めることはできないでいる。

| | トラックバック (0)

2017/06/06

F・インディア代表、「ハースF1はフェラーリの第2チーム」

Motorhome (C)Sahara Force India F1
拡大します
現在のF1賞金配分システムは、基本的には前年の成績を踏襲しながらも、F1で伝統あるチームが優遇されていて、それは成績とは関係なく巨額なものとされる。
実際、メルセデスAMGチームが圧倒したここ数年においても、最大の賞金を受け取っていたのはフェラーリ・チームだったことがわかっている。

そのためプライベートチームでありながらワークスチームをも脅かす存在となっているフォース・インディアは、かねて現行の分配金システムに不満を示してきた。
しかし同じようなプライベートの立場である筈のハースF1チームが現行システムへの賛同を示したことから思わぬ波紋を呼んでいる。

これについてフォース・インディアのヴィジャイ・マルヤ代表は、「残念ながらハースF1はわれわれと立場を同じくしていない。
彼らは公正な賞金を受け取ることよりも、フェラーリのセカンドチームとして技術的な恩恵を得ることを選択した。
当然のことながら、われわれは大いに失望しているよ」と、断罪した。

| | トラックバック (0)

2015/11/27

ヴィジャイ・マルヤ代表、F1からの引退を示唆

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
フォース・インディア・チームのヴィジャイ・マルヤ代表(59歳:インド)が、今季限りでF1からの引退を示唆して注目されている。

マルヤ氏はインド実業界を代表する富豪で、キングフィッシャー航空のオーナーを務めるなどの実力者だが、近年経営が傾いているとされその力量に疑問符が投げ掛けられているのが実情。
インドのモータースポーツ連盟の会長としてインドGP実現にも大いに貢献したが、自ら起こしたフォース・インディアにはここに来て身売りの噂が絶えない。

名前が上がっているアストンマーティンらとの売却話がまとまれば、同代表はF1から身を引くことになるだろう。
なお今年で参戦8年目となるフォース・インディアは3回の表彰台獲得があるが依然未勝利となっている。

| | トラックバック (0)

2014/09/29

マルヤ代表(F・インディア)、「マクラーレンとのバトルは本望」

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
目下コンストラクターズ・ランキング5位と健闘、かつての王者マクラーレン・チームを凌ぐその活躍に、同チームのヴィジャイ・マルヤ代表は手離しの喜びようだ。

「いいかい、われわれとあのマクラーレンとではその規模、歴史、リソース、資金……
何をとっても比べるべくもないくらいの大きな違いがある。
ところが今シーズン、ここまでバトルを演じているどころかそれを上回っているんだ。
これが奇跡でなくて何なんだい。
もうチームの全員がハイテンションで戦っているのさ。
もちろん彼らは凄い底力を持っているから、これから猛烈な反撃に出て来ることだろう。
資金だってどれだけ投入してくるかわからないさ。
しかしそれをこんなプライベート・チームが受けて立つ、こんな素晴らしいことはそうそうないよ」

目下ランキング5位のフォース・インディアと6位のマクラーレンとはわずか6ポイントの差で鎬を削っている状況だ。

| | トラックバック (0)

2013/03/15

ヴィジャイ・マルヤ代表、「スーティル選択に誤りなし」

Adrian Sutil (C)Sahara Force India F1
拡大します
全チームを通じて最後までシートが決まらなかったフォース・インディアは、当初有力とみられた若手のジュール・ビアンキ(23歳:フランス)でなくベテランのエイドリアン・スーティル(30歳:ドイツ)を選んだ。
これについて同チームのヴィジャイ・マルヤ代表は開幕を前に「われわれの選択に誤りはない」と自信をみせている。

「スーティルは長い時間のブランクにもかかわらず、テストでいきなり納得のいくペースをみせた。
フィードバックも良かったし、冬のテストを有意義なものにしてくれたよ。
彼はきっと期待通りの成績を残してくれることだろう。
つまり、われわれの選択が間違っていなかったことも、ね」

事実、シーズン前最後のテストとなったバルセロナ合同テストでスーティルは先任のポール・ディ・レスタのタイムをも上回ってみせている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介