2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2013/03/23

ニック・フライ氏、今月末でメルセデスF1/CEO辞任

R.Brawn & N.Fry (C)Honda Racing
拡大します
メルセデスF1チームのCEO(最高経営責任者)であるニック・フライ氏が今月末で辞任、後任には新たにウィリアムズ・チームから移ったトト・ウォルフ氏(41歳:オーストリア)が就くことがわかった。

元B.A.R・ホンダ・チームでマネージング・ディレクターとしてF1に深く関わったフライ氏は、その後ロス・ブラウン氏と共にチームがブラウンGPでタイトル獲得、さらにメルセデスGPとなっても要職を務め続けた。

ただ、いまF1チームを巡るメルセデスのモータースポーツ部門は混乱していて、やはり今年メルセデス・モータースポーツに加わったニキ・ラウダ氏らを含め誰がどのような責任を持っているのか外部からはよく理解できない状況。
とはいえ、いまエクゼクティブ・ディレクターという肩書きを持つウォルフ氏はチームの株式をも取得していて、他の「雇われ幹部」とは今後発言力の重みを異にするのは間違いないようだ。

| | トラックバック (0)

2010/01/03

優勝候補筆頭メルセデスGP、「目標は3位以内」

Nick Fry (C)Ex.Brawn GP F1
拡大します
2009年のチャンピオン・チームであるブラウンGPを引き継いだ新生メルセデスGPだが、「2010年シーズンの目標は3位以内」と、控え目な見通しを明らかにした。

これは同チームのニック・フライ/CEOが語ったもので、「たとえわれわれが2009年のチャンピオン・チームだとしても、決してイージーにタイトルを獲得できた訳ではない。
レッドブルとは最後まで厳しい戦いを強いられたのだし、またフェラーリ&マクラーレンという2強に言及しない訳にはいかない。
そうしたことを考えると、2010年はトップ3以内を狙う、というのが現実的な目標になるのではないか。
ただ、いまの時点ではまだわれわれの競争は何も始まっていないので予想するというのは難しいことだけどね。
いずれにせよ、目標を達成するそのためにはもちろんまずレースに勝つ必要があるのは間違いのないことだ」

2010年の同チームは、ベテランのミハエル・シューマッハと、若きニコ・ロズベルグといういずれもドイツ人ドライバーのコンビになる。

| | トラックバック (2)

2009/12/19

.フライ/CEO、「もう一人のドライバー決定急がない」

Nick Fry (C)Honda Racing
拡大します
元世界チャンピオン、ミハエル・シューマッハの現役復帰の可能性が大きな話題になっているが、その候補チームと目されるメルセデスGP(前ブラウンGP)のニック・フライ/CEOは、「もう一人のドライバー決定は急がない」と、加熱する報道の沈静化を図っている。

「みんなヒートアップしているようだが、われわれはドライバー決定を急いではいない。
クリスマス前に発表できればベストだが、むしろ年を越す可能性のほうが高いのではないか。
何もあせる必要はないのだからね」

またドイツ人ドライバーになるとの見方について、「すでにニコ・ロズベルグというドイツ人と契約しているので、もう一人もドイツ人に限定される訳ではないよ。
われわれはすべての国のドライバーに門戸を拡げているんだ。
だから誰にでも可能性はある」と、かわした。

ただF1の興業面を取り仕切るバーニー・エクレストン氏は、「稀代のチャンピオンであるミハエルが現役復帰となれば、世界中で大きな話題になる。
それはF1全体にとってすこぶる好ましいことになるだろう」との期待を隠していない。

| | トラックバック (1)

2009/08/26

ブラウンGP首脳、「来季ヴァージンはマノーGPに」

現在ブラウンGPのスポンサーとなっているイギリスの多国籍企業『ヴァージン・グループ』だが、来季はどうやら同チームを離脱、新規参戦予定『マノー・グランプリ』の主要スポンサーに就くことが有力になってきたようだ。

これはブラウンGPのニック・フライ/CEOが明らかにしたもので、「来シーズン、ヴァージンはマノーに行くことになるだろう。
それも、チームの冠スポンサーになっておそらくは『ヴァージンF1』になるんじゃないかな」と、語っている。
『Emirates Air』/McLaren MP4-21 (C)McLaren Group
拡大します
一方、それでもブラウンGPには新たに中東ドバイを本拠地とする『エミレーツ航空』が主要スポンサーに就く見込みで、フライ/CEOの表情は明るい。

マクラーレン・チームのスポンサーだったエミレーツ航空はボーダフォンの加入により離脱、一時は旧ホンダ・チームとも交渉していたことが伝えられている。

| | トラックバック (3)

2009/06/22

ブラウンGP首脳、「イカダの上で踊り狂うくらい」

N.Fry & J.Button (C)Brawn GP F1
拡大します
エースであるバトンにとってホームグランプリとなるシルバーストーンのイギリスGPでありながら、予選・決勝を通じ終始レッドブル勢に席巻される形となったブラウンGP、しかし次戦ドイツGPでは一気に挽回を期している。

これは同チームのニック・フライ/CEOが語ったもので、同氏は「今回は残念ながらレッドブル勢の後塵を拝する結果となったが、これはサーキットへの適正の問題。
次のニュルブルクリンクなら、再びわれわれのマシンに適するものと確信しているよ。
それに今回われわれが得た3位と6位という結果だって、決して落胆するようなものではないだろう。
だって考えてもみたまえ。
もしも1年前にわれわれが3位&6位に入賞を果たしたとしたなら、きっとイカダの上で踊り狂うほどの喜びだった筈なんだからね」と、語っている。

ちなみにこの3-6位という結果は昨年のホンダ・チームならシーズン最高位。
また次戦ドイツGPは逆にレッドブルのエースであるベッテルのホームグランプリということになる。

| | トラックバック (0)

2009/05/29

ブラウンGP、バトンに新たな3年契約を呈示

N.Fry & J.Button (C)Brawn GP F1
拡大します
今季ここまで6戦中5勝と破竹の快進撃を続けるバトンに対し、ブラウンGPが新たな契約を呈示したことがわかった。

バトンとチームとの契約は、有効だった旧ホンダ・チームとの複数年契約をいったん解消、金額を減少させた上でブラウンGPとは単年契約プラス・オブションとしてスタートしたとされるが、新たに呈示されたものは3年契約で金額も相当程度増額されたものということだ。

ただこれについてチームのニック・フライ/CEOは、「われわれにはまだ十分なスポンサー契約がなく、資金に余裕がある訳ではない。
それはロス(ブラウン代表)や私が格安航空便を使って移動していることでもわかるだろう」と、チーム財政の内実を訴えた。

| | トラックバック (0)

2009/05/27

ブラウンGP首脳、「ヴァージンなしでも問題ない」

一時は確定とまで言われたヴァージン・グループによるブラウンGPタイトル・スポンサー話だが、結局両者の話し合いは決裂になったと伝えられている。
しかしこれについて同チームのニック・フライ/CEOは、チームの活動には問題ないと英『ITV』で主張した。

「ヴァージンとの話はうまくまとまらなかったが、現在スポンサー候補は他にたくさんあるんだ。
従ってわれわれが資金面で苦労しているということは一つもない。
今後十分にスポンサー契約は進むことだろう」と、フライ/CEOは楽観的な見通しを示しているが、開幕からここまで6戦を終え、依然としてブラウンGPのマシンには空白部分が目立ったままだ。

Rubens Barrichello (C)Brawn GP F1
拡大します

| | トラックバック (3)

蜜月のバトン&ブラウンGPにもキシミ音迫る?

N.Fry & J.Button (C)Brawn GP F1
拡大します
今季ここまで6戦中5勝と破竹の快進撃を続けるバトン&ブラウンGPだが、心地よいことばかりではなくなってきたようだ。

元々旧ホンダ・チームとの有効な契約を有していたとされるバトンは、そのままブラウンGPに残って参戦しているが、複数年だった契約は単年のものに、またその金額もチームの情勢を考えてかなり引き下げられたと伝えられている。
新たな問題は、快進撃を続ければ続けるほど両者の思惑の違いがクローズアップされているということだ。

今季念願のチャンピオン獲得も有力なバトンは当然大幅な契約金のアップを望んでいるものの、チームのCEOニック・フライ氏は、「報酬のアップにはチームの経営状態が改善されなければならない。
現在のスポンサー料ではまだね……」と、慎重な姿勢。

チームのタイトル・スポンサーになると伝えられたヴァージン・グループとの交渉もその後進展は聞かれないままだ。

| | トラックバック (4)

2009/04/30

ニック・フライ/CEO、強気のスポンサー交渉

今季その参戦すら危ぶまれながら、始まってみればここまで4戦中3勝と破竹の快進撃を続ける『ブラウン・グランプリF1チーム』だが、それを裏付けるようにスポンサー契約料が大幅値上がりしているということだ。
N.Fry & J.Button (C)Brawn GP F1
拡大します
同チームでこうしたスポンサー交渉に当たっているのはニック・フライ/CEOということで、同氏は「今回(バーレーン)優勝で『また値上がりしたな』といくつものスポンサーから電話があったよ」と、超ご機嫌モード。

ただし、そうした強気の姿勢がタイトル・スポンサーを目指すヴァージン・グループとの交渉を難航させているとも伝えられていて、これを憂慮する向きもあるようだ。
そのヴァージン・グループとの交渉結果は次戦スペインGPの会場バルセロナで発表される見通しとなっている。

| | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介