2022/02/28

新規参戦目論むアンドレッティ、ルノー・パワーを確保

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
インディカー・シリーズでアンドレッティ・オートスポーツを率いるアンドレッティ親子はF1新規参戦の計画を否定していないが、その重要な要素となるPU(パワーユニット)の供給について、ルノー・スポールとすでに合意したことを明らかにした。
計画では新チーム『アンドレッティ・グローバル』をスタートさせるという。

既存チームの買収が成功すれば2024年にも、としていたマリオ・アンドレッティ氏だが、ハースなど既存チームの買収は不首尾だった模様。
ただまったくの新規参戦となると2億ドル(約230億円)とも言われる参戦保証金が必要とされていて、FIA(国際自動車連盟)がどう判断するかは不明だ。

マリオ&マイケル・アンドレッティ親子は共にF1参戦の経験があり、マリオ氏のほうは1978年チャンピオンに輝いている。(ロータス・フォード)

|

2022/02/23

マリオ・アンドレッティ氏、「新規参戦認められれば即対応」

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
現在インディカー・シリーズに参戦中のアンドレッティ・オートスポーツが、2024年シーズンからの新規F1参戦を目指しFIA(国際自動車連盟)に申請したことが報じられたが、チーム代表であるマイケル・アンドレッティ氏の父親でモーターレーシング界に名を馳せたアンドレッティ一家の代表格であるマリオ氏も地元紙『インディスター』の取材にこれを認めている。

「われわれは真剣にF1参戦を計画しているんだ。
事実、そのための準備は整えられつつあり、FIAからOKが出ればその翌日にも活動を始める用意が出来ている」と、1978年のF1チャンピオンは前向き姿勢。

さらにF1参戦が実現した場合のドライバーを聞かれると、同チームから現在インディカー・シリーズ参戦中のコルトン・ハータ(21歳:アメリカ)の名前をまず挙げた。
同選手はやはりインディカーで活躍したブライアン・ハータ氏の子息だ。

|

2021/04/29

米レース界の重鎮からF1スーパーライセンス規定に疑義

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
かつて1960年代から1982年に掛けてロータスやフェラーリ、ウィリアムズ等で活躍、またインディカー・シリーズの重鎮でもあるマリオ・アンドレッティ氏(81歳:アメリカ)が、F1参戦に必要なスーパーライセンスの規定に疑問を呈している。

「残念ながらアメリカではまだF1が大成功を収めているとは言い難い。
しかしその一因にはF1の側にもあると考えているよ。
例えばスーパーライセンスの発給規定には不備があると言わざるを得ない。
ニキータ・マゼピンのような選手がライセンスが降りて、どうしてコルトン・ハータにはライセンスが降りないんだ」と、1978年のF1チャンピオンは指摘。

コルトンはインディカー優勝者ブライアン・ハータ氏の子息で、先週のインディカー・セントピータースバーグ戦でも優勝した実力者だが、現行のF1規定ではまだライセンス発給基準に届いていないという現実がある。
またかつてマリオ氏の子息であるマイケル・アンドレッティがF1に挑戦した際、当時の「不当な」テスト制限規定のため実力を発揮できずに終わった過去の苦い歴史も背景にはありそうだ。

|

2018/06/14

『アンドレッティAS』、フォース・インディア買収に関心か

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
アメリカの有力インディカー・チームである『アンドレッティ・オートスポーツ』の代表であるマリオ・アンドレッティ氏が、先に行われたカナダGPの際、マクラーレン・チームのモーターホームを訪れているところが目撃された。
これは、来シーズン同チームのアロンソを擁して戦う予定のインディカー・チームに関してのものとみられる。

しかしその一方で、アンドレッティ氏がF1での活動に関心を持っていて、そうした話題も検討されたのではないかともいわれている。
そしてその対象は、かねて財政難からチーム売却話が伝えられるフォース・インディアであるとの憶測が伝えられた。

アンドレッティ氏自身は1978年に当時のロータス・チームでタイトル獲得を果たすなどF1でも輝かしい実績を残したが、後年マクラーレン・チームから参戦した子息のマイケル氏は当時の新人に不利なレギュレーションもあり苦い想い出だけを残している。

| | トラックバック (0)

2016/09/02

ウェーレイン(マノー)、旧戦友ハリアントを相対評価

Rio Haryanto (C)Manor Racing
拡大します
資金難に喘ぐプライベートチーム、マノー・レーシングでは持ち込み資金の枯渇から開幕から走ってきたリオ・ハリアントに代え、ベルギーからエステバン・オコンを起用したが、注目された公式予選ではチームメイトであるウェーレインとの間に0.5秒もの大差がついた。
(オコンはQ1敗退)

これについて面目を施した感じのウェーレインは、「これでハリアントの力が過小評価されていたことが証明された」と、かつてのチームメイトを気遣ってみせた。

「オコンはウチで走るまでもなくその能力が高い評価を受けていたドライバーだから、彼との比較はハリアントにとっても重要なことだったと思う。
もしも数字の通り僕がオコンよりコンマ5秒早いのだとしたら、ハリアントだって同様ということ。
彼はこれまで僕といい勝負だったんだからね。
ペイ・ドライバー(資金持込ドライバー)だと過小評価されているけれど、実はハリアントは優秀なF1ドライバーだったということさ」と、メルセデスAMG出身のウェーレイン。

オコンはメルセデスAMGでも、また派遣先のルノーでも高い評価を受けてきたフランス期待の星。

| | トラックバック (0)

2016/05/24

マリオ・アンドレッティ氏、マルコ博士の見識讃える

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
元F1チャンピオンでもあるアメリカのレジェンド、マリオ・アンドレッティ氏(76歳)が、レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士を讃えている。

これは地元アメリカのスポーツ専用チャンネル『ESPN』に語ったもので、その理由は同陣営の逸材マックス・フェルスタッペン(18歳:オランダ)をシーズン途中にもかかわらずトロ・ロッソからレッドブル・レーシングへとステップアップさせたことによる。

「マックス・フェルスタッペンは間違いなくモーターレーシング界でも記録に残る逸材だね。
とりわけ移籍したばかりの新しいチームの緒戦でいきなり結果を出してみせたことは素晴らしい。
彼自身が『自分は本物だ』と名刺代わりの挨拶をしたようなものだよ。
そして私が何より評価しているのが、これをやってのけたヘルムート・マルコ博士の見識だよ。
彼はベッテルの時にもそれをやってのけたんだからね」と、称賛した。

やはりトロ・ロッソからF1デビューしたベッテルもレッドブル・レーシングに抜擢されその後チャンピオンになっている。
なおやはりレーシングドライバーの子息を持つアンドレッティ氏は、「ヨス(父親)はさぞ鼻高々なことだろう」とも付け加えた。

| | トラックバック (0)

2007/12/23

アンドレッティ氏、「マルコはF1に進出すべき」

元F1チャンピオンのマリオ・アンドレッティ氏が、孫に当たるマルコ・アンドレッティ(20歳:アメリカ)について、「F1に進出すべき」と米『オートウィーク』誌で力説している。
Marco Andretti/Honda『RA106』(C)Honda Racing
拡大します
「マルコにはF1でやっていけるだけの才能があると確信しているし、実際にF1でやるべきだと思うね。
彼はもっとそれを周囲にアピールしたほうがいいんだ。
今年、残念ながらフェラーリとマクラーレンとの間のスパイ騒動は大きくF1の品位を失墜させてしまったけれど、しかし新鋭ハミルトンの目覚ましい活躍は間違いなくF1への興味を増加させたと思う」

しかしながら、2008年のアメリカGP開催を巡るインディアナポリスMSWとエクレストン氏との間の交渉は決裂。
いまのところアメリカGP復活の見通しは立っていない。

なおマリオ氏は1978年ロータスでF1チャンピオン。
子息でマルコの父親であるマイケル氏はマクラーレンのF1ドライバーでもある。

| | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介