2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2013/02/10

フォース・インディアの候補にカーティケヤン浮上

Narain Karthikeyan (C)HRT
拡大します
ヘレス合同テストに起用されたことにより、残されたフォース・インディア・チームの最後のシートにはジュール・ビアンキ(23歳:フランス)が有力とみられているが、その一方で前HRTのドライバー、ナレイン・カーティケヤン(36歳:インド)が候補に浮上とのニュースが流れている。

インド『デカン・クロニクル』紙によれば、インド人初のフルタイムF1ドライバーであるカーティケヤンと、元々インド色の強いチームであるフォース・インディアとを結びつけたのはやはりインドの自動車メーカーである『タタ』であるという。
同社はこれまでもカーティケヤンを支援してきているが、今回はそのスポンサー料をさらに増額。
これにより有力候補となったビアンキを差し置いて契約を結ぶ可能性があるというものだ。

2005年に当時のジョーダン・チームからF1デビューを果たしたカーティケヤンは、その後インディカー等を経験しながら昨年はHRTでF1を戦っていた。

| | トラックバック (1)

2013/01/28

カーティケヤン(前HRT)、今季は米インディカー挑戦も

INDY Race Image (C)Honda Racing
拡大します
昨シーズン、HRTからF1参戦したもののチームの消滅で今季のポジションが決まっていないナレイン・カーティケヤン(36歳:インド)だが、どうやら今季はアメリカに渡りインディカー・シリーズ(前IRL:インディ・レーシング・リーグ)に挑戦する意思のようだ。

2005年に当時のジョーダン・チームからインド人初のフルタイム・ドライバーとしてF1デビューを果たしたカーティケヤンだったが、その後シートに恵まれず、2010年にはやはりアメリカの人気シリーズであるNASCARに参戦した経験もある。
本人によればすでにチップ・ガナッシ、アンドレッティ・オートスポーツらの有力チームトコンタクトを取っているとのことだ。

| | トラックバック (0)

2012/10/30

カーティケヤン(HRT)、「母国グランプリは最高だった」

Narain Karthikeyan (C)HRT
拡大します
現在F1唯一のインド人ドライバーであるHRTのナレイン・カーティケヤン(35歳:インド)が母国グランプリの感激を語っている。

「スタートは良かったんだけれど、最初のコーナーでアクシデントに巻き込まれフロントウィングの一部を失ってしまったんだ。
マシンバランスが狂って苦しいレースになったけれど、それでも最後まで走り切れたのは良かった。
なんたって、母国グランプリというのは最高だからね。
観客のためにも、またチームのためにも完走できて良かったよ」

カーティケヤンは昨年初開催となったインドGPでも完走しており、これで2年連続して結果を出したことになる。

| | トラックバック (0)

2012/10/14

カーティケヤン(HRT)、決勝レース出走を認められる

Narain Karthikeyan (C)HRT
拡大します
韓国GP公式予選Q1で、唯一有効なタイムが計測されなかったHRTのナレイン・カーティケヤンは当然のことながら『107%ルール』に抵触することになったが、同グランプリのレーススチュワード(競技審査委員)は同選手がこれまでのフリー走行セッションで十分なタイムを記録しているとして、14日(日)の決勝レースへの出走を認めた。

HRTチームによれば、カーティケヤンのマシンはQ1でのアタックに出た際、ブレーキングでカーボン製のディスクローターが割れるトラブルに見舞われたとのことだ。
日曜日、カーティケヤンは24番グリッドからのスタートとなる。

| | トラックバック (0)

2012/03/29

後を引く、ベッテル&カーティケヤンのアクシデント

Race Battle (C)Redbull Racing
拡大します
マレーシアGP決勝レース中、周回遅れのカーティケヤン(HRT)と接触してダメージを負い、結果的にポイント獲得を逃がしたレッドブル・レーシングのベッテルが中指を立てて非難する様子が国際映像で流れて物議を醸したが、この件は依然として後を引いているようだ。

レース後、ベッテルはカーティケヤのことを『大馬鹿野郎』と名指しで非難しているが、一方カーティケヤンのほうは、「ベッテルは今シーズン、チャンピオンとしての優位が失われてイライラしているんだろう」と至って冷静な反応、両者の対比が際立った。
「ああいう言い方は、逆に自分の価値を下げるだけ」とも語っている。

いまのところFIA(国際自動車連盟)はこの件について反応していないが、場合によっては「紳士的言動に反する」として何らかの処分が下される可能性もないとは言えないようだ。

| | トラックバック (1)

2012/03/07

カーティケヤン(HRT)、遅れてきた新型車『F112』に手応え

HRT 『F112』 (C)HRT
拡大します
今シーズンF1に参戦する全12チームの中で最も遅いデビューとなったHRT(前ヒスパニア・レーシング)だが、そのわずかな周回で初めてステアリングを握ったナレイン・カーティケヤン(35歳:インド)は十分な手応えを感じ取ったようだ。

「新型車を最初に走らせてもらうなんて光栄なことさ。
まだわずかな周回だけど、その第一印象は極めてポジティブなものだったしね。
大きな問題もなかったし、昨年のマシンからは明らかにステップアップしているよ。
まだこれからセットアップなどやることは山ほどあるけれど、今からシーズンが始まるのが待ちきれない気分だね」

一方、ベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(41歳:スペイン)も、「チームは驚くべき作業で新型車を間に合わせてくれた。
まだ最初のテストだけど、問題がなかったということいいことさ」と、前向きに語っている。

| | トラックバック (0)

2012/02/03

HRT、2012年のレースドライバーにカーティケヤン起用決定

Narain Karthikeyan (C)Hispania Racing
拡大します
F1チームの中で唯一2012年のレースドライバーが確定していなかったHRT(前ヒスパニア・レーシング)は、3日(金)ナレイン・カーティケヤン(34歳:インド)を起用することを決め、正式発表した。

カーティケヤンは2011年も同チームでスタートしたが、シーズン途中にダニエル・リカルド(21歳:オーストラリア)と交代していた。

これにより2012年のHRTはベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(40歳:スペイン)&カーティケヤンというドライバー・ラインナップになる。
またこれで2012年のF1全グリッドが埋まったことになる。

| | トラックバック (1)

2011/10/31

ナレイン・カーティケヤン(HRT)、母国ファンの声援に感激

Narain Karthikeyan (C)HRT
拡大します
初開催となったインドGPを母国グランプリとして迎えたHRTのナレイン・カーティケヤン(34歳:インド)は、レース後その感激を次のように語った。

「このインドGPはインドという国にとって歴史に残る重要なものになったし、また僕自身にとってもほんとうにグレートなものになった。
まあペナルティは余計だったけれど、HRTのマシンで17位完走というのはいま望み得る最高の結果といってもいいんじゃないか。
ロータスの1台を喰ったし、チームメイトにも勝ったんだからね。
なにより、あの大きな地元ファンの声援を受けて走るのは最高の気分だった。
これまで他のドライバーが母国グランプリを大切にするその意味がわかったよ」

| | トラックバック (0)

2011/10/23

カーティケヤン(HRT)、インドGPのマシンはリウッツィ車

Vitantonio Liuzzi (C)Hispania Racing
拡大します
これまでインドGPにナレイン・カーティケヤン(34歳:インド)の起用は決まっていたもののリウッツィorリカルドどちらのマシンになるか明確でなかったHRTだったが、チームはビタントニオ・リウッツィに対しマシンを譲るよう正式に要請したことを明らかにした。

これにより今季初開催となるインドGPに地元期待の母国人ドライバーがグリッドに着くことがほぼ確定したことになる。

リウッツィのマネージャーは、今シーズンすべてのグランプリで出走する契約になっているとしてこれまで交代説を全面的に否定していた。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク A1グランプリ BMW BMWザウバー DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンソニー・デビッドソン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カルン・チャンドク カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームス・ロシター ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパイカーF1 スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ボーデ セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー ティモ・グロック テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ナレイン・カーティケヤン ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ビタントニオ・リウッツィ ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー プロドライブ ヘイキ・コバライネン ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マリオ・タイセン マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ヤルノ・トゥルーリ ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロルダン・ロドリゲス ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 人事 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP