2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/07/24

「レッドブル・ホンダの使命は王者のみ」と、オーナー

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
幾多のタイトルを共にしたルノー・スポールとの10年以上に渡るパートナーシップに終止符を打ち、来シーズンからはホンダとの提携を発表したレッドブル・レーシングだが、その道は決して容易なものではなさそうだ。

今シーズンは傘下のスクーデリア・トロ・ロッソへエンジン供給するホンダだが現時点でコンストラクターズ・ランキングは全10チーム中の8番手(20ポイント)。
それも9位のザウバー・チームからはわずか2点差まで追い上げられていて、当初の想定を明らかに下回った状態。
目下ランキング3位(211ポイント)に位置する本家レッドブル・レーシングを満足させられるには厳しい展開だ。

レッドブル・グループのオーナーであるディートリッヒ・マテシス氏は、さらに「レッドブル・ホンダの使命はただ王者のみ」と、プレッシャーを掛けている。

| | トラックバック (0)

2016/03/14

D.マテシス氏(レッドブル)、「フェラーリとメルセデスがF1の障害」

D.Matechitz & D.Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
F1はこれまでもしばしば特定チームに傾いていて不公正、との指摘が伝えられてきたが、かつて黄金時代を築いたレッドブル・レーシングの総帥ディートリッヒ・マテシス/オーナーが名指しでフェラーリとメルセデス両チームを非難、注目を集めている。

同氏が言うところによれば、「フェラーリとメルセデスはF1における強力なエンジン・サプライヤーとして特別な地位を占めている。
しかし彼らがF1において持っている権力は、このスポーツにとって決して適正なものではない。
こうした面についてはバーニー・エクレストン氏の考えが正しいと思うが、しかし彼も自分でF1エンジンが造れる訳ではないしね。
とにかく戦力あるエンジンを確保するのがF1で最大の仕事だというのは納得できないこと。
こんなことを続けて行けば、やがてこのスポーツは衰退することだろう」と指摘した。

豊富な資金力で多くのスポーツを席巻するレッドブルだが、ことF1においては同オーナーの思うようにならなくなっているのが現実のようだ。

| | トラックバック (0)

2015/11/13

レッドブル、エンジン決断はD.マテシス/オーナーの手に

Infiniti (C)Redbull Racing
拡大します
こじれにこじれたレッドブル・グループとルノーとの関係だが、ここに来て「妙案」が伝えられている。
これはドイツの専門誌『スポルト・ビルト』らが報じたもので、2016年シーズンについても引き続きルノーから引き続きレッドブル・レーシングに対しエンジン供給するものの、これはこれまでのようなワークス体制ではなく、エンジン・サプライヤーに徹するというもの。

これにレッドブルは自身の手で独自の開発を加えることが可能になり、エンジンに対しても独自のブランド名をつけることになるという。
その場合、可能性が高いのがこれまでも同チームのスポンサーである『インフィニティ』のバッジになるというものだ。

この件についての最終決断はすでにレッドブル・グループのオーナーであるディートリッヒ・マテシス氏の手に委ねられているとも伝えられている。

| | トラックバック (0)

2015/11/05

レッドブル総帥、再びルノー・エンジンを断

Dietrich Mateschitz (C)Redbull Racing
拡大します
不評のルノー製パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングとトロ・ロッソの2チームだが、先のメキシコGPでは予選で4-5位に8-9位といずれもトップ10以内、また決勝レースでも4-5位と9-13位に入るなど十分に戦闘力のあるところをみせた。
このままなら来季以降もルノー・エンジン搭載でいけるのではないかとも考えられるが、外部から言えるような状況ではないようだ。

これについて同グループの総帥であるディートリッヒ・マテシス/オーナーは次のように語っている。
「ルノーにF1で通じる戦闘力や信頼性がないのは明白だ。
レギュレーションが変わってこれまで2年間を費やしても依然としてメルセデスAMGとは80馬力も劣っていて、彼らはそれを取り返すことができないでいる。
これはもう来年になっても同じことさ。
われわれはあらゆるスポーツでトップに立ってきた。
このF1にも先頭を走るため参加しているのだから、これ以上ルノーを搭載する意味はない」と、断。

また噂になっているホンダ・エンジン搭載交渉が難航していることについても、「ロン・デニスが抵抗するのは理解できる。
なぜならわれわれが同じエンジンを積めば彼らは太刀打ちできなくなってしまうからね」と、こちらも切って捨てた。

| | トラックバック (0)

2015/02/22

レッドブル、アウディに400億円でチーム売却申し出?

Redbull Drink (C)Redbull Racing
拡大します
4年連続でF1タイトルを獲得、F1盟主として君臨したレッドブル・レーシングだが、レギュレーションが変更された昨季は王者から陥落の浮き目に遭った。
そのレッドブル・グループの総帥であるディートリッヒ・マテシス/オーナーが、F1チームの売却をドイツの自動車メーカー『アウディ』に持ち掛けたとの報道がドイツ国内で報じられ注目を集めているとのことだ。

それによれば金額も総額3億ヨーロ(約405億円)という具体的なものまで伝えられているが、当のマテシス/オーナーは「そんな在庫一掃セールのようなことをするつもりはない」と一笑に付したと『スピードウィーク』は報じている。

億万長者である同オーナーがお金に困ったとは考えにくく、逆にさらなる資金を投じてF1の商業権そのものを買い取る野心がレッドブルにはあるのではとの見方まで伝えられている。
実際に、F1以外でもさまざまなスポーツ分野でレッドブルの席巻がみられるのは事実だ。

| | トラックバック (0)

2014/03/27

レッドブル・オーナー、「F1撤退も辞さず」と強硬姿勢

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦で2位入賞したダニエル・リカルドの失格を不満としてレッドブル・レーシングは正式に抗告をしているが、関係者の見方ではFIA(国際自動車連盟)の裁定は覆らないだろうとの見方が強い。

こうした状況について、レッドブル・グループを率いるディートリッヒ・マテシス/オーナーは、「今後のF1の方向性に納得できなければF1撤退も辞さない」との姿勢をみせているという。

「問題となっている燃料流量について、われわれはその誤りを正確に証明することができる。
スポーツはルールに則って行われるもので、それがないがしろにされるというのであれば、われわれはそこに参画する意義を見出せない」と、オーストリアの富豪は強硬のようだ。

| | トラックバック (0)

2014/02/02

D.マテシス/オーナー(レッドブル)、「問題はルノーが改善する」

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
散々だったヘレス・サーキットでのシーズン前最初のテストを終え、王者レッドブル・レーシングの総帥ディートリッヒ・マテシス/オーナーは次のように地元オーストリア『ザルツブルガー・ナハリヒテン』紙に現在の見解を述べた。

「F1は大きくシステムが変更された訳だから、今の時期にこうした混乱があることは予想していたよ。
マシン自体に大きな欠陥があった訳ではないし、開幕まではまだ時間がある。
次のバーレーン合同テストまでもまだ2週間あるのだから何も問題はない。
パワートレーンに関する初期トラブルについてはルノーが解決してくれる筈だ。
われわれはそれを期待するだけ。
ま、評価はメルボルンのグリッドに着いてからにしようじゃないか」と、富豪らしい余裕をみせた。

| | トラックバック (0)

2013/04/19

ウェバー(レッドブル)、マテシス/オーナーと重要会談へ

M.Webber & D.Mateschitz (C)Redbull Racing
拡大します
マレーシアGPでのチームオーダー騒動からその去就に注目が集まるマーク・ウェバーが、今週のバーレーンGP終了後レッドブル・グループの総帥であるディートリッヒ・マテシス/オーナーと直に会談の場を持つことがわかった。

これはレッドブルの本拠オーストリアの『ザルツブルガー・ナハリヒテン』紙が伝えたもので、ウェバーの側に増幅しているとみられるチームへの疑問ないし不満をオーナーが直接聞く機会になるようだ。

また一部に伝えられたポルシェとの長期契約について、いまのところウェバーは肯定も否定もしていないという。

| | トラックバック (0)

2013/04/03

レッドブル・オーナー、すでにウェバーの後継に想い?

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
マレーシアGP決勝レースでのオーバーテイク問題で、すっかり「時の人」ならぬ「時のチーム」になった感のあるレッドブル・レーシングだが、その総帥であるディートリッヒ・マテシス/オーナーは早くも来年のドライバー・ラインナップに思いを馳せているようだ。

これはオランダの『スポーツウィーク』誌に語ったもの。
その中でこのオーストリアの大富豪は、「ウェバーがこの件でチームを離れるなんて噂があるようだが、そんなことはない。
われわれのチーム体制は少々のことでは動じない、確固たるものだ。
ただ、彼の契約(2013年末まで)が満了した後のことは私にもわからない。
後任にライコネン?
いいね、私は彼のようなクールでアグレッシブなドライビング・スタイルが大好きだよ」と、記者の誘導を巧みに交わした。

ウェバーの実力には定評があるものの、タイトル獲得となるとベッテルに一日の長があるのは誰にも否めないところだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介