2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2014/10/23

サム・マイケル/ディレクター、今季末でマクラーレン離脱へ

Sam Michael (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームでスポーティング・ディレクターを務めるサム・マイケル氏(43歳:オーストラリア)が、今シーズン限りで同チームを離脱することがわかった。
これは同チームのスポークスマンが明らかにしたもので、すでに今年の早い時点で本人から申し入れがあったものという。

マイケル氏はロータスやジョーダン・チームで経験を積んだあと、2004年にはパトリック・ヘッド氏引退の後を受けてウィリアムズ・チーム/テクニカル・ディレクターの要職に抜擢された。
しかし成績不振のため2011年に退任、マクラーレン・チームに移籍していた。
いまのところ他チームへ移籍はなく、本人は家族とともにオーストラリアに帰国するということだ。

同チームではマーティン・ウィットマーシュ前代表離脱の後再びロン・デニス氏が代表に復帰、エリック・ブイユ氏の指揮のもとチーム再編が行われている。

| | トラックバック (0)

2013/09/05

マクラーレン首脳、「タイヤの変更は想定していない」

Sam Michael (C)McLaren Group
拡大します
シーズンも半ばを越え、各チームともすでに来季マシンの開発に拍車が掛かる時期だが、タイヤについては依然としてまだ来季のサプライヤーが明らかにされていない。
しかしこうした状況についてマクラーレン・チームのサム・マイケル/スポーティング・ディレクターは、「もうタイヤが変更になることはない」と見切りをつけたようだ。

「ミシュランはかなり熱心に働き掛けたようだが、もう来年ピレリから変更になることはないだろう。
ピレリは多くの個別チームと契約を済ませていると言うし、肝心のFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)とも良い関係を築いているからね。
ウチではもうピレリタイヤであるという前提でマシンの設計が進んでいるよ」

それでも万一これからタイヤが変更になった場合、「タイヤはエアロダイナミックス面で重要な部分を占めているので、もしも変更になればマシン設計かなりの見直しを強いられる」と、警戒感をみせた。

| | トラックバック (0)

2013/06/18

マクラーレン・チーム首脳、「誰かの責任追求している場合じゃない」

Sam Michael (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームでスポーティング・ディレクターを務めるサム・マイケル氏は、今シーズンの同チームの不振について分析したものの、「特定の誰かの責任を追求している場合じゃない」と前向きな姿勢をみせた。

これは英『スカイスポーツ』の取材に答えたもので、その中でこのオーストラリア人は、「チームにとって悲惨な状況が続いているが、われわれのマシンはシーズン始めから比べれば着実にその戦闘力を上げている。
いまわれわれが傾注すべきは一戦でも早くライバルたちに追い付くことで、速さを発揮できずにいる今季マシンを作った責任が誰にあるかを追求することなんかじゃないんだ」と、語った。

先のカナダGPではついに2台共がノーポイント・フィニッシュ。
名門マクラーレン・チームにとって、これは2009年最終戦のアブダビGP以来65戦ぶりの「椿事」ということになる。

| | トラックバック (0)

2013/03/22

不調マクラーレン、昨年マシン復活の噂まで

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
昨年はみごとポールポジション&勝利を奪った開幕戦で、一転今年は予選10-15位、決勝レースも9-11位と大不振に喘いだマクラーレン・チームでは、場合によっては昨年マシンを再び登場させるのでは、という驚きの噂まで流れている。

これについて同チームでスポーティング・ディレクターを務めるサム・マイケル氏(元ウィリアムズ)は「あらゆる選択肢を否定するつもりはないが、われわれが今全力で『MP4-28』の熟成に務めている、これは当然のことだ。
新しいマシンを登場させれば、これを理解し適応させるのにある程度の時間が掛かるのは当たり前。
アルバートパークはある意味特異なコースでもあったので、まずは今週末のマレーシアGPを見てからだ」と、周囲を牽制。
また同チームのジェンソン・バトンも「確かにアルバートパークでは想像以上に(遅くて)ショックを受けたけれど、まだマシンの切り換えなんて検討する時期じゃないよ」と噂を一蹴している。

| | トラックバック (0)

2012/12/17

マクラーレン首脳、「F1の盛り上げにタイヤの要素不可欠」

Sam Michael (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、レースによってはタイヤのエキサイティングな活躍が十分でなくしばしば盛り上げを欠いた感があるが、これについてマクラーレン・チームのスポーティング・ディレクターであるサム・マイケル氏は次のようにピレリタイヤにプレッシャーを掛けた。

「F1レースにおいてタイヤが占める要素は計り知れないものがある。
とても重要なものなんだ。
ピレリタイヤについては導入後、各チームでその性格を理解するのにかなり手間取ったが、シーズンが進むにつれてかなり面白いものになったと思う。
タイヤもレースの要素なのだから、それをいち早く理解して使いこなした所が有利になる、これは当たり前のことだろう。
私は来シーズンもピレリが手を抜くことなくレースを盛り上げてくれるよう期待しているよ」

今シーズン前半、2勝に留まったマクラーレン・チームだったが、後半では5勝と成績を上げてみせた。

| | トラックバック (0)

2012/12/10

S.マイケルS/D(マクラーレン)、「来季も上位3チームが支配」

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
マクラーレン・チームでスポーティング・ディレクターを務めるサム・マイケル氏(41歳:オーストラリア)が来シーズンのF1について言及、今季と同じく上位3チームの戦いになるだろうと予想した。

「中堅チームは今年よりさらに上位に接近してバトルに食い込むことになるかも知れないね。
それは例えばロータスであり、フォース・インディア、そしてハミルトンが加わったメルセデスももちろんだ。
ただ来年のF1も実質的には今年と同じくわれわれマクラーレンとレッドブル、そしてフェラーリという3チームが中心となる戦いになることに変わりないだろう。
当然のことながらわれわれももちろんタイトル獲得に向けて全力を傾注していく」

ロータスやジョーダン等を経たあと長くウィリアムズ・チームでテクニカル・ディレクターとして活躍したサム・マイケル氏は、現在マクラーレン・チームに籍を置いている。

| | トラックバック (0)

2011/11/03

サム・マイケル氏、アブダビGPからにも新生登場か

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームのテクニカル・ディレクターとして不振の責任を取って辞任に追い込まれたサム・マイケル氏だが、どうやら次戦アブダビGPにも移籍先のマクラーレン・チームのスタッフとして登場することになるようだ。

F1ではこうしたチーム間移籍の場合、ガーデニング休暇と称してシーズン末までなど一定期間の「休養」を余儀なくされるのが通例だが、マイケル氏の場合、ウィリアムズ・チームの側が前向きな計らいをみせたとみられる。

| | トラックバック (1)

2011/09/14

サム・マイケル、マクラーレンでは開発部門の責任者か

McLaren Team Pit Gantry (C)McLaren Group
拡大します
2012年シーズンから、マクラーレン・チームで働くことが決まったサム・マイケル氏(前ウィリアムズ/テクニカル・ディレクター)について、スポークスマンは「開発部門の責任者として処遇する」ことを明らかにした。

関係者の話ではおそらくスポーティング・ディレクターに就くものとみられ、これまでのウィリアムズ・チームでの立場よりはむしろ現場から距離を置くマネージメント主体のポジションになる模様だ。

これについてマイケル本人は、「マクラーレンは間違いなく歴史あるF1のトップチームで、そこでシニアテクニカルマネージメントの一員となることはF1に携わるものとしてこの上なく光栄なこと。
自分の経験と知恵のすべてをこのポジションに傾注したい」と意欲をみせた。
ただ、ポジションの役割は各チームでそれぞれ異なっていて、必ずしも名称で簡単に判断されるものではないのが実情だ。

| | トラックバック (0)

サム・マイケル(ウィリアムズ)、マクラーレンに移籍

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
13日(火)、ウィリアムズ・チームは同チームのサム・マイケル/テクニカル・ディレクターがマクラーレン・チームに移籍することで合意したことを正式発表した。

サム・マイケル氏は昨年、そして今季と続く同チームの不振の責任を取る形で実質的な降格となるポジション離脱が決まっていたが、F1の現場で働きたいという本人の強い意思をチームが尊重した形。

実質的なスタートは2012年シーズンになってからということになるが、具体的なポジションはまだ明確にされていない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP