2019/05/17

ファン・モントーヤ、レーシング・ポイント入りの報

Juan Montoya/NASCAR (C)Chip Ganassi Racing
拡大します
元ウィリアムズ等のF1ドライバー、ファン・モントーヤ氏(43歳:コロンビア)がレーシング・ポイント・チーム入りしたとの報道があり、注目を集めている。

これを報じたのはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』で、それによれば先のスペインGPの際に、モントーヤ氏が同チームのスタッフ・ウェアを身につけモーターホームに出入りしていたのが目撃されていたとのこと。
同誌はモントーヤ氏が同チームのドライバーであるランス・ストロール(20歳:カナダ)の専任コーチのような職務に就くのでは、と予想している。

カナダの大富豪であるストロールの父親が参入して資金面では大幅に充実した同チームだが、スペインGPでは戦闘力を欠き、ストロール&ペレスのいずれもノーポイントに留まっている。

|

2018/03/31

モントーヤ、今年のルマン24時間レースに参戦へ

Juan Montoya (C)Chevy Racing
拡大します
元ウィリアムズ・チーム等のF1ドライバーであるファン・モントーヤ(42歳:コロンビア)が、今年の『ルマン24時間レース』に出場することがわかった。
それによればモントーヤは、現マクラーレンのエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブロウン氏が共同保有するユナイテッド・オートスポーツからの参戦になるとのこと。

昨シーズン、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がインディ500レースへの参戦を果たしたことで注目を集めた『世界三大レース制覇』を同じく目標にしたもの。
アロンソの場合はまだF1モナコGPを制したのみだが、モントーヤの場合はすでにF1モナコGP(2003年:ウィリアムズ・BMW)に加えインディ500も2回制していて(2000年:チップガナッシ・レーシング、2015年:チーム・ペンスキー)、残すはこのルマン24時間レースだけとなっている。

ちなみにこの世界三大レース制覇をすでに果たしているのは元ロータスF1等の故グラハム・ヒル氏のみ、3レース中二つを制しているのが6名でこのうち現役はモントーヤだけとなっている。

| | トラックバック (0)

2018/01/27

ファン・モントーヤはアロンソの3大レース挑戦支持

Juan Montoya (C)Chevy Racing
拡大します
マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)が関心をみせている世界三大レース制覇への挑戦を、やはり元F1ドライバーであるファン・モントーヤ(ウィリアムズ・チーム他)が支持する発言を行っている。

世界三大レースとはF1モナコGP、インディ500、そしてルマン24時間レースの3つ。
これまでに達成したのはイギリスのグラハム・ヒルただ一人のみ。
アロンソはすでにモナコGPは制覇、インディ500は昨年挑戦、残るルマン24時間レースには今年トヨタ・チームから参戦とみられている。

一方モントーヤはルマン優勝を残すのみだが、これについて次のように語っている。
「アロンソにはこの世界三大レース制覇の可能性が高いと思うよ。
なぜなら彼にはとても高い順応性がある。
そして何より、チームやマシンなどとても要理な条件でチャレンジできるようになっているからね。
間違いなく彼には大きなチャンスがあると思う」と、モントーヤ。

ただ「僕のほうが彼より先に達成したいけどね」との本音もみせた。

| | トラックバック (0)

2015/11/23

元F1ファン・モントーヤ、「WECルーキー」で最速

Juan Montoya (C)Indycar Series
拡大します
元ウィリアムズ等のF1ドライバーで通算7勝を記録したコロンビアのファン・モントーヤ(40歳)が、「ルーキー」で最速タイムを記録した。
これはWEC(世界耐久選手権)最終戦が行われたサクヒールのバーレーン・サーキットで行われた同シリーズのルーキー・テストでのこと。

目下最強であるポルシェ・チームの次期ドライバー含みとしてこのテストに参加したモントーヤは、セッション最後に行われたタイムアタックで1'40.861のベストタイムをマーク。
このタイムは今回のバーレーン戦で同チームのティモ・ベルンハルトが記録した今回のポールポジションタイムである1'39.670にほとんど見劣りしないもの。
このタイムを今回のグリッドに当てはめるとグリッド3位ということになる。

これについてポルシェ・チームを預かるアンドレアス・ザイドル/チーム代表は、「モントーヤは最初のフライングラップでいきなりこのタイムを記録したんだ。
まだたいしてこのマシンに習熟しているとも思えないのに、やはり彼は非凡なドライバーだね」と、礼賛した。

なおアウディのマシンを駆って今回2番手となったリッチー・スタンウェイのタイムは1'42.134(タイム差2.464秒)というものだった。

| | トラックバック (0)

2014/08/14

モントーヤ、「F1は米モータースポーツ界の知恵学ぶべき」

Juan Montoya (C)Chevy Racing
拡大します
米CART、F1、米NASCAR、そして今季再び米インディカー・シリーズへ復帰、ポコノ戦で優勝を果たすなど目覚ましい活躍をみせるコロンビアの英雄ファン・モントーヤ(38歳)が、「F1人気を復活させたいならアメリカの知恵を学ぶべき」と、アドバイスしている。
これはイギリスの専門誌『オートスポーツ』が伝えたもので、その中でこのF1通算7勝のベテランは次のように語っている。

「F1とアメリカン・モーターレーシングとを比べて一番違うのはF1が近寄りがたいものにされているということだ。
ドライバーはいつも気むずかしい顔をしていて、ファンは閉鎖されたパドックに近づくことも容易ではない。
その一方、アメリカではドライバーはいつもファンの只中にして、気軽にサインはもらえるしソーシャル・メディアで直接コンタクトを取ることも簡単になっている。
もちろんF1ではいま問題になっているサウンドとかへの対策も必要なんだろうけれど、まずはその基本的な姿勢を改めなくっちゃね」

| | トラックバック (0)

2014/04/28

ファン・モントーヤ、「DRSオーバーテイクは邪道」

Juan Montoya/NASCAR (C)Chip Ganassi Racing
拡大します
元マクラーレン等のF1ドライバーで現在インディカー・シリーズを戦うファン・モントーヤ(38歳:コロンビア)が現代のF1について言及、「DRSによるオーバーテイクは邪道」との、見解を示した。

「今のF1を見ると、オーバーテイク・シーンが数多くみられていいね。
モーターレーシングとしては、オーバーテイクというのは大きな魅力の一つだからね。でも僕はレースでのオーバーテイクは芸術的なことだと思ってる。
一つ順位を上げるため、ドライバーはリスクを懸けて果敢に挑んでいるんだ。
もしそれがマシンの機構的なもので行われているとしたらどうだい。
まるでピカソの絵に画像ソフトを使うようなものじゃないのかい。
そんなのは邪道だよ」

かつてアグレッシブなドライバーの筆頭に挙げられたモントーヤらしい言葉ではある。

| | トラックバック (0)

2013/09/17

元F1ドライバー・モントーヤ、来季はINDY参戦へ

Jun Montoya (C)nascarmedia
拡大します
F1通算7回の優勝を誇るコロンビアの英雄で、現在NASCARに参戦するファン・モントーヤ(37歳:コロンビア)が、来年はINDY(インディカー・シリーズ)へ挑戦することがわかった。

2001年にウィリアムズ・チームからF1デビューを果たしたモントーヤは、その年3回のポールポジションを獲得するなどアグレッシブなドライビング・スタイルで人気者に。
ウィリアムズで4勝を記録したあと、2005年にマクラーレンに移籍しさらに3勝を重ねた。
(当時のチームメイトはキミ・ライコネン)

モントーヤINDY参戦のニュースはこちら

| | トラックバック (0)

2013/08/15

ファン・モントーヤに現役引退の危機?

Juan Montoya/NASCAR (C)Chip Ganassi Racing
拡大します
コロンビア人としてロベルト・ゲレーロに次ぐ2人目のF1ドライバーとして2000年代にウィリアムズやマクラーレン・チームなどF1で通算7勝を記録、その後アメリカで人気のNASCARで活躍していたファン・モントーヤ(37歳:コロンビア)だが、ついに現役引退の時期が迫ったかも知れない。

これについてチームも、またモントーヤ自身も言及していないが、すでに現場では今季限りでアーンハート・ガナッシ・レーシングから離脱することは確実、その後のことについてはまったく予定が決まっていないというもの。

モントーヤは世界3大レースのうち2000年にはインディ500(当時のCART)、また2003年にはF1モナコGP(ウィリアムズ)でも優勝している。
(もう一つはルマン24時間レース)

| | トラックバック (0)

2012/02/29

デイトナ炎上 ファン・モントーヤ奇跡の生還

雨により月曜日夜に遅れて行われた米NASCAR第1戦デイトナ500決勝レース中、コース上を走行中のジェット・ドライヤーにスピンしたマシンが激突するアクシデントが発生した。

アクシデントは両車が炎上する惨事となったが、マシンをドライブしていた元ウィリアムズやマクラーレンのF1ドライバーであるファン・モントーヤ(36歳:コロンビア)は無事救出されたとのこと。

詳細ニュースはこちら

| | トラックバック (1)

2010/08/10

J.モントーヤ(元マクラーレン)、米NASCARで2勝目飾る

Juan Montoya/NASCAR (C)Chip Ganassi Racing
拡大します
元マクラーレンなどのF1ドライバーで、現在は米NASCARシリーズに参戦するファン・モントーヤ(34歳:コロンビア)が、この週末ワトキンスグレンで行われたNASCARスプリント・カップ・シリーズで自身通算2勝目となる勝利を記録した。
米国人ドライバー以外でNASCAR最高峰のシリーズ2勝を記録したのはモントーヤが史上初となる。

F1で通算7勝を記録したモントーヤは、すでにCARTでのインディ500(2000年)、またF1ではモナコGP(2003年)も制していて、次の目標はルマン24時間レース制覇かと憶測する向きも多い。

NASCARニュースはこちら

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介