2015/02/06

低温と非常に粗い路面コンディション下で行われたヘレスでのテスト (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
Pre-Season test one: ヘレス 2015年2月1-4日

・ドライバーたちからは2015年型タイヤへポジティブなフィードバックが得られた
・2014年1回目のテストを凌ぐラップ数と性能向上は、 ハイブリッド技術の著しい進歩を示す

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「ヘレスでの4日間テストは順調で、全チームが昨年同時期のテストよりも多くの周回を重ねました。これは、ハイブリッド技術開発が驚異的なスピードで進んでいることを示しています。非常に粗い路面と、変わりやすい天候という条件下でも特に問題は発生せず、ドライバーたちからは全般的にポジティブなコメントが得られました。タイヤに関しては、天候に恵まれれば、今月予定されているバルセロナでの2回のテストで、さらに有益な情報が得られるでしょう。テスト専用に用意した迅速なウォームアップ性能を持つ‘ウィンター・ハード’プロトタイプコンパウンドは非常に評価され、ドライバーたちは広範囲に渡って使用していました。新型マシンが2014年型から大きな進化を遂げていることは明らかで、3月のメルボルン開幕戦の前にさらなる改善が期待されます」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "低温と非常に粗い路面コンディション下で行われたヘレスでのテスト (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2015/02/05

ライコネン(フェラーリ)、最速タイムも「別に意味はない」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
4日間にわたって行われた2015年注目のシーズン前最初のテストは、4日間中3日間でトップタイム(残りの1日は2番手タイム)を記録したフェラーリ『SF15-T』の速さが印象に残った。
その中でも全セッションを通じてのベストタイムは跳ね馬での2季目を迎えたキミ・ライコネン(35歳:フィンランド)が記録したものだったが、相変わらずこのフィンランド人は平静を保っていた。

「ベストタイムといったって、まだテスト。
それもシーズン前最初のものに過ぎないんだから、こんなタイムに何の意味もないよ。
いまの時期のコンマ何秒に一喜一憂するその神経がわからない。
だから他チームとの比較なんて無意味だけど、自分自身の状況ついて言うならば、まあ悪くはないかな。
昨日も言ったように、今年のパッケージはすべての面で昨年のものより改善されていると思う。
そうした小さな積み重ねが、シーズンではわずかなタイム向上になって表れるものなんだよ。
それでもまあ少なくとも今の段階では、チームは『いい仕事してますね~』ということかな」

| | トラックバック (0)

マクラーレン・ホンダ、最終日は燃料ポンプにトラブル

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
ヘレス合同テスト最終日、マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンがステアリングを担当したが、この日は午後のセッションで燃料ポンプにトラブルが発生、結局午後3時前にテストを終了することとなった。

まだ初期トラブルを洗い出している際中としてガレージの雰囲気は暗いものではないが、この4日間でトータル79周のみ。
前年チャンピオンのメルセデスAMGチームが4日間で515ラップを周回したことと比較するとその差は決して小さいものではない。

この事態にはさしもの新井康久氏(ホンダ)も「トラブルは予想していたもののこれほど多いとは」と述懐、想定していた周回には達しなかったことを認めた。
しかしそれでも「ドライバーからのフィードバックはいずれも的確なもので、これを次回のテストまでにマシンに活かしたい。
とにかくこのマクラーレン・ホンダというチームには大きなポジションがある」と、引き続き前向きなところをみせた。

| | トラックバック (0)

ヘレス合同テスト4日目タイム(最終:2/04)

4日(水)、今回の最終日を迎えたヘレス合同テストは再びフェラーリ『SF15-T』が最速。
キミ・ライコネンがこの週全体のベストタイムをマークしてシーズン前最初のテストを終えた。こ
またこの日バトンがドライブしたマクラーレン・ホンダはかろうじて35ラップを周回したものの、まだ全開走行からはほど遠いもので、次回のテストに向け課題が残されたようた。

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 K.ライコネン FIN Ferrari 1'20.841 106
2 M.エリクソン SWE Sauber Ferrari 1'22.019 112
3 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'22.172 116
4 M.フェルスタッペン HOL Toro Rosso Renault 1'22.553 97
5 F.マッサ BRA Williams Mercedes 1'23.116 73
6 R.グロージャン FRA Lotus Mercedes 1'23.802 53
7 D.クビアト RUS Redbull Renault 1'23.975 63
8 J.バトン GBR McLaren Honda 1'27.660 35

   * 2014 Test-Time : 1'23.276 K.マグヌッセン/McLaren Mercedes (1/30)
   * 2015 Test-Time : 1'20.984 S.ベッテル/Ferrari (2/02)
    (ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2015/02/04

それでも「進歩」と、エリック・ブイユ代表(マクラーレン)

McLaren Honda 『MP4-30』 (C)McLaren Group
拡大します
これまで3日間のテストを終え、3日間すべてでマシントラブルに見舞われているマクラーレン・ホンダの『MP4-30』だが、それでもエリック・ブイユ代表はすこぶる明るい表情で終始している。

「今日、ちゃんと走れるかどうかはとても重要なことだったんだ。
これまでの2日間、それぞれたったの6周しかできなかったんだからね。
それに比べれば今日は半日で30周。たいしたものじゃないか。
大事なことは着実に進歩を遂げているということ。
ただこの時期の新型車というものは、一度パンドラの箱を開けると次から次へと新たなものが飛び出してくるものだから、われわれに休んでる暇はないよ。
今日も急げばラスト1時間か1時間半はまた走れたかも知れないが、それよりも明日の準備を着実に行うことを選択したんだ。
明日がいい一日になるといいね」

メディアが心配するほどには首脳陣は現在の状況を危惧してはいないようだ。

| | トラックバック (0)

マクラーレン・ホンダ、この日は冷却系にトラブル

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
3日(火)、3日目を迎えたマクラーレン・ホンダのヘレス・テストはこれまでの6ラップに比べれば大幅アップの32ラップを周回したが、この日もトラブルに苦しんだ一日となった。

この日ステアリングを握ったアロンソは、ウェットコンディションながら午前のセッションではインターミディエイトタイヤで30ラップ以上を周回。
しかし午後のセッションでコースに出た途端、冷却系にトラブルがあることが発覚して中断。
冷却水圧にトラブルが生じたということだが、その解決のためにはパワーユニットを取り外す必要があるということで、作業のため走行は打ち切られることとなった。

チームによればこの日のうちに対策を終え、最終日のバトンの走行に備えたいとしている

| | トラックバック (0)

ヘレス合同テスト3日目タイム (2/03)

3日(火)、3日目を迎えたヘレス合同テストはこの日も全8チームが参加して行われた。。
トップタイムはザウバー・チームの新人フェリッペ・ナスルがマーク。
アロンソが搭乗したマクラーレン・ホンダはこの日ようやくある程度の周回を重ねることができたが、まだ本格走行にはほど遠い段階だった。

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 F.ナスル BRA Sauber Ferrari 1'21.545 108
2 K.ライコネン FIN Ferrari 1'21.750 92
3 N.ロズベルグ GER Mercedes 1'21.982 151
4 F.マッサ BRA Williams Mercedes 1'22.276 71
5 P.マルドナド VEN Lotus Mercedes 1'22.713 96
6 C.サインツJr. ESP Toro Rosso Renault 1'23.187 136
7 D.リカルド AUS Redbull Renault 1'23.901 48
8 F.アロンソ ESP McLaren Honda 1'35.553 32

   * 2014 Test-Time : 1'23.276 K.マグヌッセン/McLaren Mercedes (1/30)
   * 2015 Test-Time : 1'20.984 S.ベッテル/Ferrari (2/02)
    (ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2015/02/03

ヘレス合同テスト2日目タイム (2/02)

2日(月)、2日目を迎えたヘレス合同テストには、遅れていたロータス・チームも顔をみせ全8チームで行われた。
注目のマクラーレン・ホンダはこの日バトンがステアリングを握ったのが、トラブルにより再び満足な走行とはいかず、またレッドブル・レーシングにもトラブルが出た。

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 S.ベッテル GER Ferrari 1'20.984 88
2 F.ナスル BRA Sauber Ferrari 1'21.867 89
3 V.ボタス FIN Williams Mercedes 1'22.319 61
4 L.ハミルトン GBR Mercedes 1'22.490 91
5 M.フェルスタッペン HOL Toro Rosso Renault 1'24.167 73
6 P.マルドナド VEN Lotus Mercedes 1'25.802 41
7 J.バトン GBR McLaren Honda 1'54.655 6
8 D.クビアト RUS Redbull Renault -------- 18

   * 2014 Test-Time : 1'23.276 K.マグヌッセン/McLaren Mercedes (1/30)
   * 2015 Test-Time : 1'22.620 S.ベッテル/Ferrari (2/01)
    (ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2015/02/02

ヘレス合同テスト1日目タイム (2/01)

1日(日)スタートしたヘレス合同テストだが、フォース・インディアに加えロータス・チームもこの日は不参加でわずか7チームだけの出走となった。

Pos. Driver Nat. Car TestTime Lap
1 S.ベッテル GER Ferrari 1'22.620 60
2 M.エリクソン SWE Sauber Ferrari 1'22.777 73
3 N.ロズベルグ GER Mercedes 1'23.106 157
4 D.リカルド AUS Redbull Renault 1'23.338 35
5 V.ボタス FIN Williams Mercedes 1'23.906 73
6 C.サインツJr. ESP Toro Rosso Renault 1'25.327 46
7 F.アロンソ ESP McLaren Honda 1'40.738 6

   * 2014 Test-Time : 1'23.276 K.マグヌッセン/McLaren Mercedes (1/30)
    (ベストタイム及び周回数等はすべて非公式です)

| | トラックバック (0)

2014/02/02

ヘレスでは最小限のタイヤデータを収集 より詳細な情報はバーレーンに期待 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
レビュー - 2014年Formula One公式テスト ヘレス
2014年1月31日、ヘレス

Formula Oneの新しい時代が、ヘレスでの4日間のテストで幕を開け、各チームは、新型のマシンと2014年型タイヤを初めてテストしました。続くプレシーズンテストは、2月にバーレーンで4日間のテストが2回予定されています。

革命的な技術的変更に伴い、今回の走行は昨年と比較して大幅に限定的となり、タイヤに関するテストはごくわずかでした。

しかしながら各チームは、新型のコンパウンドとタイヤ構造を特徴とするピレリの2014年型タイヤレンジを初めて試すことができました。また、各チームは、テスト2日目に新型のCinturatoグリーン・インターミディエイトとCinturatoブルー・フルウェットをテストすることができました。この日は雨天用テスト日に指定されました。その後、金曜日も雨となったため、さらに雨天用タイヤのテスト機会が提供されました。

ピレリは、低い気温(6℃以下まで低下)の下でも各チームが最大限に走行できるように、今回限定の’winter’バージョンのハードタイヤをヘレスに追加で持ち込んでいました。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ヘレスでは最小限のタイヤデータを収集 より詳細な情報はバーレーンに期待 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介