2019/03/02

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト最終日コメント(3/01)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
昨年はこの時期に雪に見舞われたバルセロナですが、今年は全ての日程で好天に恵まれました。
そのおかげもあり、テスト合計では、Red Bull Toro Rosso Hondaのアレックス・アルボンが500周、ダニール・クビアトが435周、チーム合計で935周を走行。Aston Martin Red Bullはマックス・フェルスタッペンが438周、ピエール・ガスリーが395周のラップを重ね、チームとしては833周を記録。Honda PU合計としては1,768周、約8,230kmを大きなトラブルなく走破しました。

次に全てのマシンが揃って走るのは、2週間後に迫ったオーストラリア・メルボルンでの開幕戦になります。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(11番手)

「昨日の午後のクラッシュがあったにも関わらず、ガレージで皆が頑張ってマシンを修復してくれたおかげで、今朝にはトラックへ復帰することができ感謝しています。
しかしギアボックスにトラブルが見つかってしまい、残念ではありましたが走行を中止せざる得ない結果となってしまいました。
総合的には、ポジティブな結果を残せたいいテストにできたのではないでしょうか。
ロングランでは期待が持てるパフォーマンスが見られたと思います。
マシンのパッケージとエンジンにはいい手応えを感じているので、僕自身は満足しています。
今は早くレースをするのが楽しみでなりません」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(5番手)

「チームにとって、多くの成果を残せた実りあるプレシーズンテストになりました。
多くの周回をこなすことができ、この2週間(2つのテスト期間中)に行った作業に満足と言っても良いのではないでしょうか。

1回目のテストの後に課題をきちんとクリアし2回目のテストを迎えることができたことで、この2週間でマシンに慣れ、いい感触で締めくくれたのだと思います。
テストではいくつか新しい試みとさまざまなセットアップでアプローチし、マシンの挙動を確認していました。
これらのことをレースウイーク中に行うには、時間がかかってしまうのはもちろんリスクが大きいからです。
テストで得た結果から、速く走るためにマシンの最大のポテンシャルを引き出す解決策を見つけることができ、このウインターテストという機会を最大限に活かせたのではないでしょうか。

最終日の今日は、午前中にショートランと予選シミュレーションを行い、午後はレースシミュレーションを行いました。
どちらも上手くいったテストとなり、これからメルボルンでの今シーズンの開幕戦に向けて集中して取り組んでいけそうです」

【田辺 豊治(ホンダ/テクニカルディレクター)】

「バルセロナでの2019年ウインターテストは、PUとしては大きな問題はなく、両チームともに多くのマイレージを重ね、8日間を終了することができました。
テスト2ではいくつかのトラブルがありましたが、シーズン開始前に問題を洗い出すこともテストの大切な目的だと思っています。

Scuderia Toro Rossoとは昨年1年間シーズンをともに戦うなかで経験してきたことを活かし、さらに互いの関係性を強いものにした状態でテストに臨みました。
Aston Martin Red Bull Racingとは、マシンの開発のみでなく、レースオペレーションについても昨年から綿密に準備を進めてきた甲斐があり、テストをスムーズに遂行することができました。
結果的に8日間を通して天候もよく、2チームともに走行を重ねられたため、多くのデータを得ることができました。
ここからは開幕戦に向けて万全の状態で臨みたいと思います」

【フランツ・トスト代表(トロ・ロッソ)】

「朝の低い気温を除いては、このバルセロナでの2回のプレシーズンテスト期間中はいい天気に恵まれました。
よって多数のセットアップ、さまざまなコンディションの中でタイヤを試すことができ、新しいSTR14の多くをチームが学ぶことができました。

(Red BullテクノロジーやHondaとの)シナジー効果が想定どおりに機能し、トータルで4,352kmを走行したなかでも目立った問題は見つかりませんでした。
そこからは高い信頼性をもつマシンの素性を感じました。
多少の問題はあったものの、シーズン前のこの時期には普通に起こることですし、それらに対してはすぐに解決策を見出すことができ、懸念するほどの大きな問題にはいたりませんでした。
予定通りにパーツを揃えてくれたチームのファクトリーでの働きに、大変感謝しています。
新しくチームに加わったメンバーが数人いる中でも、現地でのガレージでの作業はスムーズで、効率的に行われていました。
ファエンツァとビスターの皆の貢献にも感謝しています。

ダニール(クビアト)とアレックス(アルボン)はミスもせず、わたしたちが期待していた通りのフィードバックを分かりやすく伝えてくれました。
ダニールは昨シーズンはレースから離れていたにも関わらず、すぐにマシンにも慣れてくれました。
チームのメンバーは良く知っていますが、以前と変わらず『速さを持っていて、確実なフィードバックができる』ドライバーであることを感じました。
そして、日毎に急激なスピードでF1マシンに慣れ、急成長を見せていたアレックスにとっても、大きな手助けとなる存在になるでしょう。
チームと初めて過ごす4日間で、アレックスの力強いパフォーマンスと、鍛え抜かれたフィジカルを見ることができました。

PUに関してはパフォーマンス能力の向上と信頼性について、HRD Sakuraのエンジニアの皆さんにとても感謝しています。
新しく始まるシーズンを、開幕戦のメルボルンでポイント獲得といういい結果で始められる予感がしています」

【ギヨーム・ロケリン(レッドブル)】

「このバルセロナでのテストを新しいマシン、新しいPUサプライヤー、そして新しいドライバーとともに迎えましたが、その全てがうまく噛み合う形で機能していたと思います。
今日のような問題はテスト中には往々にして起こってしまうものですが、最終日を早く終えなければならなかったことは残念でした。
しかし、この2週間の間バルセロナで挙げた成果が無駄になったわけではありません。
多数のテスト項目をこなし、シーズン開幕に向けて我々が進むべき方向性と、RB15について多くの学びを得られたテストとなりました。

テストの間Hondaの働きは素晴らしいものでした。PUは十分な信頼性を見せてくれましたし、われわれのチームメンバーとも非常にいいチームワークの下で働くことが出来ました。

ピエール(ガスリー)にとっても新しいチームでのスタートとなり、マシンや手順など、学ぶことも多く大変だったと思います。
マシンのバランスは良く、パフォーマンス面でも期待できますし、レースに向けた準備はできていると思います」

【ジョディ・エジントン(トロ・ロッソ)】

「最終日となった今日はダニール(クビアト)が、午前中終盤に予選シミュレーション、午後にはレースシミュレーション、と多くのテスト項目をこなしてくれたおかげで、実りある一日になりました。
予定していた走行プログラムを完了したことで、この2019年度のウインターテストをいいかたちで締めくくれたのではないでしょうか。
PU面では申し分ない信頼性とパフォーマンスを感じながらテストを行うことができ、Hondaのメンバーには感謝しています。
もちろん、現地(のトラックサイド)で、そしてファエンツァとビスターからも貢献してくれたToro Rossoのスタッフたちにも非常に感謝しています。
彼らが多忙ながらもサポートしてくれたおかげで、多くの成果を挙げられました。
これからはメルボルンに向けて集中し、シーズン開幕戦を期待とともに迎えたいと思います」

提供:本田技研工業(株)

| | トラックバック (0)

2019/01/02

フランツ・トスト代表(トロ・ロッソ)、「クラッシュで3億円」

Franz Tost (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
2018年、ホンダとの新たなパートナーシップでシーズンを戦ったスクーデリア・トロ・ロッソだが、ドライバーによる相次いだクラッシュにより、巨額の修復費用を強いられたことを明らかにした。

これは同チームのフランツ・トスト代表が専門サイト『Motorsport.com』で語ったもの。
それによればピエール・ガスリーがバーレーンGPで4位に入る好調なシーズン滑り出しをみせた一方で、スペインではそのガスリーがグロージャン(ハース)と、またカナダではハートリーがストロール(ウィリアムズ)との大きなアクシデントに遭っていずれもマシンを大破してしまうことに。
いずれもほぼマシンは全損で、修復にはおよそ総額230万ユーロ(3億円弱)以上ものコストが掛かったということだ。

「せっかくアップグレードに集中しようと思っても、アクシデントで大事な予算の相当額を使ってしまうのは不本意なこと。
もちろんドライバーも壊そうとして壊した訳ではないがね」と、嘆くトスト代表。
それにつけてもF1チーム運営とは頭の痛い仕事だ。

| | トラックバック (0)

2018/07/30

田辺豊治T/D(ホンダ)、「この勢いを維持して後半へ」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
夏休みを前に前半最終戦で6位入賞を遂げたトロ・ロッソ・ホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターは、「この勢いを維持して後半に向かいたい」と、コメントした。

「今回のハンガリーGPではマシンの仕上がりもよく、ガスリーが6位入賞を果たしてくれた。
一方でハートレーのほうは11位となり、惜しくもダブル入賞を逃してしまったことは残念だった。
全体としては昨日の難しい予選も含め、チームの全員がいい仕事をしたと思う。
シーズン前半戦は難しいレースが続いたが、サマーブレイク前の節目のレースをいい形で終えられたことは良かった。
この勢いを維持しながら後半戦に向かいたい」

またトロ・ロッソのフランツ・トスト代表も、「このレースウイークでは、チームは最初から最高のパフォーマンスを見せてくれた。
ここ最近のレースではポイントを挙げることができていなかったので、6ポイントはチームにとってとても大きな結果となった。
ガスリーは常にトップ10の中で走ってくれたので、Q3進出とさらにはレースでのポイント獲得も期待できると確信していたよ。
作戦を立ててくれたエンジニアのみんなと、とても素早いピット作業を行ってくれたメカニック達に感謝している。
これで夏休みに入るが、シーズン後半戦でさらにプッシュしていくべくベルギーGPに向けて十分に充電したいと思っている」と、喜んだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/23

トロ・ロッソ・ホンダ、5戦ぶり入賞も「課題は多い」

>Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
22日(日)行われたドイツGPでは2台共完走、ハートリーがモナコGP以来5戦ぶりとなる入賞を果たしたトロ・ロッソ・ホンダだが、ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「課題は多い」と反省、笑顔をみせることはなかった。

「予測が難しい雨により波乱となったレースの中で、2台のマシンが完走できたことはよかったと思っている。
また、ハートレーは16番手からのスタートだったが、最後に粘りを見せて確実にポイントを獲得してくれたことは素晴らしい。
しかしここ数戦を見ると、われわれのパッケージにはまだ課題が多いと思わざるを得ない。来週のハンガリーGPに向け早急に状況の分析を行い、パフォーマンス改善に努めたい」と、語った。

またトロ・ロッソのフランツ・トスト代表は、「両ドライバー共にスタートは良く、レース中もそれぞれの状況に合わせたパフォーマンスを見せてくれたと思っている。
ただ後方グリッドからレースをスタートすることは、決して簡単なことではない。
ハートリーにとってはポイント獲得の一戦となり、とても喜ばしい結果になった。
ガスリーのほうはタイヤ戦略がうまくいかず、迷惑を掛けた。
今回天候は味方せず、作戦成功とはならなかったが、時には挑戦することも必要。
良かった面は自信に繋げ、次戦のブダペストでさらに強いチームのパフォーマンスを見せられるよう準備したい」と、語った。

| | トラックバック (0)

2018/06/21

トロ・ロッソ、来季もホンダとの協力体制に自信

STR Honda『STR13』 (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
かねて噂になっていた通り、来季レッドブル・レーシングがホンダ製パワーユニット搭載が決定。
これを受けてホンダからのワークス待遇がトロ・ロッソからレッドブルに移るのではないか、との見方が広まっている。

しかしこれについてトロ・ロッソのフランツ・トスト代表は来シーズンもホンダとの密接な協力体制に変更はないと自信をみせている。
それによれば、トロ・ロッソとホンダはすでに2019年マシンの開発において全面協力。
シャシー本体からエアロダイナミックス、クーリング・システムの配置、エレクトロニクス関連などすべての面で密接な協力体制が進められているとのこと。

ただホンダ側の責任者である山本雅史モータースポーツ担当部長は表向き「同一スペックのエンジン供給がレギュレーションで義務付けられていることもあり、複数チーム供給となってもこれまでのようなワークスやカスタマーといった概念を採ることはない」と、説明している。
もしレッドブルとトロ・ロッソが来季対等に争うようなことになると、F1は面白くなりそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/05/22

トロ・ロッソ、「日本人ドライバー起用も選択肢」

Honda Hybrid (C)Honda Racing
拡大します
今シーズン、ホンダとのパートナーシップでF1を戦って入るトロ・ロッソでは、将来的に日本人ドライバーの起用も選択肢の中にあることを示唆した。
これは同チームのフランツ・トスト代表が明らかにしたもの。

「われわれがレッドブル傘下にあることから、ドライバー起用についてもレッドブルの意向が働くのは当然のことだ。
しかし同時に今はホンダとの関係も深い。
もしもホンダから有能な逸材の提供があれば、もちろん日本人ドライバーを起用するのにやぶさかではない」と、トスト代表。

現在のトロ・ロッソのドライバーであるガスリー&ハートリーはいずれもレッドブル育成ドライバーの一員。
またその一方でホンダもF1参戦に必要なスーパーライセンスを獲得すべく、福住仁嶺&牧野任祐という若手ドライバーをF1に最も近いF2シリーズで走らせている。
F2では年間3位以内に入るとF1に必要なスーパーライセンスの対象となる。

| | トラックバック (0)

2018/04/10

トスト代表(トロ・ロッソ)、「ホンダ躍進はF1新時代の到来」

Franz Tost (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ピエール・ガスリーが記録したバーレーンGPの4位入賞は、自身最高位になるだけでなく、ホンダにとってもトロ・ロッソと組んだわずか2戦目、そして2015年のF1復帰以来いきなり最高のリザルトとなるものとなった。

これについてトロ・ロッソ・チームのフランツ・トスト代表は次のようにその『意義』を語った。

「ガスリーが今回示した走りは間違いなく称賛に値するものだった。
そしてそれを支えたチームスタッフの頑張り、さらに高い信頼性とスピードをみせたホンダの底力も示した。
これはトロ・ロッソだけでなくレッドブル全体の未来にとって重要な一歩となるものだ」

また今回惨敗に終わったレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表も、「今日トロ・ロッソ・ホンダが示したパフォーマンスと信頼性は、彼ら自身への祝福だけでなく、われわれレッドブル全体にとっても意味のあるもの」と、兄弟チームの活躍を称賛した。

既報のように、2019年のレッドブルは現在のルノーに代えてホンダ製パワーユニット搭載の可能性が噂されている。

| | トラックバック (0)

2018/03/10

トロ・ロッソ・ホンダ、2レース分の距離を楽々走破

STR Honda 『STR13』 (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
バルセロナ・サーキットを舞台とするスペインGPの決勝レースは66周だが、合同テストの最終日トロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリーは一日でこの日トータル156周をノートラブルで走りきってみせた。

テストを終えた同チームのフランツ・トスト代表は「バルセロナでの2回のシーズン前テストを終え、われわれが成し遂げた成果に満足している。
とりわけ8日間(実質7日間)で合計3,826キロも走破できたことにもね。
みんなが予想以上と思っているだろうが、同時に慎重にもなっている。
速さの点ではおそらく中団グループでの激しいバトルになることだろうが、全員が前向きだ。
何よりホンダとのパートナーシップがとてもうまくいっているのが素晴らしい」と、今シーズンの活躍に太鼓判を押した。

| | トラックバック (0)

2017/12/25

トロ・ロッソ・ホンダ、心配点はドライバーか

Toro Rosso Duo (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
2018年シーズン、これまでのルノー・エンジン搭載のカスタマーからホンダ・エンジン独占供給チームとなり飛躍が期待されるトロ・ロッソ・チームだが、心配な点が経験の少ないドライバーにあるようだ。

先にFIA(国際自動車連盟)から発表された2018年のエントリーリストではまだ空欄となっていた同チームだが、チームはすでに来季レースドライバーとして今年すでに数戦で起用しているピエール・ガスリー(21歳:フランス)とブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)というフレッシュなドライバー・ラインナップになることを明らかにしている。
これについて同チームのフランツ・トスト代表は、次のように語っている。

「来シーズン、ホンダからパワーユニットの供給を受けることについては大いに期待をしている。
われわれとしても最大限の形でこれを受け入れたい。
心配すべき点があるとすればドライバーかも知れない。
シーズン半ばに経験豊富なカルロス・サインツを失ったことは残念なことだ。
彼はわれわれのクルマを熟知していたし、タイヤについても優れた管理能力を持っていたからね。
来年は二人とも若いドライバーになるので、彼らをいかに早く成長させられるかが重要なポイントになるだろう」

チーム獲得ポイントのほとんどを一人で稼いでいたサインツのシーズン途中移籍(ルノー)の背景には、エンジン契約交渉も関係していると言われている。

| | トラックバック (0)

2017/12/14

クビアト放出のトロ・ロッソ、それでも代表から『エール』

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル傘下のスクーデリア・トロ・ロッソは、2014年から在籍したダニール・クビアト(23歳:ロシア)を今季途中で放出したが、その背景について同チームのフランツ・トスト代表は次のように語った。

「彼を放出しなければならなくなった直接の原因は、彼がチームメイトとの同士討ちを始め多くのインシデント(出来事)に関係しためだったが、しかし彼のマシンには信頼性の点で問題が多かったのも事実だ。
クビアト自身には間違いなくドライバーとしての高い資質があり、それはリカルドをも凌ぐものといって差し支えないと思うが、残念ながら彼は自信を喪失してしまっていたんだ。
彼にはまた自信を取り戻すため、できればしばらく休憩するのもいいかも知れない。
いずれにせよ、われわれは彼の復活を強く望んでいるよ」と、その将来にエールを贈った。

かつてはハンガリーGPで2位表彰台も経験したクビアトだが、いまのところ来季去就はまだ明確でない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク A1グランプリ BMW BMWザウバー DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンソニー・デビッドソン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カルン・チャンドク カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームス・ロシター ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパイカーF1 スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ボーデ セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー ティモ・グロック テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ナレイン・カーティケヤン ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ビタントニオ・リウッツィ ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー プロドライブ ヘイキ・コバライネン ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マリオ・タイセン マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ヤルノ・トゥルーリ ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロルダン・ロドリゲス ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 人事 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP