2023/02/11

アレジのフェラーリ643、オークションで5億円

Jean Alesi (C)McLaren Group
拡大します
1991年シーズン、フェラーリ・チームが参戦に使った『フェラーリ643』がサザビーズのオークションで366万ユーロ(約5億1千万円)の高額で落札されたことがわかった。

当時このマシンをドライブしたのはジャン・アレジとジャンニ・モルビデリの二人。
現在も実走行ができる状態ということだが、F1人気の高まりもあり、想定以上の高額に関係者も驚きを以って迎えている。

|

2023/02/08

ジャン・アレジ氏、「フランスGP消滅は国の責任」

Jean Alesi (C)Mercedes Motorsport
拡大します
新しくポールリカール・サーキットの代表に就いた元F1ドライバーのジャン・アレジ氏は、今年のカレンダーから外れたフランスGPについて自身の見解を示した。

現代F1スタートした1950年から開催されたフランスGPの開催地はランス・サーキットだったが、近代はポールリカールとマニクールが開催を巡って騒動が続いた。
これについてアレジ氏は「フランスGPがカレンダーから脱落した原因は政治にある」と英『オートスポーツ』誌で指摘したもの。

アレジ氏は「(関心持たず)大統領が来ないグランプリなんてウチくらいのもの」として、フランスで政治的なバックアップがないことを憂えた。
新規開催希望地が門前列を成す現状では、一旦消滅したグランプリの復活はなかり困難なことになる。

|

2023/02/03

ジャン・アレジ、ポールリカール・サーキットの責任者に

Jean Alesi/2001 Japanese GP (C)Ex.Jordan GP
拡大します
元フェラーリ等のF1ドライバーであるジャン・アレジ氏(58歳:フランス)がフランスGPの開催地ポールリカール・サーキットの責任者に就いたと伝えられた。

これはイタリアの専門紙『アウトスプリント』が報じたもので、レーシング・ドライバーがF1サーキットの代表になるのは異例のこと。

アレジ氏は1995年のカナダGPでフェラーリを駆って念願の初優勝を果たし、「国際F3000のチャンピオンはF1で勝てない」というジンクスを打ち破ったことで知られる。

なお夫人は日本の女優・後藤久美子さん、また子息のジュニアーノもレーシング・ドライバーだ。

|

2020/06/09

ジャン・アレジ、自慢の『フェラーリF40』売却

Giuliano Alesi
自身も現役時代に跳ね馬チーム・ドライバーだったジャン・アレジ氏(56歳:フランス)が、自慢の愛車の一つである『フェラーリF40』を資金捻出のため売却したことを明らかにした。

同氏によれば資金はやはりレーシングドライバーである子息ジュリアーノ・アレジ選手(19歳)のモータースポーツ活動資金に充てられるとのこと。
同選手は今季F1傘下のF2にアーデン・インターナショナルから参戦予定になっている。
もちろん最終目標は父親と同じF1ドライバーだ。

人気の『フェラーリF40』だが、それでも1シーズンの活動費の半分にしかならないとのことで、同氏はF2にもコスト削減が必要と訴えている。
なおジュリアーノ君の母親は後藤久美子さんだ。

|

2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/01/04

先輩アレジ氏、マッサの引退撤回に「異議」唱える

Jean Alesi/2001 Japanese GP (C)Ex.Jordan GP
拡大します
ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)の後任として現ウィリアムズのバルテリ・ボタスに白羽の矢が立ったとされたことで、さらにそのボタスの後任としてすでにF1引退を表明したフェリッペ・マッサの現役復帰が伝えられた。
しかしこの報道について元フェラーリやティレル等で活躍した元F1ドライバーのジャン・アレジ氏(52歳:フランス)が異議を唱えている。

「マッサが引退を撤回するって?
もしそれが自室なら、正直言って彼の判断ミスだと思うよ。
だって彼はすでに人生の新たな一ページをめくったんだからね。
今から過去に戻る必要があるのかい。
もしも今年ウィリアムズが優勝できるほど戦闘力があるなら別だ。
でも、去年と同じ程度なら戻る意味なんて何もないよ」

1989年のティレルを皮切りに通算13年間F1を戦ったアレジ氏は、2001年の日本GP(鈴鹿サーキット)のジョーダンを最後にファンに別れを告げた。

| | トラックバック (0)

2016/03/02

アレジ二世、フェラーリの育成プログラムに

Giuliano Alesi

元フェラーリ等のF1ドライバーであるジャン・アレジ氏(51歳:フランス)の子息ジュリアーノ・アレジ(16歳:フランス)が、フェラーリ・チームの育成プログラムであるFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)に加入することがわかった。
アレジ氏は1995年のカナダGPにフェラーリで優勝している。

昨年ジュリアーノはフランスF4選手権に挑戦し3勝を記録、シリーズ・ランキング4位というルーキーイヤーを終えた。
今年はGP3へのステップアップを予定、所属チームはトライデントになることがすでに決まっている。

ジュリアーノ君はアレジ氏と日本の女優だった後藤久美子さんとの間の子息。
鈴鹿サーキットで行われた日本GPには両親と共に来日し、イベントに参加するなど親しまれていてすでに熱心なファンも多いという。

| | トラックバック (0)

2015/12/21

ジャン・アレジ氏の子息はGP3シリーズ参戦へ

Jean Alesi (C)McLaren Group
拡大します
元フェラーリ等のF1ドライバーで日本にもファンの多いジャン・アレジ氏(51歳:フランス)が、子息であるジュリアーノ選手が2016年はGP3シリーズに参戦する方針を明らかにしている。
所属チームとの契約はまだということだが、名門アーデン・インターナショナルらの名前が挙げられているとのことだ。

ジュリアーノ選手は今季フランスF4選手権に初参戦、ルーキーながら3勝を挙げてランキング4位という成績を収めている。
つい最近、ミカ・ハッキネン氏の子息がモータースポーツ界からの撤退を表明したばかりのこと、ジュリアーノ選手への期待はひときわ高まっているようだ。
なお同選手の母親は日本の人気女優だった後藤久美子さん。
父親以上に日本のファンが熱くなるかも知れない。

| | トラックバック (0)

2015/06/10

アレジ氏、「グロージャンは相変わらず」

Romain Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
カナダGP決勝レース終盤、周回遅れのスティーブンス(マノー)と接触するアクシデントを引き起こしたとしてドライブスルー・ペナルティーを科せられたロマン・グロージャン(ロータス)に対し、元フェラーリ等のF1ドライバーであるジャン・アレジ氏(50歳:フランス)が辛辣なコメントを明らかにしている。

「グロージャンはせっかくスピードを持っているのにまただものガッカリだよ。
モナコGPに続いてじゃないか。
しかもアクシデント直後には『向こうが突っ込んで来た』なんて言ってた。
このところしばらくクラッシュがなかったから落ち着いてきたと思ったんだけどね。
これはもう性格から来るものだから、クラッシュ癖は直らないだろう。
戦闘力が上がったロータス・チームを立て直すのはむしろマルドナドのほうじゃないか」

| | トラックバック (0)

2015/04/30

シューマッハだけじゃない、アレジ子息も

Giuliano & Jean Alesi (French F4)
先週ドイツF4シリーズで4輪デビューを果たしたミック・シューマッハ(16歳:ドイツ)は開幕戦で初勝利を記録、かのミハエル・シューマッハ氏の子息ということもあり異常な注目を集めたが、これに同じく元F1ドライバーであるジャン・アレジ氏が言及している。

それによればミックについては以前からアレジ氏も良く知っていると親しみを示しながらも、まだ成長段階である今の時期から注目を集めすぎることは決して本人のためにならないと危惧するもの。
ただ、これは別にシューマッハというビッグネームへのジェラシーではないことを強調した。

というのもアレジ氏の子息ジュリアーノ君も同じようにもこちらはフランスのF4シリーズに参戦しているからだ。
こちらもすでに2度ポールTOウィンを果たすなどその才能をみせているが、ただ残念ながらほとんどメディアは報じていない。
なおジュリアーノ君の母親は知られているように日本の女優・後藤久美子さん。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC