2017/12/09

P/Uコンポーネンツ交換によるペナルティを一部変更に

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
F1は来シーズンから年間に使用できるP/U(パワーユニット)を3基までと今シーズンの4基よりさらに厳しく制限するが、これに伴いレギュレーションも一部変更される。
これはかねてロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターがわかりにくいと改革を主張していたものだが、結局大きな変更は叶わなかった模様。

パワーユニットのコンポーネンツ交換でペナルティを受ける際にドライバーが15グリッドを超える降格ペナルティを受けた場合、すべてグリッド最後尾からスタートするものと新たに定められた。
また複数のドライバーが15グリッドを超える降格となったときには、違反の内容によって順位が決められることになる。

なおICE(エンジン本体)やMGU-H(熱エネルギー回生システム)、TC(ターボチャージャー)は年間3基までだが、ES(エネルギー・ストア)、CE(コントロール・エレクトロニクス)、MGU-K(運動エネルギー回生システム)は年間2基までとさらに厳しく制限される。

| | トラックバック (0)

2017/12/07

ロス・ブラウン氏、『グリッド降格ペナルティ』の再考を示唆

Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今シーズン乱発されてファンの不興を買ったパワーユニット関連コンポーネンツ交換によるグリッド降格ペナルティについて、再考していることを明らかにしている。
これはF1を担当するロス・ブラウン/モータースポーツ担当取締役が示したもので、ファンが不安に思っていることは重々感じているとしたもの。

「来シーズンは、これまでより厳しく3つのエンジンに制限するため、さらにペナルティが続発することも考えられる。
例えば二つのコンポーネンツを交換すると15グリッド降格。
これは多くのドライバーにとってほぼ最後尾スタートを意味するが、それが20でも30でも実質ペナルティが変わらないというのは不可思議なことだ。
そこで、あるいは最後尾よりもさらに後方からスタートするという案もあるのかも知れない。
また、ペナルティを受けた順番を考慮するというのも一案だ。
われわれはペナルティの分野でも広い視野で改革を考えている」

今年のF1では、全部で20台によるレースにも関わらず45グリッド降格などという非現実的なケースもみられた。

| | トラックバック (0)

2017/12/06

ロス・ブラウン氏、「史上初の3戦連続開催は例外」と釈明

Michael Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「先にFIA(国際自動車連盟)が示した2018年の『F1暫定カレンダー』では、6月24日のフランスGPから7月1日オーストリアGP、そして7月8日のイギリスGPまで史上初となる3週連続開催のスケジュールが組まれていた。
この日程を受け、複数のチーム関係者から「3週連続開催はあまりにハード過ぎる」と、反発する声が聞かれている。

これについて今年からモータースポーツ・ディレクターとしてF1も担当しているロス・ブラウン取締役は、「これはあくまでも例外で2018年限りである」と、『スカイ・スポーツ』で釈明した。

「2018年はサッカーW杯があるため、多くのスポーツ同様F1も止むを得ず変則的なカレンダー編成を強いられた。
サッカーの決勝戦は7月15日に行われるが、これとF1レースをバッティングさせるのは非現実的なことだからね」と、説明。

F1関係者の中にもサッカー好きは多く、かつてミハエル・シューマッハがガレージのモニターでサッカーのドイツ戦を観ていたのは有名な逸話となっている。

| | トラックバック (0)

2017/07/06

ロス・ブラウン氏、新規参戦エンジンへの対応見直しを示唆

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
リバティ・メディアがオーナーという新体制に伴い、F1でモータースポーツ担当のマネージング・ディレクターに就いたロス・ブラウン氏がF1新規参戦エンジンへの対応見直しに意欲をみせている。

これは英『BBCスポーツ』に語ったもので、参戦3年目を経てなお苦戦するホンダを念頭に置いたもの。
同エンジンの苦戦がマクラーレンという有力チームをも追い詰めているからだ。

「ホンダがわれわれにサポートを求めてくるならば、真摯に対応したいと思っている。
ただ、技術的な個別の条件については考えていない。
しかしF1では基本的に新しいマニュファクチャラーの参入を求めているのだから、それらがホンダの二の舞になることのないよう考えるべきということ」と、前向き。

とはいえこの厳しい競争の世界。
新規参入エンジンを有利に扱えば既存のチームから当然不満が出るわけで、解決は容易でない。

| | トラックバック (0)

2017/05/22

ロス・ブラウン氏、F1ルール改正に向けプロジェクトチーム

Image (C)Renault F1
拡大します
F1改革に向け積極的な姿勢をみせる新オーナーのリバティ・メディアは、ロス・ブラウン/モータースポーツ担当取締役のサポート役としてテクニカル・ディレクター・クラスのトップ・エンジニア二人を指名し、プロジェクトチームを結成することを明らかにした。

指名されたのは元ロータス・チームのジェイソン・サマービル氏、そして元ウィリアムズ・チーム等のグレイグ・ウィルソン氏の二人。
サマービル氏がエアロダイナミックスのエキスパートであるのに対し、ウィルソン氏はシャシー面の専門家だ。

ロス・ブラウン氏はこれらの手助けとアドバイスを受けながら、難事業であるF1の具体的な改革に取り組むことになる。

| | トラックバック (0)

2017/05/20

ロス・ブラウン氏、「ベッテル(フェラーリ)活躍がF1に好影響」

Ros Brawn (C)Ferrari S.p.A
拡大します
メルセデスAMGチームの活躍だけが目立った数年に比べ、今シーズンここまでフェラーリ・チーム、とりわけセバスチャン・ベッテルが堂々と渡り合い、F1の人気も再び盛り上がりつつあるとされる。

こうした状況について今季リバティ・メディアの買収からF1モータースポーツ担当取締役に就任したロス・ブラウン氏は次のようにこれを歓迎する見解をドイツの『スポルト・ビルト』誌に示した。

「ベッテルの今シーズンの活躍は間違いなくF1にとって素晴らしい効果を及ぼしている。
彼がフェラーリのマシンをドライブしていることもそれに輪を掛けているね。
良きにつけ悪しきにつけ、F1といえば紅い跳ね馬マシンと共にあったのが事実だからね。
お陰で多くのファンがまたF1に関心を持ってくれているようだ。
なんとかこのバトルがシーズンの最後まで続いて欲しいと願っているよ」

稀代の王者であるミハエル・シューマッハのフェラーリ黄金時代を支えたのがこのブラウン氏だった。

| | トラックバック (0)

2017/05/18

F1、2輪モトGPとのカレンダー衝突回避で会談

MotoGP Image (C)Honda Racing
拡大します
スペインGPが行われた先週末、今年からF1でモータースポーツ担当取締役の要職を務めるロス・ブラウン氏が、2輪モトGPの幹部と会談、双方のレース・カレンダーがバッテイングすることの回避を目的に話し合ったことがわかった。

これまで両者はそれぞれ相手の分野に立ち入ることはなく、完全に別個のイベントとして行われてきたが、今年からF1の新オーナーとなったリバティ・メディアが繰り広げる改革の一環として検討材料に挙げられたもの。

双方ともグランプリの開催数が多いことから完全なカレンダーの分離は難しいとみられるが、こうしたことにも改革のメスを入れる、その姿勢には高い評価が与えられそうだ。

| | トラックバック (0)

2017/03/21

ロス・ブラウン氏、「年間最大21戦が限度」

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今回リバティ・メディアでF1を含むモータースポーツ担当取締役に就いたロス・ブラウン氏が、「F1は年間最大でも21戦が限度」との見解を示した。
これはイタリア『コリエーレ・デラ・セラ』紙の取材に応えたもの。

「チェイス・キャリー/CEOはF1を25戦程度まで拡大しようと言っているのは承知している。
確かに北米でF1を定着させることは重要だが、しかしヨーロッパもアジアもそれなりに重要なグランプリであることは間違いない。
やみくもにグランプリ数を増やせばいいというものではないよ。
それに現場を知る者の一人として言うならば、これ以上の拡大はとても無理。
今年は(ドイツが減ったため)20戦だが、昨年の年間21戦というのが最大だろう。
それよりもF1には内容の充実がいま求められている。
ファンから愛想を尽かされないよう、まずやるべき仕事がわれわれにはある筈だ」

リバティ・メディアの参入でF1がこれまでよりもビジネスライクにとらわれそうだが、その防波堤としてロス・ブラウン氏は頑張っているようだ。

| | トラックバック (0)

2017/03/19

ロス・ブラウン氏、F1改革に『特務部局』設立へ

Ros Brawn (C)Brawn GP F1 Team
拡大します
リバティ・メディアのF1買収の伴い、新組織でモータースポーツ担当取締役の要職に就いたロス・ブラウン氏が、F1の将来的な改革に向け新たな組織を作る構想を計画していることがわかった。

同氏によれば、F1改革は特定の個人が強力なリーダーシップで推し進めるよりも、経験を持つ複数名の組織により行われるべきとのこと。
そのため現在FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)等で働いている有能なスタッフらの中から5-6名を選抜。
タスクフォース(特務部局)を編成し、合議制で改革を進めようとするものだ。

同氏によれば、F1改革の第一歩として対応を急いでいるのがオーバーテイク問題であるという。

| | トラックバック (0)

2017/03/05

ロス・ブラウン氏、トレンドのリヤウィングに「不満足」

Wing Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今年変更されたレギュレーションにより、ほとんどの新型車のトレンドになっているのがリヤカウル゛に伸びた大型のシャークフィンとT型ウイングだ。
これにより2017年のF1シーンは大きく変化したとも言われるが、しかし今年からF1を含むモータースポーツ担当取締役に就いたロス・ブラウン氏は、これに満足していないようだ。

「チームがレギュレーションに合わせて様々なトライをしてその結果新しいスタイルが確立されていくのは当然の成り行きだ。
これからテストを重ねることによってまた変わっていくかも知れないが、今は妙なことになっているようだね。
これは新しいレギュレーションにいくつか小さな問題があるためだと考えている。
とりわけシャークフィンやT型ウイングは不人気だ。
F1はもっと美しくあるべき。
いずれ改善される必要があると思っているよ」と、幾多のタイトル獲得を果たしたF1レジェンドは語っている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP