2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/06/08

エディ・ジョーダン氏、「メルセデスAMG、2018年でF1撤退も」

Eddie Jordan (C)AUTOSPORT
拡大します
元F1ジョーダン・チームのオーナーで通算4勝を記録したエディ・アーバイン氏(69歳:イギリス)が、昨季まで3年連続チャンピオンであるメルセデスAMGチームの2019年末でF1から撤退する可能性を示唆して波紋を呼んでいる。

これはドイツの専門誌である『オート・ビルト・モータースポルト』によるインタビュー記事の中で明らかにしたもの。
その中でこの大英勲章受賞者は、次のように語っている。

「ベッテルのメルセデスAMGチーム移籍が囁かれていたが、いまこれだけ活躍していればそんな話は消滅だ。
メルセデス・ファンには残念なことだが、このドイツ人はさらなるタイトル獲得を今のまま跳ね馬チームで狙うことだろう。
そしてタイトル獲得が叶わなくなったこのドイツの巨大メーカーは、再びシュツットガルトで経営会議だ。
そこで目的を果たせなくなったプロジェクトは終了。
つまり2018年末にはF1から撤退を決めることだろうね」

もちろんこれはこの北アイルランド人の個人的見解に過ぎない。

| | トラックバック (0)

2014/08/31

エディ・ジョーダン氏、「メルセデス・チームには監督がいない」

Eddie Jordan (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
とりあえず結着が図られたメルセデスAMGチーム内のバトルだが、そもそもこうした騒動が起きていることにF1界の先輩であるエディ・ジョーダン氏が苦言を呈した。

「彼らは4人で会談の場を設けたというが、トト・ウォルフは経営面のディレクター、パディ・ロウは技術面のディレクターであって、全体を統括する人間がこのチームにはいない。
私はそれが問題だと考えているんだ。
かつてならそうした部分をロス・ブラウンがみていたことだろう。
チームはドライバーに指示を出しているが、ドライバーはそれに不満があるから問題がおきる。
このチームでは自由なバトルをさせているというが、ほんとうにそうならこんな問題は起こらない。
指導者不在のままではこれからも問題は起きるに違いない」と、かつてのチーム代表者は分析した。

1991年から2005年までF1参戦したジョーダン・チームは、通算4回の優勝を記録した。
ミハエル・シューマッハのデビュー・チームとしても知られている。

| | トラックバック (0)

2014/05/28

危機的状況のザウバー・チームに「売却のすすめ」

小林可夢偉/ザウバー (C)Sauber Motorsport
拡大します
ウィリアムズ・チームと並びプライベート・チームの雄として長くF1を支えるザウバー・チームが危機的状況に陥っている。

同チームは今季ここまでノーポイント。
それでもマルシア&ケータハムは上回っていて事実上ランキング9位と目されていたが、今回のモナコGPでビアンキ(マルシア)が初ポイント獲得を果たしたことにより現在10位以下まで転落していることが確定したもの。
こんな状況にやはりかつて自身のF1エディ・ジョーダン氏は「チーム売却」を進言しているという。

同チームは不振と言われた昨季でも今と同じ6戦終了段階で5ポイント、ランキング8位。
小林可夢偉が所属していた2012年は41ポイントを獲得してランキング7位だった。
現在いまだにノーポイントなのはザウバーとケータハムだけで、小林可夢偉は今後古巣であるザウバー・チームを標的に戦う羽目となった。

| | トラックバック (0)

2014/03/22

「抗告はレッドブルに不利」と、エディ・ジョーダン氏

Eddie Jordan (C)AUTOSPORT
拡大します
イギリス『BBCスポーツ』でF1コメンテーターを務めるエディ・ジョーダン氏が、開幕戦オーストラリアGPの結果を受けて行われたレッドブル・レーシングによる「燃料流量違反問題」に関しての正式抗議について言及した。

「レッドブル・レーシングが正式に抗議を提出したと聞いて正直驚いている。
F1に関わってきた者なら誰にでも判断が付くことだが、こうしたケースでチームの主張が認められたケースはないんだ。
今回もこのリカルド失格という処分がICA(国際控訴審)で覆ることはないと確信している。
残念ながら、それがここ(モーターレーシング)のシステムだ」と、かつて自身のF1チームを率いたジョーダン氏。

国際控訴審はその透明性と信頼性を明確にするため、2010年から裁判官の指名権を各チーム側にも付与するように改訂しているが、それでもFIA(国際自動車連盟)の意向が優先されると理解されている。

| | トラックバック (0)

2013/06/13

エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」

Eddie Jordan (C)AUTOSPORT
拡大します
今シーズン、F1タイヤの独占サプライヤーであるピレリに対し、各チームからそのタイヤや極秘で行ったテストについて非難の声が上げられているが、元ジョーダン・チームの代表でアルエディ・ジョーダン氏はこれを「筋違い」とオーストリアの『セアブス・テレビ』で指摘している。

「ピレリは正当な手段で落札しタイヤ供給契約を結んでF1のためにタイヤを供給しているんだ。
彼らがいなかったら、F1タイヤは誰が用意してくれるというのか。
一部のチームは自身のマシンがうまくピレリのタイヤとフィットしないということでタイヤ批判を繰り広げている所があるが、これは筋違いというものだ。
ピレリは懸命にやっているのだし、誰がこれを非難できるというのか。
F1チームはもっとピレリに対して敬意を払うべきだね」

ジョーダン・チームは1991年から2005年に掛けてフォード、ヤマハ、ハート、プジョー、無限、ホンダ、そしてトヨタらのエンジンを搭載して活躍、通算4勝を記録した。

| | トラックバック (0)

2012/09/07

報道錯綜、ハミルトンがメルセデス移籍?

Lewis Hamilton/Mercedes (C)McLaren Group
拡大します
イギリスの有力放送局である『BBC』が「ハミルトン(現マクラーレン)の来季メルセデスAMG移籍」を示唆して大きな騒動になっている。

そう語ったとされるのは元F1チームのオーナーであるエディ・ジョーダン氏で、「メルセデスAMGチームとハミルトンの話し合いは煮詰まっている」として、来季シューマッハの後任としてハミルトンが加入する見通しを明らかにしたというが、これについては双方のチーム共に否定した。

この夏休み中には結着するとみられていたハミルトンとマクラーレン・チームとの話し合いは依然合意に達していないようで、その去就には大きな注目が集まっている。

| | トラックバック (0)

2012/03/29

エディ・ジョーダン氏に名誉大英勲章『OBE』授与

Eddie Jordan (C)AUTOSPORT
拡大します
元ジョーダン・チームのオーナーであるエディ・ジョーダン氏(64歳:アイルランド)にエリザベス女王から『OBE』(名誉大英勲章第4位)が贈られたことがわかった。
(ジョーダン氏は英国人ではないので「名誉」がつく)
これには多年に渡る英国モータースポーツ界への貢献の他、小児白血病撲滅に向けたチャリティ活動を行っていることが評価されたもの。

モータースポーツ界からはこれまで、近くはレッドブル・レーシングの連続タイトルを支えたエイドリアン・ニューイ氏が同じくOBEを受賞している。

なお大英帝国勲章は上位からGBE(ナイト:大英帝国一等勲章)、KBE(大英帝国二等勲章)、CBE(大英帝国三等勲章)、OBE(大英帝国四等勲章)、そしてMBE(大英帝国五等勲章)の順になっている。

| | トラックバック (0)

2012/03/09

ハミルトン、シューマッハ(メルセデス)後継の噂に異論も

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チーム子飼いのエースとして、同チーム一途の姿勢を貫いてきたルイス・ハミルトンだが、ミハエル・シューマッハの後継としてメルセデスAMGチームに名前が浮上したと伝えられている。

これを報じたのは独『ビルト』紙で、もしシューマッハが今季で切れる契約を更新しなかった場合、その代替ドライバーの筆頭にハミルトンがリストアップされているというもの。

しかし元ジョーダン・チーム代表のエディ・ジョーダン氏は、これに異を唱えている。

「ハミルトンがこのところ思うような活躍をみせていないのにはマネージメントの問題、そしてガールフレンドなどプライベートな問題が大きく関係していると思うよ。
マシンとかチームの問題ではなく、ね。
だから彼にはもう一度落ち着いて考えてもらいたい。
マクラーレンというチームがハミルトンをチャンピオンにするためにどれだけのことをしているか。
メルセデスに限らず、ここで移籍なんて考えないほうがいい」

F1デビュー2年目の2008年に当時史上最年少で早くもタイトル獲得を果たしたハミルトン(22歳)だったが、その後はずっと栄冠から遠ざかったままだ。

| | トラックバック (0)

2011/08/24

ハイドフェルド(ルノー)、スパでブルーノ・セナと交代も

Eddie Jordan (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
首脳陣からの厳しい評価にさらされているロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)のスケットニック・ハイドフェルドだが、今週のベルギーGP(スパフランコルシャン)ではその雄姿が見られないかも知れない。

そう示唆するのは元F1ジョーダン・チームのオーナーで、現在も英『BBC』でF1解説者を務めるエディ・ジョーダン氏。
同氏は「おそらく今シーズン、もうハイドフェルドがこのチームで走ることはないのではないか。
その代役には多くのスポンサー資金を持ち込むことができるブルーノ・セナが最有力だ。
チームはいつだって多くの資金を必要としているものだからね」と、その背景を語っている。

| | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

A-1リンク A1グランプリ BMW BMWザウバー DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンソニー・デビッドソン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カルン・チャンドク カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームス・ロシター ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパイカーF1 スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ボーデ セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー ティモ・グロック テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ナレイン・カーティケヤン ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ビタントニオ・リウッツィ ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー プロドライブ ヘイキ・コバライネン ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マリオ・タイセン マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ヤルノ・トゥルーリ ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロルダン・ロドリゲス ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 人事 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP