2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/01/25

故アイルトン・セナのヘルメットがオークションに

Ayrton Senna (C)Honda Racing
拡大します
『音速の貴公子』として讃えられた故アイルトン・セナの実物ヘルメットが、オークションに掛けられることがわかった。

1994年のサンマリノGPレース中の事故で不慮の死を遂げたF1レジェンドであるアイルトン・セナのヘルメットはこれまでレプリカのものが多く、実際に使用した実物はほとんど市場に出回っていない。

オークションは来月パリで行われる『RMサザビーズ』で行われるが、関係者によればヘルメットはセナのカート時代のパーソナル・マネージャーだったアンジョロ・パリッラ氏の証明付きで、本物であると自信をみせている。
なお事前の予想では最高12万ユーロ(約1,500万円)程度には達するとみられているという。

| | トラックバック (0)

2018/02/06

ハミルトン、故アイルトン・セナのF1マシン購入の噂

Image (C)Honda Racing
拡大します
いまもF1ファンの間で根強い人気を誇る故アイルトン・セナのF1マシンがオークションに出品されることになったが、その購入希望者にルイス・ハミルトンの名前があると噂になっている。

元々アイルトン・セナに憧れてレーシングドライバーになったと広言するハミルトンは大のセナ崇拝者であることを隠していない。
マシンは1993年のモナコGPで優勝した時のマクラーレン『MP4-8』ということだが、落札価格は600万ドル(約6億6千万円)にも達するとみられ、かなりの資産家でないと応札は無理。
ただイギリスのスポーツマン長者番付の常連であるハミルトンであれば可能だろう。

| | トラックバック (0)

2017/12/11

マクラーレン、スーパーカー『マクラーレン・セナ』発表

McLaren Senna (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・グループはF1などモータースポーツに力をいれる一方で、自身のブランドによるスポーツカーを生産販売しているが、今回新たにかつての伝説F1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠した高級スーパーカー『マクラーレン・セナ』を発表した。

それによればこのマクラーレン・セナは車両重量1,198キログラムの軽量ボディに最高出力は800馬力の出力を誇るV8ツイン・ターボエンジンをミッドシップに搭載、7速DCTのトランスミッションを介してリヤホィールを駆動、マクラーレンのスポーツカー史上最もパワフルなスポーツカーとなるという。

『マクラーレン・セナ』の生産台数は世界で500台限定だが、すでに予約は満杯。
売り上げの一部は『アイルトン・セナ財団』に寄付されるとのことだ。

| | トラックバック (0)

2017/06/11

ハミルトン(メルセデス)、セナ・ヘルメットに感涙

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
カナダGP公式予選で故アイルトン・セナの記録に並ぶ自身通算65回目となるポールポジションを獲得したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンは、予選後セナの家族からレプリカでなく実際にセナがレースで使用した実物のイエロー・ヘルメットを贈呈され、感激に目を潤ませた。

幼少の頃からアイルトン・セナに憧れ、カート時代からF1に至るまでセナと同じくイエローのカラーリングを施して来たハミルトンは、「もう大感激」と相好を崩した。

「僕はこれまでセナの遺品を一つも持っていなかったから、これはもう大変な宝物になるね。
これまでたくさん獲得したどのトロフィーやカップよりも僕の心では輝いている。
それにこれをセナにご家族からプレゼントされるなんてとも光栄なこと。
子どもの頃に学校から帰るとセナのビデオを何回も繰り返し観ていたことを思い出したよ。

なおこの記録は歴代2位。
1位はもちろんミハエル・シューマッハということになる。

| | トラックバック (0)

2015/09/29

ハミルトン、セナと勝利タイ記録に「光栄なこと」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今回の日本GP優勝により、F1通算41勝目。
これは故アイルトン・セナに並ぶ史上3位にあたる快記録で、全体でもミハエル・シューマッハの91勝、アラン・プロストの51勝に続くもの。
この快記録達成について当のハミルトンは次のように語っている。

「あのセナの記録に並んだというんだから、それは感慨深いものがあるよ。
セナは言うまでもなく僕らが子どもの頃の憧れだったからね。
またそれがセナにも関係が深いここ鈴鹿サーキットだったというのも格別なことだ。
光栄なことだとは思うけれど、でも僕は自分の記録のために戦っている訳ではないし、正直そうした数字を言われてもあまり現実味がないんだよ。
いま大事なことはメルセデスAMGチームのタイトル獲得。
それに向けこの日本GPで僕たちは再び戦闘力を取り戻すことができたということだ」

| | トラックバック (0)

2014/05/02

「コリンチャンス」、セナ/ヘルメットで追悼

Ayrton Senna (C)Honda Racing
拡大します
ブラジルの著名サッカー・クラブである「コリンチャンス」が、同国の英雄だった故アイルトン・セナ選手を悼み、コパ・ド・ブラジルの試合前のセレモニーで全選手がお馴染みの黄色いヘルメットを装着するというパフォーマンスを演じた。

生前、セナ選手はコリンチャンスの熱心なファンだったことが知られている。
なお、ナシオナルとの試合はコリンチャンスが3-0で勝利したという。

| | トラックバック (0)

2014/05/01

アイルトン・セナ、生きていれば跳ね馬チーム入りしてた

1990 Mexico GP (C)Honda Racing
拡大します
今日5月1日は故アイルトン・セナ選手が1994年のサンマリノGP(イモラ)で命を落としてからちょうど20年、各関係者から追悼の言葉が寄せられているが、そんな中フェラーリ・グループの総帥ルカ・モンテツェモロ社長が当時の秘話を明かした。

それによればセナ選手が亡くなる数日前にコンタクトがあり、フェラーリ・チームへの移籍希望が伝えられていたのだという。

「彼もウチで走りたがっていたし、われわれも彼を跳ね馬に乗せたいと考えていた。
実際、そのため事故の数日前、ボローニャにある私の家で話をしたんだ。
彼には(ウィリアムズとの)契約があったのですぐにとはいかなかったが、移籍が実現していれば彼は跳ね馬チーム・ドライバーとしてF1キャリアを終えていただろう」

| | トラックバック (0)

2013/08/11

故アイルトン・セナ選手の愛車『NSX』がオークションに

NSX Image (C)Honda
元F1チャンピオンである故アイルトン・セナ選手の愛車だった黒の『NSX』が、イギリスの著名オークション・サイト『イーベイ』に出品されていることがわかった。

故セナ選手は生前3台のNSXを所有していたとされるが、これはその中の1台で1993年製、購入後17年間大事に保管されてきたクルマという。

オークションの締め切りは17日(土)ということだが程度が良いことから相当な価格が付けられるものとみられている。

| | トラックバック (0)

2011/11/28

優勝逃がしたベッテル(レッドブル)、「セナのことがよぎった」

Ayrton Senna (C)Honda Racing
拡大します
今シーズン、19戦中11勝してチャンピオンに輝いたレッドブルのセバスチャン・ベッテルだが、レース後は最終戦を勝利で飾れなかったことを悔やんだ。

「当然今日は勝利でシーズンを終えたいと思っていたから、この結果はとても残念だ。
スタートもうまくいったし、周回する度に後続とのギャップを拡げることができていたんだからね。
まだレースも早い段階でギヤボックスのトラブルを伝えられた時、1991年のセナのレースのことが頭をよぎった。
まあウェバーは間違いなく今日素晴らしいレースをして勝ったんだから、自分のことを不運とは言いたくないけれど、失望したのは事実だ。
来年またいいレースができるように、オフはしっかりと充電に充てたいね」

1991年のブラジルGP、レースをリードしていた故アイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)はやはりギヤボックス・トラブルに見舞われ、最後は6速ギヤだけで走り続けながらも母国グランプリ初勝利を飾った。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP