2024/04/14

フェルスタッペンにメルセデスAMG移籍の可能性

Max Verstappen
M_verstappen_car_l_202404140837013度の世界チャンピオンで、今季もこまで圧倒する強さをみせているレッドブルのマックス・フェルスタッペンに、再びメルセデスAMGチームへの移籍話が流れている。
ドイツの専門誌によれば、すでに両者は仮契約を交わしたと伝えられているもの。

 

そもそもフェルスタッペンの契約にはヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーの在籍が条件になっているとされていて、同アドバイザーとクリスチャン・ホーナー代表との確執をまるで想定していたかのよう。

 

ディートリッヒ・マテシス/オーナー死去に端を発するチャンピオンチーム内の主導権争いは株主らをも巻き込みながら依然として結着をみせていない。

 

|

2024/03/21

レッドブル、今季一戦でモービルカラーに

Mobil
Mobil1_logo_m今季もコンストラクターズ・チャンピオンシップで1位を独走するレッドブル・レーシングは、シーズン中のどこか少なくとも一戦で、主要スポンサーの一つである『モービル』の特別カラーリングをまとって参戦する予定であることを明らかにした。

歴史的にも広くモータースポーツに貢献を果たしてきたモービル(エクソンモービル)はテキサス州に本拠を置くアメリカの大手石油会社。
今年、会社設立50周年の節目を迎える。
特別カラーリングはこれを記念したもので、他にもスポンサーになっているNASCARシリーズやフォーミュラE等でも記念イベントが計画されているという。

|

2024/03/19

「ホーナー問題」,舞台はFIA(国際自動車連盟)へ

FIA
Fia_logo_m3今シーズンの開幕前からレッドブル・レーシングを揺り動かしているクリスチャン・ホーナー代表の『パワーハラスメント問題』だが、今度はFIA(国際自動車連盟)にその舞台を移すことになりそうだ。

同代表の不適切行為について被害を訴えた女性従業員は当初レッドブル本社に告発をしたものの結局却下されたことから今度は統括団体であるFIA(国際自動車連盟)に提出したもの。
ただ正式に受理されて審議の対象になるかは不明。

これについてメディアの多くはそもそもレッドブル内部の主導権争いが発端であると醒めた目で見守っているようだ。
それによればホーナー代表のライバルはフェルスタッペンも支持するヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーだとされている。

|

2024/03/13

レッドブル内部に暗雲が発生か

M.Verstappen & H_Marko
M_verstappen_h_marko_l開幕から2戦連続で1-2フィニッシュと今季も破竹の強さをみせつけているレッドブル・レーシングだが、その内部から不穏な暗雲が広がり始めているようだ。

これは元々クリスチャン・ホーナー代表を巡って起きたスタッフに対するパワーハラスメント行為が発端だが、内部からのリークに同チームのヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーが関与したとの見方もあって両者の関係が急速に悪化しているというもの。

一時はマルコ氏の放出も伝えられたが後にこれはレッドブル本社の意向で撤回された模様。
その後は両者が対立する図式になっているという。
伝えられるところによれば、サウジアラビアGPからの帰路、マルコ氏は通例であるチームのチャーター機に乗らず、フェルスタッペンのプライベートジェット機に同乗して帰国したとのことだ。
なおフェルスタッペンはマルコ氏支持を隠していない。

|

2024/03/11

100回目表彰台のフェルスタッペン、「まだマシン理解中」

Image
Saugp_208今季開幕から2連勝と好調な滑り出しをみせているレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは今回の優勝で、記念すべき自身通算100回目の表彰台獲得となった。

常日頃、記録についてあまり関心を示さないフェルスタッペン、これについて次のような感想を述べた。
「今日の優勝で通算100回目の表彰台を記録したと聞いてうれしかったよ。
さらに(チームメイトの)ペレスと並んで上がれたというのがチームのためにも良かったね。
チャンピオンシップ争いで理想的な1-2フィニッシュができたけれど、まだマシンのことが100%理解できている訳じゃない。
ライバルに対してのアドバンテージを失わないうちにもっと研究していかなければならないね」と、目下無敵のF1王者。

|

2024/03/04

ペレス(レッドブル)、「チームにとってベストな結果」

Podium Scene
Bahgp_202_20240304090901予選では5番グリッドと少々出遅れた感のあったレッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスだったが、決勝レースでは健闘良く2位まで挽回、チームにとって1-2勝利というベストなリザルトを勝ち取ってみせた。

「2位争いは僅差でとてもシビアなものだったから、1-2勝利を記録することができてハッピーだよ。
マシンはまだ改善すべきところがいくつもあるけれど、大事なシーズン初戦でこのリザルトが得られたことは意味があるんだ」と、渦中のメキシコ人。

1年契約の更新を繰り返す環境では最高の結果と言える筈。
それでも「性格の異なるサーキットではまだ油断できないよ」と自ら引き締めた。

|

2024/02/29

レッドブル、日本GPに特別VIP観覧席

Image
Redbull_stand_l今シーズンから4月の春開催に移ったF1日本GPだが、レッドブルは第7コーナー付近に特別VIP観覧席を設置することを明らかにした。

第7コーナー通称『NIPPOコーナー』は旧来『ダンロップ・コーナー』として親しまれた名物コーナーで人気の高いエリア。
今年がF1参戦20周年となるレッドブルはコースサイドに2階建てのホスピタリティを建て、ハイレベルのフード&ドリンクサービスと共に白熱のバトルをコースサイドから観戦することができるという。

このエリアは招待制で一般発売は行なわれないものの、抽選で5組10名にここでのレース観戦(送迎・宿泊付き)ができる『フォロー&リポストキャンペーン』が用意されるとのことだ。

|

2024/02/28

レッドブル、『ホーナー問題』結着へ

Christian Horner
C_horner_press_lイギリスの有力メディアである『スカイ・スポーツ』は、開幕前のF1を騒がせている『ホーナー問題』に結着を付けるためレッドブル・グループ本社が乗り出したことを報じた。
それによれば今週末に迫った初戦のバーレーンGP前にも何らかの結論が示される可能性があるという。

これは、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表にチーム内でご法度のパワーハラスメント行為があったのではないか、と騒動になっているもの。

すでにレッドブル・レーシングの上部組織であるオーストリア本社の顧問弁護士らによる事情聴取が複数回に渡って行われたと伝えられている。

|

2024/02/27

レッドブル、日本語のキャップお披露目

Redbull Racing Cap
Redbull_cap_lレッドブル・レーシングは今年4月に鈴鹿サーキットで行われる日本GPに合わせ、日本語が書かれたキャップを用意、その見本がお披露目された。

ホワイトをベースにしたキャップの後ろ半分には赤色で繊細な花柄があしらわれ、正面にカタカナで大きく『オラクル・レッドブル・レーシング』とこれまた紅白の文字が描かれているもの。

注目される価格は未定だが、特製キャップはレッドブルの公式ショップで購入できるようになる見込みという。

|

2024/02/18

「レッドブルRB20革新の噂」にペレス懐疑的

Sergio Perez
S_perez_win_m2023年のチャンピオン・チームであるレッドブル・レーシングは、さらなるタイトル獲得を目指して期待の新型車『RB20』を発表したが、噂ではこれは序盤戦用のもので、シーズン半ばにしてアップデート版を用意している、との見方が広まっているようだ。

それによれば本命は昨年メルセデスAMGがトライしたゼロポッド方式のものなのだという。
ただこれは冷却に懸念があるため、シーズン序盤の高温が予想されるグランプリ3戦は回避、気温が低下する見込みの日本GPから新仕様を投入する方針なのだという。

しかしこうしたトライに同チームのセルジオ・ペレスは「チャンピオン・チームがそんなリスクを冒す?」と、懐疑的という。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC