2018/12/06

D.ティクトゥム(レッドブル)、スーパー・フォーミュラ正式参戦

Daniel Ticktum (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・グループは育成ドライバーであるダニエル・ティクトゥム(19歳:イギリス)が、来季日本のスーパー・フォーミュラに参戦することを正式発表した。
ティクトゥムはここでランキング3位以内に入ればスーパーライセンス発給資格が得られることになる。
チームはホンダ系の『チーム・無限』になる予定で、ここでもレッドブルとホンダとの密接な関係が窺われる。

今季FIA・F3ヨーロピアン選手権でミック・シューマッハに次いでランキング2位となったティクトゥムはF2の最終戦アブダビ戦にも参加したが、11位でポイント獲得はならなかった。

| | トラックバック (0)

レッドブル・レーシング、『タグホイヤー』のバッジ終了

TAG Heuer (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングでは2016年シーズンからスイスの大手時計メーカー『タグホイヤー』とスポンサー契約を結び、搭載するルノー・エンジンに同社のバッジを付け、エントリー名を『レッドブル・タグホイヤー』としてきたが、来季ホンダ製パワーユニットにスイッチすることにより3年間に渡ったネーミングライツを終了することを明らかにした。

ただ、レッドブル・レーシングへのスポンサーシップは引き続き継続、同チームの計時システムを担当するとのこと。

なお先にFIA(国際自動車連盟)から発表された2019年のエントリーリストによれば、同チームは『レッドブル・レーシング・ホンダ』となっている。

| | トラックバック (0)

2018/12/03

レッドブル・デュオ、ファクトリーを表敬訪問

Redbull Duo/Factory (C)RedBull Racing
拡大します
先週末、シーズンを終えたレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン両レースドライバーが、ミルトンキーンズにある同チームのファクトリーをクリスチャン・ホーナー代表らと共に表敬訪問した。

定例の報告会に続いて『#CheersDan』というタイトルの惜別の映画が上映されたあと、これでチームを去るリカルドに、レッドブルのカラーリングにペイントされたカーナンバー3が掲出された地元オーストリア製の人気バイク『KTM 350 SXF』が贈られた。

来季ルノー・チームに移籍するリカルドにとってはこれが最後の訪問ということになり、馴染みのスタッフらと別れを惜しんだ。

| | トラックバック (0)

2018/11/14

ホーナー代表(レッドブル)も、オコンの行動を非難

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
大きな騒動に発展したブラジルGPのオコン(フォース・インディア)とフェルスタッペン(レッドブル)との接触事故だが、フェルスタッペンの上司であるクリスチャン・ホーナー代表は、同選手を擁護する姿勢を崩していない。

「オコンはフェルスタッペンに突き飛ばされただけでラッキーだったんじゃないか。
なぜなら、彼はそれほど酷いことをしたんだから。
いいかい、今回の件は周回遅れのマシンがレースリーダーのマシンを撃墜して、グランプリの勝利を打ち砕いたというものなんだ。
こんなこと、スポーツとしてまったく考えられないこと。
今日のフェルスタッペンは自身に責任がないところで大切な勝利を失ったんだ。
それを考えればフェルスタッペンはかなり自制していたと思うよ。
私にはオコンの行動がまったく理解できない」と、強弁した。

今回の件でフェルスタッペンとレッドブル・レーシングは双方で7ポイントずつを失った計算になる。

| | トラックバック (0)

2018/11/10

リカルド(レッドブル)、またしてもグリッド降格ペナルティ

FIA
ブラジルGPのレーススチュワード(審査委員)は、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドがフリー走行を前に今季6基目となるTC(ターボチャージャー)に交換したことにより、日曜日に行われる決勝レースのスターティンググリッドで5番降格のペナルティを受けることを明らかにした。

今シーズン、リカルドのマシンはトラブルが多く、前戦もチームメイトであるマックス・フェルスタッペンとの『確執』が話題になったばかり。
来季ルノー・チームへの移籍が決まっているリカルドにとって今シーズンも残りわずか2戦となったが、今回再びペナルティを受けることで難しい局面を迎えることとなった。

| | トラックバック (0)

2018/11/04

「失言事件」の後始末に追われるリカルド(レッドブル)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド(29歳:オーストラリア)が、自身が起こした「失言事件」の後始末に追われている。

というのも、このところマシントラブルなどが続いていたところ、メキシコGPでは予選でポールポジションを獲得しながらも肝心の決勝レースでストップしたことから「僕のマシンには厄が憑いている」として、その不幸は「ピエール・ガスリーに引き継いでもらう」と広言したもの。
ところがリカルド自身は翌年自分の後任として加入するガスリーに、という意味だったと釈明するが、周辺では今シーズン残り2戦の出走を拒絶したものと捉えられてしまった。

メディアがこれを報道したことから騒動は拡大。
リカルドは「残りのグランプリもレッドブルで戦うのが僕の仕事。
シーズンが終わるまで仕事を全うするよ」と、釈明に余念が無い。
万一ほんとうに参戦を拒否した場合、多額の違約金が発生するのは間違いないところだ。

| | トラックバック (0)

2018/11/02

フェルスタッペン(レッドブル)、今度は「史上最年少王者」目標

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
メキシコGPではタッチの差で史上最年少ポールの記録達成を逃がしたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(21歳:オランダ)だが、今度は「史上最年少チャンピオン」に目標を切り換えて挑むことになるようだ。

現在の記録はセバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)が2010年にレッドブル・ルノーで記録した23歳134日というもの。
先日21歳になったばかりのフェルスタッペンにとっては2019年と2020年の2度チャンスがあることになる。

レッドブル・グループのヘルムート・マルコ博士は、「チャンスは2020年までの2年あるが、われわれは2019年にも目標を達成するつもりだ」と、積極姿勢。
「新しいエンジンメーカーとの初年度が簡単ではないことはわかっているが、最初からタイトルを狙わなければならないというがわれわれの責務だ。
言い訳はできない」としている。

なちみにこの両年はいずれもホンダ製パワーユニットで戦うことになっていて、その意味でもホンダに課せられた責務は重要なものになる。

| | トラックバック (0)

2018/11/01

フェルスタッペン優勝の原動力は『怒り』から

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
予選2番手からスタートすると1周目から首位に立ち、そのままメキシコGPを制したレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(21歳:オランダ)だが、そのパワーの原動力は僚友ダニエル・リカルドへの『怒り』であったことが伝えられた。

そう明かすのはマックスの父親で、やはり元F1ドライバーだったヨス・フェルスタッペン(46歳:オランダ)氏で、次のようにその背景を説明している。

「息子はポールを逃がした土曜日の夜、眠れなかったと言ってたよ。
それまですべてのセッションで最速タイムを記録していながら、肝心の予選でリカルドに負けてしまったんだからね。
彼は自分自身にも苛立っていたが、とりわけリカルドの振る舞いに腹を立てていたようだ。
ポールポジションを獲得したリカルドはみごとだが、必要以上にその喜びを爆発させていた。
それはまるで息子を挑発するようにね。
そうしたことへの怒りが日曜日のレースでの走りの原動力になったと思っているよ」

これまでのF1最年少ポール記録はベッテル(フェラーリ)の持つ21歳72日というもの。
フェルスタッペンがポールを獲れば、この記録を更新する歴史的なもの(21歳27日)になる最後のチャンスだった。

| | トラックバック (0)

2018/10/31

「厄はガスリーに引き渡す」と、リカルド(レッドブル)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
チームメイトであるフェルスタッペンが優勝した一方で、ポールポジションからスタートしながら今回もマシントラブルに泣いたダニエル・リカルド(レッドブル)は、「このマシンに取り憑いた厄はガスリーに引き渡す」と、なかばあきらめ顔だった。

「こう不運が続いたのではもうドライバーにはどうすることもできないよ、お手上げだ。
なんで僕のマシンにばかりトラブルが続くのか、呆れて物が言えない。
もう何週間も『平穏な週末』というのを過ごしていないからね。
僕は迷信とか信じないタイプだけど、これでは厄が憑いていると言われてもしかたない。
申し訳ないけれど、これはもうガスリーに引き取ってもらおう」

来年リカルドはルノー・チームに移籍。
レッドブル・レーシングのこのポジションは現トロ・ロッソのピエール・ガスリーが引き継ぐことになる。

| | トラックバック (0)

2018/10/30

優勝フェルスタッペン(レッドブル)、「昨夜とは天地ほどの差」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
土曜日の公式予選ではタッチの差でポールポジションを逃がし、悔しさを滲ませたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだったが、翌日曜日の午後には一転喜びを爆発させた。

「昨日は悔しくて寝られなかったんだ。
この週末、ずっとスピードを維持してきたのに、最も重要な予選Q3で念願のポールを取り逃がしたんだからね。
でも、今日はうまくいってとてもうれしいよ、まるで天地ほどの差だ
スタートのシグナルが青になった瞬間、集中力が100%になったんだ。
それで1コーナーへとトップで入ることができた。
それからは終始冷静にレースをコントロールすることができたよ」

「それでもリカルドがマシントラブルでクルマを停めた時には緊張した。
僕も同じ羽目になるんじゃないかってね。
ペースを落とすべきか、無線で尋ねたくらい。
メキシコには僕のファンがたくさんいて、いつも励まされるんだ。
今年もみんなの前で勝てて、ほんとうに良かったよ」

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・アルボン | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エマニュエル・ピロ | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オランダ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・エルカン | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・ティクトゥム | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マイケル・アンドレッティ | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・カミレッリ | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本尚貴 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 角田裕毅 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP