2019/02/19

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト初日コメント(2/18)

Redbull Honda 『RB15』 (C)Redbull Racing
拡大します
【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】

「テスト初日に128周を走行できたことは、本当によかったですし、満足しています。
多くのデータを収集できたので、これを今夜分析して、明日のピエールの走行で何が改善できるのかを見つけていきます。
僕もデータを細かい部分まで見て、次回どこを向上させられるかを検討します。
ここまではすごくいい感じですし、これだけ多くの周回を重ねられてうれしいです。
残りのテストも楽しみにしています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】

「実りある一日となりましたし、こうしてコースへ戻ってこられてよかったです。
テスト初日ですから、短いスティントを繰り返して走行距離を伸ばしていき、マシンの挙動を確認しました。
まだ断言するには早いとは思いますが、僕らにはいいベースがあるので、このまま継続していくことが必要だと思います。
コースでは、どの走行もスムーズで、オペレーションのレベルも高かったです。
僕が走行できるのは残り3日間なので、今日の取り組みをさらに向上させていけると思います。
このあとデータを確認して、次回走行する水曜日にどうすればいいかを見極めたいです。
新しいエンジニアと組んでいますが、お互いとてもよく理解しあえています。
とてもいいスタートになりました!」

【田辺豊治テクニカル・ディレクター(ホンダ)】

「今日はPU(パワーユニット)としては両チームともに2019年スペックの基本的な機能確認を行いました。
一日を通してPUには大きな問題なくセッションを終えましたし、いいスタートだったと感じています。
Toro Rossoとは2年目で互いによく理解できていることも多く、昨年よりもさらにいいチームワークで作業ができていると感じています。
Red Bull Racingとは本日初めて公式セッションに臨みましたが、冬の間に懸命な準備を一緒に続けてきたこともあり、コミュニケーションよくスムーズに一日を終えることができました。
明日からも開幕戦に向けてまだ長いテストが続きますが、この調子で進めていきたいと思います」

提供:本田技研工業(株)

| | トラックバック (0)

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト迎えてのコメント

Trorosso Honda 『STR14』 (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
【クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)】

「チームにとってPUサプライヤーの変更は大きな決断でしたが、今はこの状況を楽しんでおり、今後についてもポジティブな期待を抱いています。
Hondaとはすでにパートナーとして一丸となれていますし、彼らのF1にかける情熱とチャレンジ精神にはわれわれの想いと共通するものを感じています。

双方のエンジニア同士の緊密な作業により、車体とパワーユニットが本当の意味で一体となっていく様子を見ていると、この先が楽しみでなりません。
冬のオフシーズン期間中に、レッドブル、Honda双方が懸命に作業に取り組み、多くの面で前進できていると実感しています。

また、昨年、トロロッソがHondaと一緒に積み上げてきたものがレッドブル・テクノロジーを介して我々のマシンに反映されており、それも大きなアドバンテージになっています。
ただ、当然ながらライバルも進化を遂げているはずです。
したがって、我々の対他競争力については、少なくともテストで走ってみてから、もっと言えば最初の3レースを終えたあたりにならないと正確なものは見えてこないと思っています。
今年の目標は昨年よりも多くのサーキットでマシンの実力を出せるようにすることですが、そこにPUの出力アップが加わればさらに素晴らしいものになります。
それさえ実現できれば、我々にはサーキットにもファクトリーにも優秀なチームが控えているので、レースでの勝利や、最終的には選手権の優勝も不可能ではありません。

ただ、現実的にはそういったことをシーズン開始後すぐに実現するのは難しいであろうとも想定しています。
シーズン中にはチームとして進化を見せられるレースがある一方で、PUの使用基数制限により困難に直面するレースウイークもあるだろうと考えています。
それでも、このパートナーシップには大きな可能性を感じていますし、シーズンを通してコンスタントな前進を見せられるものと思っています」

【フランツ・トスト代表(トロ・ロッソ)】

「昨年のHondaとの提携開始は、今後長期的にパートナーシップを継続できればという思いを抱いていたこともあり、チームにとって大きな決断でした。
そして初年度からすでに素晴らしい関係性を築くことができたと考えています。
このF1の世界の中で、お金で買えないものがあるとしたら、それは時間だと思います。
1年という非常に限られた時間の中で進歩を見せられたことから、我々とHondaがいかにこのプロジェクトに対して非常に強い意志とともに臨んでいるかということを示せたのではないでしょうか。

今シーズンは、高い技術力を持ったRed Bull Technology(レッドブル・テクノロジー)とのシナジー効果や、ここまでHondaが見せてきた素晴らしい進歩に加え、2名の才能あふれる若手ドライバーを擁しているので、中団での上位を争うことができるのではと自信を持っています」

【森山克英/ブランド・コミュニケーション本部長(ホンダ)】

「いよいよF1の新シーズンが始まります。
今シーズンはHondaにとってF1復帰から5年目となり、非常に大きな意味を持つ1年になります。

昨年は、スクーデリア・トロロッソとの素晴らしいパートナーシップを築きながら確かな前進を感じられた一方で、パフォーマンス、信頼性の両面でトップとはまだ明らかな差があることを実感したシーズンでした。
今年は新たにレッドブル・レーシングとのパートナーシップを開始します。
チャンピオン経験もあるチームでプレッシャーも大きいですが、トロロッソも含め、2チーム4台体制でさらなる高みを目指して戦います。
シーズンを通してトップチームに対する差を詰め、両チームともに昨年以上の結果を残すことが我々の目標になります。
まずは今回のテストでできるだけ多くのデータを収集し、開幕戦に向けて万全の準備を行う機会にしなければなりません。
いつも応援してくださるファンの皆様とは、これまで以上に大きな喜びを共有できればと思っておりますので、引き続きご声援をよろしくお願いいたします」

提供:本田技研工業(株)

| | トラックバック (0)

2019/02/09

レッドブル・ホンダの新型車に「日の丸」イメージ説

Honda RA300 (C)Honda Racing
拡大します
これまでつや消しの濃紺など、渋く暗い色調が特色だったレッドブル・レーシングのマシンだが、2019年、そのカラーリングが一新されることになるかも知れない。

噂では、車体は全体に白を基調としたものに変わり、さらに赤いラインかポイントが配されるのではないかというもの。
事実であればこれはまさにかつてのホンダF1マシンを彷彿とされるもので日本のファンにはたまらない。
レッドブルが今回の提携でホンダに敬意を表したとすれば感激だが、F1はそんな甘いところではない。
ホンダからタイトル・スポンサーに値するほどの資金出資があるのならともかく、ファンとしてはせめてたまたま主要スポンサーの意向と合致するなどラッキーな事情を期待したいところ。

真実は2月13日(水)のレッドブル・レーシング新型車お披露目で明らかになる。

| | トラックバック (0)

2019/02/06

レッドブル、仮想コイン社とスポンサー契約

 FuturoCoin
2019年シーズンを前に、レッドブル・レーシングが新たなスポンサー契約を結んだことを明らかにした。
今回、契約を結んだのはいま流行りの仮想通貨の発行元である『フューチャー・ネット社』で、スポンサー名は同社発行の仮想通貨である『フューチュロ・コイン』名。

仮想通貨社がF1でスポンサーとなるのは今回が初のことだが、同社はこれまで電気自動車のレースであるFIA・フォーミュラEでスポンサーとなっていて、モータースポーツの分野での実績はある。

これによりレッドブル・レーシングの2019年新型車『RB15』(仮称)のカウルに『フューチュロ・コイン』のロゴが描かれる他、フェルスタッペン&ガスリーらドライバーのスーツにも同じく掲出される予定。

| | トラックバック (0)

2019/02/05

レッドブル、2019年新型車を2月13日に発表へ

2018 Scene (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、新たにホンダ製パワーユニットを搭載して戦うことが決まっているレッドブル・レーシングは、その2019年新型車『RB15』(仮称)の発表を来たる2月13日(水)に行うことを明らかにした。
ただ、その発表場所や方法についてはつまびらかにされていない。
昨年の『RB14』はオンラインで、その時はまだ暫定のカラーリングによるものだった。

なお同日はレーシング・ポイントがカナダで、またメルセデスAMGがシルバーストーンでそれぞれ新型車発表を予定している。
これにより2019年の新型車発表スケジュールが未定なのはウィリアムズ・チームだけとなっている。

【2019年新型車発表予定】

日時 チーム 発表場所(予想)
2月 7日(木) ハース オンライン
2月11日(月) トロ・ロッソ オンライン
2月12日(火) ルノー エンストン
2月13日(水) レーシング・ポイント トロント
2月13日(水) メルセデスAMG シルバーストーン
2月13日(水) レッドブル ?
2月14日(木) マクラーレン ウォーキング
2月15日(金) フェラーリ フィオラノ
2月18日(月) アルファロメオ バルセロナ

| | トラックバック (0)

2019/01/31

レッドブル・レーシングの新型車、いまだ発表予定なし

2018 Scene (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、ホンダとの新たなパートナーシップ開始で注目が集まるレッドブル・レーシングだが、タイトルを狙うップチームとしてはメルセデスAMGと共にまだ2019年の新型車発表の時期を明確にしていない。
これについて地元メディアは、同チームの正式な新型車発表は結局シーズン前テスト初日となる2月18日(月)までもつれ込むのではないか、と伝えている。

これは今季これまで早期の新型車完成を示唆してきた同チーム首脳の言葉に反するものだが、しかしこれまでのところそのスケジュールはまだ明確にされていないままだ。
ある消息筋は、レッドブル・レーシングは今年もテストぎりぎりまで開発が続き、あったとしても非公開のシェイクダウン・テスト(フィルミングデー)程度ではないか、との観測を示している。

昨年いち早く新型車発表の動きをみせたレッドブル・レーシングだったが、これはしかしカラーリングもマシン細部もまだ暫定のものだった。

| | トラックバック (0)

2019/01/26

レッドブルの新型車はシルバーストーンで事前テストか

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
拡大します
これまでシーズン前テストぎりぎりまで開発作業を行うことの多かったレッドブル・レーシングだが、しかし今回実に12年ぶりに搭載エンジンが変更されることもあり、極力開発スケジュールを前倒しにしたい考えのようだ。
それを示唆するのは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士で、次のように独専門誌で説明している。

「今回はわれわれにとって大きな変化があるシーズンなので、ニューイ(エイドリアン)には開発スケジュールを早めるように言ってある。
少なくともバルセロナでのシーズン前テスト初日が初走行ということはないようにね。
今シーズンは余裕を持って熟成を重ね、開幕戦のメルボルンまでに少しでもマシンを完成に近づけておかなければならない」

同チームではファクトリーに近いシルバーストーン・サーキットでフィルミングデーを使用したシェイクダウン・テストを行う予定とみられ、そこから逆算して間もなくFIA(国際自動車連盟)のクラッシュテストに持ち込む算段とみられる。

| | トラックバック (0)

2019/01/21

レッドブル首脳、「フォーミュラEには関心ない」

Formula E (C)Formula E
拡大します
年々盛り上がりをみせる電気自動車のレース『フォーミュラE』だが、有力F1チームであるレッドブルは、同レースへの参戦に関心がないことをあらためて主張した。
これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が次のようにイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの。

「レッドブルとしてフォーミュラEへ参加する計画があるのかと聞かれればノーだ。
われわれは、あれは純粋な自動車レースだとは考えていない。
いま世界的な潮流として電気自動車に注目が集まっているのはデイーゼル・スキャンダルから目をそらせるのが目的なのではないか。
予算ばかり喰い、まるでF3カーに400キロもの重りを乗せたような鈍なマシンでは、誰がドライバーをやったって同じだよ」と、辛口。

それでも多くの自動車メーカーが参戦するのは、未来の自動車レースについて、まだ見極めが付いていないということかも知れない。

| | トラックバック (0)

2019/01/16

セバスチャン・ブエミ、2019年もレッドブルのリザーブに

Sebastien Buemi (C)RedBull Racing
拡大します
2009年から2011年に掛けてトロ・ロッソのレースドライバーとして走ったセバスチャン・ブエミ(30歳:スイス)が、今シーズンもレッドブル・レーシングのリザーブドライバーを務めることがわかった。

これによりレースドライバーであるマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーに万一のことがあった場合には代役を務めることになる。
ブエミの担当は実に8年目のシーズンということになるが、これまでの7年間は一度もそういうケースは起きていない。
ただこれについて同チームは「継続性が重要」と説明している。

F1での最高成績はいずれも2009年の7位2回というもの。
F1を離れてからはトヨタ・チームからWEC(世界耐久選手権)に参戦して2014年チャンピオンに。
また2015-2016シーズンにはルノー・チームから参戦したフォーミュラEでもチャンピオンを獲得している。

| | トラックバック (0)

2019/01/10

レッドブル首脳、「信頼性不足は戦略でカバー」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、これまで14年に渡ったルノーから、新たにホンダにスイッチして戦うことが決まっているレッドブル・レーシングだが、心配されるその信頼性について「戦略でカバーできる」ことを示した。

これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が次のように語ったもの。

「ホンダにとって、現状最も直面しているのが信頼性の問題だと思う。
だからおそらくわれわれはレギュレーション通りに3基のエンジンでシーズンを乗り切るというのは難しいことだろう。
ただそれはあくまでも戦略によってかなりカバーできるものだ。
ダメージの少ないコースを選択すれば、数周で遅れを取り戻すことだって可能な筈だ。
とはいえホンダにはなるべく早い段階で、われわれがこんな苦労をしないで済むよういいエンジンを準備して欲しいものだがね」

まずその初戦となる開幕オーストラリアGPは3月17日(金)にスタートする。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・アルボン | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エマニュエル・ピロ | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オランダ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | ザンドフールト | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・エルカン | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・ティクトゥム | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | チョウ・グアンユー | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フィリピン | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マイケル・アンドレッティ | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マッティア・ビノット | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・カミレッリ | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レーシング・ポイント | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本尚貴 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 角田裕毅 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP