2021/04/15

アルボン(前レッドブル)、「F1復帰諦めていない」

Alexander Albon (C)Redbull Racing
拡大します
昨シーズン限りでF1シートを失うこととなった前レッドブル・レーシングのアレクサンダー・アルボン(25歳:タイ)は、今シーズンDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦することが決まっているが、F1復帰の道を諦めていないことを強調した。

「今年は箱に乗り換えることになったけれど、ずっとここにいるつもりはないんだ。
レッドブル・レーシングのリザーブドライバーも兼任するんだし、いつでもまたF1に帰るチャンスは排除していないつもりさ。
ただ実際にはさまざまな条件が絡んで来るから復帰は容易なことではないだろうけれど、全然諦めてはいないよ」と、タイ国籍でイギリス生まれのアルボン。

2019年にトロロッソからF1デビュー、シーズン半ばにしてガスリー(現アルファタウリ)に代わってレッドブルに昇格すると2020年には2度の表彰台を獲得するなど活躍したが、首脳陣の厳しい眼鏡に適うことはなく今季ベテランのペレスに交替を止むなくされたもの。

|

2021/04/13

レッドブル、次戦に画期的リヤサス投入の噂

Redbull Honda 『RB16B』 (C)RedBull Racing
拡大します
開幕戦で王者メルセデスを凌ぐスピードをみせたレッドブル・ホンダだが、次戦ロマーニャGPにはさらなるアップデートを施して臨むとされている。
その具体的な詳細については明らかにされていないが、イタリアのメディアが興味深い憶測を報じている。

それによればレッドブルは、『RB16B』のリヤサスペンションに擬似的な後輪操舵の機能を投じるというもの。
事実であれば画期的なものとなるが、後輪操舵自体はレギュレーションで禁止されているため、パワートレーンやデフなどを関連づけた擬似的なものになると予想している。
今シーズンのホンダ製パワーユニットはコンパクトにまとめられていることからスペース的に実現できるのかも知れない。
ただこれについて同チームでは「面白い噂だ」として一笑に付している。

|

2021/04/06

レッドブル・ホンダ、第2戦に向けさらなるアップデート

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今季開幕戦バーレーンGPでは予選まですべてのセッションでトップタイムを記録、決勝レースでも首位に立つなどそのポテンシャルを見せつけたものの優勝は逃がし、表彰台のフェルスタッペンにも笑顔はみられなかった。

しかし来週のマーニャGPに向け、同チームのポール・モナハン/チーフ・エンジニアはさらなるアップデートに取り組んでいることを明かした。
それによれば、レースではエンジンでは出力モード、またシャシーではデフのトラブルなどいくつかの問題点を抱えていたということで、それらの解消だけでなくさらなるスピードアップのため各部に施策を講じているということだ。

「開幕戦ではほぼ優勝がわれわれの手に届くところにあった。
この悔しさはスタッフ全員に共通しているもので、次戦では必ずやライバルを倒してみせる」と、意気軒高。
また「ホンダもF1最終年ということで士気がこれまでになく上がっている」とも付け加えた。

|

2021/04/05

ペレス(レッドブル)の冷静さ、エンジニアが称賛

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングでの初戦となったバーレーンGP、いきなりフォーメーションラップでエンジンがストップするという事態に見舞われたセルジオ・ペレスだったが、ハプニングにも冷静さを失うことなく再起動に成功、ピットスタートとはいえ無事レースに参加を果たしたことが評価されている。

これはレッドブル・レーシングでの新しい担当エンジニアであるポール・モナハン氏が明らかにしたもの。
「電気系トラブルは事前の兆候もなく突然起きた。
もちろん初めてのことで、どんなドライバーだって慌ててしまうケースだったろう。
しかしペレスはベテランらしく落ち着いて対処。
まるでパソコンを扱うかのように電源を再起動し、エンジンを生き返らせたんだ。
スタートしてからのペレスの走りは見事なものだった。
最後尾から着実にポジションを上げ、結局5番手まで順位を上げて10点もの貴重なポイントを持ち帰ってみせたんだからね、たいしたヤツだよ」、高評価。

なおペレスはこのレースの『ドライバーズ・オブ・ザ・デー』に選出されている。

|

2021/04/01

開幕戦最速ピットストップは今回もレッドブルのクルー

Redbull/Pitstop (C)RedBull Racing
拡大します
2021年開幕戦バーレーンGP決勝レースで最速のピットストップタイムを記録したのは、今年もやはりレッドブル・レーシングの熟達されたクルーたちだった。

これは39周目にタイヤ交換のためピットインしたマックス・フェルスタッペンに対してのもので、全チーム中唯一2秒を切る1.93秒を記録してみせた。
全体の2番手も僚友ペレスへのピットストップで記録した2.00秒となっていてレッドブル・レーシングの1-2タイム。
なお、マシントラブルによりピットレーンスタートを余儀なくされながらも5位入賞を果たしたペレスはこのレースの『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選出されている。

|

2021/03/28

損傷してたフェルスタッペン(レッドブル)のマシン

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン最初のポールシッターに輝いたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだが、予選時マシンが損傷していたことが明らかにされた。

同チームのクリスチャン・ホーナー代表によれば、フェルスタッペンは予選Q1でのアタック中、縁石に乗り上げた際にフロアパネルを損傷、このためその後のアタックではラップタイムにして0.1秒以上ダウンしていたとのことだ。

事実であれば、今回2番手のハミルトン(メルセデス)とのタイム差はさらに拡大していた可能性があることになる。

|

2021/03/26

レッドブル首脳、ポルシェとの提携交渉認める

M.Verstappen & H.Marko (C)Redbull Racing
拡大します
2021年限りでホンダがF1から撤退するのを受け、当面はその知的財産を引き継いでの自主生産の形を取ることが決まっているレッドブル・レーシングだが、2025年から実施見込みの大幅なレギュレーション変更を見据え、ポルシェと話し合いをしているという噂を認めた。

これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士がオーストリアの『クライネ・ツァイトゥング』紙の取材に答えたもの。

「それは事実だ。
しかしわれわれが検討しているのは別にポルシェだけという訳じゃない。
2025年にはエンジンに関するレギュレーションがより簡素化されるので、ポルシェ以外にもF1に関心を持つメーカーが複数現れることだろう。
われわれはそれらすべての可能性に対し、広く門戸を解放して臨むつもりだ」

実はレッドブルはすでにWRC(世界ラリー選手権)などでポルシェの親会社であるVW(フォルクスワーゲン)と密接な関係を築き上げているという背景もある。

|

2021/03/19

ペレス(レッドブル)、「5レースもやれば乗りこなせる」

Sergio Perez/『RB16B』 (C)RedBull Racing
拡大します
昨シーズン、2度の表彰台を獲得するなど活躍したアルボンを放出してまでして据えたセルジオ・ペレスについて、レッドブル・レーシングではペレスに「決勝レースでの活躍に期待している」ことを強調している。

確かにペレスは決勝レースでのペースが良く、実際昨季の初優勝を含め上位入賞を果たした時はすべて後位からの追い上げで順位をアップさせたものばかりだ。
またとりわけタイヤのコントロールに長けているとの評判が高い。

本人は「まだレッドブルのクルマでの走行は少なく、乗りこなすまで性格を掴めたとは言えない。
でもコンディションの異なるレースを何回かすればそれも解決すると思っている。
おそらく5レースもやればマシンには慣れる筈さ」と自信をみせている。

シーズン前合同テストでは総合8番手のタイムだったが、ペレスがテストを終えた最終日午前の段階では全体のトップ。
早くもマシンの特性は掴みつつあるようだ。

|

2021/03/18

レッドブル首脳、「テスト日数の短縮は正しい判断」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
2021年のシーズン前合同テストがわずか3日間という日数に限定されたことについて、新型車の熟成や新人ないし移籍ドライバーの習熟を考えると「短か過ぎる」との声も聞かれるが、レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士はこれについて「適切である」との見解を示した。

「期間の短縮は主にコスト削減の観点から決定されたものだが、私は適切であると考えているよ。
それは開発者やドライバーの立場からはもっと長い期間を主張することだろう。
ウチのスタッフだって10日間は必要だと言うに違いないからね、キリがないんだ。
でも、今年の例をみてもこれは成功したというべきものだよ」

昨年の同テストは6日間、一昨年は8日間という日程で行われた。
ちなみにマルコ氏率いるレッドブル勢はレッドブル・レーシングが1番手、アルファタウリが2番手と順調な結果で3日間のテストを終えている。

|

2021/03/15

ホンダ系チーム、バーレーン合同テスト3日目コメント(3/14)

角田 裕毅 (C)Scuderia Alphatauri
拡大します
最終日を迎えたバーレーンでのF1公式テストは、この日も充実の内容となり、Red Bull Racing HondaとScuderia AlphaTauri Hondaが1-2タイムを記録して3日間を締めくくりました。

Red Bull Racingの午前セッションを担当したのはセルジオ・ペレス。
異なるセットアップを試しながらマシンの挙動について理解を進め、49周を走行しました。
セッション終盤、この日一番気温の高い時間帯ではあったものの、1分30秒187のベストタイムをマークし、午前のセッションでのトップとなりました。

Scuderia AlphaTauriは、ピエール・ガスリーが午前に登場し、76周を走破。
テストで重要となる走行距離を3日間で237周まで伸ばしました。

今回のテストで最後のセッションとなった午後は、マックス・フェルスタッペンが走行。
5種類中3番目に柔らかいコンパウンドであるC3タイヤで周回を重ねると、本番でのレース時間に近い日没後に、2番目に柔らかいC4タイヤでアタックを実施しました。
このC4タイヤでマークしたベストタイム1分28秒960は、3日間のテスト全体での最速タイムです。

同じく午後のセッションを担当した角田裕毅は、91周を走行して学びを深める一日となりました。
セッション終盤ではソフトタイヤを使用したアタックに臨み、一番柔らかいC5タイヤを使ったアタックで、首位のフェルスタッペンと0.093秒差の2番手タイムをマーク。
順調な仕上がりを印象付けました。

テストではラップタイムに注目が集まりがちですが、チームが最も重視しているのは有用なデータをどれだけ収集できるかです。
この3日間でRed Bull Racingが369周、Scuderia AlphaTauriが422周をマークし、Hondaパワーユニット勢合計では791周。
4281kmを走行し、充実したテストとなりました。

ここからは開幕戦バーレーンGPまでの2週間を使い、テストで得た内容を分析した上で、レースに向けた準備を進めていきます。
シーズン初戦は、3月26日(金)に開幕し、28日(日)に決勝レースが行われます。

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された2021年のプレシーズンテストが終了しました。
3日間で、Scuderia AlphaTauri Hondaが422周、Red Bull Racing Hondaが369周で、HondaのPUを搭載した2チームのマシンは合計791周・4281kmを走行。
開幕戦に向けて走行距離を伸ばせたのみでなく、中身の濃い貴重なデータを収集することができました。

この3日間の中でPUに関するマイナーな問題も散見されたものの、レース本番を前に、問題を見つけることもテストの目的です。
ここまで、マシンを止めるような大きなトラブルなく2チームともに走り、予定通りにプログラムを消化することができた、充実のテストとなりました。
今回のテストで得たデータを解析するとともに、問題点を潰し込むために、まだまだエンジニア、メカニックは忙しい時間が続きます。
われわれの実力が見えるのは2週間後の予選とレースを終えてからになると思いますが、ここからの準備も最善を尽くして臨みたいと思います」

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(1番手)

「今日もすべてのプログラムをこなすことができて、いい一日になりました。
1日目とは少し異なるコンディションだったので、マシンを調整する必要がありましたが、スムーズにいきました。
いいテストができたと言えますが、各チームが異なるプログラムに取り組んでいましたし、これで結果が保証されるわけではありません。僕らは常に向上できる点がないか探していて、まだ課題も抱えてはいますが、それは全チームが同じ筈です。
2週間後のQ3で真の実力が分かるわけですが、全体的にマシンの感触はよかったので、レースをするのが楽しみです」

【セルジオ・ペレス(レッドブル)】(8番手)

「プレシーズンテストが始まったばかりのように感じていたので、これで終わりというのは不思議な気分です。
走行機会はかなり限られていましたが、その中で多くのセットアップを試せて、マシンに乗るたびに向上できたと思います。
シーズンに向けてとてもエキサイティングな気持ちですし、僕らにはいいマシンがあると思いますが、その実力を最大限に発揮すべく、まだ多くを学ばなければなりません。

チームは素晴らしい仕事をしてくれました。
バーレーンで開幕時のポジションは大きな問題でなく、シーズン最終戦のアブダビで僕らの立ち位置がどうなっているかが重要です。
レースウイークが楽しみですが、序盤は、粘り強く一歩ずつ進んでいかなければなりません。
そうすれば、道は開ける筈です」

【角田 裕毅(アルファタウリ)】(2番手)

「F1マシンで全開アタックをして2番手に入るというのは、最高の気分です。
もちろん、まだテストに過ぎないので先走ってはいけませんが、この位置で3日間を締めくくれるというのは素晴らしいことです。

この数日で非常に多くを学びましたし、チームも多くの有用なデータを収集できましたので、開幕に向けてしっかりと分析していきます。
このテストでかなりの周回を走り込んでコースをよく理解できているので、ここで開幕戦を迎えられることはとてもいいことだと思います。
いくつか小さな問題はありましたが、僕らはすべてを明らかにするためにテストをしているわけで、こうしたことも想定内です。
レース本番では、現状でベストのパッケージを用意できる筈です。
ここから2週間ハードワークを継続していきます。
今から開幕戦にワクワクしています!」

【ピエール・ガスリー(アルファタウリ)】(12番手)

「3日間のテストが終わり、レースが始まるのが待ちきれません。
予定していたテストスケジュールをすべて完了し、かなり理解が進みました。
レースに向けた準備をしながら、マシンの強みを理解し、向上できる部分も分かりました。マシンには自信がありますし、昨年の同じ時期よりもかなりいい位置にいると思います。
どの部分で速さがあるかも分かっており、さらにマシンを機能させるためにどうすればよいかも理解できました。

今季をしっかりと戦い抜き、多くのポイントを獲得できればと思います。
Hondaはここまで、素晴らしい仕事でパワーユニットを仕上げてくれました。
それがとてもうれしいですし、昨年に比べても強さが増し、3日間の信頼性も完璧だったので、とてもポジティブです。
僕らが実際にどの立ち位置にいるかを見られるので、バーレーンGPでの予選が楽しみです」

提供:本田技研工業(株)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介