2013/03/21

デビッド・クルサード、「ラルフの引退決意は正しい判断」

David Coulthard (C)Mercedes Motorsport
拡大します
シーズン開幕を前に行われたラルフ・シューマッハ(37歳:ドイツ)による突然の引退宣言について、やはり過去に引退宣言をしたデビッド・クルサード氏(41歳:イギリス)がこれを評価する発言をドイツの『ケルナー・エクスプレス』紙で語っている。

「ラルフの引退表明は突然だったから驚いたよ。
てっきり彼はもう1年現役を続けるつもりだと思っていたからね。
でも、落ち着いて考えてみれば、これは正しい判断だったと僕は評価しているんだ。
僕にもDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の経験はあるけれど、ここは高いレベルの激しい戦いの場で、元F1ドライバーといえどもたやすい場所じゃないからね。
おそらく彼もここらが潮時だと感じたんだろう」

ベルント・シュナイダーやポール・ディ・レスタ(F1参戦前)などF1ドライバーがDTMチャンピオンになった例が過去にないわけではないが、これまで上記クルサードの他にもジャン・アレジやハインツ・ハラルド・フレンツェン、ミカ・ハッキネンらそうそうたる元F1ドライバーがDTMの軍門に降ってきた。

| | トラックバック (0)

2013/03/17

ラルフ・シューマッハ、モーターレーシングから引退

Ralf Schumacher (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
通算6回の優勝を誇る元F1ドライバーで、最近はメルセデスAMGチームからDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦していたが、シーズンが開幕するこの時期に突然引退を決めたという。
まだ本人やチームからの正式発表はないものの、英『クラッシュ・ネット』らが報じたもので、今後はマネージメントの職に就くとみられている。

ラルフは言うまでもなく偉大なチャンピオン、ミハエルの弟で、1997年に当時のジョーダン・チームからF1デビュー、その後ウィリアムズやトヨタで活躍した。
なお日本でも活躍、フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンでもある。

| | トラックバック (0)

2012/10/18

シューマッハ、弟ラルフも引退の可能性

Ralf Schumacher (C)Mercedes Motorsport
拡大します
元7回のチャンピオンに輝く偉大なシューマッハ(ミハエル:メルセデスAMG)は今季限りでの引退をすでに表明しているが、実弟のラルフ・シューマッハ(37歳:ドイツ)も時を同じくしてモータースポーツから引退する可能性が高いようだ。

2006年、当時のトヨタ・チームでの参戦を最後にF1を辞めたラルフは、その後やはりメルセデス・チームからDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦していたが、あまり実績を挙げることができず、今季限りでツーリングカー・レースからも引退するとの見方が強まっているもの。

F1ではウィリアムズで通算6勝を記録したラルフだが、今季DTMでは20人中、目下18位という不本意なポジションに留まっている。

| | トラックバック (1)

2012/08/29

ラルフ・シューマッハ、DTMでメカニック4人の負傷事故

Ralf Schumacher (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1チャンピオン7回のミハエル・シューマッハの弟で、自身も元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハ(37歳:ドイツ)が、現在参戦しているDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)のレース中、メカニック4人を巻き込む事故を起こした。

レースはこの週末オランダのザンドフールトで行われたもので、ピット作業を終えたラルフがコースへと戻る際に作業用のホースを引っ掛けてホースが舞ったためにメカニックがはねられて怪我をしたものという。
メカニックらは直ちに病院に運ばれたが幸いいずれも軽傷であるということだ。

1997年に兄と同じく当時のジョーダン・チームからF1デビューを果たしたラルフはその後ウィリアムズやトヨタで活躍。
2008年よりメルセデスAMGチームからDTMに参戦している。

DTMレース結果はこちら

| | トラックバック (0)

2012/05/08

ラルフ(シューマッハ弟)、兄の復活優勝を確信

M.Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元ウィリアムズなどで通算6回のF1優勝を誇るラルフ・シューマッハ(36歳:ドイツ)が、兄であるミハエルの復活優勝が近いことを独『ビルト・サンタグ』紙の取材に語った。

「兄がF1に復帰したのにはそれなりの成算があった筈。
ここまではメルセデスと共に苦労してきたけれど、中国GPでのチームメイト(ニコ・ロズベルグ)の優勝に刺激を受けなかった訳がない。
当然、今度は自分の番だと思っているに違いないし、そうなると思っているよ。
ただ、いくら偉大なドライバーとはいえ衰えの時は来る。
いずれ引退を再び余儀なくされるだろうけれど、それでもチーム(メルセデスAMG)には残るんじゃないかな」

数年先、ピット・ギャントリーで指揮を執る「シューマッハ監督」の姿が見られるかも知れない。

| | トラックバック (1)

2011/04/26

ラルフ・シューマッハ、現在親ばか中

David Schumacher (C)Express
兄のミハエルが現役のF1ドライバーとして戦う一方で、すでに引退した弟ラルフはそのF1への夢をすでに息子のデビッド君(9歳)に託しているようだ。

それによればデビッド君はミハエルやベッテル(レッドブル)をも見出した名門チームに在籍。
将来を嘱望されているという。

「モータースポーツをやるかどうかは本人次第」と、あくまでも息子の自主性を強調するラルフだが、その親ばかぶりは明白。
地元ケルンの『エキスプレス紙』によるデビッド君の雄姿掲載を容認、「ウチのファミリーから3人目のF1ウィナーが出るかも」と、期待を寄せているという。

| | トラックバック (2)

2010/04/14

ラルフ、F1復帰の可能性なおも否定せず

Ralf & Michael Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
兄ミハエルが2006年シーズン以来となるF1復帰を果たした一方で、同じメルセデスながら今季ツーリングカーレースのほうを選択した弟ラルフ・シューマッハだが、本人はまだF1への夢を捨てた訳ではないと主張している。

「兄がF1復帰したことは僕とまったく関係ない世界の話。
それが僕に影響することはないけれど、でも僕自身はもし良い機会さえあったなら、またF1で走りたいと考えているよ。
そしてそれは兄貴同様、余分なものだと思うから、今度はリラックスして自分のためにF1というものを楽しめると思うんだ」

F1通算6回の勝利を記録したラルフ、記録的にも評価されるべき物を残したドライバーであるのは間違いないが、そのF1人生は常に兄の陰に隠れるものだった。

| | トラックバック (0)

2010/03/24

ラルフ・シューマッハ、今年もメルセデスでDTM参戦へ

Ralf Schumacher (C)Mercedes Motorsport
拡大します
メルセデス・モータースポーツのノルベルト・ハウグ代表は、元F1ドライバーで今季F1に復帰したミハエル・シューマッハの弟ラルフが、今シーズンもメルセデス・チームからDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦することを明らかにした。

2007年のトヨタ・チームを最後にF1から引退したラルフは、翌シーズンからDTMに転向。
しかし今シーズンは兄ミハエルと共にF1に復帰するのでは、との噂が流れていたものの、候補とされたステファンGPの参戦断念もあり結局立ち消えになっていた。

それでもラルフは「カテゴリーこそ違え、ミハエルも僕も同じメルセデスのために戦うというのは素晴らしいことだね」と、あらためて意欲をみせている。

| | トラックバック (0)

2010/02/12

F1復帰話が渦中のラルフ、負傷で手術受けていた

Ralf Schumacher (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
兄であるミハエル・シューマッハに続き、F1復帰話が持ち上がっているラルフ・シューマッハ(34歳:ドイツ)だが、スキーで転倒、手術を受けていたことがわかった。

これはドイツ・ケルンの『エキスプレス』紙が報じたもので、それによればラルフは先月オーストリアでスキーを楽しんでいた際に転倒、右肩を痛めてしまったという。

バーニー・エクレストン氏の後押しもあり、ラルフの名前はステファンGPのドライバーに挙げられているというが、怪我の治癒状態によっては復帰の障害になりかねないとみられる。

| | トラックバック (2)

2010/02/06

ラルフ・シューマッハのF1復帰、現実味帯びる?

Ralf Schumacher (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
逆転F1新規参戦を狙うステファンGPについて、日本の中嶋一貴(25歳)と共にそのドライバー候補として名前の挙がっているラルフ・シューマッハ(34歳:ドイツ)だが、本人も十分関心を持っていることが伝えられている。

これは独『ビルト』紙に語ったもので、その中でこの偉大なチャンピオンの弟は「僕の名前が挙がっていることは正直うれしいし、ステファノヴィッチ(代表)僕の能力を評価して関心を持ってくれていることに敬意を表するよ。
ただ今の時点ではそれ以上のことは何も言えない。
あらゆることがまだ流動的で、不確実だからね」と、慎重な姿勢を崩していない。

とはいえラルフのF1復帰についてはバーニー・エクレストン氏も後押しをしているということで、急速に現実味を増している。

| | トラックバック (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介