2020/06/26

レッドブル・ホンダ、シルバーストーンでテスト

Barcelona Test Scene (C)RedBull Racing
拡大します
6月25日(木)、レッドブル・レーシングはシルバーストーン・サーキットを舞台にプライベートテストを行った。
ステアリングを担当したのはアレクサンダー・アルボンで、年間に2日間許されたプロモーション活動用の『フィルミングデー』というもの。
レッドブル・レーシングの場合は当時搭載していたルノー・エンジンの手当てが付かないため他チームのように2年落ちのマシンが使えず、今季マシンの『RB16』。
ただしこのため走行距離はわずか100キロまでに制限されているもの。

テストはドライバーのためだけでなく、ソーシャル・ディスタンスの確保や手袋やフェイスガードなどの感染防止具の確認という意味でも行われたとのことだ。

なお兄弟チームであるアルファタウリ(旧トロ・ロッソ)のほうも、こちらはイモラ・サーキットを舞台にクビアト&ガスリーの二人がテストを行っている。

|

2020/06/24

レッドブル・レーシング、事前テストに変更か

Redbull Honda 『RB16』 (C)RedBull Racing
拡大します
これまでシーズン開幕後の7月下旬にシルバーストーン・サーキットでテストと報じられてきたレッドブル・レーシングのプライベートテストだが、ここに来て事前テストになるとの新たなニュースがイタリア・メディアから伝えられた。
それによれば期日は6月25日(木)で場所は同じくシルバーストーン・サーキット、二人のレースドライバーであるフェルスタッペン&アルボンが参加予定という。

テストはプロモーション活動用の『フィルミングデー』2日間のうちの一日を使用するものだが、レッドブル・レーシングの場合2年落ちの旧型マシンとなるとルノー・エンジンになるため使用の目途が立たないことから2020年のホンダ・エンジン搭載のマシンに。
これによりテストの走行距離は100キロまでに制限されることになり一人あたり他チームテストの10分の一、わずか50キロまでということになる。

|

2020/06/22

レッドブル・レーシングは開幕後にテスト計画

Redbull Honda 『RB16』 (C)RedBull Racing
拡大します
遅れてやって来た2020年シーズンの開幕を前に、複数のチームでプライベートテストが行われているが、今季タイトル争いを狙うレッドブル・レーシングは、開幕後の7月下旬に『フィルミングデー』による独自テストを行う計画であることがわかった。

これはプロモーション専用タイヤ、また走行距離が100キロまでに制限されるもののマシンは2020年仕様の『RB16』が使われるというもの。
日程はオーストリアの2戦とハンガリーGPを終えた時期で、重要なイギリス連戦を前にしたイタミング、場所はイギリスGPの地シルバーストーンを舞台に予定しているという。
ドライバーについてはまだ未定とのことだ。

なお同種の100キロ内のテストについては弟分のアルファタウリも今週24日(水)、こちらはイモラ・サーキットでのものが予定されている。

|

2020/06/20

マクラーレン・デュオはF3マシンで練習走行

F3 Test (C)McLaren Group
>メルセデスやルノーなどのチームがフィルミングデーなどの規定を使った事実上のシーズン前テストで開幕に向けて準備を進める中、マクラーレン・チームは異例のF3マシンを使った形でプライベートテストを行った。

6月18日(木)のことで、場所は地元シルバーストーン・サーキット、ランド・ノリスとカルロス・サインツが顔を揃えたというが、残念ながら天候には恵まれなかったようだ。
マシンはかねて交流のあるカーリン・モータースポーツが協力して提供したとみられる。
ちなみにノリス自身、同チームの出身者でもある。

F1の規定によればフィルミングデーで使えるのは型落ちの2018年仕様のマシンとなっているが、当時マクラーレンはルノー・エンジンを搭載していた。
しかし両者は現契約を破棄する形で離別、2021年からはメルセデスのものに切り換えることが決まっている。
このため2018年のパワーユニット供給者であるルノーからエンジン使用の同意が得られなかったものとみられている。
なお同様のケースはレッドブル・レーシングにおいてもみられるものだ。

|

2020/06/05

メルセデス、シルバーストーンでプライベートテスト予定

Mercedes 『W09』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
やっと2020年のF1開幕が確定したことで、各チームとも初戦となる7月5日(日)のオーストリアGPに向けて準備をスタートさせる。
そんな中、昨季の王者メルセデスAMGチームでは、来週シルバーストーン・サーキットを舞台に2日間の予定でプライベートテストを敢行することを明らかにした。

それによれば初日の9日(火)はバルテリ・ボタスが、また10日(水)はルイス・ハミルトンがコクピットに収まるということだ。
いずれのドライバーも3月のシーズン開幕前に行われたバルセロナ合同テスト以来の実走ということになる。

ただ現在のレギュレーションではチームによる個別の走行テストは禁止されているため、特別に申請・許可された走路テスト『TPC』(Testing of Previous Cars)ということになる。
そのためマシンは旧型の2018年仕様『W09』に制限、装着タイヤもテスト専用のものが指定される。
ただ同チームでは「テストはあくまでもドライバーの感覚を取り戻すのが目的」と説明している。

|

2020/06/02

イギリスGP、規制除外で開催に『ゴーサイン』

Silverstone Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
シルバーストーン・サーキットで予定されていたイギリスGP(8月2日と9日いずれも日曜日)の開催に『ゴーサイン』が示されたことがわかった。

これは英国政府が示していた海外からの入国者に対する2週間(14日間)の隔離義務について、国際的スポーツイベントに参加するプロスポーツ選手等を除外する方針を明らかにしたことによる。
伝えられるところではF1スタッフはこれに該当するとのこと。

その他F1は、レース活動再開にあたり1チーム80名までに制限、感染症への警戒のためスタッフはレースに出発する前、到着後は2日に一度ウイルス検査を受けるなど自主対策を講じるとしている。
また一般人との接触を防ぐため、移動はチャーター機で行うとともに、サーキットから車で移動できる距離にあるホテルで貸し切り宿泊をするという。

|

2020/06/01

イギリスGP、開催に向け『一歩前進』果たす

Silverstone Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
シルバーストーン・サーキットを舞台に行われるイギリスGPは、8月2日(日)と9日(日)に日程を変更して行うべく準備を進めているが、開催実現に向け『一歩前進』したことが明らかとなった。

これは、3月から禁止していた大規模スポーツイベントを英国政府のスポーツ省や関連する衛生団体等で構成された協議会が6月より無観客での開催を認めると表明したことによるもの。

イギリスGP開催実現に向け大きなステップといえるが、ただ同時に英国政府は海外からの入国者について2週間(14日間)の検疫義務を課していて、こちらの障害はまだ残っているためF1は引き続きボリス・ジョンソン首相に特別例外措置を求めている。

|

2020/05/21

英国の隔離義務がイギリスGP開催の障害に

Silverstone Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
英国政府は、新型コロナウイルス第2波の阻止を図るため、外国からの入国者に対し新たに2週間(14日間)の検疫(隔離)を義務付ける方針を明らかにした。
しかしこれが7月15日に予定されているイギリスGPの障害になるということで関係者は頭を痛めているという。

同グランプリはすでに感染拡大防止のため無観客レースとすることや関係者・スタッフの人員に制限を設けるなど対策を示しているが、上記の隔離義務が実施されればグランプリ開催は事実上不可能になると懸念を示したもの。

開催地であるシルバーストーン・サーキットの保有者であるBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)ではなんとか例外措置とされるべく当局に打診しているとのことだが、現在F1全10チーム中7チームがイギリス国内を拠点としているにも関わらずイギリスGPの開催が出来ない場合、これによるイメージダウンは計り知れないものになるだろう。

|

2020/05/16

シルバーストーン、無観客レースでの開催で合意

Silverstone Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
イギリスGPの開催地でイベントの主催地でもあるシルバーストーン・サーキットは、今年のレースを無観客で行うことで合意したと発表した。

伝えられるところでは、通常はサーキット側がリバティ・メディアに対し開催権料を支払うが、今回は特別にリバティ・メディア側からサーキットに対し開催料が支払らわれるとのこと。
ただこれは例外的処置であると強調されている。

なおイギリスGPは当初の通り7月19日(日)にスケジュールが組まれているが、同サーキットでは今シーズン2回のレースが行われる予定という。

|

2020/04/28

イギリスGP、開催実現しても『無観客レース』に

Silverstone Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2020年のF1ヨーロッパ・ラウンドでは第10戦のフランスGP中止が決まったことにより、ユーロトンネルで繋がれたお隣のイギリスGPにも開催できるかの懸念が高まっている。

そうした中、同グランプリの開催地であるシルバーストーン・サーキットが、すでに観戦チケットを購入したファンに対し「開催されたとしてもレースは無観客になる」と通知したことがわかった。

まだグランプリ自体開催されるのかどうか正式判断はされていないが、同サーキットでは引き続き開催に向けて準備は進めているものの、新型コロナウイルスへの感染懸念から観客を入れることは困難と判断、早期に対応したとのこと。
これによりイギリスGPの前に行われるオーストリアGP(7月5日決勝)も無観客になる可能性が高まった。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介