2018/04/23

バリチェッロ、かつての僚友シューマッハに面会できず

R.Barrichello & M.Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2000年代、6年間という長きに渡り、フェラーリ・チームでミハエル・シューマッハとチームメイトだったルーベンス・バリチェッロ(45歳:ブラジル)だが、同氏と面会しようとして実現しなかったことがわかった。

これはバリチェッロの地元ブラジルの『グローボ』が伝えたもの。
それによれば2013年末のスキーでの事故以来、療養が続くシューマッハを見舞おうとしてバリチェッロが家族に連絡を取ったところ、「お互いのためにならない」として、丁重に断られたとのこと。

F1関係者ではFIA(国際自動車連盟)会長で、現役時代の上司だったジャン・トッド氏だけが見舞いに訪れたとされているがその詳細について語っておらず、また家族も事故後のシューマッハの容態について一切明らかにしていないため、現在の状況はわからないままだ。

| | トラックバック (0)

2018/02/03

ルーベンス・バリチェッロが緊急入院

Rubens Barrichello (C)Honda Racing
拡大します
元フェラーリやホンダ等のF1ドライバーであるルーベンス・バリチェッロ氏(45歳:ブラジル)が、緊急入院していたことがわかった。

これはバリチェッロ氏本人が自身のSNSで明らかにしたもの。
それによれば自宅で突然激しい頭痛に襲われ、友人である医師の助言で緊急入院。
まだ精密検査が行われている段階で正式な病名は伝えられていないが、静脈に関するものとだけ明かされている。

バリチェッロ氏は「様々な困難があるのが人生。
命があるのを神に感謝している。
僕は元気だし、すぐにまたサーキットに戻るよ」と、意気軒昂なところをみせている。

| | トラックバック (0)

2017/06/05

今度はバリチェッロがルマン24時間レース参戦へ

Image (C)Toyota Motorsports
拡大します
アロンソ(マクラーレン)によるインディ500レース参戦が大きな話題を呼んだばかりだが、今度は元フェラーリ等のF1ドライバーであるルーベンス・バリチェッロ(45歳:ブラジル)がルマン24時間レースへの参戦を明らかにした。
マシンはLMP2クラスのものになる予定。

ルマン24時間レースはF1モナコGP、インディカーのインディ500レースと並ぶ世界三大レースの一つだが、バリチェッロはすでに上記2レースには出場しているので、これで3つすべてに参戦ということになる。

「ルマン24時間レースは以前から高い関心があってよく観ていたよ。
アロンソのニュースを聞いて、僕もまだやり残したことがあることに気づいたんだ」と、バリチェッロ。
ただし家族はあまり積極的ではなかったとされている。

| | トラックバック (0)

2014/11/06

バリチェッロ、「ケータハムF1から参戦する筈だった」

Rubens Barrichello (C)Williams F1 Team
拡大します
元フェラーリ・チーム等のF1ドライバー、ルーベンス・バリチェッロ(42歳:ブラジル)が今シーズンのラスト3戦をケータハムF1チームから参戦する筈だったことがわかった。

これは米スポーツ専用チャンネル『フォックス・スポーツ』が明らかにしたもので、バリチェッロが持ち込むスポンサー資金をテコにアメリカ、ブラジル、アブダビ3戦のレースに参戦予定だったという。

この計画はチームが資金難で破綻したことから実現することはなかったが、事実であればケータハムF1が参戦を続けても小林可夢偉にもう参戦のチャンスはなかったことになる。

バリチェッロが最後にレース参加したのは2011年ウィリアムズ・チームというものだったが、とりわけ今回母国ブラジルGPへの参戦が叶わなかったことは残念のようだ。

| | トラックバック (0)

2013/10/06

ザウバー・チーム、バリチェッロ起用に消極姿勢

Rubens Barrichello (C)Honda Racing
拡大します
一時ザウバー・チームが2014年のドライバーとして前ウィリアムズのルーベンス・バリチェッロ(41歳:ブラジル)起用の可能性を示したと報じられたが、ここに来て同チーム首脳の反応はかなり後退しているようだ。

同チームのモニシャ・カルテンボーン/CEOのコメントは、「確かに一般論としてバリチェッロのようなベテランが復帰することの意義には賛同しましたが、具体的に私たちが彼と交渉しているという事実はありません。
来季のウチのドライバーについては、シロトキンの起用も含め、まだまったくの白紙ですから」と、つれないもの。

かつて宝庫を誇ったブラジル人F1ドライバーも今はマッサ(フェラーリ)だけ。
そのマッサの来季去就も不透明ということで、バリチェッロには今季最終戦ブラジルGPで復帰という期待論も先行して流れていた。

| | トラックバック (0)

2013/10/01

バリチェッロ、最終戦母国ブラジルで復帰の噂

Rubens Barrichello (C)Brawn GP F1 Team
拡大します
2011年のウィリアムズを最後にF1から引退したルーベンス・バリチェッロ(41歳:ブラジル)について、来季ザウバー・チームから復帰するのではという報道が駆け巡っているが、さらに今度は今シーズンのうちに復帰という噂が持ち上がっている。

これを伝えるのはブラジルの『オ・エスタド・デ・サンパウロ』で、それによれば今季最終戦となる母国のブラジルGPで同チームからいち早く出走するのでは、というもの。

こうした例は過去にもあり、例えば佐藤琢磨は2004年のB.A.R・ホンダからのフル参戦を前に、2003年最終戦だった日本GPで先駈けて出走したケースが挙げられる。

| | トラックバック (0)

2013/09/29

ザウバー・チームに来季バリチェッロの名前浮上

Rubens Barrichello (C)Williams F1 Team
拡大します
2011年、2年間過ごしたウィリアムズ・チームを最後にF1から引退したルーベンス・バリチェッロに、今度はザウバー・チームのドライバー候補として名前が挙げられている。

今季ヒュルケンバーグ&グティエレスのコンビで戦ったザウバーだが、大苦戦。
資金難もありエースのヒュルケンバーグの離脱は必至と伝えられている。
その一方で、チームの財政事情から来季はスポンサー関連で新人のセルゲイ・シロトキン(17歳:ロシア)起用が確実とみられていて、もしグティエレスとのコンビになった場合、両ドライバーがいずれも経験不足であると指摘されているもの。

こうした報道に、本人は「またF1で走るには首のトレーニングが必要」と、満更でもない様子とのことだ。

| | トラックバック (0)

2012/12/30

バリチェッロ(元フェラーリ)、来季は母国ストックカーレースに

Image (C)V8 Supercar Championship Series
拡大します
2011年シーズンを最後にF1から引退、今シーズンは北米でインディカー・シリーズに参戦したルーベンス・バリチェッロ(40歳:ブラジル)が、来季は母国ブラジルに戻りストックカーV8レース・シリーズに参戦する意向であることを明らかにしている。

マシンはプジョーになるということで、これについてバリチェッロは「今年で満20年、ずっとブラジルのレーシング界を代表して世界の舞台で戦ってきたけれど、やっと母国に戻って戦う時が来た。
家族と一緒の時間も増えるので、楽しく戦いたいと思っているよ」と意欲をみせた。

| | トラックバック (0)

2012/08/16

バリチェッロ(前ウィリアムズ)、F1への未練断ちきれず

Rubens Barrichello (C)Williams F1 Team
拡大します
2011年、2年間過ごしたウィリアムズ・チームを最後にF1から引退したルーベンス・バリチェッロ(40歳:ブラジル)だが、いまだにF1への未練を断ちきれないでいるようだ。

「今はインディカーでのレースを楽しんでいるけれど、だからといってF1参戦をもう終わりにした訳じゃない。
復帰の道はまだ十分に開かれていると思っているよ。
今年のウィリアムズはマルドナドやセナ、そしてボタスらでうまくやっていると思うけれど、もしも僕がいたらその経験からもっとチームに貢献できた筈なんだ。
マルドナドは確かにスピードをみせるけれど、でもクラッシュが多過ぎる。
僕ならもっとうまくコントロールできたのに……」

とはいえ、マシンの戦闘力とドライバー起用がうまく噛み合わないというのはこのチームの「伝統的」な特徴ともいえる。

| | トラックバック (2)

2012/05/30

「老兵」バリチェッロに『ルーキー・オブザ・イヤー』

Rubens Barrichello (C)Honda Racing
拡大します
昨季限りで20年近くに渡ったF1から引退、今季はIRL(インディ・レーシング・リーグ)に参戦しているベテランのルーベンス・バリチェッロに、なんと『新人賞』が与えられた。

これは、先週末行われた伝統のインディ500で「新人」最上位となる11位に入ったことにより、名誉ある『ルーキー・オブザ・イヤー』が贈られたもの。
バリチェッロはレース直前の5月23日に40歳の誕生日を迎えている。

ちなみにバリチェッロのインディカー・レース参戦にはオーバルコースが危険であるとして夫人から反対されていたと伝えられるが、このインディ500はバリチェッロにとって初となるオーバルコースのレースだった。

| | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介