2020/12/24

FIA、タイヤ装着ミスへの競技規則を明確に

George Russell (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ジョージ・ラッセルがハミルトン(メルセデス)の代役として参戦したサクヒールGPでは、Wピットストップ時の混乱から誤ってボタス用に登録されたタイヤを装着するという前例のない椿事が起きたが、これまでの規則ではこうした場合の処分が明確ではなかった。
そこでFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)、は来シーズンに向け新たに次のような競技規則を明確にした。

それによれば「レース中に仕様の異なるタイヤの組み合わせや、当該車両に割り当てられていないタイヤを使用したドライバーは、3回以上フィニッシュラインを通過する前にピットに戻り、正規の仕様のタイヤセットに変更しなければならない」とした。
もしも3周するまでに正しい仕様のタイヤセットに変更しなかったドライバーには『10秒のストップ&ゴー・ペナルティ』が科されることになるとした。

サクヒールGPの件ではメルセデスAMGチームに2万ユーロ(約252万円)の罰金が科せられている。

|

2020/12/11

ピレリ、フリー走行2回目で来季タイヤテスト

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、予定通り今週のアブダビGP金曜日のフリー走行2回目セッションで、再び2021年仕様タイヤのテストを行うことを確認した。

それによればバーレーンGPでの中間の『C3スペック』2セットに対し、今回のアブダビGPではより柔らかい『C4スペック』のタイヤを1台あたり1セットずつ支給するという。
各ドライバーとも、最低8回の有効なタイムラップの記録が義務付けられる。

なお来季用タイヤの空気圧は今シーズンの指定数値よりも0.5psiから1.5psiずつ低く設定されているとのことだ。

|

2020/11/26

ピレリ、バーレーン&アブダビで来季タイヤテストへ

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、今季の残り3戦のうち今週のバーレーンGPと再来週行われる最終戦のアブダビGPで、2021年仕様タイヤのテストをいずれも金曜日のフリー走行セッションで実車テストを行う方針を明らかにした。

それによればバーレーンGPでは中間の『C3スペック』を、またアブダビGPではより柔らかい『C4スペック』のタイヤがいずれも1台あたり2セットずつ支給されるということだ。

ピレリでは20年ぶりとなる2011年シーズンから、F1タイヤを独占供給し続けている。

|

2020/11/18

ピレリタイヤ責任者、新型コロナウイルス陽性で隔離に

Pirelli F1 Staff (C)Pirelli Motorsport
拡大します
トルコGPの際に行われた新型コロナウイルスの検査で、マリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが陽性反応を示したことがわかった。
同氏は現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤの現場責任者。

ただイゾーラ氏に陽性反応は出たものの自覚症状はなく、また濃厚接触者とされた関係者もみな再検査を受けた結果、すべて陰性であったという。
念のため同氏は医療ガイドに基づき現在隔離措置を受けているとのことだ。

F1チーム同様、ピレリタイヤもグランプリ毎にハードワークを強いられており、タイヤスタッフにコロナ禍の拡大が起きることのないよう、F1責任者は戦々恐々だ。

|

2020/11/08

ピレリ、年内に再度『2021年仕様タイヤ』テスト

Pirelli Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、年内にもう一度『2021年仕様タイヤ』のテストを行う予定であることを明らかにした。
これはFIA(国際自動車連盟)の了解のもとグランプリウィークの公式セッション内に行われるもので、先のポルトガルGPフリー走行2回目セッションに続くもの。

今回はシーズン終盤のバーレーンGPないし最終戦アブダビGPいずれかのフリー走行2回目セッションの最初の30分間が予定されているとのこと。
ポルトガルGPの際に得られたデータにより最終決定されたタイヤが持ち込まれるということで、これには全チーム全ドライバーの参加が義務付けられる。

最終決定された2021年仕様タイヤのパフォーマンスに、ピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは自信をみせているという。

|

2020/10/17

ピレリ、ポルトガルGPで2021年仕様タイヤのテストへ

Pirelli Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤは、来週末行われる次戦ポルトガルGP(アルガルベ・サーキット)で2021年に投入する仕様のタイヤの最終テストを行うことを明らかにした。

F1タイヤは基本的に現行仕様(2019年のものがベース)のタイヤが継続されることになっているが、2021年はマシンのダウンフォースが10%削減されることからコンパウンドの変更が見込まれている。
テストは金曜日のフリー走行2回目セッションで全チーム一致のもと、1チームあたり3セットが用意され、最初の30分間を使って行われる予定。

|

2020/09/30

FIA、18インチ径タイヤの安全性を調査へ

Pirelli 18inch Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)が、来シーズンからF1にも導入予定である『18インチ径タイヤ』について調査を行っていることがわかった。

これはF1ロシアGPのサポートレースとして先駈けて開催されたF2レースのソチ戦第2レースで起きた大クラッシュ事故を受けてのもの。
このレースでは、発端となったマシンどうしの軽い接触が容易にタイヤの損傷を招き大きなアクシデントに繋がったものとみられ、18インチというタイヤの特性が関与していないか調べるという。
ただ大事故になった要因はドライバーと施設にあったという意見もあり、FIAは広範囲に渡って関連するデータ等の解析を慎重に進めているとのことだ。

F1では長く13インチ径タイヤが使われてきたが、2021年から18インチ径に変更(新型コロナウイルスの影響で後に2022年からに延期)されることになっている。

|

2020/08/21

ピレリ、来季用タイヤのテストを延期へ

Pirelli 18inch Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今シーズン、ピレリタイヤはドライバー・チーム側の要望を入れ、2019年シーズン用のタイヤを継続使用しているが、その一方で2021年シーズンから投入予定の新仕様タイヤの開発が進められている。

シーズン中のタイヤテストの予定がない今季は、グランプリウィークの金曜日フリー走行2回目セッション最初の30分間を来季プロトタイプタイヤのテストに充てることができるレギュレーションになっていたものの、当初予定だった70thアニバーサリーGPでの実施は中止に。
続くスペインGPでも準備不足として見送られている。

これについてピレリタイヤでヘッド・オブ・カーレーシングを務めるマリオ・イゾーラ氏は、「今季後半にもヨーロッパ地域でのグランプリが開催される見通しとなったため、計画を変更した。
さらに準備を整え、シーズン後半に予定を移してテストは行われることだろう」と、説明している。

|

「タイヤのレースは本末転倒」と、ハミルトン(メルセデス)

Pitstop Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
決勝レース中のタイヤ管理が焦点となった形のこのところのグランプリについて、その焦点の一人だったルイス・ハミルトン(メルセデス)が苦言を呈している。

「いろいろな事情から今シーズンはタイヤの開発がなく、われわれは去年のもので戦わざるを得なくなっている。
しかしこれは結果的に失敗だったようだね。
ドライバーによるコンパウンドの選択もできないし、これは間違っているよ、本末転倒だ。
僕らはタイヤのレースをしている訳じゃないんだからね。
F1は来シーズンから18インチ径タイヤが採用されることになつているけれど、これに合わせてピレリにはぜひ適切な開発をしてもらいたいと願っている。
これは僕らの安全にも関わることなんだから」

これまでハミルトンはF1の中でも最もタイヤに優しいドライビングをする一人として定評があったドライバー。
チームメイトであるボタスもブリスターに苦しんでいるところをみるとメルセデスのマシンにも原因がありそうだ。

|

2020/08/13

メルセデスAMGチーム、「現時点では問題未解決」

Redbull Tyre (C)RedBull Racing
拡大します
今季第5戦として迎えたアニバーサリーGP、予選では3番手以下に大差を付ける圧倒的なスピードでフロントロウを独占してみせたメルセデスAMGチームだったが、決勝レースでは前戦に続き再びタイヤのトラブルに泣かされる始末となった。

これについて元ミハエル・シューマッハの担当エンジニアで、現在同チームのレースエンジニアリングの責任者を務めるアンドリュー・ショブリン氏は、しかし「まだ問題は解決していない」と、苦しい胸の内を吐露した。

「次戦も同じようなコンディションが予想されるため、当然のことながらそれまでに問題は解決されなければならないが、あまりに時間がなさ過ぎる。
ブリスターがトラブルの中枢であるのはわかっているが、それが起きた的確な原因や対策はまだ見出せていないのが実状だ。
ただバルセロナでは今回よりも一段硬いタイヤが設定されているため、それだけが救いかも」と、悲観的だ。

そのメルセデスAMGと対照的に今回もタイヤの状況が良かったのが好成績を収めたレッドブル・レーシングと言えそうだ。
ただこの優位がいつまで続くかはわからない。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介