2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/12/04

ジェンソン・バトンが山本尚貴のF1挑戦を後押し

Jenson Button (C)Williams F1
拡大します
日本人で唯一新規スーパーライセンス獲得を果たした山本尚貴(30歳)に、今季日本のスーパーGTでチームメイトだった元F1チャンピオンのジェンソン・バトンが強く背中を押している。

「彼に素質があるのは間違いないところだろう。
今シーズン、スーパー・フォーミュラでタイトルを獲得したことでそれは証明されているよ。
日本のスーパー・フォーミュラは決して簡単なカテゴリーじゃないんだ。
それにレーシングドライバーである以上、F1は絶対に挑戦すべきものだよ。
彼がどう考えているかは別として、僕は近づいたチャンスは逃すべきじゃないと思うな。
彼が必要としているなら僕も喜んでアドバイスしたいと思っているよ」

20歳早々にF1デビューしたバトンにとって、山本尚貴の逡巡は歯がゆい思いのようだ。

| | トラックバック (0)

2018/08/20

ジェンソン・バトン、「アロンソの決断評価」

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
2009年のF1チャンピオン(ブラウン・グランプリ)であるジェンソン・バトン(38歳:イギリス)が、かつてのチームメイト、フェルナンド・アロンソが下したF1引退という決断を評価した。

「僕は彼がやっと正しい判断をしたと思うよ。
むしろ遅すぎたくらいだ。
だってかつてタイトルを獲得したようなドライバーが、ライバルから毎回周回遅れにされるようなレース、見たくないだろう。
もしもまたマクラーレンがチャンピオンシップを争うような戦闘力を回復するのであれば、そしたらまた戻ればいいんだ。
彼は実際の年令よりもはるかに若いし、おそらく100歳近くまでレースをするんじゃないか」

マクラーレンで2シーズンをアロンソと共にF1を戦ったバトンは、2016年を最後にF1フル参戦を終了、現在は日本でスーパーGTなどを戦っている。

| | トラックバック (0)

2018/05/11

バトン(前マクラーレン)、冷静なマシン評価

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズンのモナコGPまでマクラーレン・チームの一員としてF1を戦ったジェンソン・バトンが、同チームの戦力について冷静な評価を下している。
それによればバトンは、「マクラーレンのシャシーが進化しているのは確かだが、従来広言されてきたようなベストなシャシーとまでは言えない」と、した。

昨季までのホンダからルノー製パワーユニットにスイッチしたマクラーレンは今季ここまで連続入賞、信頼性の高いところを証明しているが、ストレートでの遅さは相変わらず。
これについて同チームのアロンソは終始、ホンダ・エンジンのパワー不足のためと糾弾してきた。
しかし今季エンジンを変更してもストレートの遅さは変わらず。

バトンはこれがエンジンのせいではなく、コーナリング重視のためウイングを立てるなどしたためのドラッグ増加であったと冷静に言及。
「彼らが『マクラーレンのシャシーが最高』などと言っていなければ、今シーズンも失望させることはなかっただろう」と、古巣の発言ミスを指摘した。

| | トラックバック (0)

2018/04/28

ジェンソン・バトン、ルマン24時間でアロンソと対決へ

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
2015年から3シーズンに渡り、マクラーレン・チームでチームメイトだったジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソが、今年のルマン24時間レースで今度はライバルとして相まみえることが確実となった。

これは現在日本のスーパーGTに参戦するバトンが、その合間を縫ってWEC(世界耐久選手権)の一戦である今年6月のルマン24時間レースにSMPレーシングの11号車を駆って参戦することが決まったもの。

一方のアロンソはすでにトヨタWECチームからルマンへの参戦が決まっていて、今回は敵同士ということになる。

なお世界三大レース制覇を狙うアロンソだが、バトンもF1モナコGPは制しているのでその意味での立場は同等ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/02/15

アロンソの影響、バトンに及ぶ

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今シーズンのWEC(世界耐久選手権)の一部日程を変更したが、これがフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のための救済措置であるとかつての同僚ジェンソン・バトンが非難したことが話題となった。
しかしそれがさらに日本のカレンダーにまで影響を及ぼし、バトン自身にも波及することがわかった。

これはWECの『富士6時間レース』とF1のアメリカGP(US-GP)の日程がバッティングしたためアロンソがWECを欠場するとしたことから発生。
アロンソのWEC参戦を実現させたいシリーズ関係者とFIAは、WECの日程を1週間早めることで解決を図ったもの。

しかしそうなると今度はアロンソのチームメイトでもある中嶋一貴と小林可夢偉らが共に参戦する『スーパーGT』とバッティングすることが判明、そのためスーパーGTが『オートポリス戦』を遅らせると発表する羽目になった。

そのスーパーGTには今季バトンがフル参戦することになっていて、そもそもアロンソの個人的事情の筈が巡り巡ってバトン自身にまで及ぶ皮肉な結果になった。

| | トラックバック (0)

2018/02/12

ジェンソン・バトン(前マクラーレン)、WECの日程変更に批判的見解

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今季WEC(世界耐久選手権)の日程で唯一F1(アメリカGP)とバッティングしていた10月21日(日)の『富士6時間レース』について、これを変更して同日レースを回避したが、これについて前マクラーレン・チームのジェンソン・バトンがこの対応を非難するコメントを明らかにした。

「誰がどう考えたって、これはアロンソがF1を欠場することなくWECに出られるように便宜を図ったものだろう。
世界選手権の日程がたった一人のドライバーの都合で変更されるなんて、到底信じられないことだよ。
その陰では逆にIMSAやスーパーGTなど多くのドライバーが影響を受けることになる。
じゃあ彼らのファンへの影響はどうなるんだ」と、疑問を投げ掛けた。

現役時代にはうまくいっているように思われたマクラーレン・チームでのアロンソとバトンの関係だが、改めてこの発言をみると真相は首を傾げざるを得ないもののようだ。

| | トラックバック (0)

2018/01/03

ジェンソン・バトン、「楽しかったのはハミルトンとのバトル」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
2017年シーズンを以って計18年にも及ぶF1キャリアを終えたジェンソン・バトン(37歳:イギリス)は、この中で最も楽しかったのはルイス・ハミルトンをチームメイトとして戦ったマクラーレン・チーム時代だったと明かした。
これはバトン自身がイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』に語ったもの。

「ハミルトンとは2010年から2012年までの3年間マクラーレンでチームメイトだったんたけど、彼は2008年にこのチームでチャンピオン、そして僕は前年の2009年にブラウン・グランプリでチャンピオンを獲得して新たに加入という互いに微妙な関係だった。
その時感じたのはハミルトンは予選の一発がとても速いドライバーで、かつまたレースでも勝負強い、倒すにはとても難しい相手だったということ。
でも挑戦するには十分な手応えがあって、互いにとても楽しい関係だったよ。
いま振り返ればこの頃が僕のF1キャリアにおいて一番楽しい時期だったんじゃないかな」

この3年間でバトンは計8勝、ハミルトンは10勝を積み上げている。

| | トラックバック (0)

2017/12/04

ジェンソン・バトン、来季日本のスーパーGTフル参戦へ

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
かねて噂されていたように、今季マクラーレン・ホンダ・チームでリザーブドライバーを務めた2009年の元F1チャンピオンであるジェンソン・バトン(37歳:イギリス)が、来シーズンは日本の『スーパーGT』に参戦することが確定した。
参戦チームはまだ発表されていないが、ホンダ系チームになることは確実とみられる。

今年の『鈴鹿1000キロレース』でホンダからスーパーGTに参戦、このシリーズに高い関心を持っていたというバトンは「2018年はスーパーGTに参戦することになった。
スーパーGTのマシンは鈴鹿で走ったけれど素晴らしいものだった。
これからテストをたくさんしなければいけないし、パッケージを煮詰めていかなければならないけど、今から2018年シーズンを楽しみにしている」と、意欲をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/10/20

ジェンソン・バトン、2018年は日本のスーパーGT参戦へ

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
かねて噂されていたように、現在マクラーレン・ホンダ・チームでリザーブドライバーとなっている2009年の元F1チャンピオンであるジェンソン・バトン(37歳:イギリス)が、来シーズンは日本の『スーパーGT』に参戦する方向であることがわかった。

これは本人自身が英『BBC』のラジオ番組で明らかにしたもの。
2016年限りでレギュラードライバーを外れたバトンは今年のモナコGPでアロンソの代わりに出走したがレースはこの1戦だけ。
来季はもうF1から外れる意向をみせていた。
また今年の『鈴鹿1000キロレース』でホンダからスーパーGTに参戦していて、このシリーズに高い関心を持っていることを隠さなかった。

なお契約の関係から正式発表には至っていない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介