2018/08/03

デ・ラ・ロサ、サインツのマクラーレン入り話を危惧

Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
多くのチームを渡り歩いた中でも、特にマクラーレンのイメージが強いペドロ・デ・ラ・ロサ(47歳)だが、一部に伝えられるカルロス・サインツ(現ルノー)のマクラーレン・チーム入りには懐疑的な見方をしている。
これはスペインのラジオ局『カデナ・セール』に語ったもの。
その中でこのスペイン人ドライバーは次のように語っている。

「サインツがマクラーレンに入ればアロンソとの夢のスペイン人コンビが誕生するということで期待する向きもあるようだけど、僕は彼の友人としてそれは薦めないな。
それは多くの場合、アロンソと組んでうまくいかない例が多いからだよ。
彼のチームメイトとして成功させるのはかなり難しい。
サインツは十分能力があるドライバーだけれど、今まだその危険を冒すことはない。
彼がもしルノーを離れたとしても、必ず彼を走らせたいとするチームはあるからね。
そうしてもう少し経験を重ねてからでも遅くはないということだよ」

アロンソが以前マクラーレン・チームに在籍したのは2007年のことだが、当時のチームメイトはハミルトン(現メルセデス)。
この時はアロンソのほうがチームを去った。

| | トラックバック (0)

2017/03/05

評価分かれるマクラーレン・チームのシャシー

McLaren 『『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン最初のバルセロナ合同テストではホンダ側のエンジントラブルが目立ったマクラーレン・チームだが、そのシャシーについても評価が分かれているようだ。

アロンソ&バンドーン、テストにあたった二人のドライバーはいずれもシャシーからは高いグリツプが得られていると前向きの声が聞かれたが、そもそも今季のマシンはタイヤもダウンフォースもこれまでとは異なるものである程度のレベルアップは当然のこと。

テストを観察した元マクラーレン・チームのドライバー、ペドロ・デ・ラ・ロサ氏は次のように慎重な姿勢をみせている。

「外部から見た範囲だが、コクピットの中でアロンソは数多くステアリングを修正しているのが気になった。
ほんとうにグリップが高くて安定しているならその必要はないだろう。
外部から見えるよりも、『MCL32』はナーバスなのではないか。
まだみんな『攻めて』いる時期ではないが、フェラーリやメルセデスAMGらは同じコーナーでもずっと安定しているように感じられたね」

セットアップが進む次回の合同テスト(3/07-10)ではさらに各チームの状況が明らかになってくることだろう。

| | トラックバック (0)

2016/01/05

デ・ラ・ロサ、「マクラーレン・ホンダ2016年復活」に懐疑的

Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
かつて1980年代から90年代に掛けてF1で無敵の黄金時代を築いたマクラーレン&ホンダのコンビだが、23年ぶりの復活を遂げた2015年シーズンの戦績は期待外れの苦いものに終わった。

両者はその戦闘力を改善すべく全力で開発に当たっているとみられるが、かつてマクラーレン・チームでレースドライバーやテストドライバーを務めたペドロ・デ・ラ・ロサ(44歳:スペイン)は、その成果にいささか悲観的な分析をしているようだ。

「正直、マクラーレンほどのチームがこれだけ苦戦するとは予想していなかった。
しかし考えてみればこの日進月歩の厳しいF1の世界で、長くF1から離れた東洋の果てのメーカーにすべてを託したのには無理があったんだ。
せめてホンダが最新の技術を導入するため他に救いの手を求めれば良かったが、彼らは自身の哲学によりそれもしなかったからね。
今はもちろん2016年に向けて戦力アップを図っていると思うが、(現在のレギュレーションでは)いきなり浮上するのは不可能だろう。
彼らはいま2017年に向けて開発を進めるべき。
さもないと再び手遅れになりかねないよ」

また「今年も同じことが繰り返されれば、(タイトル獲得に必須な)アロンソを失うことにもなりかねない」、と警告した。

| | トラックバック (0)

2014/12/20

フェラーリ離脱のデ・ラ・ロサにマクラーレン復帰の噂

Pedro De La Rosa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
既報のようにフェラーリ・チームは前トロ・ロッソのレースドライバーだったジャン・エリック・ベルニュを獲得、代わりにこれまでテストドライバーを務めたベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(43歳:スペイン)の放出を明らかにした。
そのデ・ラ・ロサには、古巣マクラーレン・チームに復帰するのではないか、という報道がドイツ国内で伝えられた。

これは『スピード・ウィーク誌』が報じたもので、それによればデ・ラ・ロサは同じくフェラーリ・チームを離脱したフェルナンド・アロンソがやはりマクラーレン・チームに復帰、マクラーレン・ホンダという新たなチャレンジに挑むことに共感しているのだという。

ただこれについて当のデ・ラ・ロサは、「申し訳ないけどまだ僕から話せることは何もない。
というか、何も決まってない。
大丈夫、クリスマスをこうして不安定な状況で過ごすのには慣れているよ」と、明るい表情をみせていたという。
デ・ラ・ロサはフェラーリ以前に長くマクラーレン・チームで過ごした経緯もある。

| | トラックバック (0)

2013/03/23

GPDA(F1ドライバー団体)、会長にデ・ラ・ロサを再任

Pedro De La Rosa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
22日(金)、F1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)は役員の改選選挙を行い、前HRTのドライバーで今季はフェラーリのペドロ・デ・ラ・ロサ(42歳:スペイン)を会長に再任した。
(デ・ラ・ロサは2008-10年にもGPDA会長を務めている)

また理事にはベッテル(レッドブル)が再任、マッサ(フェラーリ)に代わってバトン(マクラーレン)が新たに就いた。
なおGPDAとしての喫緊の課題は、F1参戦に不可欠であるスーパーライセンスの料金値上げと、グランプリウィークにおける罰金の問題であるということだ。

まだシートベルトすらなかった1960年代、主にドライバーの安全問題をテーマに設立されたGPDAだが、キミ・ライコネンやルイス・ハミルトンなどチャンピオンになっても加入していないドライバーもいる。

| | トラックバック (0)

2013/03/11

評論家デ・ラ・ロサ、「今年のチャンピオン? わからない」

Pedro de la Rosa (C)BMW Sauber F1
拡大します
F1で通算14年という長きに渡る経験を買われ、今年は地元スペインの民間テレビ局『アンテナ3』からF1コメンテーターとしてデビューすることになったベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(42歳:スペイン)は、今年のチャンピオンについて予想を聞かれ、「まだわからないよ」と、ドイツ『スピード・ウィーク』の取材に答えた。

「テストの結果でもわかるように、いまの段階でチーム間の差はほとんどみられない。
こういうシーズンで抜け出すのは、優れたマシンで最もミスなく戦い続けた者。
だからまだ誰がチャンピオンになるのか、なんて僕にもわからないよ」

| | トラックバック (0)

2013/03/08

ペドロ・デ・ラ・ロサ、TVコメンテーターとして参戦

Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
1999年に当時のアロウズ・チームからF1デビュー。
今年41歳になったペドロ・デ・ラ・ロサ(スペイン)だが、スペインでの人気は相変わらずのようだ。

その豊富な経験を買われて起用されたHRTは、しかし昨季限りでチームが消滅。
するとすかさずフェラーリ・チームから開発ドライバーに指名され、先のヘレス合同テストではさっそく『F138』のコクピットに納まった。
開発はシーズンが始まると余裕が生まれる同ポジション、今度はスペインの民間テレビ局『アンテナ3』からF1コメンテーターとして2013年シーズンをフル参戦することがわかった。

ただし当人は「トークよりもマシンをドライブするほうが気が楽」と、新しい職には警戒気味のようだ。

| | トラックバック (0)

2013/02/12

デ・ラ・ロサ、「本物のF1マシンは違う」

Pedro De La Rosa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
かつてマクラーレン・チームに所属した経験も持つベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(41歳:スペイン)だが、昨季はHRTで参戦。
残念ながら、毎レースグリッド最後尾が定位置の1年を過ごした。

しかしその手腕が買われ、今年はフェラーリ・チームの開発ドライバーに抜擢され、今回のヘレス合同テストではレースドライバーのマッサと共に実際のテスト走行も担当、マシンを降りたデ・ラ・ロサは「本業であるシミュレーターでの作業にとても意義深いテストになった。
『F138』をドライブしてみて、現代のトップマシンの操作性やグリップ力がどれほどのものか身をもって体験したよ」と感動を露わにしている。

1999年に当時のアロウズ・チームからF1デビューを果たしたベテランのデ・ラ・ロサは、その後ジャガー・チームを経た後マクラーレン・チームに移籍。
また2010年にはザウバー・チーム、2012年はHRTでF1参戦した。

| | トラックバック (0)

2013/01/17

デ・ラ・ロサ、フェラーリ・チームの開発ドライバーに

Pedro de la Rosa (C)McLaren Group
拡大します
フェラーリ・チームは前HRTのドライバーだったペドロ・デ・ラ・ロサ(41歳:スペイン)を開発ドライバーとして契約したことを正式発表した。

1999年に当時のアロウズ・チームからF1デビューを果たしたベテランのデ・ラ・ロサは、その後ジャガー・チームを経た後マクラーレン・チームに移籍。
フルタイム参戦ではなかったもののトップチームでリザーブ&テストドライバーとして長期間貢献。
また2010年にはザウバー・チーム、2012年にはHRTでも活躍したが、同チームが消滅した後の去就に注目が集まっていた。

フェラーリ・チームでは同じくスペイン出身であるマルク・ジェネと共に開発にあたることになる。

| | トラックバック (0)

2012/11/26

ドライバー団体、F1ドクター解任についてFIAに説明求める

Dr.Gary Hartstein (C)Redbull Racing
拡大します
F1ドライバーで構成するGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長であるペドロ・デ・ラ・ロサ(41歳:スペイン)は、今季限りで契約が終了と伝えられたF1ドクターであるゲイリー・ハーシュタイン博士の件について、FIA(国際自動車連盟)に経緯の説明を求める意向であることを明らかにした。

デ・ラ・ロサ会長によれば、これについてドライバーの間から疑問の声が上がっていて、FIA(国際自動車連盟)から説明があるのを待っていたものの何もないまま最終戦を迎えたため、という。

シド・ワトキンス博士の後を継いだ同博士は2005年からこのポジションにあってドライバーからも高い信頼を得ていたが、先頃FIAの側から一方的に契約の終了を告げられたという。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介