2023/02/04

「まだまだ現役続行」と、アロンソ(アストンマーティン)

Fernando Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2001年、まだ19歳の時に当時のミナルディからF1デビューを果たしたフェルナンド・アロンソは41歳になった今も現役を続けるレジェンドだが、まだ複数年契約を求めるなど意気軒高なところをみせている。

「必ず聞かれるのは幾つまでF1で走っているんだ、という質問だけれど、今は全然辞めるつもりなんてないね。
なぜならF1ドライバーとして万全だからだよ。
もしも自分で100%じゃないな、と思ったらその時は考えるけれど、それはまだずっと先のことだろうね」と交わしたスペインの英雄。

今シーズンは新天地であるアストンマーティンに移籍するが、どこで走ってもチームメイト(今季はストロール)には負けないと自信をみせている。

|

2022/11/23

アロンソ、ロゴなしマシンで合同テスト参加

Fernando Alonso (C)Aston Martin F1 Team
今回のアブダビ合同テストで注目されるのは新人ばかりでなく移籍組のベテラン勢も同様で、フェルナンド・アロンソもその一人だ。

アロンソは2年間在籍したアルピーヌF1から今シーズンで離脱。
来季はアストンマーティンF1への移籍が決まっているが、契約上は12月まで有効なため、スポンサーへの配慮からテストに使われたマシンはスポンサーロゴを全て取り外したもので、わずかに別の事情から残されたピレリタイヤのものだけになっていた。

それでもマシンの戦闘力に好感触を得たというアロンソは、アルピーヌF1で悩まされたPU(パワーユニット)の信頼性についてもメルセデスなら心配していないとご機嫌な様子をみせた。

|

2022/11/02

アロンソ、「アルピーヌの信頼性は昔のホンダと同じ」

Fernando Alonso (C)Alpine F1
先週行われたメキシコGPでは9番グリッドからスタート、レース終盤まで健闘したアロンソ(アルピーヌ)だが、残り18周というところでエンジントラブルに見舞われ、無念のストップ。
記録こそ完走扱いだったが、事実上のリタイヤで、マシンを降りた元チャンピオンは肩を落とした。

これについてアロンソは「アルピーヌ(ルノー)のエンジンの信頼性ときたら、マクラーレン時代のホンダのよう」と、皮肉で表した。
チームメイトであるオコンとのポイント差も11点まで広がっている。

|

2022/11/01

アロンソ、「ハミルトンのタイトルより価値がある」

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズンに続き、今季もドライバーズ・チャンピオンシップを獲得したマックス・フェルスタッペンについて、自身も2回のタイトル保持者であるフェルナンド・アロンソは「フェルスタッペンのタイトルのほうが価値がある」とメディアに語り、波紋を呼んでいる。

それによればアロンソは「フェルスタッペンが厳しい環境下で勝利を積み重ねてタイトルを獲得しているのに比べ、ハミルトンのタイトル獲得は圧倒的に競争力のあるマシンによるもので、ライバルは事実上チームメイトしか存在しなかった」というもの。

これについて名指しされたハミルトンはいまのところ無言を貫いている。

|

2022/10/29

FIA、アロンソ(アルピーヌ)へのペナルティ取り消しに

FIA
アメリカGP決勝レースで下されたアロンソへのペナルティに対するアルピーヌF1チームの異議申し立てについて、FIA(国際自動車連盟)は木曜日に行われた聴聞会の結果、これを取り消すことを明らかにした。

これによりレース結果は当初のリザルト通りとなり、15位に降格とされたアロンソは元の7位に復帰.
8位のベッテル(アストンマーティン)、9位のマグヌッセン(ハース)、10位の角田裕毅(アルファタウリ)、そして11位のオコン(アルピーヌ)ら繰り上がってポイント獲得をしたドライバーらもこれを取り消された。

|

2022/10/26

「F1の方向性が試されている」と、アロンソ(アルピーヌ)

FIA
アメリカGP決勝レースで下されたフェルナンド・アロンソへのペナルティはアルピーヌF1チームが異義申し立てを行ったことにより結論が公聴会まで持ち越されているが、これについて本人は「ここで下される決断は今後F1が向かう方向性を決定づける」と、語っている。

アロンソによればこの処分について、自身のSNSに多くのファンから同調するメッセージが送られていることを紹介、この件で出される結論はそれだけ大きな意味のあることだとプレッシャーを掛けた。
注目の公聴会はメキシコGPに先駈けて当地で木曜日の現地時間18時(日本時間:翌8時)から行われる。

|

2022/10/25

FIA、アルピーヌF1からの異議は木曜日に聴聞会で結論

FIA
アメリカGP決勝レースで下されたアロンソへのペナルティに対するアルピーヌF1チームの異議申し立てについて、FIA(国際自動車連盟)は今週の木曜日に聴聞会を開き、最終的な結論を出す方針を明らかにした。

レーススチュワードが下した『10秒のストップ&ゴー・ペナルティ』は、すでにレースが終了していたことから『30秒のタイム・ペナルティ』に変換され、これにより7位でフィニッシュしたアロンソは15位まで降格、ノーポイントとされた。
しかしアルピーヌF1チームは、ハースF1チームの抗議提出が規定の時刻を24分過ぎていたため処分自体が無効であると主張しているもの。

アロンソへの処分が確定すれば、8位のベッテル(アストンマーティン)、9位のマグヌッセン(ハース)、10位の角田裕毅(アルファタウリ)、そして11位のオコン(アルピーヌ)らがそれぞれ順位を上げて獲得ポイントが増えることになる。

|

アルピーヌF1、アロンソへのペナルティに異議申し立て

Fernando Alonso (C)Alpine F1 Team
拡大します
既報のようにアメリカGPのレーススチュワード(審査委員)はレース後アロンソに対し、10秒のストップ&ゴー・ペナルティ(レースは終了していたのでレースタイムに30秒加算)のペナルティを科したが、アルピーヌF1チームはハースF1チームが抗議を提出したのは所定の時刻を過ぎてからのものだとして処分の無効を申し立てたことがわかった。

7位でフィニッシュしたアロンソ(アルピーヌ)はこの裁定によりポイント圏外の15位まで転落とされている。

|

2022/10/24

危険走行でアロンソ(アルピーヌ)が降格に

FIA
アメリカGP決勝レース中、ボタス(アルファロメオ)との接触事故でマシンが破損状態にあったにも関わらず走行したとして、レーススチュワードはアロンソに対し10秒のストップ&ゴー・ペナルティ(レースは終了していたのでレースタイムに30秒加算)を科したことを明らかにした。
これにより7位でフィニッシュしたアロンソは15位まで降格になった。

|

2022/08/30

「ハミルトンは中団の走り方知らない」と、アロンソ

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
「現役の元F1チャンピオン」が混在する今シーズンのF1だが、ベルギーGPではその元チャンピオンどうしが接触するという珍しいシーンがみられた。

これは、オープニングラップのポジション争いの際、アロンソ(アルピーヌ)のマシンの左リヤタイヤに、後方から仕掛けたハミルトン(メルセデス)の右フロントタイヤが乗り上げ、フォーミュラ・カーのレースではよく見られる空中のダイビングシーンとなったもの。
見た目は派手だが双方とも大きなダメージには至らず、ドライバーに怪我もなかったが、アロンソは「ハミルトンはトップでスタートして勝つことにはなれているが、中団の走り方を知らない」と、酷評。
それでもレース後ハミルトンが自らの非を認めたと聞き、やっと怒りの矛先を収めたという。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC