2017/03/26

ホンダ「改善果たした」も、アロンソは「13番手なんて」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
25日(土)行われたオーストラリアGP公式予選で、バンドーンはQ1で敗退したもののアロンソが13番タイムを記録。
長谷川祐介氏(ホンダ)は「一定の結果は残せた」と、満足の表情をみせた。

「今日の予選は、現在のわれわれの実力を見極めるという意味で重要な一日だった。
13・18番手という結果は、もちろん手放しで喜べるものではないが、厳しかったシーズン前テストの結果を考えれば一定の結果は残せたと考えている」とした。

しかしドライバーであるアロンソは、「今日まで僕たちのレベルがどの程度なのかわからなかったから、その意味では今回の予選で見えてきたと思う。
幸い予選ではトラブルフリーだったし、一応のタイムは示せたけれど、こんなポジションが満足できるものでないのは明らかだ。
このスピードで思っていた成績に届くとは到底思えない」と、切り捨てた。

今年もマクラーレン・ホンダの前途はすこぶる多難にみえる。

| | トラックバック (0)

2017/03/25

ホンダ、順調な滑り出しを強調も

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
今季開幕戦オーストラリアGPの初日を終えたマクラーレン・ホンダでホンダ側の責任者を務める長谷川祐介氏は、とりあえず順調な滑り出しをみせたと説明した。

「われわれホンダにとってとても困難な結果に終わったテストを経て、ようやく今日この開幕戦を迎えることができたことをうれしく思っている。
バルセロナから今日までの約2週間は、問題を解決するため限られた時間の中で全力を尽くしてきた。
幸い、今日の2回のフリー走行では大きな問題も発生せず、信頼性の面でバルセロナテストからかなりの前進をみせることができた」と、長谷川氏。

しかし初日を終えたエースのフェルナンド・アロンソは、「小さな改善があったことは認めるが、まだライバルにはほど遠いレベル。
コーナーではかなりいい感じだけれど、ストレートになるとまったく歯が立たない。
ほんとフラストレーションが溜まるよ」と、こぼしている。

| | トラックバック (0)

2017/03/22

アロンソ(マクラーレン)、「開幕戦はまず信頼性が最優先」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前テストでトラブルが続き、早くも今シーズンの行く末が危惧されるマクラーレン・ホンダ・チームだが、エースのフェルナンド・アロンソ(35歳:スペイン)は「何よりも信頼性が最優先される課題」と、その置かれた状況を説明した。

「バルセロナ合同テストが終わって開幕まで2週間。
課題が山のように突きつけられたわれわれにとってはとてつもなく短い準備時間だ。
ましてや1周たりとも実際に走ることはできないんだからね。
だからメルボルンが厳しいものになることはもう覚悟しているよ。
僕らには現在与えられたもので全力を尽くすしかないんだ。
でもまずは信頼性。
とにかく走ることができなくては何も進まないじゃないか」

タイトルを獲得するためにフェラーリから移籍したマクラーレン・ホンダ・チーム。
アロンソにとってその3年契約も今年最終年を迎えることになる。

| | トラックバック (0)

2017/03/16

アロンソ(マクラーレン)、他チーム移籍へ下準備開始か

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームとの3年契約が今年終了するフェルナンド・アロンソ(35歳:スペイン)は、これまでこのチームで有終の美を飾るようなコメントを繰り返してきたが、今年も予想される不振にすっかり宗旨替えを決意したようだ。

というのも、自身のF1キャリアについてこの2度のF1チャンピオンは「今年マクラーレン・ホンダがまた不振で思うようなパフォーマンスが発揮できないとしても、それが原因でF1を引退するつもりはない」と、これまでとは異なる主張をを始めたからだ。

マクラーレン・チームとホンダとのパートナーシップ契約は実に2024年までの長期契約とされているが、アロンソは「自分を必要としてくれるチームがあるならマクラーレン・ホンダにこだわらない」として、引退を延期しもう一度他チームでチャレンジする構えをみせたようだ。

なおアロンソの2度のタイトル獲得はいずれも10年以上前のルノー時代でのことで、その後はフェラーリでもマクラーレンでも望みを達成できていない。

| | トラックバック (0)

2017/03/12

アロンソ(マクラーレン)、「問題解決されなければ大変なことに」

McLaren 『『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前最後となった10日(金)のテストもホンダ製パワーユニットのトラブルは収まらず、ベストタイムが全10チーム中の9番手、また多くのドライバーがこの日トータル100ラップ以上走ったのに対しわずか43ラップの周回に留まった。

これについてエースのアロンソは次のように語っている。
「今日がテスト最終日だというのにこの状況は残念と言うしかない。
出だしこそ順調で良かったのも束の間また突然コーナーで電源がシャットアウトしてストップしてしまう。
始動して再び走り出してもまた同じことが起きてしまうんだ。
開幕に向けていまこの状況はまずいよね。
メルボルンまでになんとか解決できなければ、今年も大変なことになるよ」と、憂えた。

一方、同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターも「昨日起きた電気系のトラブルがまた再発してプログラムが妨げられた。
結局トラブルに対応に追われただけの一日になってしまった。
プレシーズンテストの最終日がこんな結果になってしまったことは当然われわれにとって期待外れなこと」と、冷ややかな表情をみせている。

| | トラックバック (0)

2017/03/09

アロンソ(マクラーレン)、ホンダ・エンジンに不満爆発

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前テストも後半の2日目を終えたが、相変わらず思うような進捗がみられないホンダ・エンジンに、ついにアロンソ(マクラーレン)が不満を爆発させた。

この日のテストを報じる英専門誌には、ホンダ製パワーユニットについて語るアロンソの『ノー・パワー、ノー・リライアビリティ』(パワーもなければ、信頼性もない)というセンセーショナルな言葉が大きく踊った。

それによれば、今年のマクラーレン・ホンダのマシンについて聞かれたアロンソは、「シャシーについてはそれほど遅れているとは感じないが、われわれの問題はただ一つ、エンジンだ。
ホンダのエンジンはパワーもなければ信頼性もなく、話にならない。
ストレートで30キロもスピードが遅いんじゃ、フィーリングを尋ねられても答えようがないじゃないか」と、こき下ろした。

アロンソはまた「われわれは長年このスポーツを支配し、タイトルを獲得してきたビックチームなんだ。
全員が勝つ準備はできている。
ただホンダだけはそうではない」とも。

普段、あまり非生産的な内容を口にしないアロンソだが、タイトル奪還のため身を投じたこのチームの3年続く体たらくについに堪忍袋の緒が切れた形だ、
ホンダはこれにどう応えるのか。
今年36歳になるアロンソにとって残された時間はそう多くはない。

| | トラックバック (0)

2017/03/02

アロンソ(マクラーレン)、「やっとテストがスタートした」

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
バルセロナ合同テスト3日目を迎え、この日トータル72ラップとやっと本格的な走行をすることができたマクラーレン・ホンダ・チーム。
この日『MCL32』のステアリングを握ったフェルナンド・アロンソは、「僕らのテストがスタートした」と、新たな意気込みをみせた。

「大事なことは、今日こうしてたくさんのラップを走れたということ。
なにしろ最初の2日間を合わせたよりも今日一日のほうが多かったんだからね。
まず走らなくては、そこから得られるデータを収集することもできないし、何も学ぶことができないんだから。
これまで新型車の感触は決して悪くないよ。
クルマは変更したことに対しうまく反応しているので、セットアップを進めることができている。
今日は僕らにとって間違いなく貴重な一日になったよ」

ただまだマクラーレン・ホンダのベストタイムは1分22秒台。
上位はすでに1分19秒台に入っていて、今後やるべき作業は多い。

| | トラックバック (0)

2017/02/28

マクラーレン・ホンダ、幸先悪いエンジントラブル

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
かつての栄光を取り戻すべく、期待を込めてマクラーレン・チームが送り出した2017年新型車『MCL32』だったが、初日早くもエンジントラブルに見舞われ、不本意な滑り出しとなった。

初日のステアリングを握ったのはエースのフェルナンド・アロンソだったが、いきなりホンダ製パワーユニットのオイルシステムにトラブル発生。
修復のため、アロンソは長くガレージで待機するしかなかった。

ホンダはパワーユニット全体を取り替える荒療治に出たが、その後もトラブルで満足に集会を重ねることができず、この日トータルわずかに29周で10番手タイム。
王者メルセデスAMGチームが着実に150周以上を走り込んだのに比べるとチャレンジャーとしては不本意なものだった。

マクラーレン・ホンダ、明日はストッフェル・バンドーンが新型車を走らせる。

| | トラックバック (0)

2017/02/27

マクラーレン首脳、「バトンの第3ドライバー」確認

Ex. McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
2017年新型車『MCL32』を正式発表したマクラーレン・ホンダ・チームだが、立ち会ったドライバーは今季レースドライバーであるフェルナンド・アロンソ(35歳:スペイン)とストッフェル・バンドーン(24歳:ベルギー)の二人だけで、昨年同チームのリザーブドライバーとして指名されたジェンソン・バトン(37歳:イギリス)の姿はなかった。

このことを受け、一部メディアから「バトンがリザーブドライバーの立場から離れたのでは?」との疑問が投げ掛けられた。
その背景には当時同チームをリードしたロン・デニス/CEOが現在は離脱していることもあるからだ。

これについて同チームでレーシング・ディレクターを務めるエリック・ブイユ氏は、次のように明言した。

「ドライバーについては昨年9月に発表した当時と何ら変更はない。
彼は現在もF1シミュレーターで作業を行っているし、シーズンが始まればいくつかのグランプリにはチームと帯同することになるだろう。
それ以外にも彼にはマクラーレン・チームのアンバサダー(親善大使)としてたくさんの行事に出てもらうよ」

ちなみに同チームのテスト&開発ドライバーには日本の松下信治(23歳)が指名されている。

| | トラックバック (0)

2017/02/26

アロンソ(マクラーレン)、「引退問題の結論は9月頃に」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
2017年シーズンを戦う期待の新型車を発表したマクラーレン・ホンダ・チームだが、エース、フェルナンド・アロンソ(35歳:スペイン)とは今年が3年契約の最終年となる。
一部で話題になった自身の引退問題について、アロンソは次のように語っている。

「前から言っているように、F1でドライビングが楽しめなくなったらそれが引退の潮時だと思っているんだ。
でも今はとにかくこのクルマでチャンピオンシップを戦うことに全精力を注ぎ込んでいるところ。
もしも引退という事態になるなら、それは9月頃までに結論を出すことになると思う。
そんなことがないよう、この新型車には期待しているよ」と、2度のチャンピオン。

アロンソはまたニコ・ロズベルグの引退表明後にメルセデスAMGチームから接触があったことを認めたが、マクラーレンとの契約もあり具体的な詰めにはならなかったとことも明かした。
ただ来年以降についてはすべて白紙ということになる。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP