2020/11/26

アロンソ(ルノー)、1月1日からの作業開始を要望

Wind Tunnel (C)Renault Sport F1
拡大します
来シーズン、ルノー・チームからのF1復帰に備え、プライベートテストの敢行やファクトリーでの開発など積極姿勢をみせているフェルナンド・アロンソが、今度は新年の作業にもチームに要望を出していることがわかった。

現在のルールでは、2022年マシンの風洞実験によるエアロダイナミックス開発は2011年の1月1日から作業が解禁となっている。
通常、どこのチームでも新年は数日の休みが組まれているのだが、アロンソは初日の1日からの作業開始をチームに求めているのだという。

同チームでエクゼクティブ・ディレクターを務めるマルチン・ブコウスキー氏によるとアロンソは初日の1月1日からエンストンのファクトリーに出向き、作業の手伝いをする意思までみせているということだ。

|

2020/11/25

フェリッペ・マッサ、アロンソのF1復帰に懐疑的

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
拡大します
2021年シーズン、ルノー・チームから2018年以来となるF1復帰を果たすフェルナンド・アロンソ(39歳:スペイン)は、これまでプライベートテストやファクトリーでの作業を重ねるなど着々と準備を進めている。
しかしこれに冷や水を掛けるような発言がかつてのチームメイトから寄せられた。

発言の主はフェラーリ時代に同僚だった同い年のフェリッペ・マッサ氏(39歳:ブラジル)だ。
同氏は「アロンソがF1ドライバーとして類い稀な才能を持っているのは明白なことだ。
でも第一線から離れてすでに2年のブランクがある。
そして年令は40の大台に乗るんだ。
それらを考えると僕はミハエル・シューマッハのことを思い出してしまうね。
彼の場合、結局全盛期のレベルを取り戻すことなく再びF1生活を終えることになったんだ。
アロンソのような有能なドライバーが加わることには賛成だけど、シューマッハの二の舞を演じることがないよう願うばかりだ」と、語った。

マッサ氏はシューマッハとも同じチームで戦った経験を持つ。

|

2020/11/07

アロンソ(ルノー)のテスト参加にマクラーレンも反対

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
拡大します
来シーズン、古巣のルノー・チームからのF1復帰が決まっているフェルナンド・アロンソは、シーズン終了後に行われるアブダビ合同テストへの参加を希望しているが、これには他チームから反対の声が挙がっている

その一つであるハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、「アブダビ合同テストは若手ドライバーのため、とルールにあるのに、そこへ2度もチャンピオンになった39歳のベテランが参加していたら、それはどう考えてもおかしいんじゃないか」と、皮肉。

ルノー・チームのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターによれば、反対しているのはハースF1チームだけでなく、レーシング・ポイントやマクラーレン・チームら3チームに及ぶということだ。
とりわけ昨シーズンまで在籍したマクラーレン・チームまで反対しているというのはアロンソにとって皮肉なことだろう。

|

2020/11/05

アロンソ(ルノー)はバーレーンでプライベートテスト

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
拡大します
来シーズン、古巣ルノー・チームからの復帰が決まっているフェルナンド・アロンソが、先のバルセロナ・サーキットに続き、4日(水)今度はバーレーン・サーキットで同チームによるプライベートテストを行っていることがわかった。
マシンは規定により2年落ちの2018年仕様の『R.S.18』が使われたという。
この日アロンソは感触を確かめながらトータル93周を走り込んだということだ。

ドライビングでも、またフィジカル・トレーニングという意味でも開幕前に少しでも多く走っておきたいとするアロンソは、シーズン終了後に行われるアブダビ合同テストへの参加も希望しているとされるが、こちらは本来の目的が若手ドライバーのためのものということで実現は難しそうだ。

|

2020/10/21

アロンソ、F1シミュレーターでチームに貢献

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
来シーズン、古巣ルノー・チームからのF1復帰が決まっているフェルナンド・アロンソは、すでにバルセロナ・サーキットでのプライベートテストを敢行しただけでなく、その後はエンストンのファクトリーに出向いて専らF1シミュレーターでのトレーニングを重ねているということだ。

これについて同チームのレースドライバーであるエステバン・オコンは、「経験あるアロンソがシミュレーターを体験してくれるのは有益なことだよ。
同じシミュレーターでも、僕やリカルド、そして彼と3つのフィードバックが得られる訳だから余計にその効力も増すというものだ。
週末を少しでも良い形で始めるには、二つよりも三つの意見があったほうがより効果的だからね。
実際にこうして僕たちは強くなっていると思うな」と、前向き姿勢をみせている。

ちなみに今季ルノー・チーム初加入のオコンに対し、アロンソは通算6シーズン在籍、その間に2度のタイトル獲得を果たしている。

|

2020/10/16

アロンソ(ルノー)、「2年でF1マシンは大幅に進化」

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
拡大します
来シーズンのF1復帰を前に、バルセロナ・サーキットでプライベートテストを敢行したフェルナンド・アロンソ(39歳:スペイン)は、「マシンの進化に圧倒された」との感想を明らかにした。

アロンソが最後にF1マシン(マクラーレン・ルノー)を公式戦でドライブしたのは2018年最終戦アブダビGPのことでそれからほぼ2年が経過している。
今回テストで走らせたのは2020年最新式のルノー『RS20』だった。
プロモーション用の『フィルミングデー』という制限されたものだったが、それでもアロンソは「2年ぶりのF1はフィーリングは良いものだったけれど、明らかに僕よりもマシンのほうが上回っていた。
この2年間でF1は大きく進歩したことを実感させられたよ。
ここは実戦までに早くF1の感覚を思い出さなくてはいけないね」と、振り返った。

この機会を用意したルノー・チームからは、「アロンソはスピードを取り戻すのに飢えていた」との声が聞かれた。
次回アロンソはアブダビ合同テストへの参加を希望しているとのことだが、本来若手ドライバーのためのテストということで反発する動きもあり、実現するかは不透明だ。

|

2020/10/14

アロンソ(ルノー)、2年ぶりのF1走行果たす

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
拡大します
13日(火)、来季ルノー・チームからのF1復帰が決まっているフェルナンド・アロンソが、ほぼ2年ぶりとなるF1走行を果たした。

これは同チームのプロモーション用『フィルミングデー』を利用したもので、マシンは今季の『RS20』であるもののタイヤや走行距離などに制限が掛かる。
場所は2000年に当時のベネトンで初F1ドライブを果たした想い出のバルセロナ・サーキット、規制いっぱいの100キロを走行したということだ。

コクピットを降りたアロンソは、「2年ぶりのF1ドライブで、マシンの速さにあらためて驚かされた。
コーナーからブレーキングからすべてのパフォーマンスが素晴らしいもので、快感をまた取り戻すことができたよ」と、ご満悦の表情だったという。

|

2020/10/08

アロンソ、来週ルノー(アルピーヌ)F1の初テストへ

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
来シーズン、2006年以来となるルノー・チームへの古巣復帰が決まっているフェルナンド・アロンソはすでにエンストンにある同チームのファクトリーを訪問、F1シミュレーターを操作するなどしていると伝えられるが、来週には早くも実車テストを敢行する構えだ。

母国スペインのメディアが予想するところによれば、期日は来週の10月13日(水)、場所はバルセロナ・サーキット、マシンはルノーの今季マシン『RS20』になるとのことだが、プロモーション用の『フィルミングデー』ということで走行距離や装着タイヤなど厳しい制限が掛けられるため、合わせて旧型マシンも用意される見込みだ。

なお同チームは来季『アルピーヌ』に名称変更されるため、アロンソはその初代ドライバーということになる。

|

2020/09/27

ルノー・チーム、アロンソにテスト機会を提供か

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1

来シーズン、2006年以来となるルノー・チームへの古巣復帰が決まっているフェルナンド・アロンソはすでにエンストンにある同チームのファクトリーやグランプリ現場のモーターホームを訪ねるなど待ちきれない様子だ。

本人はシーズン終了後に行われるアブダビ合同テストへの参加も希望しているとのことだが、規定上この実現は難しそうだ。
このため同チームでは、プロモーションのために許されるいわゆる『フィルミングデー』の機会を提供し、要望に応えたい意向という。
同チームでは今シーズン、まだ一日分のフィルミングデー日程を残していることがわかっている。

|

2020/09/24

ルノー復帰のアロンソ、アブダビ合同テスト参加望むも

Fernando Alonso (C)Renault Sport F1
来シーズン、かつて2003年から計6シーズンに渡って在籍し、都合2回のチャンピオンシップを獲得した古巣ルノー・チームへの復帰が決まっているフェルナンド・アロンソ(39歳:スペイン)が、このほど英国エンストンにある同チームのファクトリーを訪ねたことがわかった。

これはアロンソ自身がSNSで明らかにしたもの。
それによれば復帰発表後、公式にチームスタッフと面会したのはこれが初のこと。
アロンソによれば2002年、まだ21歳の時に初訪問した時と同じファクトリーの印象にまるで実家に戻ったような懐かしさを感じたということだ。

シリル・アビテブール/マネージング・ディレクターらチーム首脳とはさっそく2021年の活動について話したということだが、アロンソが気に掛けているのは今季最終戦アブダビGP終了後に行われるアブダビ合同テストへの参加が可能性かどうかということだったようだ。
若手ドライバーのためとされる主旨のこのテストに元チャンピオンが参加することには元より異論が多い。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介